車の車検代が払えない…そんな時お金を工面する方法とは?

車の車検代を工面する!

 

「車は車検を受けないと走らせられない」という事は、日常的に車を使っている人にとっては当然の事で、車検は一定期間ごとに検査を受ける必要があります。

 

車検を受けるには、どのくらいの費用がかかるかを知り、事前に用意しておかないと「お金足りなくて受けられない」ということになってしまいます。

 

車検はいつ受けなければならないのかは事前に解っているので、前もって用意しておかなくてはなりません。しかし、何かの事情で「車検費用が用意できない」とか「費用を用意するのを忘れていた」という事もあります。

 

 

≪目次≫

  1. 車検とは
  2. 車検は法定費用と車検基本料が必要
  3. 車検をどこで受けるかで費用は変わる
  4. 車検を安く抑える方法
  5. 車検費用がない時にお金を工面する方法
  6. 車検費用は前もって準備しておく事がベスト

 

 

車検とは

車検とはほとんどの場合、車のダッシュボードの中に入れてある「自動車車検証」の事を言います。「自動車車検証」には有効期限があり、その日まで運転する事が出来ますが、一定期間を過ぎたら更新しなければ走らせることはできません。

 

あると考えればわかりやすいかと思います。そのために一定期間で更新する必要があるという事です。難しくなりますが「継続検査は車検満了を迎えた自動車が車検有効期間の延長を求める検査、構造等変更検査は主幹部分に改造を施した車両が公道を走行する許可の可否を問う検査」が必要で、一般的に使われている「車検」とは、この「継続検査」を指します。

 

ちなみに車検は、第1ブロックから第6ブロックまであり、自動車が保安基準に適合しているかどうかを確認する検査です。

 

車検は法定費用と車検基本料が必要

車検にかかる費用として「法定費用」と「車検基本料」が必要になります。

 

法定費用は「自動車重量税 + 自賠責保険 + 手数料(印紙代等)」で計算されます。

 

法定費用は、節約することができない金額の部分になります。

 

車種 法定費用合計
軽自動車 35,670円(重量税6,600円)
1.0t以下 45,940円(重量税14,600円)
1.5t以下 54,240円(重量税24,600円)
2.0t以下 62,440円(重量税32,800円)
2.5t以下 70,640円(重量税41,000円)

 

車検基本料の内訳は点検整備代、代行手数料、検査代などですが、これは車検を受けるところによって、金額が大きく変わってきます。また検査の結果、部品交換をしなければならない事があります。

 

交換する部品代と整備にかかる手間賃(工賃)は別途必要になるので、正確な金額を知りたい場合は、どれくらいの費用が発生するのか、見積もりをしてもらい、事前に確認しておく必要があります。

 

車検をどこで受けるかで費用は変わる

車検基本料は、乗っている車種やどこで車検を受けるかなどによって費用が変わってきます。

 

車検を受ける場所 概要 車検基本料目安
ディーラー 自分が購入した自動車を取り扱っているディーラーで車検を受ける方法です。普段車を使わない人や車初心者など、車の状態をあまり把握していない人や、すべてを丸投げしたい人、車検項目以外の部分もチェックしてほしい人は、ディーラー車検がおすすめです。車検基本料は割高になる事が多いですが、細部までチェックしてくれるので安心です。 40,000円~100,000円
一般整備工場 街中にある民間の自動車整備工場に車検を受ける方法です。外車や国産車など、どんな車種でも取り扱いが可能で、料金もディーラー車検より安く済みます。ただ、車検機器が整っていないところもあり、整備や修理が難しい場合もあります。 25,000円~80,000円
車検フランチャイズ店 車検を専門で行っているチェーン店で車検を受ける方法です。料金体系がわかりやすく、基本的にディーラー車検よりも割安で、オイル交換無料などのキャンペーンもあるのでお得です。店舗によって料金が違ったりオプション料金が必要になったりする事もあるので、事前見積をしてもらいましょう。また、検査以外については、対応していない場合もあるので、どこまでが可能なのかをチェックしておく必要もあります。 25,000円~80,000円
カー用品店 車のパーツを取り扱っているカー用品店で車検を受ける方法です。純正品以外のパーツを装着していると、車検に通らないことがありますが、カー用品店で車検をする場合は車検対応パーツを装着し、車検に通してくれるというメリットがあり、ドレスアップしている車などに適しています。最近は整備士も充実しているところも増えてきているので、そういったところなら安心して任せられます。 20,000円~60,000円
ガソリンスタンド ガソリンスタンドで給油する際に、ついでに車検を受ける方法です。費用もディーラー車検より安く済みます。ただ、スタッフによっては経験や知識にはムラがある事や、車検代行業者の窓口となっているガソリンスタンドもあるので、注意が必要です。車検を依頼する時には国家資格整備が常駐している等、信頼できるお店なのかどうかをチェックしてから依頼するのがポイントです。 20,000円~60,000円
ユーザー車検 自分で車の点検や整備を行ったのち、車を国の検査場に持って行き、検査を受ける方法です。業者に支払う費用が発生しないので、一番お金がかからない方法です。ただ、メンテナンスが必要となった場合は自分で行うか業者に依頼しなければならないので、知識や経験が必要だったり結局は部品などにお金がかかったりすることがあります。また、再検査となればその費用も支払わなければならなりませんし、そうなった場合はお金も手間もかかることになるというデメリットがあります。 1,500円~3,500円
ユーザー車検代行 車の所有者に代わって代行業者が国の検査場に車を持って行き、検査を受ける方法です。点検や整備は自分自身で行う必要があり、検査後にメンテナンスが必要だった場合も自分で対応しなければなりません。車の状態をよく把握していて、安く費用を抑えたいけど検査場まで持って行けない人におすすめです。 10,000円~30,000円

