お金を借りるとき、審査が甘く借りやすいところはあるの?

お金を借りるとき、審査が甘く借りやすいところはあるの?

消費者金融は審査が甘いと言われますが、それは「銀行カードローンと比べれば」という意味で、消費者金融は、貸金業法の改正で、総量規制の完全施行になった時から、審査は厳しくなっています

 

「どうしてもお金を借りたい」という状況になれば、審査の甘いところを選ぶ必要があります。

 

消費者金融の中には、テレビコマーシャルなどで名前が通った大手消費者金融がありますが、消費者金金融は大手だけでなく、中小消費者金融と呼ばれる業者も存在しています。

 

中小消費者金融は、大手消費者金融と比べて審査が甘いと言われているので、「どうしてもお金を用意しなければならない」という方は、参考にしてください。

 

 

≪目次≫

  1. 総量規制で厳しくなった消費者金融の審査
  2. 審査で重要視されるのは
  3. 「アコム」の審査を通すための条件
  4. 「プロミス」の審査を通すための条件
  5. 「アイフル」の審査を通すための条件
  6. 「SMBCモビット」の審査を通すための条件
  7. 大手4社の審査をクリアする条件はほとんど同じ
  8. 中小消費者金融は審査が甘い
  9. 中小消費者金融で借りるには
  10. まとめ

 

 

総量規制で厳しくなった消費者金融の審査

総量規制とは、消費者金融が守らなければならない法律で、自己破産を防ぐ目的で2010年に完全施行となりました。総量規制の施行前は、融資限度額が決まっていなかったため、貸せると思う人にはどんどん貸し出しをします。

 

借入が増えたため、返済が続けられなくなり、返済のために新たな借り入れをするという利用者は、やがて多重債務者となり、ついには夜逃げや自己破産をするという事が増えたため、消費者を守るという立場から金融庁は貸金業法の改正を行い、借入限度額の上限を決めたのが総量規制です。

 

総量規制によって、消費者金融で借入をする時、融資限度額は年収の3分の1以内という制限を設けました。そのため、多重債務を抱えた利用者や、金融事故を起こした利用者は、新たに借入が出来なくなり仕方なく「闇金」で借りるという弊害も出ていると言われています。

 

審査で重要視されるのは

ただ、消費者金融の審査が厳しくなったと言っても、毎月の給料をもらって普通の生活をしている方なら、パートやアルバイト、派遣社員など、正規雇用の社員でなくても審査が通らないという心配はほとんどありません。

 

しかし、それでも審査に通らない人もいます

 

審査に通らない原因として、

  1. 「安定した収入」
  2. 「現在の借金の額」
  3. 「過去の経歴」

などで審査に通るか落とされるかという違いが出てきます。

 

安定した収入が最も重要

利用条件で最も重要なのが、「安定した収入がある事」つまり定職に就いていることが最も重要で、収入のない、無職の学生や専業主婦は申込が出来ません。また、勤続年数は長ければ長いほど信用度も高くなるので、最低でも一年以上同じところで勤めているという実績が重要になります。

 

年収に関しては、100万円程度のパートやアルバイトで収入を得ている人でも審査は通りますが、消費者金融の場合は、総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があるので、あまり多くの借入希望額は期待できません。

 

借入件数と借入残高が多いと審査は厳しい

次に重要になるのが、現在の借入額と過去の金融取引の経歴です。現在の借入残高が、年収の3分の1以上またはそれに近い状況であれば、総量規制の対象となってしまうので、それ以上の融資は受けられません。

 

過去の経歴

また他社借入で金融事故(延滞や債務整理)などが個人情報に記載されていると、新たな借入はまず出来ません。

 

「アコム」の審査を通すための条件

アコムの審査通過率はトップに位置している事が多く、じつに45~49%と言う高い審査通過率を続けています。

 

アコム」の審査通過率が高い理由として、属性が低い人に対しては限度額を下げて対応しているので、融資が受けられなかったという人が少ないため、と言われています。

 

「プロミス」へ申込む時は「プロミス」の審査基準を知る必要がありますし、「アコム」へ申込むのなら「アコム」の審査基準を知る必要があります。ただし、審査基準は公開されていないので、必ず通るという事は言えませんが、ちょっとした基準を知っているだけで審査に通りやすくなります

 

