今すぐお金を借りる方法

三井住友銀行カードローンでお金を借りるには?

キャッシングを始めたいと思った時、どこへ申込むが重要になります。申込先として消費者金融や信販会社、銀行でカードローンの申込が出来ますが、選び方によっては、後で後悔する事もあるので、十分に検討してから申込先を決める事が重要になります。

 

キャッシングをこれから始める人にとって、金利が気になるところですが、やはり金利を優先して考えた時、銀行カードローンがおすすめです。

 

最近よく見かけるようになったテレビコマーシャルに、三井住友銀行カードローンがあります。それまで、三井住友銀行にカードローンがある事を知らなかった、という人も少なくありませんでした。と言うのも、三井住友銀行カードローンは、消費者金融や他の銀行カードローンのように、大々的な宣伝や広告を控えていたからなのです。ただし、それは三井住友銀行が、小口金融に消極的という事ではなく、商品として自信があるからです。

 

三井住友銀行カードローンのスペック

実質年利 4.0%~14.5%
融資限度額 最大800万円

 

三井住友銀行カードローンのスペックは金利年4.0%~14.5%、限度額は最大で800万円、収入証明書類の提出は借入希望額が300万円以下は不要です。審査時間は最短30分審査で即日融資が可能となっています。

 

三井住友銀行カードローンの申込条件は、安定した収入が有る満年齢が20歳以上69歳以下の方なら、パートやアルバイトの方のように年収が高くない人でも申込は出来ます。ただし、保証会社がMBCコンシュマーファイナンス㈱なので、保証会社の保証を受ける事も条件になります。

 

「安定した収入」というのは、毎月決まった収入がある仕事に従事していて、なおかつ勤続年数が一定基準を満たしている方になるので、日雇いのバイトなどのように毎月の収入が安定しない状態では審査に通るのが難しくなります。いくら正社員であっても勤続期間が短いという場合、いくら年収が多くても審査を通過する事は難しいです。

 

 

三井住友銀行カードローンの申込方法

三井住友銀行カードローンの申込方法はネット申込や電話、ローン契約機、郵送、店舗窓口からの申込方法が利用できます。郵送以外は、時間帯によっては即日融資も可能なので、自分の環境に合わせた申込方法が選べます。

 

一般的な銀行カードローンは、初回契約時に、申込先の銀行に口座開設が必要と言うところも多く、そのため、申込から借入れまで時間がかかり、即日融資が可能なようで難しいという事が有ります。しかし、三井住友銀行カードローンは、口座開設不要で契約することができるので、その他の銀行カードローンよりも早く手続きを終えて、ローンカードを発行することができます。

 

 

申込前に準備しておく書類

申込に当たり、特に即日融資で借りる時は審査をスムーズに終える為にも、事前に用意しておく書類が有ります。申込に必ず必要になる書類として、運転免許証または健康保険証、パスポートなど、どれか1点の写しが必要になります。また、借入希望額が300万円を超える場合は、収入証明書類(源泉徴収票や所得証明書、納税通知書、住民税決定通知書など)のどれか一つの写しが必要になります。

 

 

Webからの申込方法がおすすめ

三井住友銀行カードローンの申込方法は、多くの申込方法が用意されていますが、案内がわかりやすく、自分の都合のよい時間に申込が出来る、Web申込がおすすめです。

 

三井住友銀行のホームページから申込画面を進んでいくと、「かんたん申込」と「通常申込」を選ぶ画面へ移ります。一般的には「通常お申込」を選べばよいのですが、「かんたんお込」は、借入希望がそんなに多くなく、30万円以下でもよいという人に向いています。急いで借入れを希望している場合や、そこまで借りる予定がない場合は、こちらの申込をおすすめします。ただし、金利が上限の14.5%になってしまうので、その部分が気になる方は「通常お申込」を検討してください。

 

 

カードの受け取り方法に注意

三井住友銀行カードローンの即日融資で大事な事は、WEB申込みの「申込み情報」にある「カードの受け取り方法」です。受け取り方法に「ローン契約機(ACM)受取」を選択しなければなりません。

 

チェック

ACM受取の場合、審査結果の発表後、指定したACMで必要書類の提出をすれば、その場でカードを受け取る事が出来ます。さらに注意が必要な事は、ACMによるカード受取で、必要書類の提出を兼ねる為、必要書類を忘れないように持って行く事に注意しましょう。

 

契約完了後はACMにてカードを受け取れば、後はカードを使って三井住友銀行ATMならびに提携ATMを利用して融資を受ければ、それで即日融資は完了です。

 

ちなみに、借入・返済に利用できる提携ATMは、

  • 三井住友銀行ATM
  • Eーnet
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATMといったコンビニ
  • ゆうちょATM

からお金が引き出せます。

 

 

申込で注意する事

先ほども書きましたが、三井住友銀行カードローンは、SMBCコンシュマーファイナンス株式会社の保証を受ける事が条件になっています。保証会社の審査基準は明確ではありませんが、申込みをする時に注意する事が何点かあります。

 

最初に、他社でもカードローンの利用がある方で、現在返済が遅れている、または返済金が不足での入金となっている場合です。他社への返済が正常に出来ていない状況で申込みをしても、審査通るのは厳しくなるので、今の状況が好転してから申込むのがポイントです。

 

次に注意しなければならない事は、同時に何社へも申込みをする事です。お金が借りられるのならどこでもよいと思って、何社も同時にネットから申込みをする方がいますが、同時申込は信用情報機関にも記録され、いわゆる「申込ブラック」となってしまい、まず審査に通る事はありません。これはどこへ申込むにしても同じで、他社との同時申込をするとまず審査に通ることはないに等しいので、同時申込は避けましょう。

 

三井住友銀行カードローンの審査はどうなっている?

