プロミスは学生でもお金借りれる?親バレは?審査は?気になる情報まとめ

プロミスは学生でもお金借りれる?気になる情報まとめ

 

学生生活はアルバイトなどをしていても、急な予定が入ったり、友達との付き合いがあったりなど、意外とお金がかかるもので、アルバイト代が入る前などはピンチになる事もしばしばです。

 

お金を借りる方法として、奨学金などを利用している学生や、親からの仕送りに頼っているという学生も少なくありませんが、それらのお金やアルバイト代が入る前にお金が必要になる時があります。

 

そんな時は、キャッシングを利用すれば、誰に迷惑を掛ける事無く乗り切る事が出来ます。

 

「学生でもキャッシングできるの?」と疑問に思う学生もいますが、「プロミス」ならアルバイトなで安定した収入が有れば申込ができるので心配ありません。

 

プロミスの申込条件

「プロミス」は2chでも人気のある大手消費者金融で、学生でも安心して申込ができます。

 

「プロミス」の申込条件は、

  • 満年齢が20歳以上69歳以下の方。
  • 安定した収入がある事。

が条件になります。20歳以下の学生は残念ながら申込出来ません。

 

安定した収入とは、正社員がもらう給与だけでなく、アルバイトやパートなど、定期的な収入があれば、安定した収入と認めてもらえるので、満年齢20歳以上のアルバイトをしている学生なら何の問題もありません。

 

ただし、日雇いや、不定期のアルバイトの場合は、安定した収入とは言えないので、注意が必要です。

 

プロミスのスペック

「プロミス」は金利が低いという事で人気があります。大手消費者金融の利用金利は上限金利18.0%とほとんど同じですが「プロミス」の上限金利は17.8%と、最も低い金利で、融資限度額は最大で500万円かりる事が出来ます。

 

ただ、「プロミス」は消費者金融なので、総量規制の対象になり「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限を受けます。

 

たとえば、アルバイトの年収が60万円だとすると、その3分の1の20万円が融資限度額になります。

 

この場合、いきなり融資限度額20万円で契約する事は難しく、学生の場合、初回契約時は10万円程度となるようで、その後利用を続け、増額申請をする事で最終的に限度額を20万円まで増やす事が出来ます。

 

プロミスの審査で不利になるのは

基本的に条件を満たしていれば、申込は出来ますが、申込をしたからといって、必ず借りられるものではありません。

 

審査で不利になるのは、案外知られていないのが、すでに学生ローンなどの借入をしている場合や、クレジットカードのキャッシング枠を利用している場合です。

 

総量規制で年収の3分の1以内という制限があると書きましたが、これらの借入も含まれるので、そこから借入をしていると、その分減額されてしまうので、すでに3分の1近くまで借入をしていると、それ以上借りる事は出来ません。

 

審査は、申込書の内容と、信用情報機関の個人情報を基に審査が行われます。個人情報には、他社借入状況やクレジットカードの利用状況などがすべて記載されています。それらの利用状況で、延滞や遅延などの事故情報が記載されていると、審査に通る事が厳しくなります。

 

もし、キャッシングで借入を予定している場合は、まずこれらを処理してから申込む必要があります。

 

プロミスの申込方法

「プロミス」の申込方法は、

  • Webから申込む方法
  • 自動契約機からの申込方法
  • プロミスコールから申込む方法
  • 店舗窓口(サービスプラザ)から申込む方法
  • 郵送での申込

から選べるので、自分の環境に合わせた申込方法が選べます。

 

郵送以外の申込は、即日融資が可能で、午後2時までに契約や手続きが完了していれば、当日中に振込をして貰う事が出来ます。

 

また、契約書やカードの受け取りを自動契約機からにすれば、自宅への郵送物は一切ないので親にばれたという心配はありません。

 

学生でも申込をすれば在籍確認の電話がバイト先にかかってくる

申込をすると、必ず審査で在籍確認が有ります。審査は申込をした人が、実際そこへ勤めているかを確認するための電話で、担当者が個人名で電話を掛けてくるので、キャッシングの申込をしたという事はばれません。

 

電話には本人がでなければならない、というものではなく、「本日の出勤予定はありません」とか「勤務時間外なので、今はいません」と言うように、本人が勤めている事が確認できたらそれで終了です。電話がかかってきても、事前に「クレジットカードの申込をしたから、電話がかかってくるかもしれない」と伝えておけば、ばれる心配はありません。

 

土日・祝日でも即日融資は可能?

休日に友達と待ち合わせをして、手持ちのお金では足りないという場合でも、Webから申込を済ませ、仮審査までを終らせておき、自動契約機へ行き、本審査を受ければ土日・祝日でも契約出来ます。
「プロミス」は三井住友銀行のローン契約機も利用できるので、近くにプロミスの自動契約機がなくても、三井住友銀行のローン契約機で本審査を受けることが出来ます。

 

自動契約機やローン契約機は365日営業しているので、いつお金が必要になっても心配する必要はありません。

 

学生に人気がある理由

「プロミス」を利用する学生の最大のメリットは、学生のうちから使えて社会人になっても長く使えるという点です。学生がお金を借りる方法として学生ローンがありますが、学生ローンの場合は学生だけが対象なので限度額は低い設定になっています。

 

「プロミス」は限度額も高く、社会へ出て収入が増えれば限度額も増やす事が出来ます。限度額が増えれば金利も下がっていくという事が人気の理由にもなっているようです。

 

まとめ

「プロミス」は三井住友フィナンシャルグループの傘下にあるという事で安心感があります。そのため、三井住友銀行のローン契約機で申込からカード発行までが可能なので「プロミス」の店舗へ出入りしているのを人に見られたくないという人でも安心して申込ができます。

 

また返済についても、消費者金融のほとんどは提携コンビニATMが利用できるようになっていますが、借入返済とも利用手数料が必要です。しかし「プロミス」の場合はローソンATMやファミリーマートのATMなら返済手数料が無料ですし、インターネットバンキングも利用できます。

 

「プロミス」は無駄な経費が不要という事も、おすすめする理由のひとつです。

 

 

関連記事

学生でもお金が借りられる消費者金融 学生でもお金が借りられる銀行

関連ページ

プロミス増額

×