20万円お金を借りるならどこがいい?シミュレーション付き徹底解説!

どうしても20万借りたい!借りるならどこがいい?

 

今すぐ20万円を用意しなければならないという時、今すぐ用意する方法として、キャッシングで借りるのが一番確実に準備出来ます。

 

時間が有れば、ほかの方法も考えられますが、「今日明日中に20万円を用意しなければならない」と言う時は、プロミス・アコム・SMBCモビットなどの消費者金融で借りる事をおすすめします。

 

消費者金融は銀行グループの傘下にあるので、安心して申し込みが出来ます。

 

 

20円必要!今すぐお金を借りたい

個人融資掲示板には、毎日のように以下のような書き込みがあります。

  • 20万貸してください
  • 誰か10万円貸してください

 

それに対して、「即日10万円貸します」「20万貸し ます」と言った回答もありますが、ほとんどが闇金業だったり、紹介屋だったりしますので絶対利用しないでください。個人融資掲示板の評判は、悪いです。

 

では、正規のルートで20万円今すぐ借りることはできないのでしょうか。答えは、Noです。

 

銀行や大手の消費者金融ではいつでも申込条件に問題がなければ融資してくれます。特に大手の消費者金融なら最短即日で審査から融資まで、実際にお金が手元に入るのに時間を要しません。

 

今すぐ20万円借りる早見表

  当サイトおすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 500万円 申込
アコム
アコム
3.0%~18.0% 800万円 申込
レイクALSA
4.5%~18.0% 500万円 申込
アイフル
3.0%~18.0% 800万円 申込
楽天スーパーローン
1.9%~14.5% 800万円 申込

「※当社調べ」

 

「プロミス」「アコム」「SMBCモビット」の消費者金融のスペック

「プロミス」や「アコム」「SMBCモビット」のスペックを比較してもそれほど違いはありません。20万円借りるための条件は同じです。

 

消費者金融 金利 最大融資限度額 申し込み条件
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
  • 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
  • 主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申し込みいただけます。
アコム 3.0%~18.0% 800万円 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
  • 年齢満20歳以上69歳以下の 安定した定期収入が有る方
  • アルバイト、派遣社員、パート、 自営業の方も利用可能です。

 

それぞれのスペックを見る限り、申し込み条件はどこも同じで、満20歳以上の方で、安定した収入が有れば、正社員でなくても申し込みが出来ます

 

金利と融資限度額

金利の比較をすると「プロミス」は上限金利17.8%、「アコム」「モビット」とも上限金利18.0%となっているので、金利面を比較した場合は「プロミス」が20万円借りるのには有利です。

 

最大融資限度額を比較すると「アコム」「モビット」が800万円、「プロミス」は「500万円」までとなっていますが、最大融資限度額の差は、一般的な融資にほとんど影響ありません。

 

というのも、消費者金融は総量規制の対象になるので、融資限度額は年収の3分の1以内という制限が有るので、仮に800万円の申し込みが出来るのは年収2,400万円以上必要になります。

 

ただ、年収が2,400万円あったとしても、初回契約の限度額は多くても30万円~50万円までになるので、最大融資限度額は比較対象にはなりません。

 

20万円借りた時の返済シミュレーション

プロミスで20万円借りる

「プロミス」で20万円借りた時の上限金利は17.8%、毎月返済額は20万円×3.61%=7,220円→8,000円【1,000円未満切り上げ】を支払う事になります。

 

そこで借入残高20万円、毎月返済額8,000円として、それぞれの返済シミュレーションをしてみます。

 

 

<プロミス>年利17.8%で20万円借りた場合

回数 返済額 元金 利息 残高
1 8,000 5,034 2,966 194,966
2 8,000 5,109 2,891 189,857
3 8,000 5,184 2,816 184,673
4 8,000 5,261 2,739 179,412
5 8,000 5,339 2,661 174,073
6 8,000 5,418 2,582 168,655
7 8,000 5,499 2,501 163,156
8 8,000 5,580 2,420 157,576
9 8,000 5,663 2,387 151,913
10 8,000 5,747 2,253 146,166
30 8,000 7,715 285 11,519
31 8,000 7,830 170 3,689
32 3,743 3,689 54 0
累計 251,743 200,000 51,743 0

 

プロミスで20万円借りると、返済回数32回、利息は51,743円となり総返済額は251,743円となります。

 

アコム・SMBCモビットで20万円借りる

<アコム・SMBCモビット」>年利18.0%で20万円借りた場合

回数 返済額 元金 利息 残高
1 8,000 5,000 3,000 195,000
2 8,000 5,075 2,925 189,925
3 8,000 5,152 2,848 184,773
4 8,000 5,229 2,771 179,544
5 8,000 5,307 2,693 174,237
6 8,000 5,387 2,613 168,850
7 8,000 5,468 2,532 163,382
8 8,000 5,550 2,450 157,832
9 8,000 5,633 2,367 152,199
10 8,000 5,718 2,282 146,481
30 8,000 7,701 299 12,289
31 8,000 7,816 184 4,473
32 4,540 4,473 67 0
累計 252,540 200,000 52,540 0

