お金持ちになる方法│お金がない人・ある人の習慣や特徴から学ぶ!

お金がないときの対処法

「お金持ちになりたい」という願望は、すべての人が持っていると言っても過言ではありません。ただ、願望はあっても、どうすればお金持ちになるのかという方法がわからない為にお金持ちになれない、方法が分かったとしても失敗を恐れて手を出さないという人もいます。

 

そこで「どうすればお金持ちになれるのか」というテーマで調べてみました。

 

 

≪目次≫

  1. お金持ちになれない人から学ぶ事
  2. ・後ろ向きの事ばかりを考える人はお金持ちになれない
    ・「お金持ちになりたい」と口では言うけれど、お金について何も考えていない人
    ・お金持ちを妬む人

  3. お金持ちになる人には共通する特徴があった
  4. お金の使いどころを心得ている
  5. お金が好きでお金のことを大事にしている
  6. 計画性を持って貯蓄をしている
  7. 時間を大切にする
  8. 行動力が有る
  9. まとめ

 

 

お金持ちになれない人から学ぶ事

お金持ちになりたいといくら思っていても「絶対お金持ちにはなれない人」がいますが、何故「お金持ちになれないのか」がわかれば、おのずとお金持ちになる方法が見えてきます。

 

後ろ向きの事ばかりを考える人はお金持ちになれない

やる気が出ない時や落ち込んでいる時は、前向きに物事を考える事は出来ないのが普通ですが、精神状態が安定している時でも「争い事はイヤ」とか「お金持ちになるのは無理」「いくら頑張っても同じ」などと考えているのなら、今すぐに発想の転換をする事が大切です。

 

本当に、お金持ちになりたいのなら、後ろ向きの考えは捨てて、自分が元気になれる前向きの言葉で頭の中を満たす事を考えましょう。

 

「お金持ちになりたい」と口では言うけれど、お金について何も考えていない人

お金持ちになりたいというだけで、考え方が伴わない人がいます。

 

本当にお金持ちになりたいのなら常に「お金持ちとは」とか「お金を儲ける方法」など、頭の中に、お金に関する事を常に充満させておくというのも、お金持ちになるための方法です。

 

お金持ちを妬む人

いい家に住んでいる、いい車に乗っている、海外旅行に頻繁に行っているなど、上流階級の生活をしている人に対してうらやましく思ったり、妬んだりする人がいますが、そういう気持ちは今すぐ捨てましょう。

 

うらやましく思ったり、妬んだりする事より、素直な気持ちで「いつか自分も成功してやる」と言うように、ライバル心も持つように考える事が大切です。「金持ち喧嘩せず」と言われるように、嫉妬心をいくら高めても金持ちには通じません。

 

もし、嫉妬心などが生まれた時は、「憧れ」に変換するようにしましょう。前向きな感情やエネルギーはお金持ちになるための原動力になります。

 

お金持ちになる人には共通する特徴があった

お金持ちには、いくつかの共通点が存在しているという話をよく耳にします。ちなみに、貧しい人にはたくさんのタイプがあると言われていますが、月間で何百万円、何千万円と稼いでいる人は似たような思考を持っているそうです。

 

お金持ちになる人は、一般人とは考え方や生活習慣が少し違っている事や、合理的で効率的な行動をとっている事が特徴と言われています。ですから、お金持ち独自の考え方が理解できれば、お金持ちになる事も夢ではありません。

 

そこで、世界中にいるお金持ちたちと言われる人たちについて色々と調べてみると、実際にいくつかの共通点や法則が有る事が解ってきました。

 

もし、お金持ちになりたいのなら、あなたの生活習慣や考え方を、お金持ち思考に当てはめる事が大切です。

 

お金の使いどころを心得ている

当たり前と言えば、当たり前の事ですが、お金持ちは商売の損得勘定に長けているので、無駄遣いはしません。

 

自分に自信を持っていない人ほど、見栄を張って高級なブランドものを身につけたがりますが、お金を浪費しやすく貯蓄もできません。お金持ちと言えば、高級なブランドもののバッグや、高級腕時計を持っているというイメージがありますが、本当のお金持ちはそんな無駄遣いはしません。

