消費者金融でお金を借りるのに向いているのは?

消費者金融でお金を借りるのに向いているのは?

お金を借りるにあたって、「銀行カードローンか、消費者金融か…」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。消費者金融のメリット・デメリットなどはよく紹介されていますが、結局のところ、消費者金融でお金を借りるのに向いているのはどういった方なのでしょうか。

 

即日融資など、とにかく急ぎの融資を希望している方

消費者金融の最大のメリットは、即日融資の確実性の高さです。なぜ即日融資の確実性が高いのか、といいますと、理由はいくつかあります。

 

  • 審査・融資スピードがとにかく速い
  • 大手ですと審査スピードは最短30分、融資までは最短1時間というところもあるほどとにかく審査スピード・融資スピードは優れています。

     

  • 即日融資可能な方法が複数あり対応時間が長い
  • 一般的に即日融資カードローンといいますと融資方法は振込による融資となりますが、振込の場合、銀行の営業時間を過ぎてしまいますと翌営業日以降の振込になってしまいます。

     

    大手消費者金融では自動契約機による即日カード発行が可能ですので、銀行の営業時間を過ぎてしまっている場合や土日祝日でも、自動契約機の営業時間内であればまだ即日融資の可能性があるのです。

 

単発・短期で少額な借入の方

「ちょっとだけお金を借りたい」「今月ピンチだけど次の給料日には全額返済できる」など、数万円から2、30万円程度の少額で短期間・単発の借入であれば消費者金融がおすすめです。

 

高額で長期の借入になりますと金利の高い消費者金融は不利になりますが、短期で少額であれば金利差はそれほど大きく響きませんし、申込手続きもスマホで気軽に申し込むことができます。また、プロミスやアコムなど、初回無利息サービスがあるカードローンもありますので、今回限りといった単発の借入の場合にもおすすめです。

 

確実にお金を借りたい方

審査に通る自信がない、時間がないから確実に借りられるカードローンを選びたいという方の場合にも消費者金融がおすすめです。もちろん消費者金融でも審査があるわけですから必ず審査に通るというわけではありませんが、消費者金融は審査通過率が高いのでお金を借りられる可能性が銀行カードローンなどと比べても高くなっているのです。

 

審査通過率

審査通過率というのは、カードローンの申込者数に対する成約数の割合から算出されます。つまり、申込した方のうち、どれだけの人が契約まで至ったか、という割合です。すべてのカードローンで審査通過率を公表しているわけではないので参考程度にしかなりませんが、一般的に、銀行カードローンで言いますと審査通過率は約20%~30%程度などと言われています。

 

一方消費者金融はといいますと、約30%〜50%となっており、そのうち大手で審査通過率を公表しているプロミス・アコム・アイフルの3社に限りますと40%以上の審査通過率となっています。

 

申込や借入・返済などに利便性を求める方

最近のカードローンはインターネットによる申込手続きが主流になっていますが、申込はインターネットで24時間可能でも、契約手続きや必要書類の提出の際には郵送やFAXというところも実は少なくありません。郵送は時間がかかりますし、FAXは自宅にあればいいですがなければコンビニまで行って…というのはやっぱり便利とは言い難いですよね。

 

大手消費者金融の場合、申込だけでなく必要書類の提出から契約、その後の利用まですべてネット上で完結するWEB完結が可能なところがいくつかあります。また借入や返済も、振込、自社ATM、提携ATM、口座引き落とし、などなど多様な方法が選べるところも多いです。

 

とにかスマホ1台あれば手軽に済むような利便性の高いカードローンを利用したい、というのであればサービス内容の充実や利便性が高い消費者金融がおすすめです。