プロミスVSアコム借りるならどっちがいい?金利や申し込み方法など徹底比較!

プロミスVSアコム借りるならどっちがいい?

SMBCコンシュマーファイナンス「プロミス」は三井住友銀行グループに属する大手消費者金融です。「アコム」は三菱UFJフィナンシャルグループの傘下にある大手消費者金融です。

 

コマーシャルなどでも、よく知られている「プロミス」と「アコム」ですが、同じように見えても、それぞれに特徴があります。

 

キャッシングの申込をどちらにするか迷っている時は、それぞれを比較し、その違いがわかれば、自分の環境ならどちらを選べばよいかが見えてきます。

 

 

≪目次≫

 

 

「プロミス」と「アコム」基本スペックを比較する。

比較項目 プロミス アコム
金利(実質年率) 4.5%~17.8% 3.0%~18.0%
融資限度額 500万円まで 800万円まで
遅延損害金 実質年率20.0% 実質年率20.0%
即日融資 可能 可能
無利息期間 初回借入翌日より30日間 契約翌日から30日間
返済期間・回数 最長6年9カ月・~80回 最長9年7カ月・~100回

 

「プロミス」と「アコム」金利を比較する

 

「プロミス」の金利は、下限金利4.5%~上限金利17.8%、「アコム」の下限金利は3.0%~上限金利18.0%となっています。一見したところ、下限金利は「アコム」の3.0%が低いように見えますし、上限金利は「プロミス」の17.8%の方が低い金利と言えます。

 

金利を比較する時は、同じ条件で比較しなければなりませんが、あいにく「プロミス」には金利表が公表されていないので、「アコム」の金利表を使って比較してみます。

 

 

アコムの金利表は

契約極度額 適用金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

となっています。

 

条件を同じにするためには「プロミス」の限度額500万円と「アコム」の500万円の下限金利を比較する必要があります。

 

表から見た限度額500万円の「アコム」の下限金利は4.7%となっているので、500万円の限度額を借りた時を比較すると「プロミス」の4.5%の方が低い事になります。

 

初回契約時の時は、上限金利が適用されるので「プロミス」の17.8%の方が0.2%低い金利で借りる事が出来ます。

 

「0.2%の金利差なら気にする事はないのでは?」と思いがちですが、一度キャッシングの契約をすれば、契約後は何度も借入や返済を繰り返し利用する事が多いので、トータル的に考えた場合、0.2%の金利差が大きく違ってきます。

 

大手消費者金融の金利は、ほとんど同じように思えますが、このように同じ条件で比較して、少しでも低い金利のところで契約する事が重要です。

 

「プロミス」と「アコム」融資限度額を比較する。

「プロミス」の最大融資限度額は500万円、「アコム」の最大融資限度額は800万円なので、借入する時は「アコム」の方が多く借りられるように見えますが、実際のところはこれだけの限度額が設定される事は、ほとんどないと言っても良いでしょう。

 

消費者金融は、貸金業法の総量規制で融資限度額が決められています。総量規制では「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けるので、500万円の借入限度額にするには年収1500万円、借入限度額を800万円にするには年収2400万円が最低でも必要になります。

 

これらの事から考えると、最大融資限度額の設定になる事はほとんど不可能で、あくまでも参考程度の数値と考えておく方がよいでしょう。年収300万円の方なら、限度額100万円までに増やす事は可能ですが、初回借入時の限度額は、ほとんどのところが50万円以下になります。

 

では、限度額を100万円にするにはどうすればよいかという事になりますが、限度額を増やすには「増額申請」をするという事で、限度額を増やすことが出来ます。

 

「増額」は半年以上、問題なく借入や返済を続けていると、キャッシング会社から「増額しませんか?」とか「限度額を○○まで増やす事が可能です」といったような連絡が入るようになります。そうなった時が、増額するチャンスなので、限度額を増やしたい時は申込をしてみましょう。

 

この増額を重ねる事で、やがて融資限度額を最大まで増やす事が出来ます。

 

「プロミス」と「アコム」即日融資を比較する。

「プロミス」「アコム」とも即日融資が可能で、即日融資で借りるには

  1. 口座へ振込して貰う方法
  2. 無人契約機でカードを受け取る方法

があります。

 

口座振込をして貰うには平日の14時までに振込手続きを完了していなければなりませんが、「アコム」は初回の借入に限り、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行に口座があれば平日の9時から18時までに受付が完了すれば、当日19時までに振込をしてもらえます。また、楽天銀行に口座が有れば平日以外の土日・祝日でも24時間受付が可能となっています。

