今すぐお金を借りる方法

ソニー銀行カードローンでお金を借りるには?

ソニー銀行は、ジャパンネット銀行や楽天銀行などと同じ店舗を持たないネット銀行です。

 

ソニー銀行カードローンは4年の間、新規申し込みを停止していましたが、新たに2015年の夏から、申し込みを受付付けています。再開したソニー銀行カードローンは金利や限度額、即日融資が可能になった事など、以前のスペックと比べて大幅に改善されています。

 

また、消費者金融「アコム」が保証会社になった事で、1週間以上かかっていた仮審査は、消費者金融並みの最短60分間に短縮され、審査スピードが短縮した事で当日融資も可能になりました。

 

ソニー銀行カードローンのスペック

実質年利 2.5%~13.8%
融資限度額 最大800万円
申し込み条件 20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方で、当社基準を満たす方

 

ソニー銀行カードローンのスペックは、以前と比べて大きく改善されています。

こちら

金利は6.5%~12.5%から2.5%~13.8%、融資限度額は300万円→800万円、収入証明書類は100万円→300万円までの借入希望額は不要となっています。

 

ソニー銀行カードローンの申し込み方法

ソニー銀行の申し込み条件は、

  • 当社に円普通預金口座を持っている方(無ければ同時申し込みが可能)
  • お申し込み時の年齢が満20歳以上~65歳未満のかた
  • 原則、安定した収入があるかた
  • 保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられるかた

※ご本人に収入がなく配偶者に収入のあるかたもお申し込みいただけます。
(この場合、ご利用限度額の上限は50万円となります)
※学生のかたはご本人に収入のある場合にお申し込みいただけます。
※すでに当社でカードローンをご契約中のかたはお申し込みいただけません。

 

申し込み条件は、基本安定した収入が有れば、パートやアルバイト、派遣社員などでも申し込みが出来ます。以前は無収入の専業主婦は申し込みできませんでしたが、新しくなったソニー銀行カードローンは融資限度額50万円までですが、配偶者に収入が有れば専業主婦でも申し込みが出来るようになっています。

 

 

最短当日融資で借りるには、ソニー銀行に口座を持っている事が条件になります。

 

口座が有る場合は、
パソコンやスマホでソニー銀行「MONEYKit」のサイトへアクセスします
   ↓
商品一覧の中からカードローンを選び、仮審査申し込みをクリックします
   ↓
最短60分で仮審査の結果がメールで伝えられます。
※申し込みの時間帯や審査状況によっては、審査回答が翌日になる事もあります。
   ↓
  勤務先へ在籍確認
   ↓
必要書類をFAXまたは郵送で提出。
※即日融資を希望の方はFAXでの送付になります。

 

書類が届き次第本審査が行われ、審査結果はメールで連絡があります。

 

契約が完了すれば、サービスサイトから借入
という流れになります。

 

口座を持っていない場合は、カードローンの申し込み以外に、口座開設と本人確認が必要になります。ただ、初回借入に限って、ソニー銀行以外の銀行口座への振込みも可能なので、初回に限り、ソニー銀行カードローンに口座がなくても、借入ができる便利なシステムになっています。

 

ソニー銀行カードローンの公式サイトから申し込み
  ↓
仮審査結果の連絡
  ↓
在籍確認
  ↓
続いて、振込先の銀行の預金通帳かキャッシュカードの写しと、本人確認書類の写しをFAXもしくは郵送で提出します。
  ↓
書類到着後、初回に限り希望すると最短申し込みの翌日には口座へ振込まれます。

 

ソニー銀行カードローンの審査はどうなっている?

 

チェック

多くの方がソニー銀行カードローンの再開を待っていたようで、現在は申し込みが多く審査に時間がかかっているような状況が続いているようです。ソニー銀行カードローンの詳細をチェックしてわかった事は、再開前に比べてかなり借りやすくなっています。

 

以前なら1週間もかかっていた仮審査は、消費者金融「アコム」が保証会社になることで消費者金融並みの最短60分間までに短縮され、当日融資を希望する方への対応も可能になっています。

 

初回振込は口座をソニー銀行以外の口座を指定する事は可能ですが、基本的にはソニー銀行の口座が必要になるので、できれば事前にソニー銀行口座を持っておく事をおすすめします。

 

 

土日・祝日でも即日融資が可能

ソニー銀行カードローンは自前の自動契約機はありませんが、土日・祝日であっても最短60分審査で、即日融資が受けられます。一般銀行のカードローンの場合、土日・祝日は審査を行っていません。其の為、金曜日に申し込みをすると審査結果は早くて翌週の月曜日になります。

 

ソニー銀行カードローンの審査は土日・祝日でも審査を行っているので、基本的には365日即日融資が可能になっています。

 

