債務整理中の人でもお金は借りられる?

債務整理中の人はお金は借りられるの?

 

キャッシングを利用していた人の中には、返済を続けられなくなり、借入先が増えて多重債務になった人や、返済が出来なくなったため、債務整理をしたという方も少なくありません。金融事故を起こした場合、信用情報機関の個人情報に事故情報が記載さてしまいます。

 

事故内容によって違いますが5~7年の間は、事故情報が消えないので、新たなカードローンの申し込みができなくなります。

 

しかし、債務整理をしたために、5年~7年の間は、新たな借入が出来なくなるので、その間に「どうしてもお金が必要になった」という事もあります。そんな場合は、どうすればよいのか悩んでしまいますが、債務整理中や自己破産をした人にも融資をしてくれる業者があります

 

消費者金融の中には、大手消費者金融や銀行以外に、全国に存在する中小の消費者金融が有ります。

 

中小消費者金融は、大手消費者金融や銀行で借入が出来なかった人を顧客対象としているので、過去に債務整理などを起こしたい、いわゆる金融ブラックに融資をしている中小消費者金融もあるので「どうしても借りるところが見つからない」と言う人は、「ヤミ金」に手を出すのではなく、その前に中小消費者金融へ申込を考えてみてはどうでしょうか。

 

 

≪目次≫

  1. 債務整理とは
  2. 中小消費者金融なら借りられる可能性はある。
  3. 大手消費者金融の審査は通る事はない
  4. 中小消費者金融の審査
  5. 債務整理中に借りる時は注意が必要
  6. まとめ

 

 

債務整理とは

債務整理とは、借金が払えなくなった利用者が、司法書士や弁護士に依頼する事で債権者と交渉し、払いすぎた利息の返還や、借金減額、利息のカット、などを行うためにとる手続きで「過払い金請求」や「任意整理」「個人再生」「自己破産」の総称を言います。

 

債務整理をしている最中に、「どうしてもまとまったお金を用意しなければならない」という事になり、新たな借り入れをしなければならないという事もあります。債務整理をすると、借金の減額や免除してもらえるという代わりに、5年~7年は新たな借入が出来なくなります

 

債務整理の手続きは1週間や10日という短期間で終わるわけではありません。手続き自体に数ヶ月という時間がかかり、返済期間を含めると3年以上もの年月がかかってしまう事もあります。

 

その間に、どうしても急にまとまったお金が必要になることもあるでしょうが、債務整理をすると、金融機関から信用情報機関にその事実が通知され、個人情報に「事故情報」が登録され、いわゆる「ブラック」に載ることとになります。

 

原則、事故情報に記載されてしまうと削除する方法はありません。

 

信用情報機関に事故情報が登録されている期間は、約5年~7年は消える事がありません。ローンやカードの申し込みをしても、ほぼ確実に審査に落ちるでしょうし、この間はじっとがまんして、借金の返済を続けていくしかありません。

 

中小消費者金融なら借りられる可能性はある。

カードローンと言えば、テレビコマーシャルでよく見かける、大手消費者金融を想像しますが、消費者金融は大手ばかりでなく、中小消費者金融と呼ばれる消費者金融も存在します。

 

中小消費者金融は、地方都市に存在し、地元を中心に地道に貸金業を営んでいる正規の消費者金融です。

 

これまでは、地域密着型の事業展開をしていましたが、インターネットの普及によって、インターネット申込が可能になり、地元だけでなく全国からの申込を受け付けるところが増えています。

 

大手消費者金融なら審査に通る事はない

大手消費者金融の審査は、コンピューターを使い、スコアリングシステムで審査が行われます。

 

スコアリングシステムとは申込をした人の属性や、信用情報機関の個人情報を基に審査を行い、過去に借入れをした人たちのデータから「融資が可能か、融資が可能ならいくらまで貸せるか」という判断が数分で出るようになっているシステムです。

 

大手の審査方法はスピーディですが、マニュアル通り進められるので、個人情報に金融事故などが記載されていると、即審査落ちになってしまいます。

 

また、大手消費者金融は貸金業法の改正以降は、銀行グループの傘下に入り、銀行カードローンで保証会社の一面を持っているので、大手消費者金融自身も以前の様な無理な貸出しは、出来なくなっています

 

中小消費者金融の審査

中小消費者金融でも、自社の審査基準に基づいた審査があります。ただ、中小消費者金融の審査は、対面式や電話での審査が多く「なぜ債務整理をしたのか」とか「「今回お金を貸しても返済が続けられるのか」「家族構成」など細かいところまで聞いて審査を行いますが、その上で現状の収入状態や生活環境がよければ審査に通る可能性が出てきます。

 

返済出来なかった理由が、正当な理由だと判断した場合は、過去の事にとらわれず、融資をしていますし、大手で借入が出来なかった人にも、積極的に融資をしているところが多いです。

 

債務整理中に借りる時は注意が必要

債務整理中に新たに借金をする事は、違法ではありませんが、もし新たに借り入れしたことが発覚すれば、取り返しのつかない事態にもなりかねません。

 

新たな借金が発覚すると、任意整理に応じてもらえなくなる

債務整理と手続き中に、新たに借り入れをすると、債務整理の対象になっている金融機関にしてみれば不公平が生じます。債務者は、借金の整理をしたところで借入残高の減額してもらっているのに、新たな借り入れ先には元金+利息を支払うことになります。

 

そうなると、整理の対象となった金融機関から、任意整理に応じてもらえなくなります。

 

免責にならないこともある

自己破産をした場合は、新たな借金を重ねることで、さらに大きな支障をきたすことになります。自己破産は、財産処分などをして借金返済を免除してもらえる手続き方法ですが、裁判所から「更生の余地なし」とみなされてしまうと免責されなくなる可能性もあります。

 

自己破産手続きは、支払不能になった債務者を救済するための最後の手段です。自己破産をしたのにもかかわらず、新たに借り入れをしたことが判明すると、裁判所は「この債務者は反省した様子がない」と判断され、免責許可をおろしてもらえない事があります。

 

免責が不許可になれば自己破産手続きは終了となり、残債はそのままという取り返しのつかない事態になるので、免責が確定するまでは、どんなことが有っても新たな借入をするべきではありません。

 

まとめ

中小消費者金融の中には、債務整理中でも貸してもらえるところはあります。しかし、弁護士を介して債務整理をしている途中で新たな借金をしたことがバレると、弁護士から一方的に契約解除を打ち切られる事もあります。

 

そうなると、支払不能の状態であるにもかかわらず、弁護士費用を支払わなければならなくなったり、手続きや金融機関等の交渉も自力で対処しなければならなくなったりします。

 

債務整理中にお金を借りるという事は、ますます状況を悪くしてしまうので、債務整理の手続きが完了するまでは、新たな借入は控えておくことが重要です。


×