三井住友銀行カードローンの商品スペックが非常に優れている事は理解して頂けたと思いますが、いくらスペックが良くても審査に通らなければ何の意味もありません。審査というのは基本的にスペックの高い商品(金利が低い)ほど厳しくなる傾向にあります。

 

三井住友銀行カードローンへ申込をしても「審査に通るのは難しいかも」と思う方もいますが、審査の難易度は意外な事に、銀行系カードローンの中でも、条件さえクリアしていれば至って低めと言われています。

 

何故なら三井住友銀行は、他社銀行ほど大々的なメディア露出を行っていない為、申込数自体がそれほど多くないからのようです。銀行がお金を貸す時は、貸せる人間を慎重に選びますし、他の業務に支障が出ないように、極力リスクを避ける傾向にあります。そのためにも、返済能力の高い低リスクの申込者の中からカードローンの利用を選びます。

 

三井住友銀行カードローンの場合は、広告数を制限し、申込者数をある程度コントロールしているので、申込者数が一定に保持されています。ですから、タイミングがよければ、他の銀行では審査に落ちるような方でも審査に受かったという事もあります。

 

 

保証会社が保証するようになったから審査に通りやすくなった

また三井住友銀行のカードローンは、審査スピードが速くなり、即日融資が可能になっています。銀行カードローンの申込条件に「保証会社の保証が受けられる方」という一文があります。

 

保証会社は、三井住友銀行の完全子会社である、SMBCコンシュマーファイナンス㈱が保証会社になります。つまり審査の大部分をSMBCコンシュマーファイナンス㈱に委託する事によって、三井住友銀行、審査が遅いと言われた銀行カードローンの中でも、最短30分という審査が可能になりました。

 

即日融資が可能になったという事は、裏を返せば三井住友銀行のカードローンは消費者金融(プロミス)と同等の審査を行っているという事で、他の銀行系カードローンに比べ、審査通過率はこれまでに比べて高くなったと言えます。

 

 

審査に影響があるのは

キャッシングの審査が通らない理由として、最も多いのが申込書の記入ミスや、記入漏れが一番の原因と言われています。申込書を提出する時は、再度確認してから提出する事が大切です。

 

つぎに、三井住友銀行カードローン審査の場合、どちらかと言えば年収が多い人のほうが有利になります。 年収がそれほど多くない人なら審査に通らないのかと言えばそうではなく、審査に通るためには、同じ職場で長く勤める事や、借入希望額を低くするなどの対策をすれば、審査は通りやすくなります。

 

また、三井住友銀行カードローンを利用する前に、他社のカードローンを利用している人や、ローンの借入残高が多い人は、いくら返済能力があっても、審査に通らない可能性は高いです。いくら年収が多いからと言っても、トータル的な返済の負担が大きくなれば、審査に通らない事もあるので不要なローンやクレジットカードなどは解約しておく必要があります。

 

三井住友銀行カードローンの利息は?10万円借りたときの支払いシミュレーション

三井住友銀行カードローンでお金を借りる時は、前もって返済シミュレーションなどを利用して、無理のない返済計画を立ててから借りる事が重要です。

 

三井住友銀行カードローンには「返済シミュレーション」が用意されているので、まずはそちらで試算してみましょう。

 

「返済シミュレーション」は、

  1. 毎月の返済額が知りたい「毎月返済額シミュレーション」
  2. 完済するまでのどれくらいの期間が必要か「返済期間シミュレーション」
  3. 毎月決まったお金を返済するといくらまで借りられる「借入可能シミュレーション」

の3つが利用できるので、いろんな条件で試す事が可能です。

 

たとえば、10万円をかりた場合、

  1. 毎月返済シミュレーションで返済回数を12回とすると毎月返済額は9,002円になります。
  2. 返済期間シミュレーションで毎月返済額を1万円とすれば11回で完済になります。
  3. 借入可能額シミュレーションは毎月返済額と経ない回数を入力するとどれくらいまで借りられるかが解ります。

たとえば、毎月返済額を10,000円、返済回数を24ヶ月とすると207,306円までの融資が受けられるという結果になります。

 

それぞれのシミュレーションには「返済計画表を見る」というアイコンが有り、それをクリックすれば詳しい状況が解ります。

 

三井住友銀行カードローンって増額は可能?

