プロミスVSアイフル借りるならどっちがいい?金利や申し込み方法など徹底比較!

プロミスVSアイフル借りるならどっちがいい?

SMBCコンシュマーファイナンス「プロミス」は三井住友銀行グループに属する大手消費者金融です「アイフル」はどこにも属さない、独立系消費者金融と呼ばれる大手消費者金融です。

 

銀行グループに属する「プロミス」と独立系と呼ばれる「アイフル」の違いを調べてみました。

 

 

≪目次≫

 

 

「プロミス」と「アイフル」基本スペックを比較する。

比較項目 プロミス アイフル
金利(実質年率) 4.5%~17.8% 4.5%~18.0%
融資限度額 500万円まで 500万円まで
遅延損害金 実質年率20.0% 実質年率20.0%
即日融資 可能 可能
無利息期間 初回借入翌日より30日間 契約翌日から30日間
返済期間・回数 最長6年9カ月・~80回 最長11年11カ月・~143回

 

「プロミス」と「アイフル」金利を比較する

「プロミス」の金利は下限金利4.5%~上限金利17.8%、「アイフル」は下限金利4.5%~上限金利18.0%と、「プロミス」の上限金利が0.2%低くなっています。金利を比較する時は、下限金利なら下限金利、上限金利なら上限金利の比較をする必要があります。

 

また、キャッシングの初回契約時は、上限金利が適用されるので、比較する時は上限金利の比較をするのが一般的です。

 

「プロミス」の上限金利17.8%と「アイフル」の上限金利18.0%で10万円借りた時、「プロミス」の毎月返済額は4,000円になるので、同じ条件でシミュレーションしてみます。

 

 

「プロミス」の返済表は

回数 返済額 元金 利息 残高
1 4,000 2,517 1,483 97,483
2 4,000 2,555 1,445 94,928
3 4,000 2,592 1,408 92,336
4 4,000 2,631 1,369 89,705
5 4,000 2,670 1,330 87,035
6 4,000 2,709 1,291 84,326
7 4,000 2,750 1,250 81,576
8 4,000 2,790 1,210 78,786
9 4,000 2,832 1,168 75,954
10 4,000 2,874 1,126 73,080
30 4,000 3,858 142 5,752
31 4,000 3,915 85 1,837
32 1,864 1,837 27 0
累計 125,864 100,000 25,864 0

返済回数は32回、利息合計は25,864円になります。

 

 

「アイフル」の返済表は

回数 返済額 元金 利息 残高
1 4,000 2,500 1,500 97,500
2 4,000 2,538 1,462 94,962
3 4,000 2,576 1,424 92,386
4 4,000 2,615 1,385 89,771
5 4,000 2,654 1,346 87,117
6 4,000 2,694 1,306 84,423
7 4,000 2,734 1,266 81,689
8 4,000 2,775 1,225 78,914
9 4,000 2,817 1,183 76,097
30 4,000 3,851 149 6,135
31 4,000 3,908 92 2,227
32 2,260 2,227 33 0
累計 126,260 100,000 26,260 0

返済回数は同じ32回、利息合計は26,260円となり「プロミス」の方が400円利息を抑える事が出来ます。

 

10万円で1度だけの計算なので、それほど大きな差がない様に思えますが、借入金額が大きくなったり、借入や返済を何度も繰り返すごとにこの差が大きく開いていきまう。

 

最終的な利息合計は、かなり大きな差になってくるので、少しでも金利が低い方を選ぶ必要があります。

 

「プロミス」と「アイフル」融資限度額を比較する。

 

「プロミス」「アイフル」とも融資限度額は500万円なのでその差はありません。

 

ただ、融資限度額がいくらになるかはまた別の事で、消費者金融の場合は総量規制の対象になるので「プロミス」「アイフル」ともこの法律が適用されます。

 

総量規制で「融資限度は年収の3分の1以内」という制限があるので、年収によって限度額が決まるので、限度額500万円にするには、最低でも年収1,500万円なければ融資は受けられません。

