消費者金融でお金を借りるときの注意点

消費者金融でお金を借りるときの注意点

消費者金融は利便性が高く非常に使い勝手のよいカードローンですが、消費者金融でお金を借りるときにはどのような点に注意すればいいのでしょうか?

 

総量規制に気をつける

まず消費者金融での借入をするのであれば、総量規制には注意しなければいけませんね。総量規制は改正貸金業法により導入された、「個人の借入総額は原則年収の3分の1までに制限される」という仕組みのことです。

 

貸金業法の適用される、消費者金融やクレジット会社、信販会社などからの借入の場合、借りられる額はこの総量規制の影響を受けます。

 

そのため借入額には注意しなければなりません。仮に年収の3分の1までにはまだ少し余裕が有る、という場合でも、必ずしもギリギリまで貸してくれるというわけではないので総量規制のルールに達していない場合でも審査に通らないこともあります。

 

また総量規制では、1社から50万円を超える借入の場合、また複数の貸金業社と併せて100万円を超える借入の場合には収入証明書の提出が定められています。特に即日融資を希望する方の場合、収入証明書はすぐに用意できないような書類ばかりですから注意が必要です。

 

金利や借入額など、ほんとうに消費者金融がベストなのか?

消費者金融は審査・融資スピードや利便性においては非常に優れており使い勝手の良いカードローンではありますが、一方で金利が高い・融資額には総量規制の影響があるなどのデメリットがあります。もし高額な借入や長期の借入といった場合、金利の高い消費者金融での借入となりますと、銀行カードローンなど低金利なローンに比べて多くの利息を支払うこととなります。

 

金利や借入額など、ほんとうに消費者金融を選ぶのがベストな状況なのかどうか、考えてから利用しましょう。

 

違法業者に手を出さない

消費者金融を利用する場合、最も注意しなければならない点は、違法業者を利用しないことです。CMで目にするような大手など、誰もが知っているような知名度の高い消費者金融であれば問題ありませんが、そうした大手では借りられなくなってしまい中小の消費者金融を利用するという場合、その多くは名前も知らない業者のことが多いかと思います。

 

しかし名前も知らない業者のなかには、もちろん優良な会社も数多く存在していますが、残念ながら違法な貸付けを行う闇金業者も潜んでいます。特に「無審査即日」「ブラック即日」などといった甘い謳い文句の業者には注意が必要です。

 

正規の業者の場合には、貸金業を行う場合に財務局や知事に申請して登録を受けなければならず、登録番号が必ずあります。中小の消費者金融を利用する場合には金融庁のHPで登録貸金業者情報の検索を行うとよいでしょう。

 

また、貸金業者の金利は上限金利が法的に決まっています。出資法第5条第2項に定められている上限金利は年20%で、これを超えていますと出資法違反となり罰則の対象となります。違法で不当な金利や利息ではないかきちんと確認してから申込をするようにしましょう。