アコムの審査に通らない人

アコムの申込条件は「20歳~69歳までの安定した収入と返済能力があり、当社の基準を満たす方」となっています。この条件を満たせば申込は出来ますが、審査に通るか通らないかという事とは別の事になります。

 

安定した収入がある事が最も重要。

審査で重要視しているのが「お金を貸しても返してもらえるか」という事です。お金を返して貰う為には「安定した収入」が必要になります。安定した収入とは「毎月の収入がある」という事になります。

 

基本的に「安定した収入とは給与収入の事」の事で、正社員に毎月支払われる給料以外にも、パートやアルバイトで毎月収入を得ていれば「安定した収入がある」と認めてもらえます。

 

金融ブラックと解れば審査は即終了します。

すべての金融業者が審査を行う時は、信用情報機関の個人情報を必ずチェックします。「アコム」へ申込みをすると、申込者の個人情報を信用情報機関へ照会し、これまでの利用状況に事故情報がないかを確認します。その時、利用状況に金融事故などが記載されていると、そこで審査は終了します。

 

事故情報とは長期延滞、債務整理などの事で、一定期間事故情報が記載された状態になるので、その間は審査に通る可能性はほとんどありません。ただ、長期延滞の場合は、即審査落ちとならない事もあるようです。

 

審査落ちとならないのは、長期延滞を起こしたあと、滞納分の支払いが完了している場合で、すでに延滞が解消されていれば、延滞解消記録として信用情報に残りますが、「アコム」の場合、延滞解消記録があれば審査を続行する事もあるようです。

 

他社借入件数が重要。

信用情報機関の個人情報には、他社借入状況も記載されています。すでに他社からの借入れが多い人は審査に落ちする可能性が高くなります。

 

たとえば「借入残高が年収の3分の1に近い、もしくは超えている」という場合や「他社借入が3件以上」という場合も、審査に通る事が難しくなります。

 

「プロミス」の審査を通すための条件

消費者金融の審査を受けて、どれくらいの人が審査に通ったかを調べる方法として審査通過率が有ります。審査通過率は、大手消費者金融がホームページ上で公表していて、プロミスの場合、審査通過率は約42%~45%となっています。

 

これは「プロミス」へ申込をした人の内、10人中4~5人が審査に通ったという事を表しています。「プロミス」の審査通過率は「アコム」に続いて2番目となっている場合が多いですが、その理由として、他社で借りられなかった人が「プロミス」へ申込をしているという事から、審査率が下がっていると言われています。

 

プロミスの審査に通らない人

「プロミス」は、過去に金融事故があっても融資して貰えるのかという事ですが1日や2日程度の遅延があっても、特に問題になる事はありません。ただし、個人情報の延滞履歴や金融事故情報が記録されていると、審査に通るのは厳しくなります。

 

ちなみに、金融事故とは

  • クレジットカードやキャッシングの返済遅れを何も繰り返している。
  • 過去にプロミスで遅延や延滞を起こした事が有る。
  • 以前、債務整理をした事がある。

 

という場合は信用情報機関の個人情報に一定期間記録が残っているので、記録が消されない限り、「プロミス」の審査に通る事はありません。

 

基本は、上記の項目に該当していれば、審査に通る可能は低くなりますが、それ以外にも

 

  1. 勤続年数が重要になる。

    例えば、勤続年数が同じ勤務先で半年以上あれば問題ありませんが、それ以下になると、「安定した収入がある人」にならないので審査に通る事が厳しくなります。

     

    勤続年数がどれくらいかは、正社員やパート、アルバイトでも同じで、転職して3ヶ月以内という方はせめて半年以上たってから申込む事をおすすめします。

  2.  

  3. 他社借入は3件以下にする。

    他社借入先が多ければ多いほど、新たな借入は難しくなります。

     

    すでに、借入先が3社以上あると、審査に通る可能性はないと言われているので、既に3社以上でお金を借りている人は、借入残高の少ないところは完済して、借入件数を3件以内にする必要があります。

     

    ただし、借入件数が3社になったとしても、借入残高の合計が、年収の3分の1以上になる場合も融資は受けられないので、借入件数を減らし、併せて借入残高も減らす必要があります。

 

「アイフル」の審査を通すための条件

アイフル」は貸金業法の改正以降、経営状態の悪化が続きましたが、今ではかなり立ち直り、利用者も大幅に増加している専業大手消費者金融です。

 

