プロミスのアプリローンでお金を借りるには?手順

プロミスのアプリローンでお金を借りるには?

大手消費者金融「プロミス」は新しいサービスとして2017年10月に、「アプリローン」を発表しました。

 

「アプリローン」は申込から融資までを最短1時間程度で完了するスマートフォンアプリで、スマートフォンがあればローンカードが無くてもATMから借入が出来る、という利便性の高いサービスです。
「Web申込」同様郵送物が自宅へ届くこともないので、キャッシングをしている事が家族に知られる心配もありません。

 

新サービスのアプリローンがどんなサービスなのか、アプリローンでお金を借りる手順を紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. アプリローンってなに?
  2. 今までのプロミスアプリとの違いは?
  3. アプリローンの申込から出金までの流れ
  4. アプリローンから返済する方法
  5. まとめ

 

 

アプリローンってなに?

「プロミス」が今回新たに開始したサービスの「アプリローン」とは、通常のローン商品の申込や手続きがすべてスマホアプリで完結するというサービスで、現在このサービスが行われているのは「プロミス」だけで、他社消費者金融にはないサービスです。

 

貸付け条件などは「プロミス」のフリーローンと同じになります。

 

今までのプロミスアプリとの違いは?

「プロミス」はこれまでもカードローン申込みのためのアプリを用意されています。

 

これまでのスマホアプリは、カメラ機能で本人確認書類や免許証の写真データを簡単に送れることや、毎月の返済額を計算することができ返済シミュレーション機能が使えたりGPS機能を利用することで現在地の近くのATMやプロミスの店舗を検索したりすることができるアプリです。

 

ただし、このアプリから申込や融資を受ける事は出来ないので、申込はWEB申込や、自動契約機からの申込、店舗、電話での申込が必要でした。

 

そこで新たに登場したのが「アプリローン」です。

 

 

「アプリローン」で出来る事はこれまでのスマホアプリと違いは
大きな違いは、スマホでWEB完結申込が出来る

WEB完結で申し込みをすることができる、という部分については、最大の特徴といえます。プロミスは「カード発行・郵送物なし」「来店なし」で借りられる「Web完結」という契約方法があり、アプリローンはこの「Web完結」を移植したもので、中身は普通のプロミスと同じになっています。

 

カードがなくても借入が可能

「Web完結」では、融資を受ける時は「銀行振込」のみで、融資を受けられるのは原則「平日の9:00~15:00」の間だけでした。

 

今回セブン銀行ATMとの提携が始まったことで、アプリローンを使えばカードがなくてもほぼ24時間365日、いつでも融資が受けられるようになりました。これによって「好きな時にお金を借りられない」というデメリットが解消され、これまでよりもさらに便利につかるようになりました。

 

三井VISAプリペイドカードにチャージが可能

「プロミス」にはカードローンから三井VISAプリペイドカードに、そのまま直接チャージ出来るというサービスがあります。

 

このサービスは、現金で借りるのではなくプリペイドカードにカード利用枠としてチャージをする形で借入るという方法で、この方法だけでも画期的と言えますが、今回アプリローンの審査に通れば、アプリローンから直接三井VISAプリペイドカードにチャージをすることができるようになっています。

 

アプリローンの申込から出金までの流れ

「アプリローン」の申込条件は、フリーキャッシングと同じで「満年齢20歳以上69歳以下の方で、安定した収入がある方」なら申込が可能となっています。職業形態は正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員、自営業の方も申込が出来ます。

 

ただし、無収入の専業主婦や年金だけで生活している方は申込できません

 

 

申込から融資までの流れは

最初にAppStoreまたはGooglePlayから「プロミス」のアプリをインストールします。

インストールが完了したら「新規お申し込み」をタップします。

必要事項の記入を済ませそのまま送信します

アプリ内で必要書類の撮影をし、送信します。

送信が完了し、在籍確認などが終われば30分程度で審が伝えられます

メールで審査結果連絡があります。

審査を通過していれば、メールに掲載されたリンクから、契約手続きを完了させます。

契約が完了すれば、して口座へ振込が可能になりますし、「アプリローン」の特徴でもあるセブン銀行ATMでの借入が可能になります。

(ここまで最短1時間程度)

 

 

セブン銀行のATMで出金する方法

「プロミス」の新規申込で契約が終わった方や、これまで「プロミス」を利用していた方なら誰でも利用できます。

 

アプリのダウンロードが終わっていない方は、アプリのダウンロードを完了させます。

アプリからプロミスの会員ページにログインします。

(初回はカード番号の入力が必要ですが「カード番号を保存にチェックを入れておくと、次回から入力が省け、暗証番号の入力だけになります。)

 

以上で、準備は完了です。

 

 

ATMから出金する場合の流れは

セブン銀行のATM画面から「スマートフォン出金・入金」を押します。

ATMの画面にQRコードが表示されるので、スマホのアプリを起動させます。

アプリ起動後ログインすると、最初の画面に緑色の「スマホATM取引」と言うアイコンが表示されるので、これをタップします。

すると今回の取引が「融資」または「返済」なのかを選択する画面になります。

お金を借りる時は「融資」返済する時は「返済」を押すだけです。

どちらかをタップすると、上半分がカメラになるので、先ほどのQRコードをカメラフレームで捉えると、自動的に読み取りが行われます。

読み取りが終わると、4桁の2つの番号が表示されますが、一つ企業番号でもうひとつは取機器専用の「ワンタイムパスワード」になります。

(基本的にはこの番号を知る事なので、番号が解ればATMの操作に戻ります)

QRコード画面の右下をタップし、先程入手した企業番号と、ワンタイムパスワードを入力します。

続いて金額の設定をし、確認すれば出金されるので、現金と領収書を受け取って完了です。

 

アプリローンから返済する方法

返済方法の手順は融資を受ける時とおなじで、途中「出金」「入金」の画面が現れるので返済の場合は「入金」を選ぶだけです。

 

通常、セブン銀行ATMを使う場合は1万円以下なら108円、1万円以上は216円の利用手数料が必要になりますが、現在キャンペーン中という事で、2018年1月4日までの手数料が無料で利用出来ます。

 

まとめ

新たなサービスとして「アプリローン」で出来る事を簡単に説明してきました。このサービスは、急ぎで融資を受けたいという人にとって、「プロミス」の借入方法ではもっとも手軽で即日融資に対応していると言えます。

 

「アプリローン」サービスは取引の際にローンカードが必要なく、WEB完結や原則郵送物なしとか、来店不要で利用できるという新しいサービスです。

 

利便性を見るとアプリローンは他の方法と比べて優れていますが、基本的な商品設計は通常のカードローンもアプリローンも同じなので、スマホなどの操作に慣れていない方は、従来通りのWEB申込や、自動契約機からの契約、電話で契約する方法という選択肢もあります。


×