プロミスのコンビニATMの使い方は?

プロミスのコンビニATMの使い方

消費者金融や銀行カードローンの借入・返済方法にはインターネットを利用したネットキャッシングや、atmを利用したカードキャッシングがあります。

 

 

≪目次≫

  1. いまでも人気のカードキャッシング
  2. ローンカードは申込をしたその日に受け取れる
  3. 「プロミス」で利用できるatm
  4. atmの営業時間
  5. atmの利用手数料はいくら?
  6. 利便性があるのは提携コンビニatm
  7. おすすめはマルチメディア端末
  8. 振込キャッシングで借入返済が可能
  9. まとめ

 

 

いまでも人気のカードキャッシング

カードキャッシングは、会社の生き帰りや、買い物ついでに利用できるので、不便さを感じる事はありませんし、カードを使ったキャッシングにはまだまだ人気があります。

 

銀行カードローンの場合、提携コンビニatmを利用しても手数料が無料と言うところが多いのですが。消費者金融の場合は手数料が発生する場合と無料で利用出来るatmがあり、無駄な経費を使わない為にも、出来るだけ手数料無料のatmを使う必要があります

 

ローンカードは申込をしたその日に受け取れる

プロミスの申込方法は、

  • インターネットで申込む方法
  • 自動契約機から申込む方法
  • 電話での申込方法
  • 郵送

から選ぶ事が出来ます。

 

インターネット申込の場合は契約方法で「来店」を選べば、自動契約機で契約する事になるので、契約が完了すればその場でカードが受け取れます。

 

申込手続きの段階で、契約方法を「web」か「来店」のどちらかを選ぶ必要がありますが、カードを即日発行してもらうには「来店」を選びます。申込方法は、インターネットからの申込を済ませ、仮審査まで終えて置き、自動契約機へ行って本審査を受ければ、その場でカードが発効されます。

 

ちなみに、直接自動契約機からの申込も可能ですが、審査が終わるまで待っていなければならないので、インターネットから申込を済ませ、仮審査までを終えて置き、本審査を自動契約機で受ければ、無駄な時間を取られる事はありません。

 

自動契約機の営業時間は土日・祝日でも9~22時まで営業しているのでこの時間内であれば何時でも契約が出来ます。ただし、一部店舗とプロミスの契約ができる三井住友銀行のローン契約機は営業時間が21:00までとなっているので注意が必要です。

 

「プロミス」のローンカードは、郵送で受け取る方法と自動契約機で受け取る方法が選べますが、自動契約機での契約はカードがその場で受け取れるのが大きなメリットです。カードが発行されたら併設されているatmからすぐにお金を借りる事ができますし、カードが郵送されてきて家族にバレると言う心配もありません

 

「プロミス」で利用できるatm

大手消費者金融の中でも「プロミス」のatmは提携銀行atmやコンビニatmなどで借入や返済が可能です。

 

「プロミス」が利用できるatmは

 

提携atm 借入 返済
ローソン
E-net
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
セブン銀行(セブンイレブン)
ゆうちょ銀行

 

E-netはミニストップやファミリーマート、デイリーヤマサキなどに設置してあるatmの事です。

 

atmの営業時間

Atmの営業時間はメンテナンスもあるので24時間営業ではありません。そのため、利用するatmの営業時間を知っておく必要があります。

 

atm 目的 営業時間
プロミスatm 契約 9:00~22:00
借入 7:00~24:00
返済
提携atm 三井住友銀行 借入

9:00~21:00

(店舗により異なる)

返済
その他銀行 借入
返済
コンビニ 借入

24時間営業

(月曜日0:00~7:00不可)

返済

 

atmの利用手数料はいくら?

「プロミス」が利用できるatm手数料が無料で利用できるのは、プロミスatmと三井住友銀行atmが借入返済とも手数料が無料で利用出来ます。

 

地域によって自動契約機が設置されていないところもありますが、三井住友銀行atmが利用可能なので、近くにある三井住友銀行のatmなら手数料無料で利用出来ます。

 

その他の提携atmは借入返済時とも1万円以下は108円、1万円以上は216円の利用手数料が必要です。

 

利便性があるのは提携コンビニatm

「プロミス」で利用できるatmは銀行atmやコンビニatmが利用できますが、一番便利なのはコンビニatmです。提携のコンビニatmは、24時間営業で土日や祝日でも借入返済が可能です。

 

上の表にもまとめていますが、全国のよく知られたコンビニと全て提携しているので、会社の生き返りや買い物の行き帰りの途中でほとんど見つけられるので、借入や返済でatmを探さなければならないという事はないはずです。

 

 

おすすめはマルチメディア端末

最近登場したのが「マルチメディア端末」を利用した返済法歩で、提携コンビニatmを利用する時は手数料が必要ですが、ローソン・ミニストップに設置されているLoppi(ロッピー) 、ファミリーマートにあるFamiポートという端末を利用する方法です。

 

ロッピーやFamiポートで返済すると、返済手数料が無料になるので、マルチメディア端末が設置されているコンビニなら無駄な手数料も支払うこと事がありません

 

 

振込キャッシングで借入返済が可能

「プロミス」はatmで借入や返済が出来るカードキャッシングがありますが、カードキャッシング以外に、振込キャッシングも可能です。振込キャッシングは、会員登録を済ませ会員サービスから申込が出来ます。

 

振込キャッシングは振込口座によって振込が反映される時間が違いますが、ジャパンネット銀行または三井住友銀行に自分の銀行口座を持っていると、「瞬フリ」で申込をすれば、24時間何時でも10秒程度で振込をしてもらえます。銀行口座にお金が振込まれたら、あとはキャッシュカードを使ってATMから引き出せば完了です。

 

 

三井住友銀行の場合

曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月~金 0:00~24:00 24時間受付 受付完了から10秒程度で振込 毎週日曜日21時~翌月曜日7時 元日は終日停止します
土日・祝日

 

 

ジャパンネット銀行の場合

曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月~金 0:00~24:00 24時間受付 受付完了からすぐに
  • 毎週月曜日0時~7時
  • 毎月第3金曜日22時50分~
  • 翌土曜日7時
  • 元日は終日停止します
土日・祝日

 

 

一般銀行の場合

曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月~金 0:00~9:00 受当日9:30頃 毎週月曜日0時~7時

元日は終日サービス停止します

9:00~14:50 受付完了からすぐに
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

 

三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の銀行は、平日14:50までの申込みでないと、翌営業日の9:30頃の入金になります。

 

まとめ

atmを利用したカードキャッシングは、お金が必要になった時や返済でもローンカードが1枚あればいつでもお金が用意できます。会社の生き返りや買い物の道中には必ずと言ってよいほど1件や2件のコンビニがあるます。

 

消費者金融の提携atmを利用する時は、手数料が必要ですが「プロミス」の場合は、三井住友銀行atmやマルチメディア端末を利用すれば、手数料が不要です。

 

 

「プロミス」はこのように利用者の立場に立ったサービスが受けられるので、カードローンを考えている方は「プロミス」を検討する事も、ひとつの選択肢としておすすめします。


×