「アイフル」は大手消費者金融の中でも、借り易いという事で人気が有りますが、いくら借り易いと言っても申込さえすれば誰でも借りられるというものではありませんし、融資を受けるためには審査に通る必要があります。

 

「アイフル」の審査を受ける時は、まず1秒診断で借入ができる状態なのかをチェックしてみる事をおすすめします。1秒診断の審査結果で融資が可能かどうかの、おおよその見当がつくので、申込前に1秒診断を試してみるとよいでしょう。

 

「アイフル」は、満20歳以上の安定した収入と返済能力がある人で、アイフルの基準を満たす人という事が申込条件になっています。さらに「取引中に満70歳になった時点での新規融資を停止する」とあるので、対象年齢は20~69歳になります。

 

職業形態については、特に記載がありませんが、口コミなどを見ると、パートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも審査に可決しています。

 

アイフルの審査に通らない人

審査に通りやすいと言われる「アイフル」でも、審査に通らなかったという人もいます。

 

審査落ちした理由として多いのが、

  • 年収や勤続年数などの個人情報の属性が低い
  • 他社借入が3件以上ある。
  • 他社借入残高が、年収の3分の1を超えている、
  • 何年か前に金融事故を起こしている。
  • 他社のカードローンやクレジットカードなどの支払いが3か月以上遅れたことがある

 

これらの理由が一つでも該当すれば通らないという事ではありませんが、これらの事がなければ審査に通る可能性が高くなります。事前に解消できる事は解消しておくことが重要です。

 

「SMBCモビット」の審査を通すための条件

SMBCモビット」の利用条件は、年齢20歳~69歳までの、安定した収入が有る方となっています。この申込条件を見ると、すぐにでもお金が借りられるように思えますが、これは単に申込が出来るというだけです。

 

「SMBCモビット」は口コミなどでも人気のある消費者金融ですが、審査に通る人もいれば、通らなかった人もいます。「SMBCモビット」の審査基準は公表されていないので、何が原因で審査に通ったり落ちたりするのかが解りませんが、口コミなどの情報からある程度の事を知ることが出来ます。

 

SMBCモビットの審査に通らない人

「SMBCモビット」の審査は、基本的には返済能力が有るかどうかを重点的にチェックしますが、そのためにも「安定した収入が有るかどうか」が最も重要で、「安定している」というところで勤続年数が重要になります。

 

「SMBCモビット」はパートやアルバイト、派遣社員でも申込が出来ますが、たとえば、正社員になって1カ月と言う人と、アルバイトだけど勤続年数は1年以上と言う人を比べた場合、就業形態は関係なく信用度が高いのは勤続年数1年のアルバイトの方になるようです。

 

「SMBCモビット」の審査に通るためには、同じ勤務先での勤続年数が長ければ長いほど有利になるので、せめて1年以上務めていれば審査で有利になります。

 

また、現在の借入を3件以上で契約をしている場合は、新たに「SMBCモビット」へ申込をしても審査に通るのは難しくなります。そんな場合は、現在利用しているキャッシング会社を3件以内にまとめる必要があります。そのためには、どこかを完済して契約解除をするなどして、借入件数を減らす必要があります。

 

ただし、借入件数が減ったとしても、借入限度額が年収の3分の1を超えていると、それ以上の融資は受けられません。

 

大手4社の審査をクリアする条件はほとんど同じ

以上大手消費者金融4社についての審査基準を見てきましたが、貸金業法の改正前のように誰でも借りられると言う状況から見れば、審査が厳しい=借入しにくいとなっているのが現状です。
しかし、消費者金融大手4社の審査状況を見ると、審査の厳しさはそれほど変わりがありません。

 

もちろん申込条件をクリアしている必要が有りますが、

  • 安定した収入がある(毎月給料をもらっている)
  • 個人情報に事故情報がない延滞や債務整理をした事がない)
  • 過去に申込先で、遅延や延滞をしたことがない。
  • 他社借入は3件以下である

 

とうような事を満たしていれば審査に通る可能性は高いです。

 

さらに言えば「他社借入がなく、毎月給料をもらって普通の生活をしている」人なら審査に通るかどうか心配と言うような心配は不要です。

 

この条件を見る限り、過去に金融事故を起こした人(金融ブラック)は「カードローンを利用する事はあきらめなければならない」という事になってしまいます。

 

