プロミスの振込融資や振込返済する方法、振込先の登録や振り込み方法

プロミスの振込融資や振込返済、振込先の登録や振り込み方法まとめ

 

プロミスは口座振込を利用した振込キャッシングが可能で、銀行振込で借り入れや返済が出来ます。振込で借入や返済を行う場合には、振込先の口座確認や、登録する必要があります。

 

お金を振り込んでもらう際は振込先の口座を登録する必要がありますし、プロミスの指定口座へ振込で返済することも可能です。

 

 

≪目次≫

  1. 振込で借り入れする方法
  2. 借り入れ用口座の登録方法
  3. 銀行ごとで振込時間に違いがある
  4. 振込で返済する方法
  5. 銀行振込で返済
  6. 提携ATMから返済
  7. インターネット返済
  8. まとめ

 

 

振込で借り入れする方法

プロミスから口座振込で借り入れをする場合は、事前に振込先の口座を登録する必要があります。

 

借り入れ用口座の登録方法

振込先口座の登録は、会員サイトにログイン後、ネット上で振込先口座の登録ができます。振込先口座の変更も会員サイト上で行うことができます。

 

口座振込によるキャッシングの場合、振込手数料はプロミスが負担してくれるので、手数料が無料で利用ができます。

 

銀行ごとで振込時間に違いがある

借り入れ用の口座登録は、会員サービスへログインすると「瞬フリ」から登録できますし「各種設定」から振込先口座の登録や変更が可能です。

 

銀行振込で借り入れをする時は、インターネットから申し込む方法や、電話で振込を依頼する方法があります。どちらも24時間何時でも借り入れが可能ですし、振込手数料や通話料は無料で利用できます。

 

振込で借入れする時に気をつけたいのが、「口座に振り込まれる時間」です。依頼したらすぐ反映すると良いのですが、銀行口座と振込依頼が受け付けられた時間によって、振込が完了する時間が違ってきますので異なります。

 

三井住友銀行(ジャパンネット銀行)
曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~24:00

24時間受付

瞬フリ受付完了から10秒程度
土・日・祝日
その他の銀行
曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~9:00 当日9:30頃
9:00~14:50 振込キャッシング受付完了から10秒程度
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

 

三井住友銀行やジャパンネット銀行への振込は24時間365日、何時でも可能です。2行以外の口座を利用する時は、曜日や時間帯によって振込依頼が反映される時間が変わります。

 

また、銀行振り込みの場合、サービス停止期間があり、三井住友銀行の場合は毎週日曜日21時~翌月曜日7時、ジャパンネット銀行やその他の銀行の場合は毎週月曜日0時~7時は利用できませんので振込で借りたい時は注意が必要です。

 

「プロミスの口座登録をしていないけれど、振込で借り入れしたい」という場合は、プロミスのコールセンターへ電話を掛けて相談すれば、振込による借り入れに応じてもらえます。

 

ちなみにプロミスコールセンターの営業時間は平日の9:00~18:00だけなので、振込を依頼する時はその時間帯に電話を掛ける必要があります。

 

振込で返済する方法

プロミスへ振り込みで返済する方法は「銀行振込」「提携ATM」「インターネット返済」から選べます。

 

銀行振込で返済

銀行振込で返済する時は、プロミスの口座番号を確認する必要があります。返済用の振込先口座は、利用店舗ごとに口座が違うので、地域や人によって返済口座が違ってきます。

 

口座番号の確認方法は、プロミスコールへ電話を入れるか、会員サービスにログインして確認する必要があります。

 

銀行振込をする時は、銀行によっては振込手数料を負担しなければなりません。ただし、プロミスの口座は三井住友銀行となっているので、三井住友銀行に口座があればオンラインバンキングを利用することで両者間の手数料は無料で利用できます。

 