 

審査を通すコツ

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの審査で見られる項目は同じなのですが、審査基準が違うと言われています。銀行のカードローンは、消費者金融のカードローンに比べて審査が厳しくなっているのが一般的です。

 

審査項目は同じでも、その項目ごとの条件を見て、審査に通すかどうかを決めますが、カードローンごとに重要視する基準は違います。審査はコンピューターを使い、それぞれの項目に点数をつけ、その合計点によって、融資が出来るかどうかを決めています。そのため、同じ人がカードローンの審査を受けても、あるところでは落ちたけれど、別のところでは通ったという事もあります。

 

審査は申し込み書に記入した内容と、信用情報期間の個人情報を基に審査が行われます。審査項目のそれぞれが満点である必要はなく、全体的に審査するので、一つや二つ内容が悪くても心配する必要はありません。

 

 

審査を通りやすくするには

では、審査に通りやすくするにはどうすればよいのかと言うことですが、基本的には審査に不利になることを減らす事です。例えば、収入が無いとお金を借りることはできませんから、アルバイトを始めるなどしてまずは収入を得る方法があります。ソニー銀行は、パート・アルバイトでも定期収入があれば借入できるので心配する必要はありません。

 

また、他社の借入れ件数が問題になりそうなら、どこか一つを完済するという方法があります。年収に対して借入額が多くなりそうなら、借入希望額をできるだけ少なく書くこともできます。

 

それ以外にも、審査は記入された情報を元に行われますから、申し込み書に記入ミスや記入漏れが多いと、正確な判断ができず、それが原因で審査に通らないこともあるので、送信する前に再度確認する事が重要になります。

 

ミスが多いと正確性を疑われ、返済が滞るかもしれないと判断される事もありますしし、審査に有利になるように嘘を書くと信用面で問題となります。そういった意味からも申し込み書は正確に記入する事がポイントです。

 

ソニー銀行カードローンの利息は?10万円借りたときの支払いシミュレーション

ソニー銀行カードローンは返済シミュレーションが用意されていません。其の為、返済計画を立てるためには、他行の返済シミュレーションを利用する事になります。

 

たとえば、10万円を金利13.8%で借りた場合、毎月返済額は2,000円で計算すると返済回数は75回、利息は49,611円となります。

 

どこのカードローンも同じですが、毎月返済額は少なめに設定されています。毎月返済額が少ないと、返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が増えてしまいます。

 

仮に、先ほどの例から、毎月返済額を4,000円にすると返済回数は30回、利息は18,570円になり、毎月2,000円の返済と比べると利息が31,041円安くなります。

 

毎月返済額だけを続けていると、返済期間が長くなるので、支払いに余裕があるという時は、繰り上げ返済をすれば返済期間を短くなり、結果的に利息も少なくなります。

 

ソニー銀行カードローンって増額は可能?

ソニー銀行カードローン増額

 

ソニー銀行カードローンは金利が低いので、なるべく限度額を多くして、多くの借入れに向いています。カードローンの限度額を増やすには「増額」を申し込む必要が有ります。もちろん、ソニー銀行カードローンでも限度額の増額は可能です。そんなソニー銀行カードローンで限度額の増額を行う際には抑えておくポイントがあります。

 

限度額を増額するための申し込み方法は、ソニー銀行のサービスサイトを通して行うことができます。サービスサイト「MONEYKit」にログインした後、商品一覧からカードローンページへと進み、「ご利用限度額の変更の申し込み」というところから申し込み出来ます。

 

ソニー銀行カードローンは申し込む後の審査を経て、初めて利用できるようになりますが、利用中に限度額の増額を申請した場合、改めて審査が行われる事になります。また増額時の希望限度額が300万円を超えている場合は、収入証明書の提出が必要で、仮に申し込み時に一度提出をしている場合でも、再度提出を求められる事になるので注意が必要です。

 

 

増額審査を受ける時おさえておきたい事

増額の審査を受ける際に気をつけておきたいポイントがあります。

 

ソニー銀行カードローンで増額申請をする際に注意しておきたいポイントは、これまでの利用実績がしっかりと積み上げられているかが重要になります。利用開始から今までの期間がどれくらいあるのか、返済の際に遅延などはしていないかどうかなど、増額の申し込みをした人が、ソニー銀行から見て優良顧客である事が重要になります。

 

延滞せずに返済を続け、利用期間が長期間であるほど、ソニー銀行にとっては優良顧客であると判断します。もし利用期間が短い場合には、せめて半年から1年以上の期間継続した利用を続けてから申し込む必要が有ります。

 

過去に延滞をしてしまった場合には、それ以降は延滞をする事なく、しっかりとした返済を続け、問題のない利用実績を作っていく事で、増額の審査に通過するための信用を得ることができるようになります。

