専業主婦でもお金を借りることはできる?

専業主婦でもお金を借りることはできるの?

キャッシングの利用者で一番多いのが、主婦だった時期が有ります。しかし、2010年に貸金業法が改正され、総量規制が完全施行となった事から、主婦のキャッシングは制限されるようになりました。

 

専業主婦が消費者金融で融資を受けるには「配偶者貸付」制度を取り入れている消費者金融か、銀行カードローンになります。

 

 

≪目次≫

  1. 消費者金融の「配偶者貸付」とは
  2. 銀行カードローンは総量規制対象外
  3. カードローンは金融商品のひとつ
  4. 銀行カードローンの選び方
  5. 銀行カードローンのメリット
  6. 申し込みが簡単
  7. 家族に内緒で借りられる
  8. 金利が安い
  9. まとめ

 

 

消費者金融の「配偶者貸付」とは

2010年貸金業法の改正で、総量規制が施行されるようになり、ノンバンク(消費者金融や信販会社)が融資をする時は、年収の3分の1以内と制限されるようになりました。そのため、パートやアルバイトをして収入を得ている兼業主婦は今まで通り申し込みが可能ですが、無収入の専業主婦はノンバンクでの申し込みは厳しくなっています

 

専業主婦がノンバンクでキャッシングを始める事も出来なくはありませんが、その場合「配偶者貸付制度」を取り入れているノンバンクのみになります。

 

総量規制には

  • 「除外」
  • 「例外」

があり、どちらも総量規制の対象外になります。

 

「配偶者貸付」は「例外」になるので、収入のない専業主婦も融資が受けられる制度です。ただ、「配偶者貸付制度」は条件が厳しく、主婦(夫)の個人名で申し込みはできない事や、配偶者の同意を得なければ申し込みが出来ません。

 

この制度を取り入れているノンバンクなら、専業主婦でも融資は受けられますが、審査や調査に時間がかかるので、大手消費者金融は、採算が取れない事から中止、もしくは廃止しています。

 

一部この制度を取り入れている中小消費者金融もありますが、大手消費者金融は「本人に収入がある事」が条件になっているので、現状は専業主婦がノンバンクでキャッシングすることは、厳しいと言えます。

 

 

銀行カードローンは総量規制対象外

一方、銀行カードローンは、銀行法が適用されるので、貸金業法の総量規制の影響は受けないので、年収による制限はありません

 

基本的に銀行カードローンも収入が有る事が条件となっていますが、銀行には専業主婦専用のカードローンがあり、それらのカードローンなら専業主婦でもキャッシングが可能です。

 

カードローンは金融商品のひとつ

 

銀行にはカードローンの他に目的別ローンやフリーローンと多くの金融商品を扱っています。

 

目的ローンでは、教育資金や住宅ローン、マイカーローンなど、借入の際に利用目的を決めて、それを証明する書類を揃えて申請します。目的ローンはカードローンよりも低金利で借りられるのが魅力的ですが、ある程度の収入が有る方が利用できるローンになります。

 

また、フリーローンはカードローンと同様、使用目的は自由ですが、一部契約できない使途(家賃や生活資金など)があります。融資は契約金が一度に振り込まれ、後は返済を続けるだけで、追加融資をして貰うには、一度完済してしまうか、新たに別途申し込み・契約を結ぶ必要があります。

 

カードローンは

  1. 利用目的は何に使っても良い。
  2. 無担保・無保証で借りられる。
  3. 限度額が決まれば、その範囲内で何度でも追加融資が可能。

という点が、目的ローンと違うところです。

 

銀行カードローンの選び方

主な専業主婦専用のカードローン

カードローン名 金利(年) 融資限度額 毎月返済額
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで 3,000円~
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで 2,000円~
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで 2,000円~
みずほ銀行カードローン 14.0% 30万円まで 10,000円~
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6% 30万円まで 2,000円~

 

などがあります。

 

キャッシング会社よって、申し込み銀行の普通預金口座がないと即日融資不可なカードローンや、10万円借りた時の毎月の最低返済額が、2,000円~10,000円と差があります。

 

まずは最優先させる目的を決める事が大切で、

たとえば「金利は出来るだけ低いところ」とか「即日融資で借りられるところ」「毎月返済額が少ないところ」と言うように、目的を満たしているカードローンをピックアップして、その中から優先順位を決めて決定する

という方法がおすすめです。

 

