プロミスVSモビット借りるならどっちがいい?

プロミスVSモビット借りるならどっちがいい?

「プロミス」と「SMBCモビット」はどちらも三井住友銀行グループ内の、大手消費者金融です。「プロミス」と「SMBCモビット」はよく似たところも多いですが、細かく見ていくと違いが見えてきます。

 

「プロミス」にはプロミスのメリットがありますし、「SMBCモビット」にはSMBCモビットのメリットがあります。そこで、両社の特徴を比較し、利用者にとってどちらがおすすめかを調べてみました。

 

 

≪目次≫

 

 

「プロミス」と「SMBCモビット」基本スペックを比較する。

比較項目 プロミス SMBCモビット
金利(実質年率) 4.5%~17.8% 3.0%~18.0%
融資限度額 500万円まで 800万円まで
遅延損害金 実質年率20.0% 実質年率20.0%
即日融資 可能 可能
無利息期間 初回借入翌日より30日間 無し
返済期間・回数 最長6年9カ月・~80回 最長8年10カ月・

(最大)106回

 

 

「プロミス」と「SMBCモビット」金利を比較する

「プロミス」の金利は4.5%~17.8%、「SMBCモビット」は3.0%~18.0%なので、下限金利は「SMBCモビット」の方が有利ですが、上限金利は「プロミス」の方に軍配が上がります。

 

ただ、下限金利は最大限度額まで借りた時の金利なので、あまり参考にはなりません。初回契約時はほとんどの場合、上限金利が適用されるのでわずかの差ですが「プロミス」がおすすめです。

 

「プロミス」と「SMBCモビット」融資限度額を比較する。

 

融資限度額については「プロミス」が500万円まで、「SMBCモビット」は800万円までとなっているので、「SMBCモビット」の方が多く借りられるという気がしますが、実際はそうではありません。「プロミス」「SMBCモビット」とも、消費者金融なので、総量規制の対象になります。

 

総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があるので、仮に500万円借りようと思えば最低でも1,500万円以上の年収が必要ですし、800万円を借りようと思えば年収が2,400万円以上必要になります。実際のところこれだけの高額融資を受ける時は、金利の安い金融商品を選ぶのが一般的です。

 

また、初回契約時は50万円以下の限度額になる場合がほとんどで、最初の借入限度額は50万絵以下からになります。「それならいくら年収が多くても限度額を年収の3分の1まで増やせないのでは?」という疑問が生まれます。

 

キャッシングには増額という限度額を増やす方法があるので、増額申請を続ける事でやがては限度額を年収の3分の1近くまで増やす事が可能になります。ですから、消費者金融の融資限度額は、年収の3分の1と言う制限があるので「プロミス」も「SMBCモビット」も限度額では差がありません。

 

「プロミス」と「SMBCモビット」即日融資を比較する。

「どうしても今日中にお金を用意しなければならない」という事がありますが「プロミス」でも「SMBCモビット」でも即日融資が可能なので心配する事はありません。

 

「プロミス」の申込方法は

  • Webから申込む方法
  • プロミスコールから申込む方法
  • 来店または自動契約機から申込む補法
  • 郵送で申し込む方法

などがありますが、即日融資で借りたい時は「郵送」以外を選ぶ必要があります。

 

「プロミス」で即日融資を希望する時は「Web完結申込」がおすすめです。「Web申込」なら審査時間は最短30分で終了するので、平日の午後14時までにWeb契約が完了すれば、その日の内に指定口座へ即日振込をしてもらえます。

 

「Web申込」のメリットは、返済方法を会員サービスの「口フリ」を利用すれば郵送物が自宅に送られてくることがありませんし、カードレスで利用できるのでカードを紛失したという事もなくなります。

 

また、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座が有ればネットキャッシングが可能で、「瞬フリ」から申込すれば24時間最短10秒で振込が完了します。

 

「SMBCモビット」の申込方法は

  • パソコンやスマホ・携帯を使ってインターネットから申込む方法
  • 電話で申込む方法
  • ローン契約機から申込む方法
  • 郵送での申込方法

になりますが即日融資を希望する時は「郵送」以外を選ぶ必要があります。なかでもインターネット申込は24時間365日申込が可能なので、普段時間が取れない方に人気のある申込方法です。

 

インターネットからの申込方法は

  1. 「WEB完結申込」
  2. 「カード申込」

があります。

 

「WEB完結申込」の申込条件は、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座がある方で、保険証は社会保険か組合保険を持っている方に限られるので正規雇用の社員や公務員だけになります。

 

パートやアルバイト、派遣社員の方は「カード申込」からになります「SMBCモビット」の即日振込をして貰う為には14時50分までに契約や、振込手続きを完了させておく必要があります。

 