 

「プロミス」は三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座が有り、会員サービスの「瞬フリ」を登録すれば、24時間何時でも振込をして貰えます。「プロミス」と「アコム」は名前が違いますが自動契約機でカードを受け取る事も可能です。

 

アコムむじんくん プロミス自動契約機 三井住友銀行ローン契約機
営業日時間 平日 8時~22時 9時~22時 9時~21時
土日祝日 8時~22時 9時~22時 9時~21時

(※年末年始は除く)

 

「プロミス」は自社の自動契約機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機も利用できるというメリットがあります。「プロミス」の自動契約機を利用しているところを人に見られたくないという方は、三井住友銀行のローン契約機でカードを受け取る事が出来ます。

 

「プロミス」と「アコム」無利息期間を比較する。

大手消費者金融の「プロミス」「アコム」「アイフル」、新生銀行グループの「レイク」やジャパンネット銀行、そのた地方銀行で「無利息期間サービス」が用意されています。無利息期間サービスの目的は、新規顧客獲得のためのサービスなので、無利息期間サービスが利用できるのは、一部のカードローン除いて、初回契約時の方に限られます。

 

商品名 無利息期間 開始日
プロミス 30日間 初回借入の翌日から
アコム 30日間 契約日の翌日から
アイフル 30日間 契約日の翌日から
新生銀行カードローンレイク 30日間 初回契約日の翌日から
180日間(借入額5万円まで)
ジャパンネット銀行カードローンネットキャッシング 30日間 初回借入日から

 

無利息期間サービスはサービスの開始日で利用できる期間が違ってくるので注意が必要です。「プロミス」と「ジャパンネット銀行」の場合は、初回借入の翌日からとなっていますが、その他は初回契約時の翌日からになっています。この違いは、「初回借入時の翌日」から始まる場合は、いつ借入をしても30日間無利息期間が利用できます。

 

一方「初回契約日の翌日から」となっている場合は、契約した翌日からサービスが始まるので、契約の1週間後に借入をした場合、無利息期間は残り23日になってしまいます。

 

また、無利息期間サービスは基本初回契約時のみになりますが、「プロミス」の会員サービスに「ポイントサービス」があります。「ポイントサービス」は会員サービスを利用するだけでポイントが貯まっていきます。その貯まったポイント数で、再度無利息期間が利用できるようになります。

 

必要ポイント数 250ポイント 400ポイント 700ポイント
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間

 

「プロミス」のポイントサービスは、何度でも利用できるおすすめのサービスです。

 

「プロミス」と「アコム」申込条件を比較する。

申込方法 利用条件
プロミス
  • 「Web申込」で申込む方法
  • プロミスコール(フリーダイヤル)で申込む方法
  • 来店または自動契約機から申込む方法
  • 郵送で申込む方法
  • 申込み条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方。
  • 主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方は利用が可能。
アコム
  • スマホ携帯・パソコンから申込む方
  • 店頭窓口・むじんくんから申込む方法
  • 電話で申込む方法
  • 郵送で申込む方法
「満20歳~70歳(国内居住の方)」

 

「アコム」の申込条件は年齢だけしか書かれていませんが「プロミス」同様、安定した収入が有れば、パートをしている兼業主婦や、アルバイトをしている学生、自営業の方も申込が可能なので、心配する必要はありません。

 

即日融資で借りたい時は、郵送以外の申込方法を選ぶ必要があります。インターネット申込は24時間何時でも申込が出来ますが、即日振込を希望する場合は平日の午後2時までに契約や振込手続きを済ませておく必要があります。

 

契約手続きが午後2時までに終わらないような時は、「プロミス」なら自動契約機、または三井住友銀行のローン契約機、「アコム」ならむじんくんで本審査を受ければカードが発効されるので、そのカードを使って提携ATMからお金が引き出せます。

 

自動契約機やむじんくんは365日営業しているので、土日・祝日でも融資が受けられます。

 

「プロミス」と「アコム」必要書類は何が必要?