 

増額の申請において気をつけておきたいポイントは、ソニー銀行カードローンの初回申し込みをした時と、増額の申請をした時の情報に変化していないかどうかという点です。

 

もし初回契約時の情報と、現在の住所や電話番号、収入などが変わっている場合には、増額を申請する前に変更しておく必要があります。もし情報が変わっているのにも関わらず、変更届を出していなければ、増額申請による審査が再度行われた場合、嘘の情報と判断されてしまう事もあります。

 

こういった情報の部分で信用を失ってしまうこともあるので、変更が有った場合は、とりあえずは申し込み前に変更が有った事を届けておく事が重要になります。増額をして貰う為には、ソニー銀行から優良顧客として認められる事が最も重要になります。

 

無収入の主婦でも借りられる?

ソニー銀行カードローンは無収入の専業主婦でも、審査に通れば50万円までのキャッシングが可能です。

 

申込条件はたったひとつ、配偶者(ご主人)に安定した収入が有れば、無収入の専業主婦でも申込が可能です。

 

さらに、ソニー銀行の口座を持っていれば即日融資も可能なので、ソニー銀行でカードローンの申込を考えている方は、先に口座を作っておく事をおすすめします。

 

主婦の借入は婚姻関係の証明書が必要?

専業主婦がキャッシングをしたい時、銀行カードローンで申込む事が多いと思いますが、提出する必要書類として、本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)の他に婚姻関係を証明するための書類が必要になる場合もあります。

 

婚姻関係を証明する書類として、戸籍謄本、抄本、婚姻届記載事項証明書、婚姻届受理証明書などの書類がこれにあたります。

 

ただ、どこの銀行という訳でもなく、ほとんどの銀行は本人確認書類だけを用意すれば審査を受けられますが、銀行によっては提出を求められる事があるので、申込前に確認しておく必要があります。

 

他社大手消費者金融と比較して見える、ソニー銀行カードローンのメリット・デメリット

ソニー銀行カードローンのメリット・デメリット

 

「ソニー銀行カードローンのメリット」

新しくなったソニー銀行カードローンの一番のメリットは、金利が下がったという事です。

 

現在の金利は2.5%~13.8%という設定になっていますが、この金利は消費者金融の18.0%と比べるとかなり低めの設定になっていますし、銀行カードローンの平均金利が15.0%なので、銀行カードローンの中でも低金利のカードローンとなっています。

 

ソニー銀行カードローンは「アコム」が保証会社になった事で、銀行カードローンの中でも数少ない、即日融資が可能になっています。最短60分の審査スピードは、消費者金融とほとんど変わりません。低金利で即日融資が可能という、消費者金融と銀行カードローンのメリットを併せ持ったカードローンと言えます。

 

以前は、無収入の専業主婦は申し込みが出来ませんでしたが、新しくなったソニー銀行カードローンは、配偶者に安定した収入が有れば限度額50万円までですが、収入証明の提出が不要で申し込みが出来るようになっています。

 

借入や返済に提携ATMを利用する方も少なくありません。オリックス銀行カードローンは提携ATMの利用が、ほぼ手数料無料で利用できます。たとえば、セブン銀行やイオン銀行のATMはすべて無料です。三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、コンビニATM(E-netやローソンATM)は月4回まで手数料無料で利用できるので、無駄な経費を使ってATMを利用するという必要ありません。

 

 

ソニー銀行カードローンのデメリット
申し込み方法はホームページのみなので、パソコンやスマートフォンが利用できない人は申し込みが出来ません。

 

他のキャッシング会社のように電話や店舗、自動契約機など、ネット以外の申し込み方法は用意されていないので、申し込みが出来るのは、インターネット環境が整っていて、パソコンやスマホが扱える人のみになります。

 

デメリットと言えば、ソニー銀行のカードローンを利用するにあたって、ソニー銀行の口座が必要な事です。初回の借入時はどこの口座であっても振込をして貰えますが、基本的にはソニー銀行の口座が必要になります。口座開設の手続き自体は、ホームページで完結しますし、万一、カードローンの審査に落ちたら口座開設も自動でキャンセルされるので、無駄に口座だけ作ってしまうような事はありません。

 

返済方法は、毎月決まった日に自動で引落しなので、手間は省けますが、引落し金額は自動で決まってしまうので、口座へお金が入っているかを常に確認しなければならない事で、口座引き落としが出来なかった時は年14.6%の遅延損害金が発生します。

 

いずれにしても、新しくなったソニー銀行カードローンはメリット一杯のカードローンなので、これからキャッシングを始めようと思っている方は、ソニー銀行カードローンも契約先の候補に加えてみてはどうでしょう。


×