しかし、金融ブラックになった人でも、あまり多くは借りられませんが、融資を受ける方法はあるので心配する必要はありません。

 

中小消費者金融は審査が甘い

 

「もうこれ以上新しい借入れは無理だろうな」と思っておられる方は審査基準が甘い金融会社なら申込できます。

 

他社からの借入件数が少なければ、大手消費者金融でも審査に通ると思いますが、多重債務になっている人や、過去に金融事故を起こした方でも、中小消費者金融なら融資が受けられる可能性があります。

 

 

中小消費者金融とは

中小消費者金融とは、地方に存在する消費者金融で、地元を中心に、まじめに貸金業を営んでいる、正規の金融業者です。

 

中小消費者金融は地方都市などで地域密着型の事業を行っていましたが、貸金業法の改正後、グレー金利返還訴訟などで大打撃を受け、現在約2千社近くまで数を減らしています。

 

そんな中、有人店舗を減らしたり人員整理をしたりして、企業努力をかさねた結果、現在残っている中小消費者金融があります。中堅消費者金融が顧客を獲得するためには、大手で断られた人や、いわゆる金融ブラックと呼ばれる人を対象に融資をしています。

 

最近は、インターネットの普及により、地元だけでなく全国展開をしている業者も増えているので、どこからでも申込ができるようになっています。

 

大手消費者金融や銀行カードローンで申込をしても、過去に延滞や債務整理をした金融ブラックと呼ばれる人が新たにキャッシングの申込をしても審査を受けるまでもなく、その場で断られてしまいます。

 

金融事故歴が消えるのは5年から10年が必要なで、大手の消費者金融や銀行では金融事故の履歴があればまず融資を受けられません。しかし、世の中には世間でブラックと呼ばれている人にも正規の貸金業者で融資してくれるところがあり、それが中堅消費者金融と呼ばれるキャッシング会社です。

 

大手と中小消費者の審査方法が違う

大手消費者金融は貸金業法の改正以降は以前と比べて審査が厳しくなったと言われています。

 

大手消費者金融の審査は、コンピューターを使ってマニュアル通りに進めるので、少しでも審査基準から外れているとその場で審査落ちしてしまいます。

 

過去の事より現実を重視

中堅消費者金融でももちろん審査はありますが、審査方法は、担当者と対面形式や電話での聞き取りで行われます。

 

審査内容は、過去の事にとらわれず、現在の収入状況や生活状況を詳しく聞いて、支払い能力があると判断できれば、融資をしているという中小消費者金融もあるので、そういったところなら、融資を受けられる可能性があります。

 

中小消費者金融で借りるには

中小消費者金融の審査を通すには、いくつかのポイントがあります。

 

現在の借入れ件数や借入れ金額はごまかさずに正直に申告する事が重要

キャッシングを申込む時、どこの業者でいくら借りているのかということは正確に申告する必要があります。そのためには、他社借入だけでなくクレジットカードのキャッシングも含めて、どこからいくら借りているのかを把握しておく必要が有ります。

 

カードローンの審査は、信用情報機関の個人情報を基に審査を行うので、申込をした人がどこでいくら借りているのか、わかるようになっています。ですから、少しでも審査に通りやすくしたいと思って、借入件数を減らしたり、借入金額を少なく申告したりしても、バレてしまい、いくら審査が甘くてもその場で打ち切られてしまいます。

 

複数申込む時は1か月に3社以内

口コミなどで、1時間以内にたくさんのところで申込みをすれば情報が出回る前に審査が終わってしまうから大丈夫という噂がありま

 

しかし、最近はコンピューターの情報がリアルタイムで更新されるようになっているので返って逆効果になってしまいます。一度に申込むのは一社だけとし、複数社へ申込む時は1か月に3件以内にしておくことがポイントです。

 

まとめ

中小消費者金融は規模が小さくても、法律に基づいて貸金業登録している正規の業者です。店舗の雰囲気など、多少古いイメージがあるかもしれませんが、きちんと法率を守り、誠実に事業を行っています

 

中小だからといって高金利ということもなく、大手消費者金融とほとんど変わりはありません。

 

大手で借りられなかったといって、闇金に手を出すのではなく、申込先を中堅消費者金融まで範囲を広げれば、たとえブラックであっても即日融資も可能な業者がきっと見つかるはずです。


×