提携ATMから返済

プロミスと提携している銀行やコンビニATMは「提携ATM」と呼ばれ、「三井住友銀行ATM」はプロミスが三井住友グループの関係で手数料が無料です。

 

三井住友銀行ATM以外は、1万円以下は108円、1万円以上は216円の手数料が必要になるので、ATMを利用する時はプロミスATMか三井住友銀行ATMがおすすめです。

 

提携コンビニATMの中には手数料無料で利用する方法があります。

 

返済の身になりますが、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているメディア端末を利用すれば手数料無料で利用できるので、無駄な手数料を支払わずに返済ができるので、コンビニから返済する時はこの方法がおすすめです。

 

インターネット返済

プロミスの返済はインターネットを使って振込返済が可能ですが、登録できる銀行口座が決まっています。

 

登録できる銀行口座は「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」「みずほ銀行」「楽天銀行」のいずれかの口座に限られますが、振込手数料が無料で利用可能です。

 

 

インターネットで返済する手順

プロミスの会員ページにカード番号と暗証番号を入力し、ログインします。

ログイン後借入・返済の手続きから「インターネット返済の手続き」を選びます。

返済金額を確定し、続けて自分の口座がある銀行を選択し、ログインします。

自分の口座から振り込みを実行すれば返済は完了です。

 

インターネット返済は、24時間振返済が可能で、1円単位の端数までぴったり支払えます。

 

まとめ

消費者金融の借り入れや返済に口座を利用した場合は、手数料が必要になる場合がほとんどです。プロミスは振込融資や、インターネット返済、コンビニのマルチ端末などを使えば手数料が無料でキャッシングが可能というメリットがあります。

 

借り入れや返済に手数料が必要になるという事は、利息以外に無駄なお金を支払っている事になります。手数料が無料で利用できる方法が数多く用意されているプロミスなら、無駄な手数料を支払うことなくキャッシングが続けられます。

関連ページ

プロミスは学生でもお金借りれる?
プロミス増額
プロミスのコンビニATMの使い方は?
プロミスから電話がかかってくる?内容はなに?
プロミスの審査の流れは?必要書類、時間について
プロミスのアプリローンでお金を借りるには?手順
プロミスの一括返済方法と解約方法について
プロミスで一時増額はできる?限度額が上がる条件は?
プロミスのウェブ完結申し込みの流れとは?在籍確認は?
プロミスの受付時間は?営業時間に電話するなら
プロミスのおまとめローンで借りる手順は?金利デメリットはある?
プロミスの借り方をわかりやすく解説!ネット申し込み~融資まで
プロミスの口コミ徹底調査!2chの評判は?審査落ちたらどうする?
プロミス はすぐ借りれる?すぐに借りたいときにとるべく行動
プロミスの返済を滞納してしまった。もう借り入れできない。そんな時どうする?
満足度が高いプロミス会員サービス、ログイン方法やサービスを解説
プロミスレディースキャッシングのおすすめポイントと注意する事
プロミス最新cmの俳優は誰?アプリローンcmで歌っているのは誰?
プロミスの即日融資なら自動契約機で土日祝日でも借りれる?
プロミスの金利は高い?返済方法を変えれば利息は下がる
過払い金請求をした後プロミスで新たな借り入れは可能?
プロミスの追加融資が出来ない?増額すれば追加融はが可能!
プロミスで困った時の問い合わせ方法は?電話それともネットで?
プロミスカードを紛失した、再発行してもらう方法と注意点
クレジットカードの延滞はプロミスの申し込みに影響する?
プロミスから収入証明の提出を求められた時、どんな書類が必要?
プロミスで年末年始にお金を借りたい時は、営業時間に注意が必要
プロミスの借入方法や返済方法、手数料無料で利用する方法を紹介
プロミスの借入や返済はローソンで、メディア端末なら手数料が不要
プロミスのアプリローン、セブンイレブンからカードレスで利用が可能
プロミスは無職でも借りられる?融資を受けるための条件とは

×