郵便局でお金を借りるには?

ゆうちょ銀行でお金を借りるには

「どこかでお金を借りたい」と考える時、どこで借りるかを決めなければなりません。

 

消費者金融や銀行などからカードローンの申込をすれば、早くてその日にお金が借りられるという利便性を備えていますが、お金を借りる方法にゆうちょ銀行でお金を借りるという選択肢があります。

 

ゆうちょ銀行でお金を借りる方法は、カードローン「したく」を利用する方法や、ゆうちょ銀行に総合口座があり、総合口座で管理している定期貯金や財形貯金を利用している方なら貸付が利用できます。

 

ゆうちょ銀行のカードローン

 

ゆうちょ銀行には個人向けに利用できるカードローン「したく」が利用できます。

 

実質的にはスルガ銀行の「したく」ですが、ゆうちょ銀行の窓口で代理販売をしているカードローンで、ゆうちょ銀行は小口金融の審査業務に対するノウハウがないので「審査」は、スルガ銀行で審査を行う事になり、ゆうちょ銀行から借りるのではなく、するが銀行から融資を受ける形になります。

 

 

「したく」の申込方法は、ゆうちょ銀行のサイトにある「ローン・貸付け」のなかに「スルガ銀行の個人ローンのお申込み」から入ります。

 

申込条件は満20歳以上満70歳以下で継続した一定の安定収入があれば、アルバイトやパート、派遣社員、年金受給者でも申込が可能です。

 

「したく」の基本スペックは、金利年7.0~14.9%で、融資額は最大で500万円(初回の申込は300万円まで)となります。「したく」は担保や保証人は不要ですが、SDP㈱の保証を受ける必要があります。

 

申込から審査を受けて、実際に利用できるようになるには、早くて2~3日が必要なので、お金が必要な事が前もってわかっている時は、早めに申込をすることがポイントです。

 

総合口座がある場合に利用できる借入方法

「したく」は一般の銀行カードローンになるので、利息は高めになります。

 

ゆうちょ銀行で総合口座を持ち、なおかつ管理をしていれば、ゆうちょ銀行から貸付を受ける事が可能で、貸付方法として、「貯金担保自動貸付け」「財産形成貯金担保貸付け」「国債等担保自動貸付け」が利用できます。

 

貯金担保自動貸付けでお金を借りる

口座振替や引出しなどで利用している時、残高が不足する時があります。そんな時、総合口座の中で管理されている担保定額貯金あるいは担保定期貯金があれば、それを担保として、不足分を補う形で利用できるのが、「貯金担保自動貸付け」です。

 

利用できる金額は定期貯金の90%まで、総合口座通帳1冊につき最大で、300万円までが自動貸付になります。金利については、定期貯金の利率はいずれも0.01%で、担保定額貯金ならプラス0.25%、担保定期貯金ならプラス0.5%となり、実質的にはそれぞれ0.26%、0.51%となります。

 

貸付期間は最長2年となっていますが、貯金の預入期間が満期となる日が基本になります。借入後すぐに満期が来てしまう場合には注意が必要ですが、貯金の預入を継続すれば、貸付期間の範囲内で貸付けも継続できることになっています。

 

返済は貸付期間内ならば通常の貯金口座へ入金するだけで、返済回数や1回あたりの返済金額に決まりがないので、自由な返済ができます。ただし、貸付期間内に返済が完了しない時は、担保となっている貯金を払い戻して元金と利息に充て、残高は通常貯金に入金されます。

 

財産形成貯金担保貸付けでお金を借りる

「財産形成貯金担保貸付け」はゆうちょで利用している財形定額貯金、財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金を担保とし、預けている財形貯金の残高に利子を合計した金額の90%に相当する金額を借りることができます。ただし、借入可能な金額は一契約につき上限が300万円となります。

 

金利については財形貯金の利率が0.01%で、返済時の約定利率の0.25%を合計した利率0.26%になります。

 

借入れ方法については、郵便局とゆうちょ銀行の貯金窓口から手続きをします。貯金担保自動貸付けは、何度でも借入れが可能になっているのに対し、「財産形成貯金担保貸付け」は貯金口座1つあたり1,000円から1,000円単位で1回だけなので、借入する時には注意が必要です。

 

貸付期間は「貯金担保自動貸付け」と同じ、2年間ですが、担保となる貯金の満期日が優先されます。

 

返済方法は借入れの元金と利息を郵便局やゆうちょ銀行の貯金窓口で支払う事になり、ATMが利用できないので、時間的な制約と郵便局が混雑している時の事を考えると多少不便さがあります。

 

財産形成貯金担保貸付けでお金を借りる

郵便局やゆうちょ銀行の貯金窓口から購入した国債を総合口座で管理している方は、これを担保にして国債等担保自動貸付けで、借りることができます。

 

借入は額面の80%、ただし最大で200万円までになります。金利は定額貯金の利率0.01%に1.70%を合計した金利となるので、1.71%になります。借入れ方法は、通常貯金の残高不足の際の自動貸付けになり、返済方法は通常貯金へ入金するだけなので、利便性のあるローンと言えます。

 

また貸付期間については基本1年となっていますが、貸付期間よりも国債の償還日が早く到来する場合は、その日より7営業日前となるので、国債の償還日までに1年を切っている場合は注意が必要です。

 

もし、貸付期間内に完済ができない場合は、担保となっている国債をゆうちょ銀行が買取り、借入れの元金と利子がその中から充当されます。

 

国債等担保自動貸付けでお金を借りる

ゆうちょ銀行には「担保自動貸付サービス」があります。

 

サービスが利用できるのは

  • 定額貯金や定期貯金を預けている。あるいは、国債・地方債・利付国債などを購入している。
  • 総合口座契約をしている。あるいは、「担保貸付サービスご利用申し込み」(ゆうちょ銀行以外の銀行なら、「当座貸越サービスご利用申し込み」)を済ませている。

といった条件を満たしていれば、「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)を利用できます。

 

「担保貸付サービス」はこれらを担保として、定期貯金・定額貯金の貯金高の90%、国債や地方債などは80%、利付国債の60%までの合計300万円以内までの自動貸付が可能です。

 

自動貸付は、普通貯金の口座が残高不足で自動引き落としができない場合や、キャッシュカードや通帳での出金希望額に満たない場合、自動的に貸付が行われるサービスです。定期貯金や定額貯金、国債などを解約しなくてもそれらを担保にお金が借りられるというメリットがあります。

 

その他の借入方法

ゆうちょ銀行にはこれらの他、クレジットカードでお金を借りるという方法もあります。

 

ゆうちょ銀行のクレジットカードは、JP BANK VISAカード、JP BANK マスターカー、JP BANK JCBカードが選べます。

 

クレジットカードは、ショッピング機能とキャッシング機能の利用が可能で、審査によって限度額は変わりますが、ゆうちょ銀行でお金を借りる方法のひとつになります。

 

まとめ

ゆうちょ銀行でお金を借りる方法として、以前は「貯金担保自動貸付け」「財産形成貯金担保貸付け」「国債等担保自動貸付け」のように、預金を前提としたお金を借りる事しかできませんでしたが、最近はカードローン「したく」やクレジットカードでもお金が借りられるようになっています。

 

ゆうちょ銀行はどんな小さな町でも支店を置いているので、お金を借りたい時は借り易さや便利さを考えた場合、ゆうちょ銀行も選択肢のひとつに加えてみてはどうでしょうか。


×