おまとめローンを低金利で借りる!おすすめはズバリここ!その理由とは?

おまとめローンの特徴、利用してもらいたい方はこんな人!

借金

キャッシング会社のホームページで「おまとめ・借り換えももちろんOK!毎月の返済額や返済金額が軽減されます」とか「複数のカードローンをまとめて毎月の返済額を軽減!」と言うような広告を見たことが有ると思います。

 

おまとめは消費者金融や銀行カードローンで申し込みが出来ますが、特に消費者金融は一人に貸し出せる金額が年収の3分の1に制限されているので、貸し出しが思うように伸びない事もあり、総量規制の対象外になる「おまとめローン」に力を入れています。

 

おまとめローンは年収の3分の1以内と言う制限はなく、業者が年収の3分の1を越えた部分について返済が出来る利用者と判断すれば、総量規制の制限を超えた融資が出来る事になっています。銀行カードローンの場合は、年収による制限がないのと、一般的に金利が低いため、一般ローンでまとめる事が可能で、おまとめローンという商品が有るのは一部の銀行だけです。

 

「おまとめローン」は複数社の借入を1社にまとめるローン為の商品で、一つにまとめると、

毎月の返済日が1日になる。

借入先が何社もあると、返済日が何日もなり、各社ごとの返済金額が違うと、間違いなく返済日にお金を用意しなければなりません。そんな毎日が続くと、ついつい返済日にお金が用意できなかったり、うっかり返済日を忘れたりする事もあり、精神的な負担も多くなります。しかし、返済日が1日なら、そのような心配はなくなり、お金の管理もしやすくなります。

 

金利を低く抑える事が出来る。

一本化するための条件は、一般的には今借りている金利よりも低い金利に借り換えるというのが鉄則で、一般的に「おまとめローン」の金利は一般のローンやキャッシングよりも低い金利を設定しているのが多いです。

 

毎月の返済額が少なくなる事が多い。

一本化の内容にもよりますが、各社へ支払っている毎月の返済額の合計より、一般的にはまとめた後の方、が毎月の返済額が少なくなります。まとめる事で、お金の管理が簡単になり、新たな返済計画が建てられるので、完済までの道のりが明確に見えて来る。

 

複数社の借入が有ると、いつまで支払いを続ければよいのか、利息はどれくらいになるのかという事が見えてきません。

おまとめで1本化できれば、そこの返済シミュレーションを利用すれば、新たな返済計画で返済回数や、毎月の金利がどれくらいになるのかが明確になるので、自分の生活環境に合わせた返済計画が立てられます。

 

おまとめローンで借入を一つにまとめると、このように多くのメリットが生まれます。

 

おまとめローンを利用するメリットがある人

 

メリット

 

おまとめローンは、多重債務をしてしまっている方の為に設けられた金融商品なので、複数社から借金している方に向いています。複数社から借金している人は、毎月の返済が大変になってしまいますし、返済してもなかなか借金を減らす事が出来ません。しかし、おまとめローンを利用すれば返済日も一つに出来ますし、返済日に遅れなければ、高利の遅延損害金を支払いこともなくなりますので、いままでの負担がかなり軽減されます。

 

ただし、おまとめローンを利用するには事前にやっておく事が有ります。おまとめローンで借り換える場合、ただ漠然とまとめる事だけを考えるのではなく、借入残高がどれくらいか、毎月返済がどれくらいなのかを具体的に書き出します。その上で「返済シミュレーション」などを利用して、まとめるとどれくらいのメリットがあるのかを前もって確認してから申し込みむ事が大切です正確な数字を掴んでいないと、おまとめで借り換えても意味がなかったという事にもなりかねません。

 

また、おまとめは3社程度なら借り換えが可能ですが、4社5社となると厳しくなります。そんな場合は、現在利用している消費者金融に電話を入れて「借入先を減らしたいのでまとめたい」といった申し込みをすれば応じてくれる場合もあるので、借入先が3社以下になるように申し込みんでみましょう。

 

低金利おまとめローンの審査基準、借り方は?

