闇金でお金を借りるVS債務整理、そんな状況で取るべきベストな行動は?

闇金でお金を借りるVS債務整理、そんな状況で取るべきベストな行動

消費者金融やカードローンの申込みしても、審査に通らないという時、インターネットや週刊誌などの宣伝で「審査なしで融資が可能」「絶対に断りません」などと書かれている広告を見て、申込をしてみようと思う人がいます。

 

そういった広告は、何処の審査も通らないと断念していた人達にとっては、正に希望の光のように思えますが、そんな夢のような広告を出している業者と言うのは、まず「闇金」と思って間違いありません。

 

「闇金」に一度手を出してしまうと、弁護士や警察を頼らなければその被害から逃れる事が出来ないので、絶対に手を出してはいけません。

 

借入先がもうないと判断した時は「闇金」に手を出すより、思い切って債務整理を考える事をおすすめします。債務整理をすると、一定期間はキャッシングが出来なくなりますが、場合によっては払い過ぎたお金が返ってきたり、返ってくるお金で現在の借入残高を減らしたりする事も可能です。

 

闇金とは

 

「闇金」の定義は「貸金業の登録を行わずに、業としてお金を貸している業者」をいいます。

 

貸金業を行う場合は、国(財務局)や都道府県に貸金業としての登録をしなければなりません。これに登録せずにお金を貸す商売をしている業者のことを、まとめて『闇金』と呼んでいます。

 

闇金というと、「ヤクザが経営している金貸し」とか「闇の世界の銀行」などというイメージがありますが、登録をしていない業者が貸金業を行えば「闇金」になります

 

「登録していないだけならそんなに怖くないのでは?」と思うかもしれませんが、「登録をしていない」すなわち「法的な縛りを受けない」という事になり、法律を無視した高利での貸付をしたり、会社や自宅へ取り立てに来たり、以日に何度も電話を掛けてきたり、やくざまがいの取り立てをしてきます。

 

闇金の手口

闇金といえば、暴利な金利で貸し付ける金融業者というイメージがありますが、最近はもっと様々な手口を使った業者が増えてきています。

 

高利貸

闇金の特徴である高利での貸し出しは、以前からよく知られている手口で、10日1割とか10日3割と言うような高利で貸付けてきます。

 

090金融

貸金業を行うには固定電話の登録が必須ですが、連絡先が携帯電話の番号しかない業者の事です。事務所や店舗を持っていない闇金も多いため、シッポを掴みにくいという難点もあります。

 

押し貸し

勝手に銀行口座などへお金を振込み、後から返済と利息分を要求してきます。完全な犯罪業者なので、支払いの義務などはありません。

 

年金担保金融

高齢化が進むにつれて増えてきた融資方法で、将来受け取る年金を担保としてお金を貸します。現在、年金を担保に融資ができるのは銀行などを窓口にした公的機関のみです。それ以外は闇金と考えて良いでしょう。

 

年金担保金融は、年金の入金のある通帳を抑えられるので、業者にとっては確実なカモとして狙われやすくなってしまいます。中には元金の返済を受付けず、一生通帳を取り上げたままにする業者もいるようです。

 

その他パチンコ金融やカラ貸し、最近ではソフト金融と言うのが広がっているようです。

 

ソフト闇金

ソフト闇金の特徴はこれまでの「闇金」と違い、厳しい取り立てや脅迫めいた請求はないことから、利用者も安心してしまいがちですが、実態としては違法な金利で貸し付けている闇金には変わりありません。

 

闇金の嫌がらせ

「闇金」は貸付を行う時は丁重な対応をしてくれますが、いざ返済が滞るとその態度は一変します。昔からある嫌がらせ行為に電話攻撃があります。

 

電話攻撃とはその名の通り電話での嫌がらせをする事で、1日に1回、2回の催促をするのではなく数十回以上の電話攻撃をしてきます。朝から晩まで、さらに夜中まで、まさに1日中「闇金」からの嫌がらせ電話に悩まされます。

 

しかたなく電話にでると、すさまじい恫喝が始まり、その後もれっきとした脅迫ととれる言動で債務者を追い込んでいきます。債務者が怖くなって電話に出なくても電話はなり続け、呼び出し音が途絶える事はありません。

老人や専業主婦は日中も家にいるので、電話の呼び出し音が鳴るたびに震え上がっています。まさに精神的に追い込ん来るので、電話の回線を切断しようと思っても、家族や知人からかかってくる事を考えると回線の切断をする事が出来ません。毎日毎日、闇金からの電話攻撃に悩まされてしまいます。

 

最近はほとんどの方が携帯電話をもっています。携帯やスマホの電話番号を教えてしまうと職場にいようが、どこかに外出中であろうが、家にいようが四六時中、嫌がらせ電話が鳴り響きます。

 

お金を借りる時は何の疑いもなく固定電話、や携帯の番号も契約書に記入します。携帯はとても便利なツールですがこれが仇となり、どこにいても闇金とつながっている状態になります。そして会社員が闇金からお金を借りるとさらに話がややこしくなります。職場まで電話がかかってくるようになります。

 