キャッシングの申込は必要になる書類や申込条件によって、用意しておく書類があります。申込で必ず必要になるのは、本人確認書類が必要になります。

 

プロミス アコム
本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転免許証がない場合は健康保険証またはパスポートのいずれか一つの写し
  • 運転免許証
  • 運転免許証がない場合は個人番号カードまたは康保険証などいずれか一つの写し
本人確認書類の住所と現在の住所が違う場合
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書(発行日から6ヵ月以内のもの)
  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)
  • ※携帯電話の領収書は不可

  • 「納税証明書」
外国籍の方
  • 本人確認書類と併せて「在留カード」または「特別永住者証明書」
  • 本人確認書類と併せて「在留カード」または「特別永住者証明書」

 

 

借入希望額が50万円を超える場合や、他社借入が有る時は、別途収入証明書類が必要になります。

プロミス アコム
収入証明書類
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
  • 賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書のいずれかひとつ
  • 源泉徴収票
  • 市民税・県民税決定通知書(最新年度のもの)
  • 給与明細書(直近1か月分)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

 

Web申込など、インターネットから申込む場合は、アップロードまたは添付ファイルとして送信するので、写しでも構いませんが、自動契約機やむじんくんから申込をするときはスキャナーに読み込ませるので、原本を持って行くとよいでしょう。

 

「プロミス」と「アコム」借入方法を比較する。

「プロミス」で契約が完了すれば、借入が出来るようになります。

 

「プロミス」の借入方法は

  • パソコンやスマホを使った振込キャッシング
  • プロミスコール(電話)、
  • お客様サービスプラザ
  • プロミスATMや銀行コンビニ提携ATM

から借入が可能です。

 

会員サービスで利用口座を登録し「瞬フリ」を利用すれば振込キャッシングが可能になります。

 

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
三井住友銀行ジャパンネット銀行 月曜 〜 金曜 0:00~24:00 受付完了から10秒程度
土日・祝日 24時間受付
一般銀行 月~金 0:00~9:00 当日9:30頃
9:00~14:50 受付完了から10秒程度
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

 

三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座を持っている方は24時間何時でも申込をすれば10秒で振込が完了します。

 

インターネット環境が整っていない方はプロミスコール(電話)での申込がおすすめで、口座を登録していなくても24時間何時でも振込依頼が出来ます

 

提携ATMの利用は、ゆうちょ銀行やイーネット、ローソン、セブン銀行、プロミスATMから借入が可能ですが、プロミスATM以外は1万円以下なら108円、1万円以上は216円の利用手数料が必要になります。

 

「アコム」の借入方法は

  • インターネットからの申込
  • 電話による申込(アコムプッシュホンサービス・フリーコール)
  • 提携銀行・コンビニATM

から借入出来ます。

 

 

「アコム」の振込キャッシングは、利用口座の登録が必要ですが、振込時間は下記の通りになります。

楽天銀行 月曜 〜 日曜・祝日 0:10 〜 23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月~金 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃
銀行・信用金庫 月~金 0:10~9:00 当日9:30頃
9:00 〜 14:30 受付完了から1分程度
14:30 〜 23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 9:30頃

 

「アコム」の借入は、インターネット環境が整っていなくても、電話申込でも24時間受付をしているので心配ありません。「アコム」の電話による申込は、口座手続きをすればアコムプッシュホンサービス(音声自動応答を利用する方法と、フリーコールから申込む方法があります。

 

アコムプッシュホンサービス(0120-134-567)
曜日 受付時間 振込実施の目安
平日 0:10 〜 9:00 当日9:30頃
9:00 〜 14:00 当日 15:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日9:30頃
担当者受付(0120-629-215)
平日 9:00~14:00 当日15:00まで
土日・祝日 9:00~18:00 翌営業日9:30頃

 

申込時間によっては、翌日になる事もあるので、当日借入を希望する場合は、事前に調べておく必要があります。

 

「プロミス」と「アコム」返済方法を比較する

アコム プロミス
  • インターネット返済
  • 振込/口座振替
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • インターネット返済
  • 口フリ
  • 提携ATM・マルチメディア端末
  • お客様サービスプラザ

 

「アコム」の返済方法は、インターネットバンキングの申込をしていれば、インターネットからの返済が可能です。ネットバンキングは、三菱東京UFJ銀行や埼玉りそな銀行、三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行」などの都市銀行のほか全国各地の銀行、信用金庫、労働金庫などです。

 

インターネット返済なら手数料が無料になる事や、平日に限らず土日・祝日でも24時間返済が可能です。「アコム」の毎月返済は、最低3,000円(10万円借入の場合)となっているので、無理のない返済が可能です。

 

「プロミス」の返済方法は会員サービスからインターネット返済が可能で、インターネット返済を希望すれば(三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行)なら振込手数料0円で振込が出来ます。

 

会員サービスの「口フリ」なら手数料0円で口座振替が可能です。一般銀行の場合は毎月5日、三井住友銀行・ジャパンネット銀行に口座がある方は5日15日25日末日のいずれかが指定できます。

 

提携ATMからの返済はプロミスATM、三井住友銀行ATMは手数料無料で利用できますが、提携ATMのゆうちょ銀行、イーネット、ローソン、セブン銀行ATMは1万円以下なら108円、1万円以上は216円が必要になります。

 

その他お客様プラザ、プロミスATMからの返済も手数料0円で利用できます。無駄な経費を使わない為にも、出来る事ならインターネット返済や「口フリ」、お客様プラザ、三井住友銀行ATMからの返済がおすすめです。

 

「プロミス」と「アコム」毎月返済額は?

