プロミス増額のポイントまとめ!審査方法や在籍確認はどうなっている?

プロミス増額!審査方法や在籍確認は?

キャッシングには今の限度額では足らなくなり、限度額を増やしたいという方のために「限度額を増額する方法」が有ります。

 

キャッシング会社のほとんどで、増額は可能で、もちろん「プロミス」でも増額申請で限度額を増額する事は可能です。「限度額が増えるのなら是非増やしたい」と言う方も少なくありません。

 

「増額の審査に通る方法があれば知りたい」と誰もが思いますが、増額の審査基準は公表されていないので、ここをこうすればよいというような具体的なところは、実際申込をしてみないとわかりません。

 

しかし、口コミ情報や、ネットの書き込みを見れば、増額するための基本情報は、ある程度見えてきます

 

これらの情報を活用すれば、増額審査に通るために、押さえておきたい最低限の事はわかるはずです。

 

増額は申請するタイミングが重要

増額申請はすぐ増額したいと思っても、すぐにできるわけではありません。増額申請が出来るようになるには、ある程度の期間が必要です。「プロミス」と初めて契約した時の利用限度額は、審査で決まります。

 

ほとんどの場合、50万円以下という低い限度額や、年収が少なければ限度額10万円という場合もあります。初回借入時の限度額は、申込者の信用度を調べるために決められた金額なので、初回の限度額は低めの設定になっています。

 

ですから、限度額の増額をして貰うには、延滞などをおこさす、半年以上継続してキャッシングの利用を続ける事で優良顧客として認めてもらう必要があります。

 

ただし、時間が経過すればよいというのではなく、「借りては返す」と言う継続した利用が重要で、返済期日を守り、遅延や延滞などを起こさず、繰り上げ返済などで、早めの完済に勤めているという意志が認められれば、増額の案内が届くのもそう遠くはないはずです。

 

優良顧客はプロミスからの増額案内がある

「プロミス」はあらかじめ信用情報期間で個人情報を照会し、社内審査と合わせて優良顧客と認められる会員をリストアップしています。リストアップされた優良顧客に対して、6カ月に1度、増額可能な会員に、電話やメールで増額案内を出しています。

 

「プロミス」から優良顧客として認めてもらうには、毎回きちんと支払い、繰り上げ返済や短期完済をしている会員は「プロミス」を逃したくないと考えるのは当然の事と言えます。

 

「プロミス」から「増額しませんか?」と連絡がある会員は、「プロミス」が認めた優良顧客と思っても間違いありません。利用限度額を増額したいと考えている会員は、このような案内がきてから申込むと、増額がスムーズに行える可能性は高くなります。

 

増額できない場合もある

「プロミス」から利用限度額UPの案内が届いたからと言って、無条件で増額できるとは限りません。

 

下調べが済んでいるとはいえ、やはり総量規制の問題もあるので、信用情報センターから最新情報を取得していないと、総量規制を超えるような契約をしてしまう場合もあります。

 

増額の案内があり「申請したけれど審査に通らず増額できない、という事例もあるので、増額申請は案内が有ったからと言って、飛びつくのではなく、申請が出来る状況なのかを確認してから申込む事が重要です。

 

増額申請は土日・祝日も可

自分から利用限度額を申込むには2つの方法があります。

  1. 会員サービスサイトから申込む方法
  2. 電話でプロミスコールへ申込む方法

があります。

 

会員サービスは「プロミス」を利用していれば、パソコンやスマホから会員サービスへログインして利用できるので、自宅から申込むことも可能ですし、外出先から申込むこともできます。申込時間は24時間365日可能なので、土日・祝日に限らず申込さえ済ませておけば、あとは審査結果のお知らせを待つだけになります。

 

電話による申込みは自動音声対応となっており、オペレーターと相談しながら申込むことはできません。増額についての質問や聞きたい事が有る場合は、別途プロミスコールへ電話して確認する事ができます。

 

どちらの方法にしても居ながらにして申込が可能で、申込に来店しなければならないというような無駄な時間を取られる事はありません

 

増額申請が通ると限度額5万円、限度額10万円など、徐々に融資限度額を増やす事が可能になります。

 

総量規制に注意が必要

「プロミス」は消費者金融なので総量規制の対象となります。其の為、消費者金融や信販会社のキャッシングで利用できる限度額は、年収の3分の1以内と決められています。

 

たとえば、年収が450万円なら、他社借入も含めて、その返済状況に問題がなければ、150万円までが融資限度額になります。

 

総量規制は他社借入残高と増額で利用できる限度額の合計になるので、他社借入が多い場合は増額出来る金額は少なくなります。この場合、他社借入も含めてすでに150万円まで借りていると、利用可能額は0円になり増額が出来ません。

 

こんな場合は、まず他社借入を減らし、「プロミス」へ増額申請をしてまとめる方が、先々の借入が何かと有利になります。

 

必要書類を準備しておく

増額する場合でも、改めて審査を受ける必要があります。

 

「プロミス」の利用限度額が50万円を超える場合や、他社の契約額と「プロミス」の契約額を合計して100万円を超える場合は、収入証明書類(源泉徴収票、給与明細書、納税証明書など)の提出が必要になるので、増額申請をする前に書類を用意しておけば、後の流れがスムーズに流れます。

 

増額審査は在籍確認が有る?

増額の審査で勤務先が変わっていれば再度在籍確認が行われますが、勤務先に変更がなければ、改めて在籍確認が行われる事はないと思って大丈夫でしょう。

 

ただ、明確な基準が公表されていないので、はっきりと断言をすることができません。プロミスの社内審査や信用情報の内容による総合的な判断によって、在籍確認を行うかどうかが決まるようです。

 

増額申請のデメリット

増額ができれば限度額も増え、場合によっては金利も下がるというメリットがあります。しかし、増額申請は良い事ばかりではなく、デメリットもあるので、増額申請をするにあたって、どんなデメリットがあるのかも知っておく必要があります。

 

増額申請をした時、改めて審査がありますが、審査で増額が認められなかった場合、今の限度額が維持されるという訳ではありません。

 

たとえば、初回借入以降に他社で新たな借入をしたとか、会社の不況で給料が下がったという場合、限度額が下げられたり、借入合計が年収の3分の1近くになっていると、最悪利用停止になったりすることがあります。

 

増額申請をする前に、現在の状況をよく確認し、増額申請をしても良いかどうかの判断が重要になります。

 

まとめ

「プロミス」の増額申請を通すためには、

  • 最低でも半年以上延滞を起こさず返済を続け、継続的な利用をしている。
  • 他社の借入を増やしていない。
  • 信用情報機関の個人情報に事故情報の記載がない。
  • 住所変更など、個人情報に変更があった時は、速やかに申し出ている。

 

など普段から問題を起こさずに利用していれば「プロミス」も優良顧客を逃したくないので、自然と増額の対象者となります。

 

自分から増額を申出るのもひとつの方法ですが、できればプロミスからの増額案内を待ち、自分とって有利な増額にする事も上手な増額方法のひとつです。

 

 

関連記事

消費者金融で増額 銀行で増額

×