銀行ではカードローンサービスの他に目的別ローン、さらにはフリーローンと複数の商品を展開しています。

 

銀行カードローンのメリット

カードローンには以下のように3つの系列があり、それぞれに特徴があります。

 

業種 特徴
消費者金融系 ・金利が高い

・総量規制の対象
・大手消費者金融は即日融資が可能

信販系 ・金利が高い

・総量規制の対象
・カード発行までに時間がかかる
・クレジットカードのポイントサービスが利用できる

銀行系 ・金利が低い

・総量規制の対象外
・専業主婦でも借入可能
・大手なら即日融資も可能

 

ちなみに、銀行系というのは、ノンバンク(消費者金融系や信販系)に並ぶ言葉で、「○○銀行」という名前のところはもちろん、信用金庫や農協、労金などの小規模な金融機関も含まれます。

 

そして、低金利で総量規制の対象外という特長は、銀行の規模にかかわらず、ほとんどの銀行に共通しているので、金利優先でお金を借りた人は銀行系がオススメです。

 

ノンバンクは「配偶者貸付」制度を利用すれば申し込みは出来ますが、専業主婦が家族(配偶者)に内緒で借入れすることはできません。主人にばれずに借入できない事や、提出書類が多い、最高金利が高い、審査に時間がかかるなどを考えると、配偶者貸し付け利用してまで消費者金融を選ぶメリットはありません。

 

無収入の専業主婦でも比較的申し込みがしやすいのは、銀行カードローンになります。

 

申し込みが簡単

カードローンの申し込み方法には、郵送や電話、店舗からの申し込みが出来ますが、スマホを利用して、インターネットで申し込みむWEB完結の申し込み方法が主流になっています。

 

WEB完結はパソコンやスマホを使って、24時間365日申し込みが可能で、わざわざ店舗へ行く必要もなく、どこからでも申し込みが可能なので忙しい主婦とってWEB完結は大変便利な申し込み方法です。

 

申し込み手続きから振込まで、全てがスマホで済ませる事が出来ます。本人確認書類も、スマホのカメラで撮影したものをメールでアップロードするだけで済ませられます。

 

家族に内緒で借りられる

銀行カードローンは、「配偶者貸付」のように、配偶者の同意書は必要ないので、夫や家族に知られる事無く借りられるようになっています。融資を受けたとしても、本人名義なので、夫の個人信用情報に記載される事もありません。

 

また、お金を借りているという事がばれる大きな要因は、郵送物が家に届く事です。ローンカードや契約書が発行される場合、自動契約機で受け取る金融機関以外は郵送されてきますが、銀行名だけが入った封書で届くので、中身を見られない限りはカードローンを利用している事がばれる心配はありません。

 

利用明細書については多くの銀行カードローンでWEB明細に切り替え場可能です。

 

専業主婦のカードローン申し込み時の在籍確認は、自宅もしくは携帯電話に連絡が入るので、配偶者の会社へ電話が入るという事はありません。

 

ちなみに、連絡先を携帯電話にしておけば、カードローン会社からの在籍確認や問い合わせは自分の携帯電話にかかってくるので、他の人が電話に出る心配もありません。

 

返済が遅れたり滞納したりしなければ、カードローンを利用している事がばれるという心配はありません。

 

金利が安い

お金を借りる場合、誰もが思う事は「少しでも利息を少なくしたい」と考えますが、家計を預かっている専業主婦にとって、利息を少なく借りるという事が重要になってきます。その点、銀行カードローンなら金利を抑えて借りられます

 

また、毎月返済額も2,000円からと言うように、家計を圧迫するようなお金でもないので、安心です。

 

まとめ

以上、専業主婦のキャッシングについて、消費者金融と銀行カードローンを比較しながら、その違いを比べてきましたが、専業主婦のキャッシングという事を考えると、安心安全なのは銀行カードローンになります。

 

しかし、銀行カードローンは審査が厳しいというデメリットもあり、専業主婦だからと言って審査が緩くなるという事はありません。

 

一般ローンと同じ審査基準で審査が行われるので、

  • クレジットカードや携帯電話の支払いで遅延や延滞がないか。
  • 短期間に複数社へ申し込みをしていないか。
  • すでに他社で借入をしていないか。

などがあれば、審査に通る事が難しくなります。

 

カードローンの利用を考えている場合は、このような事が無いように普段から気を付けておく必要が有ります。


×