土日・祝日に即日融資で借りたい時もあると思いますが「プロミス」の自動契約機や「SMBCモビット」のローン契約機は365日営業しているので、インターネットから申込を済ませ、自動契約機またはローン契約機で本審査を受けるという方法を利用すれば、土日・祝日でも即日融資は可能です。

 

「プロミス」と「SMBCモビット」無利息期間を比較する。

大手消費者金融のほとんどが「無利息期間サービス」を取り入れています。「プロミス」にも「30日間無利息サービス」があるので、初回契約をした方なら利用できますが、「SMBCモビット」には無利息期間サービスがないので残念ながら利用できません。

 

無利息期間サービスの目的は、新規顧客獲得のために作られたサービスで、初回申込に限り利用できます。各社それぞれでサービス内容は違っていますが「プロミス」の無利息期間サービスを利用するにはメールアドレスの登録と、会員サービスのWeb明細を利用するだけで、30日間無利息サービスが使えるようになります。

 

「プロミス」のサービス開始時期は、初回の借入をした翌日からになりますが、「アコム」や「アイフル」の無利息期間は契約の翌日からになります。契約の翌日からサービスが始まる場合と、初回借入の翌日から始まる場合の違いは、「プロミス」の場合は初回借入の翌日からになるので、いつ借入しても、まるまる30日が無利息期間になります。

 

「アコム」や「アイフル」の場合は、契約の翌日からなので、契約後10日に借入をしたとすると、無利息期間は残り20日になってしまうという違いがあります。

 

「プロミス」の無利息期間は、初回借入時だけでなく、会員サービスにある、ポイントサービスを利用する事で、改めて無利息期間が利用できるようになります。

 

ポイントサービスとは、プロミスインターネット会員サービスの利用に応じて、ポイントが貯められるサービスで、会員サービスを利用するごとにポイントを貯める事が出来ます。

 

プロミスポイントサービス申込 100ポイント 初回登録時のみ、ポイント獲得
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログイン時のみ
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント 「プロミス」からのお知らせを確認した場合
収入証明書類の提出 160ポイント 収入証明書類を提出した場合
取引確認メール 各1ポイント 毎月月末時点で対象サービスのご利用を登録した場合
パソコンまたはケータイによる書面の受取
ご返済日お知らせメール

 

ポイントは点数に応じて、提携ATM手数料が無料で使えたり、無利息期間サービスが利用できたりするようになります。無利息期間は250ポイントで7日間、400ポイント貯まると15日間、700ポイントなら30日間の無利息期間が利用できるようになります。

 

「プロミス」と「SMBCモビット」申込方法を比較する。

 

「プロミス」は20歳~69歳までの方で、安定した収入が有ればパートをしている兼業主婦や、アルバイトをしている学生、自営業の方でも申込が可能です。「SMBCモビット」の場合は年齢が20歳以上69歳以下までという違いがありますが、その他は同じです。

 

「プロミス」の申込方法は

  • パソコンやスマホを使ったWeb申込やプロミスコールからの申込
  • 店舗や自動契約機からの申込
  • 郵送で申し込む方法

などがあります。

 

即日融資で借りたい場合は、郵送以外を選べばどの方法でも即日融資が可能です。

 

中でもWeb申込は24時間何時でも来店不要で申込が可能で、最短30分の審査なので、平日の午後2時までに契約内容が確認できれば、当日振り込みが可能です。

 

Webで契約する時、「カード郵送希望なし」を選べば、自宅への郵送物はありません。カードを自動契約機で受け取れば、家族に知られる事もありません。

 

「プロミス」の申込やカードの受け取りは、「プロミス」の自動契約機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機からも利用できるというメリットがあります。「プロミスの店舗へ出入りしているところを人に見られたくない」という方にとって、大きなメリットと言えます。

 

「SMBCモビット」の申込方法もほとんど「プロミス」と違いはありません。

 

「SMBCモビット」と「プロミス」の申込方法の違いは、インターネット申込で

  • 「WEB完結申込」
  • 「カード申込」

があります。

 

「カード申込」は一般の申込の条件と変わりはありませんが、「WEB完結申込」は需要条件が違ってきます。

 

「WEB完結申込」の申込条件は

  • 事前に三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通貯金口座を持っている方
  • 健康保険証は社会保険証または組合健康保険をお持ちの方

が利用条件になるので、対象者は正規雇用の正社員か、公務員が対象になります。国民健康保険を利用している方は「カード申込」から申込む事になりますが、「カード申込」でも審査は審査時間:10秒簡易審査で完了するので、即日融資が可能です。

 

「プロミス」と「SMBCモビット」借入方法を比較する。

 

「プロミス」の借入方法は

  • パソコンやスマホを使った振込キャッシング
  • プロミスコールからの振込依頼
  • 近くの店舗
  • 提携ATM

からの借入になります。

 

