申込から融資まで、スマホだけでお金を借りる方法

スマホだけでお金を借りる方法!申込から融資までの流れ

 

以前はカードローンを申し込む時は、店舗から申し込みをしたリ、自動契約機から申込をすると言うのが主流でしたが、今ではスマホがあれば、申し込みができる金融機関が増えています。特に消費者金融はスマホが有れば申し込みからお金を引き出すまでのすべてが済ませられるサービスを提供しています。

 

「スマホを使った利用の仕方がわからない」という方のために、スマホでお金を借りる方法を紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. スマホ対応の業者を選ぶ
  2. 申込から融資まで、スマホでお金を借りるまでの流れ
  3. 振込キャッシングで注意する事
  4. カード不要でATMから借り入れする方法
  5. プロミスの「アプリローン
  6. SMBCモビットの「スマホATM取引
  7. まとめ

 

 

スマホ対応の業者を選ぶ

スマホで申し込みから融資までを完結させるためには、スマホ対応の業者を選ぶ必要があります。基本的に大手消費者金融はどこもスマホに対応していると考えてよいでしょう。ただし、専用アプリがあるところとなると限られています

 

大手消費者金融の

  • 「プロミス」
  • 「アコム」
  • 「アイフル」
  • 「SMBCモビット」

などはアプリで申し込みが可能で、アプリの使用方法はそれほど大きな違いはありません。

 

申込から融資まで、スマホでお金を借りるまでの流れ

スマホを利用してカードローン会社からお金を借りる場合、契約から融資を受けるまでの流れはほとんど同じで下記の手順で進めていきます。

 

スマホから消費者金融の公式サイトにアクセスします

ネット申し込みを選択して個人情報などの必要事項を入力し、終われば送信します。

送信が終わるとすぐに仮審査が行われます。

仮審査が終われば、担当者から本人確認の電話またはメールで連絡があります。

スマホから本人確認書類の画像を添付し、送信します。

本審査(在籍確認など)が行われます。

本審査が終わると、契約内容の確認などの連絡が入ります。

契約が完了すればお金が借りられるようになります。

 

スマホからネット申し込みした後は、自動契約機(無人契約機)から本人確認書類などの必要書類を提出することも可能な事や、ATMなどで自由に借入・返済が可能になるローンカードを発行することもできます。

 

自動契約機でローンカードを受け取れば、平日15時以降でも土日祝日でも融資が可能になります。

 

大手消費者金融はネットキャッシングを利用する時、一般銀行口座も利用できますが、指定銀行に口座を持っていれば、24時間365日借入や返済が可能になります。

 

大手消費者金融 銀行
プロミス 井住友銀行またはジャパンネット銀行
アコム 楽天銀行
SMBCモビット 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行

 

上記の銀行口座を作っておけば、スマホからのWEB完結が可能となります。ネット銀行の口座はカードローン以外でも役立つ場面が多いので、「借入・返済に手間をかけたくない」という方は参考にして下さい。

 

振込キャッシングで注意する事

振込キャッシングとは、インターネットを使って金融機関から口座へ振込をして貰う借入方法のひとつです。

 

スマホからの振込キャッシングは、時間や場所を選ばずお金を借りられるという利便性があります、そのためにいくつか注意しなければならない事や、事前に準備しておく事があります。

 

ネットキャッシングは事前に口座登録が必要

振込キャッシングを利用する分には普通預金口座があれば問題ありませんが、返済を行なう場合には、ネットバンクで口座を開設しなければならいところもあります。開設する必要があるので注意しましょう。通常の普通預金口座のみでは、お金を借りることはできてもお金を振込むことができないのです。

 

ネットバンクとは、「オンラインバンキング」とも呼ばれ、インターネットで銀行取引ができるサービスのことで、提携銀行があれば、土日や祝日、夜間や早朝、どこからでも借入と返済を行なうことが可能です。

 

スマホから借り入れ・返済をするのなら、指定されたネットバンクに口座を開設しておけばすべてのサービスがスマホ一台あれば、すべてが行えるようになります。

 

カード不要でATMから借り入れする方法

基本的にATMでお金の借り入れや返済をする時はローンガードが必要ですが、最近はカードが無くても、スマホがあれば借り入れや返済が出来るサービスがあります。

 

プロミスの「アプリローン

アプリローンは、申し込みから借り入れ、返済までのすべてがアプリだけで完結できるプロミスの新しいサービスです。これまで公式ホームページから行っていた手続きが、すべてスマホで利用できます。

 

プロミスの借入方法は、基本的にATMと振込キャッシングになりますが、ATMを利用するためにはカードが必要ですが、アプリローンを利用すればセブン銀行ATMからカードなしで借り入れする事が可能です。

 

アプリローンはAppStoreやGooglePlay、プロミスの公式サイトからダウンロードできます。アプリから申込みも可能で、その後アプリとセブン銀行ATMを利用すれば、カードなし24時間いつでもセブン銀行ATMで借り入れ、返済が出来るようになります。

 

SMBCモビットの「スマホATM取引

「SMBCモビット」は「WEB完結申込」で名前がよく知られた消費者金融で、審査で会社への聯絡がない事や、カードレスでの利用が可能なことで人気のあるカードローンですが、振込融資をして貰うには平日14時までの申し込まなければならないというデメリットがありました。

 

しかし、今回SMBCモビットは、セブン銀行と提携した「スマホATM取引」を開始する事になり、このデメリットが解消されました。

 

スマホATM取引は、SMBCモビットのアプリを利用すれば、セブン銀行で24時間365日カード不要でお金を引き出す事が可です。スマホのみで借入をすることが可能となりますので、これまでの振込融資と比べて、さらに手軽にカードローンが利用することができます。

 

「スマホATM取引」はさらにお得に、シンプルに利用できる、カードローンの新しい利用方法であるといっても過言ではありません。

 

また、スマホを利用して出金をすることができることで、セキュリティ性が高い取引をすることができる点も大きなメリットとなります。ローンカードを利用した場合、スキミングの被害などにあってしまう可能性はゼロではありませんでしたが、カードを使わない事でこれらの被害を受ける事もなくなりました。

 

SMBCモビットの公式アプリはiOS・Andoroidの両方のOSに対応しており、国内のほぼ全てのスマートフォンでアプリをダウンロードすることができます。

 

まとめ

現在、スマホですべて化完結するのは「プロミス」と「SMBCモビット」だけですが、いずれ近いうちに「アコム」や「アイフル」でもスマホアプリと同じようなサービスが提供されるようになることは間違いありません。

 

ますますカードローンでお金を借りる事が手軽になるというメリットがありますが、反面このことがデメリットにもなります。便利なればなるほど、借り易くなるのでお金を借りているという感覚が薄れてしまう可能性があります。

 

ですから、お金を借りる時は返済計画を立てて利用する事が重要で「借りたら何とかなる」という気持ちで利用を続けていると、いずれは多重債務者になり、やがては債務整理をしなければ解決しないという事にもなりかねません。

 

カードローンを利用する時は、どの程度の借り入れなら返済が続けられるか確認し、決して無理な返済にならないようにする事が重要になります。


×