チェック

「おまとめローン」にも審査はありますが、契約まで進めばこれまで煩わしかった返済日や、お金の管理が嘘のように軽くなり、新たな返済計画で環境に合わせた返済が続けられます。「おまとめローン」の審査に通るために何点か気を付けたいことが有るのでチェックしてみました。

 

審査で重要視しているのは

 

 

おまとめローンを申し込みむと、金融機関の審査過程で、担当者は必ず個人信用情報センターに情報照会をします。当然です、がおまとめの申し込み者は個人情報に、過去にカードローンなどの利用履歴が残っています。氏名、住所、生年月日、自宅、電話番号など、他のカード会社に申し込みんだ記録として、借入先一社ごとの限度額や、現在の残高、最終入金日、次回予定日のほかに事故情報などが記録されています。


 

こちら 記載内容で不利になるのは、

  • 過去に借金の延滞や滞納をしていれば、即審査に通らない可能性が高いです。
  • 延滞金を払い終えた場合でも、延滞情報は、契約期間中及び契約終了後5年程度は記載されていることが多いので、審査にとってはマイナスになります。
  • 短期間にいくつものカード会社に申し込みをした、いわゆる「申し込みブラック」という状態の人は、この状態でも約半年間は審査に通るのは厳しくなります。

 

最も重要なのは他社借入件数

 

 

延滞や申し込みブラックになっていなければ、次に重要視されるのが借入件数です。借入件数は借金総額よりも重要視される項目で、審査で最初に見るのが、「借入件数」、続いて「借入総額」になります。担当者から見た場合、借入総額が少しくらい多くても、(延滞さえなければ)件数の少ない方が圧倒的に信用度は高く、「お金を貸しても返してくれる確率が高い人」と判断します。そのため、おまとめローンの申し込みは、借入件数の少ないほうが有利になります。

 

「おまとめローン」の審査を受けるには、借入件数を3件以内にする必要が有ります。借入件数を減らす方法として、すでに借入れのある会社の中で、いちばん返済実績のある会社から限度額の増額をしてもらい、それを他社の返済に充てるという方法があります。増額は借りている会社に「増額申し込み」をして、審査に通れば増額してもらえます。増額申請をする時、担当者に「他社の借入を完済したい」と相談してみましょう。


 

おまとめローンの借り方

 

 

おまとめローンを利用するときの大まかな流れは、いくら借り入れをすればよいかが分かりませんので、申し込み前に自分が現在り入れをしている業者名や借入残高、毎月返済額を具体的に書き出しておきましょう。

 

キャッシングは利息を日割り計算していますので、厳密には実際の返済金額とは多少差が出てしまいますがすぐに申し込みむつもりなら気にすることはありません。借入残高が解ると、おまとめローンの借入希望金額をいくらにするかが明確になります。おまとめローンは銀行や消費者金融などいろいろなところで取り扱っていますが、この融資は総量規制の対象外となっていますので、消費者金融でまとめる時も年収の3分の1を超えていても申し込みが出来ます

 

借り入れ希望先が決まれば、電話や店頭窓口、インターネットなどでローンの申し込みをします。申し込み方法は一般カードローンと同じで、勤務先や年収、借り入れ希望金額などの必要事項を記入して送ると業者側で審査が行われます。ただし、融資金額も多くなるので審査は一般カードローンと違って厳しくなります。

 

融資がOKとなると、契約を正式に交わして融資を受けますが、消費者金融のおまとめローンの場合は、まとめ先から本人名で他の借入先へお金を振込み、完済します。銀行カードローンは、一般ローンをおまとめに利用するだけなので、融資が決まれば、自分で借入先へお金を返し、完済しなければなりません。注意が必要なのは、一度自分の手もとにお金が入るので、使ってしまう心配があります。


 

おまとめローンのメリット・デメリット

 

メリットデメリット

 

おまとめローンには多くのメリットがありますが、まとめ方によってはデメリットも発生します。せっかくまとめるのですから、そのメリットを最大限に発揮する事が肝心です。

 

おまとめローンのメリットは

繰り返しになりますが、おまとめローンの最大のメリットは「金利の低いところへ借り換える事で総返済額を少なく出来る」と言う事が最大のメリットです。また返済日がそれぞれ違うため、毎日が返済金額や返済日が気になり、精神的なストレスもたまっています。

 

しかし、まとめる事が出来れば返済日が1日になり、お金の工面に苦労する事もなくなります。借り換えができれば「新たな返済計画が立てられるので、無理のない返済ができるようになる」といった多くのメリットも有ります。