 

またお金持ちの人々は、期間限定で何割引というセールやキャンペーンにも、飛びつかないようです。お金に好かれる人たちは、良い物を長く愛用する傾向があるので、安物を次々と購入する事もあまりありません。

 

どんなに低額になった商品であっても、購入する前に「本当に必要か?」を考えてみて、必要であれば購入するようにしましょう。必要のないものを安いからと購入してしまっては、それは単なる浪費です。ムダな消費や浪費を節約できるようになってこそ、お金持ちになることができます。

 

お金が貯まる人は、無駄な出費や贅沢や浪費は一切せずに自分の成長やモチベーションを高めるためにお金を使います。ただし、ケチという訳ではなく、人との繋がりや信用を大切にしますし、場合によっては他人のためにお金が使える人も少なくありません。

 

お金が好きでお金のことを大事にしている

お金に好かれる人は例外なく、お金が大好きで、お金を大切に扱っています。「1円ぐらい」と思っている人は、お金持ちになんてなれません。そしてお金持ちの人々は、お金を増やすことに後ろめたさを感じていないので、人前で堂々とお金の話が出来ます。

 

貧しい人の思考の人ほど、お金の話をすることに、ためらいや後ろめたさを感じるようです。

 

お金に好かれる人たちは、常にお金に関して考えているため、お金を稼ぐこともできるし、しっかりと管理することができるのです。そうすることで、お金を稼ぐチャンスや機会が、一般人と較べて増えるのではないでしょうか。

 

計画性を持って貯蓄をしている

お金をうまく貯められる人は、お金が余っているから貯めるというのではなく、お金を貯める事のしっかりとした目的を持ち、それに基づいて計画的にお金を貯める努力をしています。

 

自分の将来はもちろん、家族全員の生活設計をしっかりと立てて、必要なお金を計算し、それに向かって貯蓄に取り組みます。長期的な計画を立てているので、途中で多少のトラブルが発生しても、貯金を切り崩すようなことはしません。

 

時間を大切にする

貧しい人はなぜお金が貯まらないのかと言うと、自分の時間を売ってお金にしているのが原因です。自分が働いた時間に応じて、給料という形で、会社からお金を受け取っています。その方法では、時間は限られるので、稼げるお金には限界があります。

 

ところが、人生のうちでほとんどの事は、お金を使うことで時間を短縮することが可能です。

 

たとえば、専門的な知識を持ったプロに、技術を教えてもらえば、独学よりも早く特技を取得することが可能で、外国へいくときにはジェット機を使えば、船で行くよりも時間を取られる事はありません。時間は一度過ぎ去ってしまうと、二度と取り戻すことが出来ないので、特に時間を大切にします。

 

お金持ちは、時間の損失は利益の損失と考えるので、限りある時間を最大限に活かせるように、無駄な行動や労力を徹底的に省くことを考え、そうすることによって、大切な時間を確保しています。

 

行動力が有る

お金持ちになる人は、頭の回転が早いので、即断即決する能力を持っている人が多いと言われています。一瞬で先のことまで考えて判断したり、直感にしたがって決断をくだしたり出来るので、訪れたチャンスは逃しません。

 

また、行動しなければ、人生を変えられないことを知っているので、常に挑戦的ですが、新しい事に挑戦できずに諦めていく人たちは、いつまで経ってもお金持ちにはなれません。

 

言い訳をする前に、一度くらいはすぐに決めて行動してみましょう。

 

すぐに行動に移せないと時間がもったいないだけですし、他の人に先をこされてしまう可能性もあります。

 

まとめ

お金持ちになる方法は、インターネット上にも数多くの記事が有ります。基本的には、お金持ちと言われる人の行動や生活習慣を真似するだけでも違ってくるはずです。

 

いずれにしても、お金に対して積極的になる事も大事ですが、お金を稼いでくれる仕事が楽しくなければ長続きしません。興味のある事を続けるのは疲れませんし、どんどん先へ進む事も出来ます。

 

お金持ちになるためには、楽しみながら長続きできる仕事を探す事も大切だと思います。