カードローンは.お金を借りる時に保証人や担保は不要?

カードローンで.お金を借りる時保証人や担保って必要なの?

「お金を借りたいけれど、保証人が見つからないので借りられない」と、思っている人がいますが、消費者金融や銀行のカードローンなら保証人が不要でお金が借りられるので心配ありません。

 

ただし、保証人なしでお金を借りるには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。保証人なしで借りられるカードローンを紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. 保証人が不要で借りられる理由
  2. 銀行カードローンは保証会社が保証人
  3. まとめ

 

 

保証人が不要で借りられる理由

銀行の金融商品に住宅ローンやマイカーローン、教育ローなどがありますが、これらの金融商品でお金を借りるには、保証人や担保が必要ですが、カードローンは無担保、保証人でお金が借りられます。

 

なぜカードローは保証人なしでお金が借りられるのか、その理由は申し込みをすると、審査が行われ、申し込み者の状況をチェックします。

 

返済能力があるか

一番大事なのは、お金を貸しても返してもらえるかどうかを調べる事で、どこのカードローンの利用条件に「安定した収入がある方」となっています。

 

定期的に決まった収入があれば、返済が出来なくなるという事はないので、カードローン会社は定期的な収入がある人にだけお金を貸しています。

 

借入金額が多くなり過ぎない事

「カードローンを利用したいけれど、いくらまで借りられるかわからない」という人もいますが、いくらまで借りられるかはそれぞれのカードローン会社で違いますが、消費者金融の場合はいくらまで借りられかが決まっています。

 

消費者金融は総量規制の対象になり「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があるので、それを超えて融資されることはありません。

 

ですから、年収の3分の1近くで借りている人は、保証人を付けなければならないという事もあります。

 

銀行カードローンの場合は、総量規制の対象外なので、銀行の審査に通れば、いくらでも借りることが出来ます。ただし銀行カードローンの場合、保証人は不要ですが、消費者金融と違って保証会社の保証を受ける必要があります。

 

信用情報機関で事故情報などをチェックしている

カードローンの審査は、申込書に記入した内容と、信用情報機関の個人情報を基に審査を行います。個人情報の中で、過去にクレジットカードやローンなどの返済を滞納した事がある場合は、事故情報として記載されています。

 

そのような記録が記載されている人にお金を貸しても、返済を滞納してしまう危険性があります。

 

そこで、カードローン会社は信用情報機関に問い合わせを行い、利用者の信用情報に金融事故の履歴などをチェックし、問題のある人への融資は行わないようにしています。

 

融資限度額は低めに設定してある

カードローンに保証人がいらない理由として、カードローンの融資限度額は初回の借入時は、低めの限度額からスタートします。

 

住宅ローンや自動車ローンのように、いきなり数百万円、数千万円というような貸し付けは行わず、一般的に10万円~30万円程度の融資限度額から始まります

 

というのも、いくら厳しく審査をしても、初めての利用者を100%信用することはできないので、限度額を低くして、申込者の信用度を見ています。

 

「それでは足りない」という場合は、半年以上継続して借り入れや返済を続け、問題なく返済が続けられていれば信用度も高くなり「増額申請」が出来るようになるので、増額を続けることで借り入れ限度額を増やす事が出来ます。

 

銀行カードローンは保証会社が保証人

銀行カードローンの保証会社を簡単にいうと、「申込者にお金を貸しても大丈夫」というように保証人を立てる代わりに、保証を請け負っている会社の事で、一般的には、同じ銀行グループの大手消費者金融や信販会社が保証会社になっています。

 

銀行カードローンは、同じグループ内の傘下に消費者金融を組み入れたり、審査に関する保証業務を消費者金融に委託していたりと、外部に保証業務を任せています。

 

ですから、実質的な審査の大部分は、銀行が行うのではなく、保証会社が行っています。

 

保証会社の主な役割は、銀行カードローンに申し込みがあった時、利用者の審査を行い、保証するかどうかを決定したうえで銀行に通知し、銀行は保証会社の保証が得られれば融資をします。

 

ちなみに、銀行カードローンは、申し込み要件に「保証会社による保証を受けることのできる方」という条件が設けられていて、保証会社による保証を受けることのできなかった方はカードローンを利用することができません。

 

保証会社は、保証した利用者が返済出来なくなった場合は、利用者の代わりに銀行へ全額を代位弁済します。

 

例えば、銀行カードローンで50万円を借り入れし返済できなくなった場合、滞納が一定期間以上になると、保証会社は利用者の代わりに銀行に対して50万円の一括返済を行います。これがいわゆる代位弁済です。

 

代位弁済をした後は「代わりに返済されたから返済義務が無くなる」と思いがちですが、そうではなく、代位弁済が行われた後は、お金を返済してもらう権利(債権や契約書を保証会社に譲り、それ以降債務者は銀行ではなく保証会社になり、請求などはすべて保証会社から来るようになります。

 

保証会社に債権が移譲された場合は、原則として分割返済は認められず、一括返済を求められることがおおいようです。

 

まとめ

カードローンのように保証人なしでお金が借りられるという事は、誰にも迷惑をかけることがなく、手軽に自分の信用度だけでお金が借りられるシステムです。手軽に借りられるという事は、メリットでもありますがデメリットにもなります。

 

手軽に借りられるので、お金を借りているという意識がなくなり、あたかも自分の口座からお金を引き出しているという錯覚に落ちいる人も少なくありません。そのため、つい借りすぎて返済が出来なくなったという人も少なくありません。

 

カードローンを利用する時は、無理のない返済にならないような返済計画を立ててから借りる事が大切になります。


×