 

「アコム」「モビット」で20万円借りると、返済回数32回、利息は52.540円となり総返済額は252.540円となります。

 

20万円借りた時の利息を比較すると「プロミス」で借りる方が、約800円利息の支払いが少なくなります

 

20万円の短期借り入れに便利な無利息サービス

お金を借りる時、チェックするのは金利の違いですが、金利以外のサービスも比較する事をおすすめします。金利以外のサービスとして「無利息期間」があります

 

残念ながら「モビット」にはこのサービスはありませんが「プロミス」「アコム」とも30日間の無利息サービスが利用できます。

 

無利息期間サービスは、決められた期間内であれば、お金を借りても元金の返済だけでよく、たとえば、無利息期間30日とした場合、契約時に20万円借りたとしても、30日以内に元金を返済すればよいだけで、利息を支払う必要が有りません

 

仮に完済までに40日かかったとすると、利息が付くのは10日分だけの利息を支払えばよい事になります。

 

「プロミス」の無利息期間は、Eメールアドレスをご登録し、書面の受取方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択すれば、初回借入時から30日間の無利息サービスが利用できます。

 

「アコム」の場合はアコムでの契約が初めての方で、返済期日「35日ごと」で契約すれば、初回契約時から30日間の無利息期間が利用できます。

 

プロミスとアコムの無利息サービス!どちらがお得?

プロミス」の無利息期間は、初回借入時の翌日から30日間無利息期間になりますが「アコム」は契約した翌日からなので、同じ30日間と言っても違いが出てきます。

 

たとえば「アコム」で契約を済ませ、その10日後に借入をしてもその翌日から、30日間の無利息期間がまるまる利用できますが、「アコム」の場合は20日間の無利息期間になります。

 

アコム」の無利息期間は初回契約時のみになりますが、「プロミス」は会員登録をしてポイントを貯めることで、ポイントに応じた無利息期間が何度でも使えるようになります。

 

たとえば、200ポイントなら7日間、400ポイントなら15日間、700ポイントなら30日間無利息期間が利用できます。

 

このポイントは、会員登録をしておけば自然と貯まり、ポイントに応じて他のサービスも利用できるので、同じ無利息期間でも「プロミス」がおすすめです。

 

20・30万円借りるための豆知識

銀行で20万円借りるのは厳しいの?

20万円のような小口融資は、申込条件を満たしていれば審査もそれほど厳しくはありません。安定した収入があり、信用情報やクレジットヒストリーに傷がなければ借りることは可能です。

 

ただし、2017年の過剰融資問題により銀行で即日融資はできなくなりました。通常の審査+警察庁のデータベースへの照合が必要となり、実質融資までの時間は最短で翌日から2週間ほどかかってしまう場合もあります。

 

よって、即日で今すぐお金を20万円借りたいのなら大手消費者金融一択しかありません。

 

無職だけど20万円借りたい 借りられるの?

銀行でも消費者金融でも、無収入の無職にはお金は貸してくれません。安定した収入が、絶対条件です。ですから、無職が20万円借りたいと思っても借りられません。

 

ただし、無職といっても種類分けをすると以下のように分けられます。
  1. 学生
  2. 専業主婦
  3. 70歳以上の高齢者
  4. 仕事に就いていない無職

 

この中で、無職でも借りられる可能性があるのは、2です。1の学生もアルバイトで、ある程度毎月収入があるのなら可能性は高まりますが、まったく収入を得ていないのなら難しいでしょう。

 

一方、専業主婦なら「配偶者貸付」や銀行で借りられる場合もあり、まったく不可能というわけではありません。

 

 

審査なしで30万円借りたい そもそも借りられる?

どうしても30万必要になり急いでいたら、審査なしで今すぐ借りたいと誰でも思います。しかしながら、審査なしでの借入はできません。

 

信用情報などの属性から過去のクレジットヒストリー、そして在籍確認などどれをとっても省くことはできません。1万円借りたいと思っても、審査は必ずあるのです。

 

もし、審査なしで今すぐ30万円借りられる!としたら、先ほどでも挙げましたが闇金を疑ってください。闇金を利用してその後の人生を狂わさないよう、十分注意してくださいね。

 

民間のカードローンは審査をしますが、それほど時間はかかりません。審査が問題なく進めば、即日で借入は可能です。急ぎの場合は銀行は即日での借入は難しいので、大手消費者金融を選んでください。

 

まとめ

今すぐ20万円を借りるには、プロミスやアコムといった大手消費者金融を選択すると間違いありません。銀行で20万円の借入は難しくはありませんが、スピードにおいては消費者金融に軍配が挙がります。

 

10万円や20万円といった小口の借入は、無利息サービスを利用して賢く借りることもできます。


×