 

車検を安く抑える方法

車検費用をもっとも安く抑える方法はユーザー車検です。書類を揃えて自分で陸運支局に申請するので余計な費用は一切かかりません。

 

しかし、多くの問題点もあります。たとえば、検査場に車を持ち込んで、不具合が指摘された場合、その箇所を修正して再度検査を受けなおさなくてはなりません。車に詳しい人なら自分で修正も出来るでしょうが、自分で修正できない人は業者に頼むしかありません。

 

また、検査を通せたからと言っても、車検に必要な最低限の項目に対して問題がなかったというだけです。車検が通ったとしても、現状では問題がないという事だけなので、その後トラブルがあっても自己責任になります。

 

ユーザー車検以外に業者を依頼する時に安くあげる方法もあります。車検を受ける時は、車を持ち込んで見積もりをしてもらいますが、見積書をよく見ると、中には「今すぐ交換する必要はないけれど、ついでにやっておいた方がよい」という部品もあります。車検に影響がなければ、それらを省けば安く抑える事が出来ます。

 

また、見積書の中には自分で交換できる部品もあります。全てを業者任せにするのではなく、自分で出来るところは自分でやれば費用を安く抑える事も出来ます。

 

また、見積もりは1社だけでなく、複数社で取る事がポイントです。業者によっては見積もりから値引きしてもらえる事もあるので、複数社の見積もりを利用して交渉すれば、安くしてもらえる可能性もあります。

 

車検費用がない時にお金を工面する方法

車検費用はいつ頃必要になるのかは事前に解っているので、それまでに用意しておく事がポイントですが、急な出費がありどうしてもお金が用意できないという事もあります。そんな時は、一時的にどこかでお金を借りて車検費用に充てるしかありません。

 

お金を借りる方法は親や兄弟にお金を借りる方法やクレジットカードを利用する方法、カードローンで借りる方法クレジットカードを利用する方法などがあり、借りるところによってはメリットデメリットがあるので、自分の環境に合わせた方法を選びましょう。

 

親や兄弟にお金を借りる

親や兄弟にお金を借りる方法は、最も手短にお金が用意できる方法で、車検費用は多く見積もっても、10万円ほど借りれば間に合います。借りたお金の返済が滞った時は、兄弟から借りた時などはトラブルになる可能性があります。

 

親に借りる事を考えた場合、子供の事だから何とかしてもらえますが、経済事情が悪い時に借りて、返済が遅れると親にも迷惑を掛ける事になるので、少額とは言え、あまりお勧めできる方法ではありません。

 

クレジットカードを利用する方法

会社員なら1枚は持っているクレジットカードで、車検費用を支払える場合があります。車検を受ける業者によってはクレジットカードが利用できるところもあり、そういったところならショッピング枠で支払う事が出来ます。

 

また、クレジットカードにはキャッシング枠があり、限度額の範囲内ならお金を借りる事が出来るので、分割払いに対応していない業者には現金で支払う事も出来ます。

 

ちなみに、キャッシング枠を設定していない場合はお金を借りる事が出来ないので、カード会社に連絡を入れて、キャッシング枠の設定をしてもらえば、キャッシング枠が利用できるようになります。

 

カードローンを利用する方法

お金を借りる事についてベストな方法は、カードローンを利用する事です。カードローンは消費者金融や銀行、信販会社で申込が出来ます。

 

カードローンのメリットは

  1. 担保や保証人が不要なので、人に迷惑を掛ける事がない
  2.  