携帯への着信なら借りている本人しか電話にでないため、周りに知られることはありませんが、会社への電話は上司や同僚、部下に借金をしていることがばれてしまいます。さらにその借入先が悪徳の貸金業者と分かれば立場は丸つぶれで、まさに闇金はこれを狙っているといえます。

 

会社にそのまま在籍できればよいですが、会社のイメージが悪くなるという理由で居られなくなり、退職を迫られて依願退職するといった事態も珍しくはありません。

 

もう一つの取り立て方法は、自宅まで押し掛けて来て債務者を恫喝する方法ですが、あえて近隣住民に大声で聞こえるようにどなり散らすという作戦も闇金の常套手段です。

 

債務者の近所の人たちにヤクザ口調で怒鳴り声を上げる事は借主の家族はもとより、周辺住民もさえ怖がらせてしまいます。これにより債務者が悪い連中と付き合っている、または悪質貸金業から借金をしていることを知らしめようとします。

 

これでご近所との亀裂を生じさせ、債務者の居場所をなくする事が目的と思われます。住居というのは生活基盤の基本です。そのためヤクザまがいの闇金業者が出入りしていると近所から白い目でみられてしまいます。当然肩身の狭い思いをすることになります。

 

このような事態になると、債務者だけで問題を解決する事は出来なくなります。問題解決には警察に介入してもらうか、弁護士に依頼するしか解決することは出来なくなります。ですから、いくら困っていると言っても「闇金」に手を出す事は絶対に避けるべきで、謝金問題の解決に債務整理という方法があるので、こちらで解決する事をおすすめします。

 

債務整理とは

債務整理とは、借金を減額したり、支払いを延期する事よって、借金のある生活から解放されるための手続のことで、債務整理には

  1. 「過払い金請求」
  2. 「任意整理」
  3. 「民事再生」
  4. 「自己破産」

という4つの手続があります。

 

債務整理は自分で行う事も可能ですが、やはり法律的な事は弁護士に任せる方がスムーズな対処ができます。また、弁護士に依頼すればヤミ金融(ヤミ金)とは知らずにお金を借りてしまった方のトラブル対応してもらえるので、それ以後は「闇金」の取り立てなども止まります。

 

債務整理のメリットは少しでも早く借金の苦しみから抜け出し、将来に向けて新しいスタートが切れます。

 

任意整理は裁判所を介さないおすすめの解決方法

「任意整理」は、契約を開始した時期までさかのぼり、利息制限法で決められた上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算する事で、金利の引き直し計算とも言われます。

 

弁護士に依頼すると、グレーゾーン金利で支払い続けた場合は、それまでの借金を減額した上で、金利をカットしたり、元本のみを3年程度の分割返済にしたりする内容の和解を貸金業者と結びます。任意整理以後は、この和解内容に従って返済を続けることで、借金を整理する手続きです。

 

任意整理は、民事再生などのデメリットを避けながら、利息の引き直し計算や金利のカットなどにより、そのまま返済を続ける場合に比べて実際に返済する金額を減額できる可能性が高くなります。

 

債務整理のメリット・デメリット

債務整理全般のメリットは

  • 借金が減るor無くなる
  • 弁護士に依頼した時点で督促がストップする
  • 誰にもバレない(自己破産を除く)

デメリットと言えるのが

  • 弁護士費用がかかる
  • 信用情報期間の個人情報に債務整理をした事が記載され、5~10年間程度はクレジットカードを含む、一切の借入れができなくなる

というデメリットが含まれます。

また、任意整理を選んだ場合のメリットは

  • 特定業者を選んで整理できるので、クレジットカードなどを対象にしなくてもよい。
  • 業者からの取り立ては一切停止る。
  • 過払い請求と組み合わせれば元金が減額される可能性もある。
  • 財産などの差し押さえされる事はない。

事です。

一方、デメリットになるのは以下のような事です。

  • 5年間程度は新規の借入やクレジットカードの発行が出来なくなる。
  • 必ずしも元金が減るとは限らない。
  • 金融業者との示談になるので、応じてもらえない場合もある

 

自分に適した方法を選ぶ事が重要

債務整理には4つの方法がありますが、どれを選んでも良いという訳ではありません。

 

どの方法が一番良いかは、弁護士などに相談する事が重要で、自分だけでなんとかしようとするのはおすすめ出来ません

 

たとえば「自分には自己破産しかない」と思っていても、弁護士に相談したら「自己破産しなくても、任意整理で借金は大幅に減らせる」と言う場合もあります。

 

いきなり弁護士へ相談するのも気が引けるという場合は、法テラスの無料相談から始めるのもひとつの方法です。

 

まとめ

これ以上どこもお金を貸してもらえないという事になれば、「どこでもよいから貸してもらえるところ」と思って闇金へ申込をしてしまう事は、「闇金」の思うつぼです。

 

「闇金」はどんなことが有っても避けるべきで、その前に中小消費者金融で借入先を探すのもひとつの方法です。

 

中小消費者金融の中には、大手で借りられなかった人や、金融ブラックと言われる人にも貸付をしている業者があるので、借入先を大手だけに限定せず、中小消費者金融まで範囲を広げれば、きっと貸付をして貰える業者も見つかるはずです。

 

それでも、借入先が見つからない時は、「闇金」を頼るのではなく、債務整理を考える方が今以上のトラブルになる事はありません。


×