おまとめローンを低金利で借りる!おすすめはズバリここ!その理由とは?

おまとめローンを低金利で借りるメリット

 

インターネット上には「おまとめ・借り換えOK!毎月の返済額や返済金額が軽減されます」とか「複数のカードローンをまとめて毎月の返済額を軽減!」と言うような広告を見たことが有ると思いますが、これらはすべて「おまとめローン」や「かりかえローン」の宣伝で、多重債務者となっている人にとっておすすめの商品となっています。

 

 

≪目次≫

  1. おまとめローンは消費者金融だけ
  2. おまとめローンのメリット・デメリット
  3. まとめる前に済ませておく事
  4. おまとめローンの審査を通すには
  5. おすすめはアイフルのおまとめローン
  6. 現在アイフルを利用中または利用したことがある人は「おまとめMAX」
  7. アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」
  8. おまとめローンの申込方法
  9. まとめ

 

 

おまとめローンは消費者金融だけ

おまとめは消費者金融の「おまとめローン」や銀行カードローンを利用してまとめる事が可能でしたが、2017年に銀行の過剰融資が問題になり、自主規制で融資限度額は総量規制に準ずるという方針に変わりました。

 

自主規制では「融資限度額は年収の3分の1以内」と制限するようになったので、融資限度額がおまとめに利用できるほどの貸付ができなくなっています。

 

消費者金融は総量規制の対象になっていますが、総量規制には「例外貸付」という総量規制の対象にならない貸付が可能で「顧客に一方的有利となる借換え」は総量規制の対象になりません。消費者金融のホームページで見かける「顧客に一方的有利となる借換え」が総量規制対象外の「おまとめローン」になります。

 

「おまとめローン」は年収の3分の1以内と言う制限はなく、年収の3分の1を越えた部分について、返済が出来る判断すれば、総量規制の制限を超えた融資が出来る事になっています。

 

ちなみに現在銀行カードローンで「おまとめローン」を取り扱っているのは、東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」のみとなっています。

 

ただ、この商品の利用条件が年収200万円以上なければならないのと、給与所得者の方(正社員・契約社員・派遣社員の方)となっているので、消費者金融の「おまとめローン」と比較して敷居が高いのが難点です。

 

おまとめローンのメリット・デメリット

「おまとめローン」は複数社の借入を1社にまとめるローン為の商品で、一つにまとめる事で、以下のようなメリットも発生します。

 

複数あった毎月の返済日が、1日になるので精神的な負担が軽くなる

借入先が何社もあると、返済日が何日もなり、各社ごとの返済金額が違うと、間違いなく返済日にお金を用意しなければなりません。

 

そんな毎日が続くと、ついつい返済日にお金が用意できなかったり、うっかり返済日を忘れたりする事もあり、精神的な負担も多くなります

 

しかし、返済日が1日なら、そのような心配はなくなり、お金の管理もしやすくなります。

 

金利を低く抑える事が出来る。

一本化するための目的は、今借りている金利よりも低い金利に借り換えるというのが鉄則です。

 

一般的に「おまとめローン」は複数社の借り入れを一本化することで、融資限度額が多くなり、まとめた際の限度額にもよりますが、限度額をまとめる事で金利が低くなる場合があります。

 

たとえば、利息制限法では

  • 元本が100,000円未満の場合 年2割(20%)
  • 元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合 年1割8分(18%)
  • 元本が1,000,000円以上の場合 年1割5分(15%)

と決められているので「おまとめローン」でまとめた場合、100万円以上になれば、現在借りている金利が18.0%だったとしたら、金利は15.0%以下になります。

 

毎月の返済額が少なくなる事が多い。

一本化の内容にもよりますが、各社へ支払っている毎月の返済額の合計より、一般的にはまとめた後は毎月の返済額が少なくなります。

 

まとめる事で、お金の管理が簡単になり、新たな返済計画が建てられるので、完済までの道のりが明確に見えて来る。

複数社の借入が有ると、いつまで支払いを続ければよいのか、利息はどれくらいになるのかという事が見えてきません。

 

おまとめで1本化できれば、そこの返済シミュレーションを利用すれば、新たな返済計画で返済回数や、毎月の金利がどれくらいになるのかが明確になるので、自分の生活環境に合わせた返済計画が立てられます。

 

おまとめローンで借入を一つにまとめると、このように多くのメリットが生まれますが、まとめ方によってはデメリットも発生します。おまとめローンで借り換える時は、現在の金利より低い金利で借りる事が最低条件ですが、キャッシング会社によって借り換えによるメリットが見込めない時があります。