三井住友銀行カードローン増額

 

三井住友銀行カードローンを利用していて、使い慣れてくると最初の借入限度額を増やしたいと思う事があります。限度額を増やす事を「増額」と言いますが、もちろん三井住友銀行カードローンでも増額は可能で、条件が整っていれば増額申請をして限度額を増やす事が可能です。

 

増額申請の方法は、基本的にはカードローンプラザに電話を入れて相談するか、または近くにローン契約機があれば、そちらを利用して増枠の相談をする事になります。この段階ではあくまで相談で、増額が可能となれば、再度審査を受ける事になるので注意が必要です。

 

増額審査は、初回申込時と同じで住所氏名や勤務先といった基本的な内容の審査や、これまでの借入れや返済についての利用履歴がチェックの対象になります。また、他の金融機関等での借入状況なども審査対象となるので、「返済は終わっているけれども使っていない」というようなカードがあれば解約しておく事がポイントです。

 

また、利用者にとっては大した問題ではないかも知れませんが、転勤や引越、スマホやケータイの買い替えに伴う電話番号や、メールアドレスの変更などは、増額の申込をする前に変更届をしておく事も重要になります。借入れ金額が増える時は、収入証明書なども必要になる事もあるので、まずは電話相談をしてから申込みを進める事をおすすめします。

 

 

三井住友銀行から増額案内が来ることが有る

増額は自分から申込も出来ますが、三井住友銀行から増額の案内が届くこともあります。金融機関側が設けている一定の条件、たとえば1年以上延滞がない、契約をした後、継続的に利用しているというような優良顧客に対して、電話やメールで限度額増額の案内を出す事があります。

 

案内がきて増額の申込をすれば、審査に通る可能性は高くなりますが、案内が有ったからと言って必ず審査に通るわけではありません。なぜそんなことなるのかというと、「あくまで金融機関側は自社内で優良な利用者に対して案内を送っているので、他社で信用を損なう事があれば審査に落ちる」可能性もあります。

 

限度額が下がる事もある

増額の申込をしたために、今の限度額から減額されてしまうこともあります。

 

例えば、

  • カードローンやクレジットカードでたびたび延滞を起こしている。
  • 初めに契約した時よりも、年収が減った。
  • 転職している、または転職してから日が浅い

と言うような事があれば、限度額を下げられたり、一時利用停止になったりする事もあるので、増額申請は、現在の自分の状況が減額対象にならないかをチェックしてから申込む事が重要です。

 

他社大手消費者金融と比較して見える、三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット

三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット

 

三井住友銀行カードローンのメリット

三井住友銀行カードローンは、

  • 銀行カードローンならではの低金利
  • 銀行カードローンの中でも、数少ない即日融資が可能なカードローン
  • 手数料が無料で利用できる提携ATMの数が多い

と言うような、銀行カードローンのメリットと消費者金融のメリットを併せ持った銀行カードローンです。

 

低金利の魅力と言え利息が少なくなるので楽な返済が出来るという事です。金利は年4.0%~14.5%となっているので銀行カードローンと比べると平均的な金利ですが、消費者金融が年3.0%~18.0%と比べると断然低い金利となっています。

 

三井住友銀行カードローンは、カードの受取りをローン契約機にすると、申込当日でもカードの受け取りが可能です。カードが受け取れればすぐにATMからお金の借入が可能で、申込はネットで申込をしてカードの受取りをローンカードで受け取る事で即日融資も可能です。

 

ATMを利用する時は基本的に手数料が必要です。しかし、三井住友銀行カードローンは、手数料無料で利用できる提携ATMがたくさんあります。自社以外のATMを利用する時は、1万円以下は108円、1万円以上は216円のATM利用手数料が必要ですが、E-netやセブン銀行、ローソンATM、ゆうちょ銀行ATMの利用手数料はすべて無料で、時間外手数料も無料で利用できるので無駄な経費を使うことなく利用できます。

 

また、三井住友銀行と言えば、全国規模でサービスを提供している都市銀行です。ほとんどの都道府県に店舗があるので、旅行や出張で他県へ行った時でも安心です。

 

 

三井住友銀行カードローンのデメリット

三井住友銀行カードローンは多くのメリットもありますが、反面何点かのデメリットもあります。

  1. 口座が無いと利用できないサービスがある。
  2. 専業主婦は利用できない。

 

消費者金融や銀行カードローンは振込みによるキャッシングが可能なところも増えていますが、三井住友銀行カードローンで振込キャッシングをしようと思えば、事前に口座が必要で、SMBCダイレクトから申込む必要が有ります。口座がなければ振込キャッシングが出来ないので、即日融資で借りたい時は、ローン契約機へ行き、カードを受け取ってから提携ATMでお金を引き出すという方法になります。

 

三井住友銀行カードローンは総量規制の対象外になりますが、原則収入のない専業主婦は借入できないのが唯一のデメリットです。銀行カードローンは専業主婦専用の商品が用意されているところも増えてはいるのですが、三井住友銀行カードローンは残念ながら専業主婦専用の商品が無いというところもデメリットのひとつと言えます。