 

たとえば、年収450万円の人なら限度額150万円まで借りられる可能性がありますが、初回契約時は特別な場合を除いて50万円以下となる事がほとんどです。

 

「それだと限度額は150万にならない」と思いますが、キャッシングには増額という限度額を増やす方法があります。

 

増額が可能になるのは、半年以上問題なく「借りては返す」を繰り返しているとキャッシング会社から増額の誘いがあります。そこで増額を申請すれば、少しずつですが限度額を増やす事が可能になります。その増額を重ねる事でやがて限度額を150万円にすることができます。

 

消費者金融の場合、融資限度額は自分の年収で決まるので、基本スペックの融資限度額がいくら多くても、借入する際の比較項目にはなりません。

 

「プロミス」と「アイフル」即日融資を比較する。

キャッシングでお金を借りる時「どうしても今日中に用意しなければならない」という事で申込む方も少なくありません。「プロミス」はもちろん「アイフル」でも即日融資が可能なので心配する事はありません。

 

 

申込方法は

プロミス アイフル
  • 「Web申込」で申込む方法
  • プロミスコール(フリーダイヤル)で申込む方法
  • 来店または自動契約機から申込む方法
  • 郵送で申込む方法
  • インターネット申込
  • アイフル店舗・契約ルーム
  • 電話での申込方法

 

などがありますが、「プロミス」で即日融資を希望する時は「郵送」以外を選びましょう

 

「プロミス」で即日融資を希望する時は「Web完結申込」がおすすめです。「Web申込」なら審査時間は最短30分で終了するので、平日の午後14時までにWeb契約が完了すれば、その日の内に指定口座へ即日振込をしてもらえます。

 

「Web申込」のメリットは、会員サービスの「口フリ」を利用すれば郵送物が自宅に送られてくることがないので、家族にバレる心配はありません。三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座が有ればネットキャッシングが可能で、会員サービスの「瞬フリ」から申込すれば24時間最短10秒で振込が完了します。

 

「アイフル」の申込方法はどの方法を選んでも即日融資が可能です。

 

日頃忙しくしている方は24時間申込が可能なインターネット申込がおすすめです。

 

インターネット申込はホームページから申込を済ませ、申込が完了した後受付完了メールが届くので、メールが届いたら指定フリーダイヤルへ電話を入れ、急いでいる事を伝えれば、場合によっては優先して審査が行われます。

 

「アイフル」には独自の申込方法があります。契約ルームに設置されている「てまいらず」で、無人契約機だと、機械の操作がわからないとか、操作が不安な方もおられますが、「てまいらず」はそのような方々のために導入された申込方法で、担当者と電話で話をしながら契約を進めていく方法です。

 

カードの発行について、聞きたいことや、確認したいことなどがあれば、その都度オペレーターに電話で質問できるので、不安を解消してから申込が出来る方法です。契約が完了すれば、その場でカードが発効されるので、そのカードを使ってATMからお金が引き出せるようになります。

 

「プロミス」と「アイフル」無利息期間を比較する。

無利息期間サービスは、その期間内なら、借入や返済を何度繰り返しても利息を払わずにお金が借りられるというサービスで、顧客獲得のために設けられたサービスです。

 

どちらも、無利息期間サービスが用意されていますが、「プロミス」の無利息期間サービスと、「アイフル」の無利息期間サービスは、サービス内容で違いがあります。

 

 

ひとつは無利息期間サービスの開始時期で

プロミス アイフル
初回借入時の翌日から30日 契約の翌日から30日

という違いがあります。

 

「プロミス」の場合、初回借入時からとなっているので、いつ借入をしても、その翌日から30日が無利息期間になります。

 

「アイフル」の場合は、契約の翌日から30日となっているので、たとえば、契約の1週間後に借り入れをした場合、無利息期間は残りの23日になるので、借入開始が遅くなるほど無利息期間が短くなります

 