 

そのひとつが多重債務の状態になっている債務者は、貸し倒れのリスクが高いと判断される事が多く、結果的に思っているほど金利が下がらなかったという事も少なくありません。

 

また、おまとめローンで借り換えをする時、新たに返済計画が立てられますが、新たな返済計画が立てられるという事は、メリットでもあり、反面デメリットにもなります。

 

デメリットになってしまう時は、今まで返済が苦しかったので、毎月返済を少なくして楽な返済をしたいと考えた場合で、毎月返済額を減らしたため返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が今までより大きくなる事もあります。

 

おまとめローンで借り換えると、「おまとめローン」を契約した業者から、本人名義で借入先へ現在の借金を返済します。「おまとめローン」は返済専用のカードローンとなるので、新たな借り入れが出来なくなります。

 

おまとめローンはメリットもありますがデメリットもあるので、まとめる方が得かどうか、十分に検討してから決める事が重要です。

 

まとめる前に済ませておく事

おまとめローンはいきなり申し込みをしても審査に通らない場合があります。審査に通るためには前もって済ませておかなければならない事があります。

 

おまとめローンで借り換える場合、申込先によって金利や利用条件などに違いがあります。漠然と「まとめられればよい」事だけを考えるのではなく、借入残高がどれくらいか、毎月返済がどれくらいなのかを具体的に書き出してみます

 

その上で「返済シミュレーション」などを利用して、まとめる事でどれくらいのメリットがあるのかを確認してから申込む事が大切です。正確な数字を掴んでいないと、おまとめで借り換えても意味がなかったというだけならまだよいのですが、場合によっては現状より悪くなる事もあります。

 

また、「おまとめローン」は複数社の借り入れを一本化するための商品ですが、借り入れ件数が何社あってもよいというわけではなく、一般的に3社程度なら借り換えが可能ですが、4社5社となると厳しくなると言われています

 

借入件数が3社以上になっている場合はまず借り入れ件数を減らす必要があります。ひとつは、借入残高の少ないところを完済するという方法や、現在利用している消費者金融に電話を入れて「借入先を減らしたいのでまとめたい」といった申込みをすれば応じてくれる場合もあります。

 

「おまとめローン」でまとめる前に、借入先が3社以下になるようにまとめておかなければなりません。

 

おまとめローンの審査を通すには

おまとめローンを申込むと、金融機関の審査過程で、申込書に記入した内容と、信用情報機関の個人信用情報の照会をします。当然ですが、おまとめの申込者の情報は個人情報に、過去にカードローンなどの利用履歴が残っています。

 

氏名、住所、生年月日、自宅、電話番号など、他のカード会社に申込んだ記録として、借入先一社ごとの限度額や、現在の残高、最終入金日、次回予定日のほかに事故情報などが記録されています。

 

記載内容で不利になるのは、

  • 過去に借金の延滞やクレジットカードの返済で滞納などをしていれば、即刻アウトです。
  • 延滞金を払い終えた場合でも、延滞情報が記載されていると、その手続をとってから1年間はどの金融機関でも審査に通りません。
  • 短期間にいくつものカード会社に申込みをした、いわゆる「申込みブラック」という状態の人は、この状態でも約半年間は審査に通るのは厳しくなります。

 

最も重要なのは他社借入件数

延滞や申込みブラックになっていなければ、次に重要視されるのが借入件数です。借入件数は借金総額よりも重要視される項目で、審査で最初に見るのが、「借入件数」、続いて「借入総額」になります。

 

担当者から見た場合、借入総額が少しくらい多くても、(延滞さえなければ)件数の少ない方が圧倒的に信用度は高く、「お金を貸しても返してくれる確率が高い人」と判断します。そのため、おまとめローンの申込は、借入件数の少ないほうが有利になります。

 

「おまとめローン」の審査を受けるには、借入件数を3件以内にする必要が有ります。借入件数を減らす方法として、すでに借入れのある会社の中で、いちばん返済実績のある会社から限度額の増額をしてもらい、それを他社の返済に充てるという方法があります。

 

増額は借りている会社に「増額申込み」をして、審査に通れば増額してもらえます。増額申請をする時、担当者に「他社の借入を完済したい」と相談してみましょう。

 

おすすめはアイフルのおまとめローン

これまで「おまとめ」の利用を推奨していた銀行カードローンでまとめる事が難しくなったため、唯一「おまとめ」として利用できるのが、消費者金融の「おまとめローン」や「借り換えローン」になります。

 

