消費者金融VS銀行カードローンまとめるならどっちが良い?徹底比較!

消費者金融VS銀行カードローンまとめるならどっちが良い?

多重債務になった利用者は

  • 「返済日が複数あるのでお金の管理が難しい」
  • 「上限金利で借入しているので、利息を含めた総返済額が多くなっている」

というような問題を抱えています。

 

「おまとめローン」はそういった多重債務者を救済するために作られた商品で、審査で返済が可能と判断できれば、年収の3分の1を超えていても融資が可能という商品です。

 

「おまとめローン」は消費者金融の金融商品と言うのが一般的ですが、銀行カードローンには年収制限がないので「おまとめローン」と言う商品を作る必要がないので、ほとんどの場合一般カードローンを「おまとめ」として利用しているので、どちらでも「複数社の借入を1社にまとめる」事が出来ます。

 

まとめる事のメリット

複数社の借入を「おまとめ」で1本化できれば、

  • 高い金利から低い金利へ借り換えられるので、利息を含めた総返済額が、今より少なくなる
  • 複数あった返済日が1日にまとめられるので、お金の管理が楽にな。
  • 借り換えた時に、新たな返済計画が立てられるので、無理のない返済が可能になる
  • 消費者金融の「おまとめローン」は返済専用

 

「おまとめ」の最大のメリットは、複数ある借入先を一社にまとめる事で金利が下がり、返済額が少なくなるという事です。複数社からの借入は、ほとんどの場合が上限金利での借り入れとなっているはずです。

 

たとえば、A社から50万円、B社から30万円、C社から40万円借りていたとするとこれらを一つにまとめると120万円の借入になるので、適用金利が少なくなります。

 

また、借入先が1つになれば、毎月の返済日も1つになり、お金の管理もしやすくなります。返済日が1日になれば、今までのように複数ある返済日を気にする事がなくなるので精神面でのストレスも軽減され、今までと違った生活環境に変えることが出来ます。

 

おまとめが出来た人は、精神的な負担が小さくなるのが思った以上に大きかったという方も多いようです。

 

「おまとめローン」は「利用者に一方的に有利になる借り換え」となるので総量規制の例外になります。そのため、消費者金融の「おまとめローン」は年収の3分の1を超えての借入が可能です。

 

おまとめをする時は、新たな借入となるので、返済計画の立て直しが可能になります。

 

返済方法を間違えると、今より返済額が増える危険性もあるので、時間を十分に取って返済計画を立てる事が重要です。

 

おまとめのデメリット

「おまとめ」はメリットもあれば、思ってもいなかったデメリットもあります。「おまとめ」の目的は、返済の負担を減らせるための方法ですが、デメリットもあります。

 

大きなデメリットと言えるのは、一般カードローンと比べると審査が厳しくなります。

 

多重債務に陥っているので、信用度が低くなっている上に、まとめるには限度額が高くなります。そのため、高い返済能力が求められますし、年収○○万円以上というような条件が設定されている事もあります。

 

まとめることで管理の手間は省けますが、金利は必ず低くなるとは言えません。まとめる前に、まとめたら利息を含めた総返済額が少なくなるのかをシミュレーションする事が重要です。

 

たとえば、先ほどの例と同じくA社から50万円を17.8%、B社の30万円、C社の40万円を金利18.0%で借りているとします。

 

そうすると3社の年間総利息は、(50万円×17.8%)+30万円+40万円×18.0%)=215,000円となるので、この利息合計を借入残高120万円で割ると、17.9%になります。新たに借入先を決める時の金利は17.9%以下のところでまとめる必要があります。

 

もう一つのデメリットは、「おまとめすれば必ず返済が楽になる」という事です。確かに毎月返済額が少なくなれば、生活は楽になります。ただ、毎月の支払いが楽になったからと言って喜んでばかりいられません。

 

毎月返済額が少なくなれば、返済期間が長くなり、結果的に利息を含めた総返済額が増えてしまったということもあります。

 

上記の例を基にして50万円の返済額を「プロミス」で計算すると13,000円になり、「アコム」で30万円借りたとすると12,000円、「アイフル」で40万円借りたとすると11,000円、毎月返済額の合計は36,000円となります。

 

借入残高 金利 毎月返済額 返済回数 利息合計
プロミス 50万円 17.8% 13,000円 58回 246,160円
アコム 30万円 18.0% 12,000円 32回 78,817円
アイフル 40万円 18.0% 11,000円 53回 182,494円
合計 120万円 36,000円 507,471円

毎月返済額の合計は36,000円、利息総合計は507,471円になります。

 

120万円の借入残高をまとめる事で、金利15.0%毎月返済36,000円に借り換えると、返済回数は44回、利息は362,017円になります。

 

消費者金融の「おまとめローン」を同じ条件で借り換えたとしても、145,454円利息を少なくすることが出来ます。

 