  3. 融資限度額が決まれば、その範囲内ならいつでも何度でも借入が可能
  4.  

  5. カードローン大手消費者金融や銀行の一部では申込をしたその日に借りられる「即日融資」が可能なので、すぐにお金が必要な時でも慌てる事はありません。
  6.  

  7. 大手消費者金融や銀行カードローンには「無利息期間サービス」が利用できるところがあります。

 

初回のみになりますが、無利息期間内なら利息は不要で、借りたお金を返すだけでよいというサービスが受けられます。

 

 

おすすめは、カードローンで、カードローンの利用目的は、何に使っても良いので、車検費用だけでなく、日常生活の中でも「今月やちょっと苦しい」と言う場合でも、すぐにお金が借りられるので、生活面での余裕が出てきます。

 

車検費用の10万円程度のお金を借りるのなら、審査はそれほど難しくはありません。よほどの事がない限り審査落ちという事は考えられないので、この際ローンカードを一枚作っておいてはどうでしょうか。

 

車検費用は前もって準備しておく事がベスト

車検は必ず受けなければなりませんし、いついつまでに受けなければならないという事も決まっています。ですから、その時になってお金がなければ車検は受けられないので、前もって費用を把握し、資金繰りをしておく事が大切です。

 

しかし、お金が無いからと言ってあきらめる事はありませんし、車検費用を借りる方法はいくらでもあるので、心配する事はないでしょう。

関連ページ

アコムの返済を滞納してしまった。時効はある?払えなくなった時どうすべきか?
プロミスの返済を滞納してしまった。もう借り入れできない。そんな時どうする?
レイクの返済を滞納してしまった。差し押さえはある?延滞の電話や裁判について
アイフルの返済を滞納してしまった。督促状はくる?そんな時どうすべきか?
モビットの返済を滞納してしまった。もう払えない。督促状が!そんな時どうすべきか?
NHK受信料は払わなくていい?差し押さえは?契約解除の方法とは?
借用書の書き方│知って損なし!公正証書の作成手順
国民健康保険料を滞納し続けるとどうなる?徹底調査!
リボ払い地獄対策方法│地獄に落ちないために知っておきたいこと
学生が国民年金保険料を免除するには?
教育ローンをおすすめ低金利で借りるか奨学金を借りるか、どちらが良い?
自動車ローンの盲点とは?損しないために押さえるべきこと
失業保険受給中にアルバイトはできるの?その条件は?
つなぎ融資とは?金利の安い銀行の選び方
生活福祉資金貸付制度の審査条件とは?申し込み方法やメリット・デメリット
ビジネスローン一覧比較:即日審査可能なおすすめローンはどこ
水道代を滞納してしまった。督促状が!時効はある?そんな時どうすべきか?
電気代を滞納して止まってしまった。払えない。。そんな時どうすべきか?
ガス代を滞納してしまった。停止予告はある?供給停止に!そんな時どうすべきか?
家賃を滞納してしまった。立ち退きさせられる?そんな時どうすべきか?
クレジットカードの返済を滞納してしまった。裁判はある?期間は?そんな時どうする?
自動車税を滞納してしまった。車検はできる?廃車にする?そんな時どうすべきか?
市民税・住民税を滞納してしまった。差し押さえられる?そんな時どうすべきか?
ソフトバンクの携帯料金を滞納してしまった。そんな時どうすべきか?
auの携帯代を滞納してしまった。そんな時どうすべきか?
ドコモの携帯代を滞納してしまった。いつ止まる?そんな時どうすべきか?
介護保険料を滞納してしまった。差し押さえられる?そんな時どうすべきか?
住宅ローンを滞納してしまった。差し押さえ、競売、、そんな時どうすべきか?
WOWWOWの視聴料を滞納してしまった。そんな時どうすべきか?
アパートを借りる資金がないときにお金を工面する方法
引っ越し資金がないときにお金を工面する方法
リボ払い資金がないときにお金を工面する方法
事業用の運転資金がないときにお金を工面する方法
自動車学校の受講料がないときにお金を工面する方法
家のリフォーム資金がないときにお金を工面する方法
携帯代金が払えない時の資金を工面する方法
歯科矯正の資金がないときにお金を工面する方法
車のタイヤ交換資金がないときにお金を工面する方法
手術費用が払えない…そんな時お金を工面する方法とは?
賃貸マンションの初期費用を払えない…そんな時お金を工面する方法
入院費用が払えない…そんな時お金を工面する方法とは?
子供の学費がないときにお金を工面する方法

×