「おまとめローン」は大手消費者金融や中小消費者金融でも利用が可能ですが、金利や安心面から考えた場合は、やはり大手消費者金融がおすすめです。

 

消費者金融 商品名 金利 金資限度額
プロミス おまとめローン 6.3%~17.8% 最大300万円
アコム 借り換え専用ローン 7.7%~18.0% 最大300万円
アイフル おまとめMAX 3.0~17.5% 最大800万円
かりかえMAX 3.0~17.5% 最大800万円

 

中でもおすすめなのはアイフルの「おまとめMAX」や「「かりかえMAX」がおすすめです。

 

アイフルのおまとめローンは、上の表を見てもわかるように、他社の金利と比較しても下限金利は3.3%~3.7%、上限金利は0.3%~0.5%低い金利で利用できるので、まとめた時の利息が少なくなります。

 

おまとめローンの場合、融資限度額は年収に影響を受けないので、融資限度額が最大で800万円というのは、限度額が少なくておまとめ出来ないという心配はありません。

 

現在アイフルを利用中または利用したことがある人は「おまとめMAX」

アイフルの「おまとめMAX」は現在アイフルを利用中、または利用したことがある方は「おまとめMAX」から申し込む事になります。

 

複数社の借り入れを「おまとめMAX」で一本にまとめる事で、返済額や利息を減らす事が可能です。

 

おまとめMAXの商品概要
貸付対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
貸金使途 当社及び他社借入金の借換え
貸付利率 3.0%~17.5%(実質年率)
契約限度額 1万円~800万円
返済方式 元利定額返済方式
各回の返済金額 毎月決められた固定金額

(ただし、初回と最終回は異なる場合があります。)

担保・連帯保証人 担保…不要 連帯保証人…不要
必要書類 原則として、他社の借入条件などが確認できる書類、本人確認書類、源泉徴収票等収入を証明する書類

 

他社への借り入れは、アイフルから本人名義で返済されるので、翌月からはアイフルへ返済するだけになります。ただし、「おまとめMAX」は返済のみになり、追加融資は出来ないという事を知っておく必要があります。

 

アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」

「かりかえMAX」の商品概要は「おまとめMAX」と同じです。以前は「おまとめMAX」の金利は12.0%~15.0%、「かりかえMAX」は12.0~17.5%と新規申込者と利用中の方で金利が違っていましたが、現在は全く同じスペックになっています。

 

違うのは「おまとめMAX」はアイフルを利用中または利用したことがある方は「おまとめMAX」アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」から申し込むという違いだけです。申込方法や契約方法など「かりかえMAX」と「おまとめMAX」は申込対象者が違うだけで内容は同じものと考えてもかまいません。

 

おまとめローンの申込方法

「おまとめMAX」「かりかえMAX」の契約は、

  1. 店舗で契約する方法
  2. 郵送

による契約になります。

 

急いで契約したい場合は、近くの無人契約機などが設置されている店舗で契約する必要がありますが、店舗が近くにない方は郵送による契約になります。

 

申込方法は、ネットから申し込む方法や店舗から申し込む方法、電話、郵送による申し込みが可能です。申し込みは「おまとめMAX」「かりかえMAX」それぞれのページにある「いますぐご相談!お申し込みはこちら>」から入り、申込フォームに必要事項を記入します。

 

一番下に「その他要望質問」欄があるので「複数社の借り入れをまとめたい」というように書いておくとベストです。

 

申し込みが完了すると仮審査が行われ、審査結果はメールまたは電話で審査結果が伝えられます。郵送契約の場合は契約書類とカードが送られてくるので、必要書類に記入し、返送します。返送書類がアイフルに到着次第、本人名義で他社へ返済が行われます。

 

店舗契約の場合は店舗で契約を済ませればカードの発行があります。契約が完了すれば他社借り入れ先へ返済が行われます。

 

まとめ

アイフルのおまとめローンは、借金を減らす事が目的のローンなので、カードは返済専用のカードとなっています。

 

おまとめローンの契約した場合、通常は完済が終わるまで新たな借り入れは出来ません。そのため、当面は新たな融資を受ける事が出来ないので「カードローンはこりごり」という人におすすめの商品です。

 

ただし、アイフルのおまとめローンは、ある程度まで返済が進み「どうしても融資を受けなければならない」という状況になった時は、アイフルに相談すれば再度審査を受けることも出来ます。

 

ただし、融資が可能となった場合は、一般カードローンの金利なるので注意が必要です。しかし、新たな借り入れが必要になったからと言って、他社へ申し込む必要がないというのがアイフルのメリットでもあります。


×