他社借入がある学生が新たに学生ローンを申し込む事は可能?

他社借入がある学生が新たに学生ローンを申し込む事は可能なのか検証

学生ローンやカードローンの申し込みをする時、申込書には他社借入について申告する項目があります。審査の中で、他社借入金額や他社借り入れ件数のチェックは重要項目になります。

 

もし、どこからも借り入れがないのであれば問題はありませんが、仮に他の学生ローンやカードローンで、既に借りていれば、正直に申告しなければなりません

 

他社からの借り入れがある場合にどんな影響があるのかを紹介します。

 

 

他社借り入れが審査で重要なのは

学生ローンに限らず、カードローンの申し込みをする時、他社からの借り入れがあるという理由で審査に通らないという事はありません。

 

ただし、消費者金融や信販会社は「総量規制」の規制を受けるので、新たに申し込みをする時は、現在の借入金額を調べる事になります。

 

総量規制とは

総量規制は、2010年から貸金業法の改正が完全施行になり、その中で総量規制が追加されました。総量規制は貸金業法なので、対象になるのは消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠が対象で、学生ローンは消費者金融になるので、総量規制の影響を受けます。

 

総量規制では「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があります。この制限は、借入残高の合計という事になるので、審査では他社借り入れがいくらあるのかが重要になります。

 

たとえば、アルバイト年収が120万円の学生は、最大で40万円まで借り入れすることが出来ますが、他社で30万円の契約をしていれば、新たな申し込みで10万円まで借り入れが可能です

 

ですから、多くを借りたいと思って他社借り入れ金額がない事にしたり、少ない金額を記入したりする人もいますが、そういった嘘は確実にばれます。

 

他社借入はごまかせない

他社借入があってもバレなければ審査に影響しないので、新しい学生ローンの契約が出来る可能性が高くなります。しかし、実際には、そんなに甘くはありません。理由は信用情報機関の個人情報にあります。

 

日本に三社ある信用情報機関では貸金業者や銀行へ申告される個人の借入状況を管理しています。学生ローンも貸金業者として登録をしていますから、他社借入については信用情報機関へ照会をかければすぐに分かってしまいます。

 

では「個人情報を照会されなければ良いのでは?」と思えますが、審査において信用情報をチェックしないということは絶対にあり得ません。貸金業者はお金を貸して利益を得ているので、お金を貸す人の個人情報をチェックしないわけがありません。

 

ただし、他社借入があるだけで審査に通らないという事ではありません。他社借入が無い方が審査に通りやすいのは確かですが、総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を超えなければ、融資してもらえる可能性はあります。

 

年収をごまかしてもわからない?

では、少しでも多くを借りるために、年収を多く書いた場合はどうなのでしょう?学生ローンは、最高限度額が50万円以下に設定してあるところがほとんどです。

 

これは、50万円以上の借り入れ希望額や、他社借入があり、その借り入れ希望額との合計が100万円を超える場合は、収入証明書を提出しもらい、年収を確認する事になっています。

 

学生ローンが融資限度額を50万円としているのは、このような書類を用意しなくても、学生証の提出だけで融資を可能とするためです。

 

在籍確認はほとんどおこなわれていない

また、学生ローンは、アルバイト先への在籍確認はほとんど行っていないので、申し込みをした学生が本当に働いているかどうかを、確認する事もしません。

 

申込者の同意が必要ですが、実際に働いているアルバイト先に在籍確認を行ったとしても、いくらもらっているかを知る事も出来ません。

 

ごまかして借りても返済ができるかどうか

業者側は年収を確認する方法がないので、嘘の申告をしてもバレる可能性は低いのですが、嘘をついて限度額いっぱいまで借りられたとしても、実際のところアルバイト収入が少ない場合や、あるいはアルバイトをしていない状態では返済する事が出来ません。

 

返済遅れになると、業者から督促の電話がかかってきたり、家の方に督促状が送られてきたりして、親にばれてしまったという事もあります。一度や二度の返済遅れは問題ありませんが、返済遅れが続くと信用情報機関の個人情報に、延滞があった事が事故情報として5年間記録が残ります。

 

これは金融事故とも言いい、いわゆる金融ブラックという状態で、記録が消えるまでは、他のローンやクレジットカードに申し込みをしても審査に通らないという状況が続きます。

 

まとめ

学生生活を続けていると、何かとお金が必要になります。

 

学生ローンはその時に利用すれば、お金に困った時でも切り抜ける事が出来ます。

 

学生ローンはうまく使えば、便利なツールですが、他社借入金額をごまかしたり、嘘の年収で申し込みをしたりすると、結果的に自分を苦しめる事になります。

 

学生ローンに限らず、カードローンの申し込みをする時は、正直に申告する事が重要です。


×