 

おまとめローンのデメリット

おまとめローンで借り換える時は、現在の金利より低い金利で借りる事が条件ですが、キャッシング会社によって借り換えによるメリットが見込めない時があります。貸し倒れのリスクが高いと思われる債務者には、高い金利で融資するので、多重債務の状態になっている債務者は、貸し倒れのリスクが高いと判断される事が多く、結果的に思っているほど金利が下がらなかったという事も少なくありません。

 

また、おまとめローンで借り換えをする時、新たに返済計画が立てられます。ただ、新たな返済計画が立てられるという事は、メリットでもあり、反面デメリットにもなります。デメリットになる場合とは、今まで返済が苦しかったので、毎月返済を少なくして楽な返済をしたいと考えた場合で、毎月の返済額を減らしたため返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が今までより大きくなる事があります。

 

おまとめローンはメリットもありますがデメリットもあるので、まとめる方が得かどうか、十分に検討してから決める事が重要です。

 

おまとめローンとして利用するなら低金利の総量規制対象ローン!

 

おまとめローンは消費者金融や銀行カードローンで申し込みができます。消費者金融には「おまとめローン」や「借り換えローン」といった商品がありますが、銀行カードローンで「おまとめローン」があるのは、ほんの一部の銀行に限られます。なぜ消費者金融は「おまとめローン」や「借り換えローン」が一般ローンと別になっているのかと言えば、一般ローンの融資限度額は年収の3分の1以内と制限が有るので、まとめたいと思ってもそれ以上の融資は受けられません。

 

そこで「おまとめローン」や「借り換えローン」と言う商品を利用する事になります。「おまとめローン」や「借り換えローン」はは総量規制の「例外貸付」になるので、年収の3分の1以上でも、審査に通れば融資が受けられるので、一般ローンと分けられています。

 

一方、銀行カードローンは総量規制の対象になるので、年収に関係なく、審査に通ればいくらでも融資できます。そのため、「おまとめローン」というような商品を用意する必要がなく、審査に通ればおまとめに利用できるだけの借入が出来ます。

 

消費者金融か銀行カードローンどっちがおすすめ?

消費者金融の「おまとめローン」や「借り換えローン」は、総量規制の例外にあたる「顧客に一方的有利となる借換え」になるため「例外貸付」として扱われます。おまとめで年収の1/3をこえる借入を希望した場合、超えた部分について返済ができると判断できれば貸付けをしてもよいということになるので、年収による制限はありません。

 

消費者金融は、一般的に審査にかかる時間が短く、審査が銀行カードローンほど厳しくないので、少しでも早く借金の悩みから解放されたいときは、消費者金融の「おまとめローン」を利用すれば、少しでも早く解消できます。ただし、消費者金融でまとめる場合、銀行に比べて金利がそれほど低くならない、というデメリットが有ります。

 

銀行カードローンのおまとめ

銀行でおまとめ専用の商品として取り扱っているカードローンは、テレビCMでも知られている東京スター銀行の「スターワンバンクローン」があります。しかし、銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低く、融資限度額も制限がないので、一般ローンをおまとめとして利用できるところがほとんどです。

 

おまとめローンは融資額も大きくなるため、一般ローンに比べて審査が厳しくなります。銀行でおまとめをする場合、ある程度のステータスも必要になるので、パートやアルバイトなどで生計を立てている人はまとめるのが難しいかもしれません。

 

低金利おまとめローンにおすすめ!大手低金利ローン4社を比較!

 

おまとめローンで借り換えるためには、低金利のカードローンを選ぶ事が基本で、そのためには銀行カードローンがおすすめという事は理解して頂けたと思います。しかし、重要なのは金利や、融資限度額だけではありません。

 

おまとめで借りるつもりで申し込みをしたとしても、審査に通らなければ意味が有りません。審査に通りやすく、「おまとめ」を推奨している銀行カードローンは、オリックス銀行カードローンや三井住友銀行カードローン、ソニー銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」がおすすめです。

 

銀行カードローンの平均金利は15.0%と言われています。その中でも、低金利と言えばこの4行で、それぞれ

 

おまとめローン比較

 

となっているので、おまとめにも十分利用できます。

 

