ゆうちょのJPBANKカードとしたく、お金を借りるのならどっち?

ゆうちょのJPBANKカードとしたく、お金を借りるのならどっち?

 

郵便局でお金を借りる方法として、定期貯金や生命保険で預けたお金を一時的に借りることが出来る「担保貸付」がよく知られていますが、それ以外にお金を借りる方法として、カードローンやクレジットカードも利用できるのでそちらを紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. ゆうちょ銀行でキャッシングする方法
  2. カードローン「したく」とは
  3. 「したく」の基本スペックと申し込み方法
  4. クレジットカード「JP BANKカード」とは
  5. 「JP BANKカード」のスペックと申し込み条件
  6. 借り入れ返済方法
  7. まとめ

 

 

ゆうちょ銀行でキャッシングする方法

ゆうちょ銀行でキャッシングができる事は、ゆうちょ銀行を利用している方でも知らないという方も少なくありません。

 

ゆうちょ銀行では、カードローン「したく」とクレジットカードの「JPBANKカード」を取り扱っているので、定期貯金やゆうちょ保険の契約をしていなくても、これらの契約をすれば手軽にお金が借りられます。

 

カードローン「したく」とは

カードローン「したく」はゆうちょ銀行独自の商品ではなく、スルガ銀行のカードローンを代理業者としてゆうちょ銀行が媒介している商品です。

 

ゆうちょ銀行は代理店という扱いになるので、ゆうちょ銀行から「したく」に申し込むとスルガ銀行ゆうちょローンに申し込むことになります。直接スルガ銀行へ申し込みをしても、スルガ銀行が審査と保証を行います。

 

「したく」の基本スペックと申し込み方法

申込対象者
  • お申込時の年齢が満20歳以上70歳以下で、安定した収入がある方
  • 当社所定の保証会社(SPD株式会社)の保証が受けられる方
利用方法 専用のローンカードを発行、全国の提携ATM・CDでご利用可能
資金用途 ご自由(事業性資金は除く)
契約期間 10万円~500万円(初回300万円まで)
利用限度額 1年ごとの自動更新
利率 年7.0~14.9%(左記範囲内でスルガ銀行が決定させていただきます)
遅延損害金 年利19.5%

※お申込金額が50万円を超える際は所得確認資料が必要となります。

 

 

申し込み方法と融資までの流れ
  • 「したく」の申し込み方法は、
  • インターネットで申し込む方法
  • 電話で申し込む方法
  • ゆうちょ銀行の窓口で申し込む方法

から選べます。

 

インターネット申し込みは24時間365日いつでも申し込みが出来る便利な申し込み方法です。

 

受付時間外でも会社の隙間時間や、自宅に帰ってからパソコンやスマホを使って申し込みを済ませておけば、翌営業日には審査を受けることが出来るので、申し込み時間を気にする必要はありません。

 

申し込みを済ませると、ゆうちょ銀行と保証会社で所定の審査を行います。

仮審査の結果が電話または郵送で連絡があります。

審査通過となった場合は、ゆうちょ銀行から申込書が送られてくるので、申込書に記入し、必要書類を添えて返送します。

書類到着後、本審査が行われ、本審査が完了するとローンカードが自宅に郵送されます。

カード到着後カード送付台紙に記載された電話番号へ連絡を入れて手続きは完了です。

 

電話受付時間は、平日0:30~23:00、土日祝日は9:00~20:30まで受け付けているので、カードが届き次第利用できるようになります。

 

クレジットカード「JP BANKカード」とは

JP BANKカードは、ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードです。

 

ゆうちょ銀行のキャッシュカードとクレジットカードがひとつになった、いわゆるクレジット機能付きのキャッシュカードもあり、JP BANKカードは、他のクレジットカードと同じようにキャッシング枠を設定することができます。

 

「JP BANKカード」はクレジットカードなので、発行の際はショッピング枠の審査を受けます。キャッシング枠を希望する場合はショッピング枠の審査とは別に、キャッシングの審査も行われた後にキャッシング機能がついたカードが発行されます。

 

審査の結果次第で、カードを持つことができなかったりする場合もありますし、キャッシング枠がつかなかったり、設定された希望通りのキャッシング枠以下になる場合もあります。

 

審査に通過し、クレジットカードが手元に届けば、全国のゆうちょ銀行ATMや提携のATMからキャッシングをしたり、「キャッシング振込サービス」によりお金を借りたりすることもできます。

 

「JP BANKカード」のスペックと申し込み条件

総理用枠 10~80万円
カード利用枠(カードショッピング) 10~80万円
キャッシング利用枠 0~30万円
年利(実質年率) 15.0%
返済方式 毎月原理定額返済

※学生の方のキャッシング利用枠上限額は5万円までとなります。

 

申し込み対象者は

  • 満年齢18歳以上の方(高校生は不可)
  • 当行へのお届け住所が日本国内のお客さま

であれば、申し込みが可能です。

 

通常のクレジットカードの金利は18.0%というカードが多いのですが、金利は15%と、他社クレジットカードのキャッシング金利よりも低い設定となっています。

 

ゆうちょ銀行がメインバンクの人は、キャッシュカードをクレジット機能付きのJP BANKカードとして、キャッシング枠を設定しておくと、いざという時に比較的低めの金利でお金を借りることができます。

 

借り入れ返済方法

「JP BANKカード」を受け取れば、全国のゆうちょ銀行や提携銀行ATMなどからカードを使ってお金を引き出したり、キャッシング振り込みサービスで指定口座へ振り込みをしてもらえたりするので、キャッシュカードを使ってお金を引き出すことが出来ます。

 

 

返済方法

返済方法 お支払い方法 手数料
1回払い 毎月末までのご利用金額を、翌月26日の支払い日に一括返済する方法 不要
リボルビング払い あらかじめ指定した一定額に分割して、毎月のお支払い日に支払いする方法
分割払い 指定の分割回数に均等分割して、毎月のお支払い日にお支払いする方法

 

返済方法は、

  • 1回払い
  • リボルビング払い
  • 分割払い

から選ぶ事が可能で、毎月末日締め切り、翌月26日に支払い口座より引き落としになります。

 

まとめ

キャッシングに利用したい時は「JP BANKカード」と「したく」どちらのカードでもお金を借りる事が出来ます。

 

しかし、「JP BANKカード」と「したく」比較をした場合、「したく」は「JP BANKカード」よりもわずかですが金利が低いという事や、融資限度額が多い、クレジットカードの審査を受ける必要がないという事から「したく」の方をおすすめします。

 

ただ、したくは即日融資が出来ないので、すぐにお金が必要という方にとっては不向きで、ゆうちょ銀行でのキャッシングにとらわれないのなら、他の銀行系カードローンや大手消費者金融のキャッシングの方をおすすめします。


×