また「プロミス」の場合は、一度だけでなく、会員サービスのポイントサービスを利用すれば、再度無利息期間が利用できるようになります。

 

ポイントは会員サービスを利用するとポイントが付加され、そのポイント数が250ポイントになると7日間、400ポイントになると15日間、700ポイントになると30日間の無利息期間が利用できるようになります。
無利息期間サービスを比較した時、「プロミス」の方にお得感が有ります。

 

「プロミス」と「アイフル」申込条件を比較する。

 

それぞれの申込条件は

プロミス アイフル
申込条件 20~69歳のご本人に安定した収入のある方 満20歳以上定期的な収入と返済能力を有する方かつ、当社基準を満たす方

 

申込条件を比較するとほとんど同じで、どちらも安定した収入が有れば、パートをしている兼業主婦や、アルバイトをしている学生、自営業の方でも申込が可能です。

 

申込に際して、必要になるのが本人確認書類や場合によっては収入証明書類が必要になります。本人確認書類とは、申込者が本人である事を確認するための書類で、どこへ申込むにしても運転免許証や各種保険証、パスポートなど)の写しが必要です。

 

また、本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う場合、現住所の記載がある6か月以内に発行された下記いずれかの書類のコピーが必要になります。

 

  • 国税もしくは地方税の領収書
  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 電力会社やガス会社など公共料金の領収書
  • 住民票の写し、または住民票の記載事項証明書

 

収入証明書類は、借入希望額が50万円を超える場合、すでに他社借入が有る場合は、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合に提出を求められます。収入証明書類は、源泉徴収票や確定申告書、税額通知書、給与明細書などが必要になるので、用意しておく必要があります。

 

「プロミス」と「アイフル」借入方法を比較する。

 

「プロミス」と「アイフル」の借入方法

プロミス アイフル
  • 瞬フリ
  • プロミスATM
  • 自動契約機のATM
  • プロミスコール(電話)
  • 提携銀行・コンビニATM
  • ネットキャッシング
  • 電話振込依頼
  • アイフルATM
  • 提携銀行・コンビニATM

 

「プロミス」は会員サービスの「瞬フリ」を利用すれば、平日なら受付完了から10秒程度で振り込まれます。

 

金融機関 曜日 受付時間 振込実施時間
ジャパンネット銀行 月~金 0:00~24:00 受付完了から最短10秒
土・日・祝日 24時間受付
三井住友銀行 月~金 0:00~24:00 受付完了から最短10秒
土・日・祝日 24時間受付
一般銀行 月~金 0:00~9:00 当日9:30頃
9:00~14:50 受付完了から最短10秒
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

 

三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座が有れば24時間何時でも振込が可能です。

 

インターネット環境が整っていない方はプロミスコールがおすすめで、口座を登録していなくても24時間何時でも振込依頼が出来ます。

 

提携ATMの利用は、ゆうちょ銀行やイーネット、ローソン、セブン銀行、プロミスATMから借入が可能ですが、プロミスATM以外は1万円以下なら108円、1万円以上は216円の利用手数料が必要になります。

 

「アイフル」の借入方法も「アコム」とほとんど同じです。

 

提携銀行は三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、西日本シティ銀行、親和銀行などで、利用できる提携コンビニATMはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サンクス、ミニストップ、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキATMが利用可能です。

 

「アイフル」のネットキャッシングは、銀行の営業時間の関係で、平日の14時半頃までに振込の依頼手続きを済ませる必要があります。その時間以外は、振込が翌日になってしまう場合があるので、即日振込を希望する時は、時間に注意が必要です。

 

初めてアイフルを利用する時にネットキャッシングを希望する場合は、平日の午前中に申込を済ませておけば安心です。また、平日15時以降や土日・祝日に即日融資を希望する場合は、契約ルームが便利です。

 

自動契約機は22時まで営業しているので、銀行の営業時間外や土日・祝日でもその場でカードが受け取れるので、カードを使ってATMからお金が引き出せるようになります。

 