<三井住友銀行カードローンの特徴>

  1. 三井住友銀行カードローンの申し込み条件は、満20歳~69歳以下の方で、原則安定したご収入のある方
  2. 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシュマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方となっています。

まずは上記の最低限の申し込み条件がクリアできていれば、申し込みが出来ます。

 

三井住友銀行指定の保証会社はSMBCコンシュマーファイナンス㈱になります。もちろん銀行の審査もありますが、このSMBCコンシュマーファイナンス㈱の審査に受かり、保証を受ける必要があります。最も便利な申し込み方法は、三井住友銀行に口座がある方で、インターネットバンキングからの申し込みなら、本人確認がすでに済んでいるので簡単に申し込みが出来ます。

 

審査結果の連絡は9:00~21:00までなので、その間に契約が完了すれば即日融資も可能で、ローン契約機ならカードもその場で発行されます。ローン契約機は土日や祝日でも21時まで申し込みが出来るので、前日の夜に、申し込みを済ませておけば安心です。

 

<三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの特徴>

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は20歳~65歳方で、収入が有る方
  • 保証会社(アコム㈱)の保証が受けられる方

※学生の方や本人に収入がなく、配偶者に収入が有る専業主婦(夫)も申し込みが可能です。
※外国人の方は永住許可証を受けている方となっています。

 

「バンクイック」の申し込み方法は、インターネット申し込みやテレビ窓口から申し込みむ方法と、郵送、電話の4つの申し込み方法から選べます。即日融資で借りたい時は、郵送以外なら申し込みをしたその日にお金が借りられます。

 

どの申し込み方法を選んでも、カードの受け取りはテレビ窓口か郵送になります。WEB完結なら契約手続きまでネット上で済ませてしまうことができるので、テレビ窓口での時間を最短で済ませられます。テレビ窓口から申し込み手続きからカード発行まで行う事も可能ですが、数十分以上待っていなければならないのが、ちょっと気になるところです。

 

また、カードローンの契約以外にも利用されるので、時間帯や曜日によっては待たされる事もあります。

 

「バンクイック」は総量規制の対象外なので、年収がなくても審査に通れば融資が受けられるので、無収入の専業主婦でも利用できる銀行カードローンです。専業主婦でも申込可能と言っても、基本的に審査内容は一般のカードローンと同じで、ご主人に安定した収入が有れば申し込みが可能です。申し込みは、本人確認書類(運転免許証または健康保険証、パスポートなど)があれば簡単に申し込みできます。

 

専業主婦も申込可能な銀行カードローンも増えてきましたが、口座はどこの銀行口座でもよく、即日融資が可能という人気のあるカードローンです。

 

<ソニー銀行カードローンの特徴>

ソニー銀行は、ジャパンネット銀行やイオン銀行と同じ、店舗を持たないネット銀行です。ソニー銀行カードローンは4年間、新規申し込み停止していましたが、2015年の夏から申し込みが出来るようになっています。

 

再開したソニー銀行カードローンは金利や限度額、その他以前のスペックと比べて大きく改善されています。また、保証会社が「アコム」になった事で、1週間以上かかっていた仮審査は最短60分間に短縮され、これによって当日融資も可能になりました。

 

ソニー銀行の申し込み条件は、

  1. 満20歳~65歳未満の安定した収入のある方
  2. ソニー銀行に円普通預金口座を開設出来る方
  3. ソニー銀行指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方

となっているので、安定した収入があれば、パートやアルバイトの方でも申し込みは可能です。

 

また、新しいソニー銀行カードローンは、配偶者に安定収入がある方なら、専業主婦でも申し込みが可能になり、利用限度額50万円までの融資が可能になっています。

 

一番おすすめはオリックス銀行カードローン!その理由は?