振込キャッシングを擦る場合、会員サービスにログインし、手続きが必要ですが、振込キャッシングなら最短10秒で指定口座への振込が可能になります。振込キャッシングの受付時間は、一般銀行と提携銀行で違ってきます。

 

 

一般銀行の場合

曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~9:00 当日 9:30頃
9:00~14:50 受付完了から10秒程度
14:50~24:00 翌営業日 9:30頃
土・日・祝 0:00~24:00 翌営業日 9:30頃

 

会員サービスの「瞬フリ」は三井住友銀行・ジャパンネット銀行に口座を持っている必要が有ります。

曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~24:0024時間受付 受付完了から10秒程度
土・日・祝

 

「瞬フリ」は365日何時でも利用できるので「プロミス」で契約する時は、どちらかの口座を作ることをおすすめします。

 

また、プロミスコールなら24時間どこからでも振込依頼が出来るので、インターネット環境が整っていなくても心配する事はありません。

 

「SMBCモビット」の借入方法

  • 振込キャッシング
  • ローンカードを使って提携ATMからの借入

になります。

 

振込キャッシングを利用する時は会員専用ページ「Myモビ」へ入り、平日9:00~14:50までに振込を依頼すれば最短3分で振込が完了します。

 

振込先銀行の指定はないので、24時間何時でもという訳にはいきませんが、普段利用している口座がそのまま利用できるので、まずは銀行口座を持っておく必要があります。登録が完了すれば「Myモビ」から振込キャッシングが可能になります。

 

提携ATMの利用については利用手数料が必要になりますが、三井住友銀行ATMは手数料が無料で利用できます。

 

その他の提携銀行ATMやコンビニATMを利用する時は、1万円以下は108円、1万円以上は216円の手数料が必要になるので、無駄な費用を使わない為にも、自動振替や三井住友銀行で口座を作ることをおすすめします。

 

「SMBCモビット」の新しい借入方法として、スマホキャッシングが利用できます。

スマホキャッシングはセブン銀行のみで利用が可能で、使い方はいたって簡単で、

  1. 最初にスマホのSMBCモビット公式アプリを立ち上げます。
  2. 続いて「スマホATM取引」を選び「ご出金」を選択するとカメラが立ち上がります。
  3. ATMの「取引開始」ボタンをして、ATM画面に表示されたQRコードを撮影します。
  4. スマホに表示された「企業番号」と暗証番号を入力すれば、お金が取り出せるようになります。

この方法ならカードレスで利用できるので、お金を借りているという事を人に知られる事もありませんし、カードを紛失するという心配もありません。

 

「プロミス」と「SMBCモビット」返済方法を比較する。

 

「プロミス」の返済方法は

  • インターネット返済
  • 会員サービスの「口フリ」
  • 店頭窓口からの返済
  • プロミスATMからの返済
  • コンビニ(マルチメディア端末)

からの返済が可能で、これらはすべて、手数料0円で利用できるのも「プロミス」ならではのサービスです。

 

その他、銀行振り込みや提携ATMからの利用も可能ですが、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行以外は利用手数料が必要になるので、出来れば上記返済方法から選ぶ事をおすすめします。

 

「プロミス」の新しい返済方法にコンビニの「マルチメディア端末」を利用して返済すれば手数料が不要です。

マルティメディア端末はローソン・ミニストップにあるLoppiやファミリーマートにあるFamiポートの事で、使い方は簡単で、

  1. 最初に「各種サービスメニュー」を選択します。
  2. 続けて「各種代金・料金お支払・クレジット等のお支払」を選択します。
  3. 「カードローン・キャッシングのご返済」を選択します。
  4. 「プロミス」を選択します
  5. 「休止時間のご案内」画面でカードリーダーへプロミスローンカードを通します。
  6. 暗証番号入力を入力後、返済金額を入力し、最後に取引内容の確認をして終了です

Loppiの捜査が終了すれば「各種収納代行申込券」が発効されるので、それを受取り、返済金額をレジで支払うという方法です。

 

「プロミス」と「SMBCモビット」審査通過率を比較する。

キャッシングでお金を借りるには、審査を通過しなければ意味がありません。

 

審査基準はキャッシング会社それぞれで違うので、審査が緩いところはどこ?という事は言えませんが、審査が通りやすいか、通りにくいかは、審査通過率を見れば審査に通りやすいところが見えてきます

 

「審査通過率」とは、新規で申込をした人のうち、どれくらいの人が審査に通ったのかをあらすもので、通過率が高ければ高いほど借り易いという事になるので、審査通過率が高いところで申込めば「借りられる率も高くなる」という事になります。

 

たとえば大手消費者金融の審査通過率は2016年4月以降~最新公開データまでの平均は

消費者金融 審査通過率
1位 アコム 47.99%
2位 アイフル 45.18%
3位 プロミス 42.89%

となっています。

 