「新しく返済計画を立てるのだから、少しゆとりをもたせたい」と思って、毎月返済額を30,000円にしたとします。毎月返済額を30,000円にすると同じ借入残高で毎月返済額を30,000万円にすると、返済回数は56回、利息は473,920円になってしまいます。

 

このことから、毎月返済を9,000円減らしただけで、利息総合計が111,903円増える事になります。

 

こうなると、「おまとめローン」に借り換えた意味がありません。「おまとめローン」で借り換える時は、色々な条件を想定して、何度でもシミュレーションし、自分の環境で最適なラインを出す事が重要です。

 

消費者金融のおまとめローン

大手消費者金融はそれぞれで「おまとめローン」が申込めるようになっています。ホームページには「貸金業法に基づくおまとめローン」と表示されています。

 

消費者金融で融資を受ける時は、総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けますが、総量規制の「例額貸付」があり、その中の「・顧客に一方的有利となる借り換え」は総量規制の対象外になります。

 

そのため、年収の3分の1を超えた部分について、返済が可能と判断した場合は、3分の1を超えても融資が可能になるので、各社「おまとめローン」に借り換えができるようになっています。

 

消費者金融 商品名 年利 融資限度額 返済回数
プロミス おまとめローン 4.5%~17.8% 1~500万円 1~120回
アコム 借換え専用ローン 7.7%~18.0% 1~300万円 2~162回
アイフル かりかえMAX 12.0%~17.5% 1~300万円 最長10年
アイフル おまとめMAX 12.0%~15.0% 1~300万円 最長10年

金利については審査段階で決まるので、金利がいくらとは言えませんが、法定金利で決められた金利が有るので、それ以上になる事はありません。

 

 

法律で決められた金利(法定金利)は下記のようになります。

融資限度額 法定金利
10万円未満 20%
10万円~100万円未満 18%
100万円以上 215%

これ以上の金利が設定される事はないので、最大でもこれくらいの金利と理解しておく方がよいでしょう。

 

銀行カードローンのおまとめローン

消費者金融はそれぞれに「おまとめローン」が用意されていますが、銀行カードローンで「おまとめローン」として商品化されているのは、東京スター銀行の「スターワンバンクローン」がありますが、銀行カードローンの場合、消費者金融と比べて金利が低く、融資限度額も年収による制限がないので、一般ローンをおまとめとして利用できるところがほとんどです。

 

 

「おまとめ」を進めているカードローンは

銀行カードローン 商品名 金利 融資限度額
東京スター銀行 おまとめローン 5.8%~14.8% 1,000万円
東京スター銀行 借換えローン 7.8%~9.8% 1,000万円
楽天銀行 スーパーローン 1.9%~14.5% 800万円
イオン銀行 カードローン 3.8%~13.8% 800万円
ソニー銀行 カードローン 2.5%~13.8% 800万円
新生銀行 レイク 14.5%~18.0% 500万円

などが「おまとめ」に最適な銀行カードローンです。

 

「おまとめ」する時の1番の条件が「支払総額を少なくする」という事になるので、消費者金融の「おまとめローン」に借り換えるより、銀行カードローンでまとめる方が「おまとめ」のメリットが大きいと言えます。

 

まとめる前にやっておく事

「おまとめ」をする時は、事前にシミュレーションでどれくらいのメリットがあるのかを調べておく事以外に、現在の借入先が、4社5社となると厳しくなります。

 

借入件数は借金総額よりも重要視される項目で、審査で最初に見るのが、「借入件数」、続いて「借入総額」の順になります。

 

審査をする担当者から見た場合、借入総額が少しくらい多くても、(延滞さえなければ)件数の少ない方が圧倒的に信用度は高く評価されます。そのため、おまとめローンの申込は、借入件数の少ないほうが有利になります。

 

「おまとめローン」の審査を受けるには、借入件数を3件以内にする必要が有りますが、その方法として、現在利用中のキャッシング会社の中から、いちばん返済実績のある会社で限度額の増額をしてもらい、それを他社の返済に充てるという方法があります。

 

増額申請をする時、担当者に「他社の借入を完済したい」と相談してみましょう。

 

まとめ

消費者金融の「おまとめローン」は、融資が決まると、まとめ先から、現在借りているキャッシング会社へ、本人名義で一括返済され、あとはまとめ先への返済だけになります。一括返済をすると、それまで借りていたところから、改めて融資の誘いがあります。

 

しかし「おまとめローン」の場合は、契約で新たな借入が出来ないと言う条件になっている事が多く、新たな借入の申込をした事が発覚すると、一括返済などを求められる場合があるので、注意が必要です。

 

銀行カードローンでまとめた場合は、一般ローンを利用するので、限度額の範囲内なら何度でもいくらでも借入が可能です。ただし、銀行カードローンでまとめる時は、現在の借入先への返済手続きはすべて自分で済ませなくてはなりません。


×