「プロミス」と「アイフル」返済方法を比較する。

プロミス アイフル
  • インターネット返済
  • 口フリ
  • サービスプラザ
  • プロミスATM
  • コンビニATM(マルチメディア端末)
  • 自動引落し
  • 銀行振込
  • アイフル店舗
  • コンビニ・提携ATM
  • 口座振替

 

などから返済方法が選べますが、返済方法を選ぶ時は出来るだけ手数料が無料の方法を選ぶ事がポイントです。

 

 

「プロミス」の毎月返済額は、借入限度額によって割合が変わってきます。

借入残高 返済額 ご返済回数
30万円以下 お借入後残高 × 3.61% ~36回
30万円超過~100万円以下 お借入後残高 × 2.53% ~60回
100万円超過 お借入後残高 × 1.99% ~80回

※返済額の1,000円未満は切り上げになります。
たとえば10万円かりたときの返済額は10万円×3.61%=3,610円→4,000円になります。

 

「プロミス」の返済を手数料無料で利用するには、お客様サービスプラザ、プロミスATM、三井住友銀行ATM、「口フリ(口座振替)」、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行に口座がある方はインターネット返済が可能、マルチメディア端末からの返済はすべて、手数料無料で返済が出来ます。

 

 

「アイフル」の返済は返済表から選ぶ事になります。

借入直後残高 返済額
サイクル制 約定日制
10万円以下 5,000円 4,000円
10万円超~20万円以下 9,000円 8,000円
20万円超~30万円以下 13,000円 11,000円
30万円超~40万円以下 13,000円 11,000円
40万円超~50万円以下 15,000円 13,000円
50万円超~60万円以下 18,000円 16,000円
60万円超~70万円以下 21,000円 18,000円
70万円超~80万円以下 24,000円 21,000円
80万円超~90万円以下 23,000円
90万円超~100万円以下 30,000円 26,000円
100万円超~300万円以下は10万円毎 1,000円ずつ加算
300万円超~310万円以下 51,000円 47,000円
300万円超~490万円以下は10万円毎 1,000円ずつ加算
490万円超~500万円以下 70,000円 60,000円

サイクル制とは35日ごとに返済する方法で、約定日制は毎月1回決められた日に返済する方法です。

 

「アイフル」の借入を手数料無料で返済するには、口座振替、店舗窓口、アイフルATMを利用すれば手数料は無料で利用できます。注意が必要なのは、「アイフル」の指定した口座へ振込をする場合や提携ATMを利用する時は振込手数料が必要になります。

 

振込手数料を無料にする方法として、住信SBIネット銀行や新生銀行、ソニー銀行に口座を作れば指定回数まで振込手数料が無料で利用できます。「アイフル」を利用する時は、これらの銀行口座を作っておくことをおすすめします。

 

「プロミス」と「アイフル」審査通過率を比較する。

審査通過率とは、申込をした人がどれくらいで、それに対してどれだけの人が借りられたかをあらわすもで、言い換えればどれくらい借り易いかを判断するためのものです。

 

たとえば、大手消費者金融の審査通過率

順位 消費者金融 期間 審査通過率
1位 アコム 2015年4月~12月 48.4%
2位 アイフル 2015年4月~12月 46.0%
3位 プロミス 2015年4月~12月 43.4%

となっています。

 

「プロミス」の43.4%に対して「アイフル」は46.0%とわずかですが「アイフル」の方が審査に通りやすいと言えます。

 

ただ、この数値は、金融機関によって高くなる時期もあれば、低くなる時期もあります。たまたま、今回は「アイフル」より「プロミス」が低くなっていますが、集計時期によっては逆転する時もあります。また、キャンペーン中や決算月などは比較的審査が緩くなる事もあります。

 

審査通過率はあくまでも、参考程度と考えておいた方がよいでしょう。

 

「プロミス」と「アイフル」取扱商品を比較する。

大手消費者金融の中で、多くの金融商品から選べるのが「プロミス」と「アイフル」です。

 