「SMBCモビット」に関しては審査通過率が公表されていないので、推測ですが40%を少し超えたところくらいのようです。

 

審査通過率からみると「プロミス」は平均42.89%という結果になっていますが、これは申込者の条件によって大きく違ってくる事があります。たとえば、申込条件をクリアしていない人が申込をすれば審査通過率は下がります。

 

また、貸す側としても、融資可能か不可のどちらかという事はなく、借入希望額を下げて融資をしているという事もあるので、審査通過率がすべてを表しているとは言えません。ただ「プロミス」と「SMBCモビット」を比較した場合は、「プロミス」の方が審査に通りやすいと言えるかもしれません。

 

「プロミス」と「SMBCモビット」独自サービスを比較する。

プロミスの特徴は多種多様な商品が利用できる事

「プロミス」には様々な商品が用意されています。

 

商品名 金利 融資限度額
フリーキャッシング 4.5%~17.8% 500万円
おまとめローン 6.3%~17.8% 300万円
自営者カードローン 6.3%~17.8% 300万円
目的ローン 6.3%~16.5% 300万円
レディースキャッシング 4.5%~17.8% 500万円

 

フリーキャッシングは一般的なカードローンです。

 

おまとめローン、は複数社の借入を一本化する時に利用できる商品で、おまとめローンは総量規制の対象外になるので、審査で返済が可能と判断されれば、年収の3分の1を超えても融資が受けられます。自営者ローンも総量規制の対象外となるので、融資限度額は年収の3分の1以上の融資が受けられます。

 

レディースキャッシングは、フリーキャッシングと同じですが、違うのはすべて女性が対応してくれるという事です。担当者が女性の場合、女性ならではの相談事や、聞きたいことが有っても安心して聞くことが出来る、という事で作られたのがレディースキャッシングです。

 

「プロミス」はこれらの商品群から、自分の状況に合わせた商品が選べるというメリットがあります。

 

SMBCモビットの独自サービスはWEB完結申込

SMBCモビットの申込方法で「WEB完結申込」と言うのが有ります。「WEB完結申込」は「会社への電話連絡なし」という事で人気のある申込方法です。

 

キャッシングの申込をしたあと、審査があり、必ず在籍確認が行われます。在籍確認は、審査の段階で申込者が記入した勤務先に間違いなく勤めているかを確認する事で、申込書の勤務先に電話を入れて、本人が勤めている事を確認します。「この在籍確認の電話は避ける事ができないのかな」と思う方も少なくありません。

 

SMBCモビットには会社への電話連絡を回避するために「WEB完結申込」が有ります。

 

「WEB完結申込」なら会社への電話連絡なしで審査が行われるので、人気のある申込方法です。

 

「WEB完結申込」の申込条件は

  • 三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行に口座がある方。
  • 健康保険証は社会保険証または組合保険の方。
  • 勤務先を確認するための、収入証明書(源泉徴収・給与明細・確定申告・所得証明など)を提出できる方。

という条件をクリアできれば「WEB完結申込」から申込が出来ます。

 

「WEB完結申込」は、即日融資も可能で、平日の午後2時50分までに契約振込手続きが完了していれば、当日の振込みが可能です。
( 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともあります。)

 

事前にお金が必要になる日がわかっている場合は、前日の夜など早めに申込みを済ませておけば安心です。

 

「SMBCモビット」の審査時間:10秒簡易審査ほどで完了するので、遅くとも出勤時からお昼休み時間までに申込みを済ませ、14時50分までの振込手続きに間に併せる事がポイントです。この時間内なら、ATMまで出かける事無く、振込手続きをすれば指定の銀行口座へお金を振込んでもらうことができます。

 

契約が銀行の営業時間内で終わりそうにない、という場合でも心配する必要はありません。申込を「WEB完結申込」で済ませ、仮審査までを済ませておきます。その後退社する時でもローン契約機へ行き、本審査を受け、審査が終わればカードを使ってATMからお金が引き出せるようになるので、銀行の営業時間外でも問題ありません。

 

また、ローン契約機は土日・祝日でも営業しているので365日いつでも即日融資で借りる事が可能です。

 

まとめ

「プロミス」は現在三井住友銀行グループの傘下にありますが、消費者金融というイメージは抜け切れていません。

 

安心感と言う面から見れば「SMBCモビット」がおすすめです。

 

しかし、キャッシングをする時、一番気になるのが金利で、「プロミス」と「SMBCモビット」を比較した時、「プロミス」は「SMBCモビット」より0.2%低い金利で借りることが出来るので、同じ条件なら「プロミス」の方にお得感があります。

 

また「プロミス」には30日間無利息期間サービスがありますが「SMBCモビット」にはそのサービスがないとか、その他、借入方法や返済方法、会員のためのサービスを比較しても「プロミス」の方が一枚上という印象があります。


×