キャッシングの毎月返済額は、借入残高によって決まるので、ほとんどのキャッシング会社には返済早見表が用意されています。

 

「プロミス」「アコム」の毎月返済は、借入残高の○○%以上というような表現をしているので、実際に借りた金額によって、毎月返済額を計算する必要があります。

 

プロミス
借入残高 返済額(1,000円未満切り上げ) 返済回数
30万円以下 借入後残高×3.61% 1~36回
30万円超~100万円以下 借入後残高×2.53% 1~60回
100万円超 借入後残高×1.99% 1~80回
アコム
借入残高 一定の割合 返済回数
1万円~30万円 4.2%以上 1~31回
30万円超~100万円未満 3.0%以上 1~51回
契約極度額100万円超
  • 3.0%以上、2.5以上%
  • 2.0%以上、1.5%以上
  • 1~51回、1~60回
  • 1~89回、1~100回

 

「プロミス」の借入残高を10万円とした場合、毎月返済額は10万円×3.61%=3,610円→4,000円になります。「アコム」の場合は、10万円×4.2%=4,200円→5,000円になります。毎月返済額を比較した場合、「プロミス」の方が負担は少なくなります。

 

ただ、返済額が少なければ少ないほど、返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が増えてしまう事になります。

 

「プロミス」で借入残高10万円、利息17.8%、毎月返済額4,000円で計算すると、返済回数が32回、利息合計25,864円となり、総返済額が125,864円になります。

 

「アコム」で10万円、利息18.0%、毎月返済額5,000円で計算すると、返済回数24回、利息合計は19,772円、総返済額は119,772円となり、利息合計は「アコム」の方が6,092円少なくなります。

 

このように毎月返済額が多ければ多いほど利息が少なくなります。

 

返済方法は一括返済が出来れば理想的ですが、返済の為に生活に支障をきたしては何の意味もありません。無理のない返済を続ける方法のひとつとして、繰り上げ返済があります。

 

普段は、最低毎月返済額だけの返済を続け、お金に余裕が出来た時は、その分を返済に充当すれば、返済回数が少なくなり、結果的に総返済額を少なくなるという繰り上げ返済をおすすめします。

 

まとめ

「プロミス」と「アコム」どちらも人気のある大手消費者金融で、金利や融資限度額、サービスなど、その差はほとんどありませんが、キャッシングを始めるには、まず申込をして審査に通らなければなりません。審査に通りやすいか通りにくいかを判断するのに「審査通過率」というものがあります。

 

「審査通過率」とは、申込者数に対して、融資が可能となった方の割合で、100人申込をして40人が審査を通過していれば、審査通過率40%と表現します。

 

 

ちなみに、大手消費者金融の審査通過率は

順位 消費者金融 期間 審査通過率
1位 アコム 2015年4月~12月 48.4%
2位 アイフル 2015年4月~12月 46.0%
3位 プロミス 2015年4月~12月 43.4%
4位 レイク 2015年4月~12月 38.3%

 

となっています。この表からわかるのは「アコム」が最も通過率が高く、48.4%、「プロミス」は43.4%となっています。

 

「プロミス」の方が少し低めの通過率となっていますが、キャッシングの申込をしても「審査に通るかどうか不安」という方もいますが、初めてキャッシングをする方で、他社借入がなく、安定した収入が有ればまず審査に落ちるという心配は必要ありません。

 

審査通過率は、集計時期などで大きく変わることがあり、実際「プロミス」が一位になる事もあります。

 

さらに、申込者の中には初めから審査に通るのが難しい金融ブラックや、ブラックでなくても多重債務になっている人、複数社へ同時申込をしている人などが申込をすれば、当然審査通過率は下がってしまいます。

 

ですから、審査通過率はあくまでも参考程度に考えておき、利息を含め、利用できるサービスなども含め、自分の環境に合わせたキャッシング会社を選ぶ事をおすすめします。


×