 

おすすめ

オリックス銀行カードローンはテレビCMも流していますが、インターネット上でも数多くのサイトで紹介されている、人気のあるネット銀行カードローンです。

 

以前のオリックス銀行カードローンは保証会社がオリックス・クレジット㈱だけでしたが、新たに新生フィナンシャル㈱が保証会社に加わり、保証会社が2社になったので、これまで以上に審査を通る可能性が高くなっています

 

オリックス銀行カードローンの審査が緩いと言われる理由

インターネットでオリックス銀行カードローンの口コミなどを見ると、中には審査が厳しいと書かれている書込みもありますが、実際はそれほど厳しくはありません。

 

オリックス銀行カードローンの借入限度額ごとの金利は、

 

オリックス銀行カードローンの借入限度額ごとの金利

 

となっています。

 

この表を見れば分かると思いますが、審査は厳しくないという理由のひとつに、下限金利は低いですが、上限金利は消費者金融なみの17.8%と高めの設定になっています。これは大手消費者金融と同率で、上限金利が高いと言うことは、ある程度リスクがある方でも融資が受けられるという事の裏付けになります。

 

もし上限金利が14%~14.6%に設定されているとしたら、審査は今以上に厳しくなると予想できます。あえて上限金利を17.8%に設定している事が、銀行カードローンの中でも審査に通りやすいカードローンと言われる理由です。

 

保証会社が2社というメリット

また、オリックス銀行カードローンの保証会社はオリックス・クレジット㈱と、新生フィナンシャル㈱の2社が保証会社になっています。一般的に銀行カードローンの保証会社は同グループ内の消費者金融や信販会社の1社が保証会社になっていますが、オリックス銀行の保証会社が2社になっているので、どちらかの審査が通れば融資が受けられます

 

保証会社が2社という事は、申し込み者にとって審査が通りやすくなります。

 

以前のオリックス銀行カードローンの保証会社はオリックス・クレジット㈱だけで、年収が200万円以上なければ申し込み出来ませんでした。新たに新生フィナンシャル㈱が保証会社になった事で、年収制限は撤廃され、多少リスクのある方でも融資が受けられるようになりました。銀行カードローンの一番のネックは保証会社の審査ですが、その保証会社が2社あることで、他の銀行カードローンよりも審査が通りやすくなったと言えます。

 

おまとめに人気のあるカードローン

カードローンは借入件数が1件の時は、返済もそれほど気なりませんが、借入先が何件も増えてしまうと、返済金額は増え、毎月どこへいくら払うかを常に気にしなくてはならず、そのためストレスが貯まり、苦しい毎日を送るようになります。そのような状況から脱却するために複数社の借入を1社にまとめる事ができれば、苦しい毎日から解放されます。

 

オリックス銀行カードローンは低金利で高額融資が可能なので、口コミなどでもおまとめに最適なカードローンとして人気があり、多くの方が利用しているカードローンです。

 

まとめる事で生まれるメリット

複数社から借入をしていると、それぞれの返済日が違う為、返済日に遅れない事や、それぞれの返済金額を用意する事に追われる毎日が続きます。

 

借入が1本化できれば返済日は1日だけになり、精神的にも返済日に追われるという心配がなくなります。複数社からの借入は返済総額が増えるため、それぞれへの返済金の用意や、振込みの場合は手数料も大きな負担となってきます。そのため、返済がなかなか進まず、悪循環となってしまいますが、借入先を1社にまとめる事ができれば、金利を下げることも可能です。金利が下がれば、利息を含めた返済総額が少なくなります。

 

また、複数社から借入をしている場合、提携ATMなどから返済をしている場合、返済のたびに利用手数料が発生しているはずです。

 

オリックス銀行カードローンは全国95,000台の提携ATMがすべて何度でも無料で利用できます。

 

ATM利用手数料は1万円以下なら108円、1万円以上は216円が毎回必要になります。返済が何年も続く状態だと、この手数料も返済総額に影響してきます。オリックス銀行カードローンでまとめた場合は、これらの経費が不要になるので、無駄なお金を使う事無く返済が進められます。

 

まとめると

まとめると

オリックス銀行カードローンは年利3.0%~17.8%、借入限度額は最大で800万円、所得証明は300万円まで不要という、銀行カードローンの中でもかなりハイスペックなカードローンです。

 

低い金利と高い限度額が魅力のオリックス銀行カードローンなら、おまとめや借り換えに最適です。

 

カードローンの申し込みもすべてインターネットで完結するので、わざわざ店舗へ出向く事もありません。口座はオリックス銀行に口座を作る必要がなく、どこの口座でも利用出来ます。また、希望額が300万円までなら所得証明も不要なので、運転免許証や健康保険証があれば簡単に申し込みが出来ます。

 

おまとめを検討している方は、オリックス銀行カードローンで借り換を考えてみてはどうでしょうか。


×