プロミスの借り方をわかりやすく解説!ネット申し込み~融資まで

プロミスの借り方!ネット申し込み~融資まで

プロミスは、大手消費者金融の中でも、多彩な借り方があり、どの方法でも手軽に申込が出来るカードローンとして人気があります。プロミスの借り方は、様々方法があるので、自分の環境に合わせた借り方が出来ます。

 

今回は「プロミス」の借り方、について紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. プロミスの申込方法
  2. WEBからの申込方法
  3. WEB申込と自動契約機の組み合わせがベスト
  4. ネット環境が整っていない場合はプロミスコールで
  5. 「プロミス」からお金を借りる方法
  6. まとめ

 

 

プロミスの申込方法

プロミスの申込方法は、

  • WEBからの申込方法
  • プロミスコールで申込む方法
  • 店舗やサービスプラザで申込む方法
  • 郵送での申込方法

があるので、自分の環境に合わせた申し込み方法が選べます。ただし、即日融資を希望する時は、郵送以外の申込になります。

 

 

WEBからの申込方法

最も手軽に申込が出来るのがWEBからの申込です。パソコンやスマートフォン、携帯電話に対応しています。WEB契約は24時間365日受付が可能なので、場所や時間を選ばずいつでも好きな時に申し込みができるというメリットがあります。

 

申込方法によっては店舗まで行かなければならなかったりカードの到着を待ったりすることなく、即日で融資を受けることも可能です。

 

申込方法は、プロミスのサイト上にある申し込み専用ページで必要事項を入力します。

入力が終わると、この時点で契約の可否や暫定的な利用可能額が分かるようになります。問題なければ、審査に進んで結果を待ちます。

審査結果は、最短30分でメールか電話で連絡があります。

審査に通れば「ATMによる返済」または「口座振替による返済」のどちらかを選びます。

ATMによる返済を選んだ場合は、契約書類やカードが自宅に郵送されてくるので、自宅へ送って貰いたくない場合は「口座振替による返済」を選ぶのがポイントです。

口座振替による返済を選ぶと、さらに「カード郵送希望なしか」「カード郵送希望あり」のどちらかを選ぶ事になります。

 

「カード郵送希望なし」を選んだ場合は、契約手続きはこれで完了し、後は会員サービスにログインし、契約内容を確認するだけで、今後の取引もすべて会員サービスから行えます。「カード郵送希望あり」を選んだ場合は、カードが郵送されてきます。

 

このとき注意しなければならないのは、web申込を選択すると「自動契約機でカードを発行する」という手段が使えなくなることです。即日でATMキャッシングをしたい場合は、確実に窓口申込を選択する必要があります。

 

WEB申込と自動契約機の組み合わせがベスト

WEB申込は、来店不要で即日借入が出来ますが、銀行の営業時間を過ぎた場合や土日祝日に即日融資で借りたい時、銀行振込が出来ないので即日融資で借りることが出来ません。そんな時に利用したいのが「WEB申込と自動契約機を組み合わせる方法です。

 

ホームページから申込を済ませて、仮審査まで尾終えておきます。審査が通っていれば、都合の良い時間を見つけて自動契約機へ行き、本審査を受けます。ちなみに本審査は「プロミス」の自動契約機以外に、三井住友銀行のローン契約機でも本審査が受けられるので、どちらか都合のよい方を選ぶことが出来ます。

 

自動契約機へ行き、そこで本審査を受けてカードを発行してもらえれば、銀行の営業時間外や土日。祝日でも即日融資でお金が借りられます。

 

ネット環境が整っていない場合はプロミスコールで

プロミスのコールセンターであるプロミスコールでは、新規契約の申し込みや振込キャッシングの依頼、限度額の増額申請など、色々と便利に利用することができます。

 

プロミスコールなら、インターネットと環境が整っていない場合や、パソコンやスマホを扱うのが苦手という方におすすめの申込方法です。プロミスコールから新規込をする場合は、平日だけでなく土日・祝日も午前9:00~午後10:00まで受付が可能です。

 

プロミスコールへ電話を入れて、カードローンの申込を伝えると、名前や生年月日など一次審査に必要となる項目をいくつか質問されるので、口頭で答えるだけです。
ちなみに、プロミスコールの他に、女性専用ダイヤルのレディースコールもあります。

 

申込を済ませると、最短30分で審査が終わります、あとの流れはWEB契約と同じような流れになります。審査に通過したら契約手続きをしていくことになります。契約方法は、来店契約と郵送契約どちらかを選びます。来店契約の場合は必要書類を持参して、自動契約機か店頭窓口(お客さまサービスプラザ)にいって契約をします。

 

自動契約機で契約手続きをする場合は、名前と生年月日を入力し本人確認が完了すると、電話で申込んだ内容が反映され、契約手続きをすることができ、契約完了するとその場でカード発行することもできます。

 

「プロミス」からお金を借りる方法

契約が完了するとお金が借りられるようになります。借入方法には、「瞬フリ」で借りる方法やカードを使ってATMからお金を引き出す方法があります。

 

 

瞬間フリで借入する方法

プロミスの「瞬フリ」とは、最短10秒で自分の口座へお金が振り込まれるサービスで、会員サービスの「瞬フリ」を申込む必要があります。「瞬フリ」は三井住友銀行かジャパンネット銀行のどちらかに口座が有れば、土日祝日24時間いつでも最短10秒でプロミスからお金を振り込んでもらえます。

 

2行以外の銀行口座を利用して振込をして貰う場合は、銀行の営業時間(平日9時から14時50分)でなければ「瞬フリ」を利用することができないので注意が必要です。

 

 

三井住友銀行の場合

曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月~金 0:00~24:00 24時間受付 「瞬フリ」受付完了から10秒程度 毎週日曜日21時~翌月曜日7時 元日は終日停止します
土日・祝日

 

 

ジャパンネット銀行の場合

曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月~金 0:00~24:00 24時間受付 「瞬フリ」受付完了から10秒程度 毎週月曜日0時~7時 元日は終日サービス停止します
土日・祝日

 

 

その他銀行の場合

曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月~金 0:00~9:00 受当日9:30頃 毎週月曜日0時~7時

元日は終日サービス停止します

9:00~14:50 振込キャッシング受付完了から10秒程度
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

となっているので、当日振り込みをして貰いたい場合は、申込時間を確認しておく必要があります。

 

ATMからお金を引き出す方法

プロミスはローンカードを使って提携銀行ATMや提携コンビニATMからお金を引き出すことが出来ます。提携ATMは以下のATMが利用できます。

 

提携銀行ATM 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、セブン銀行、イオン銀行、横浜銀行、東京スター銀行、第三銀行、福岡銀行、熊本銀行

※キャッシングのみ利用可能な銀行:親和銀行、広島銀行、八十二銀行

提携コンビニATM こローソン、ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート、ゼロバンク

 

 

ただし、プロミスATMと三井住友銀行ATMは手数料無料で利用出来ますが、その他のATMは1万円以下なら108円、1万円以上は216円の利用手数料が必要になります。

 

まとめ

大手消費者金融のプロミスは、銀行カードローンよりも審査に通りやすい事や、融資までのスピードも速いので、今日中にお金を借りたい時や、夜遅くにお金を借りたい場合でも心配する事はありません。

 

申込方法によっては自宅への郵送物もないのでプロミスでお金を借りているという事も家族に知られる事がありません。

 

また、三井住友銀行のローン契約機はプロミスと同じように利用できるので、プロミスの店舗へ入るところを見られたくないという人も安心です。

 

このような事から考えると、プロミスは消費者金融のなかで最も使いやすい会社だと言えるのではないかと思います。


×