プロミスの金融商品

商品名 金利 融資限度額
フリーキャッシング 4.5%~17.8% 500万円
おまとめローン 6.3%~17.8% 300万円
自営者カードローン 6.3%~17.8% 300万円
目的ローン 6.3%~16.5% 300万円
レディースキャッシング 4.5%~17.8% 500万円

 

フリーキャッシングは一般的なカードローンの事で、おまとめローン、は複数社の借入を一本化する時に利用できる商品です。

 

おまとめローンは、多重債務の方のための救済処置として利用されるローンです。おまとめローンは「顧客に一方的有利となる借り換え」にあたり、総量規制の対象外になるので、審査で返済が可能と判断されれば、年収の3分の1を超えても融資が受けられます。

 

自営者ローンは個人事業者の方が利用できるローンで、総量規制の例外にあたる「個人事業者に対する貸付」になるので、融資限度額は年収の3分の1以上の融資が受けられます

 

レディースキャッシングは、フリーキャッシングと同じですが、フリーキャッシングと違うのは担当者がすべて女性で、すべて女性が対応してくれる申込方法です。担当者が女性の場合、男性が担当者なら相談しにくい場合がありますが、女性ならではの相談事や、聞きたいことが有っても安心して聞くことが出来る、という事で作られたのがレディースキャッシングです。

 

 

アイフルの金融商品

商品名 金利(年率) 融資限度額
キャッシングローン 4.5%~18.0% 500万円
かりかえMAX 12.0%~17.5% 500万円
おまとめMAX 12.0%~15.0% 500万円
事業者サポートプラン(無担保) 6.0%~18.0% 500万円
事業者サポートプラン(不動産担保) 6.8%~12.0% 100万円~1億円
SuLaLi 18.0% 10万円
ファーストプレミアムカードローン 4.5%~9.5% 100万円~500万円
目的別ローン 9.8%~17.0% 100万円

 

「キャッシングローン」が一般的なカードローンになります。

 

おまとめローンは「アイフル」を始めて利用する方は「かりかえMAX」になり、すでに「アイフル」を利用している方は「おまとめMAX」が利用できます。

 

「おまとめMAX」「かりかえMAX」「事業者サポートプラン」は、総量規制の「例外」になるので、審査に通れば年収の3分の以上の借入も可能な商品です。

 

「SuLaLi」は女性専用のカードローンで、「プロミス」のレディースキャッシングは、申込方法が違うだけですが、「SuLaLi」は金利18.0%、限度額10万円の商品です。「SuLaLi」も女性専用の商品なので、担当者はすべて女性という事になっています。

 

「ファーストプレミアムカードローン」は満23歳~59歳の方で一定の年収がある方で、「アイフル」を初めてご利用される方なら9.5%という低金利でカードローンが利用できます。

 

「目的別ローン」は用途が決まっていれば利用できる商品で、キャッシングローンと比べても1.0%程度低金利で利用できます。

 

このように「プロミス」「アイフル」とも様々な商品が用意されていますが、それぞれに金利や限度額が違うので、まずは利用目的を明確にし、それから商品選択をすれば、最適の商品が選べるはずです。

 

まとめ

大手消費者金融でキャッシングを考える時、初めての方は「プロミス」がおすすめです。

 

大手消費者金融の中で一番低い上限金利が設定されている事や、銀行グループに属しているという安心感、無利息サービスが利用できるなど、「プロミス」は初めて利用する方に、良心的なサービスを行っています。

 

「プロミス」の会員サービスに登録すると、プロミスポイントが貯まったり、「おとくくらぶ」に登録すると、宿泊やレジャー、グルメなど、「プロミス」を利用中の方だけが受けられる優待サービスなど、他社ではまねのできない、嬉しいサービスも用意されています。

 

「プロミス」はカードレスでの取引を希望すれば、カードレスで借入や返済をすることが可能で、借入方法は口座に振込みとなり、返済方法は口座振替になるのでATMに出向く必要もなく、居ながらにして借入や返済ができます。


×