引っ越しのためにお金を借りたい!引っ越し資金を借りるならどこがよい?

引っ越しのためにお金を借りる!引っ越し資金を借りるならどこがよい?

 

会社の転勤命令で「引っ越しをしなければならなくなった」とか「家を新築したので、借家から引っ越しをしなければならない」という事があります。

 

転勤などの場合は会社から引っ越し費用を出してもらえる会社もありますが、新しく家電製品を購入したり、カーテンやテーブルなどの家財道具を揃えたりと、思っている以上の出費になることもあります。会社から引っ越し資金が出ない場合は、かなりの出費になってしまいます。

 

そこで引っ越しをしなければならなくなった時、引っ越し資金をうまく工面する方法をご紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. 引っ越し前に必要な費用はどれくらい?
  2. 引っ越し会社に頼んだ時の費用はいくら?
  3. 一人暮らしと家族で引っ越す場合の目安
  4. 引っ越し費用を安く済ませる方法
  5. 引っ越し費用を工面する方法
  6. カードローンは引っ越し費用以外にも利用できるメリットがある
  7. まとめ

 

 

引っ越し前に必要な費用はどれくらい?

引っ越し費用の目安として一般的に言われているのが、家賃の4カ月~7か月分というのがおおかたの目安と言われていますが、引っ越しをする時は、入居前に最低でも以下の費用を用意しておく必要があります。

 

費用 目安(家賃の) 内容
敷金 0~2ヶ月 家主さんに預ける費用。

退去時のリフォーム代などに使われます。
修理費用を差し引いた分は返ってきます。

礼金 0~2ヶ月 3万円~50万円家主さんに対して御礼として支払う費用で返金はされません。
仲介手数料 0~1ヶ月 不動産会社への手数料。

ただし、不動産会社の持ち物件については手数料が発生しません。

前家賃 1ヶ月分を日割り 月の途中から入居する時の費用。

月末までの日割りの費用を払うことになります。
(プラスして翌月分も支払うこともあります)

鍵の付け替え費用 1~2万円 鍵の変更にかかる費用です。

鍵は予備も含めて2~3本もらえます。

保険料 1~2万円 火災保険や住宅の破損、盗難などための保険。

最近では加入を義務づけている物件が増えています。

保証料 家賃の30%~70% 保証人がいれば不要。

保証会社を付ける事になっている場合に発生する費用です。

 

引っ越し会社に頼んだ時の費用はいくら?

引っ越し資金の中には、新しい住まいまでの家具などの運送料金が含まれます。

 

引っ越し料金の計算方法は、
引っ越し料金 = 基本運賃 + 割増料金 + 実費 + オプションサービス料金になります。

 

基本運賃とは

基本運賃は、引っ越し費用を算出するうえで必ず含まれる費用で、荷物の量や距離、時間などで決まります。距離と時間については、「時間制運賃」や「距離制運賃などで計算されます。これらの料金は基準が法律で定められているので、業者によって差が生じるという事はありません。

 

ただし、これらはあくまでも基準なので、すべての業者の統一料金という事ではありません。業者は基本運賃の上下10%の料金幅で料金を決めることができるので、業者によって20%ほどの格差が生じる場合もあります。

 

割増料金とは

割増料金は、休日割増や深夜早朝割増、北海道や東北地方では、冬季割増が加算される場合もあります。

 

実費とは

実費とは、荷造り料金やトラックへの積み込み、積み降ろし、作業員の人件費などがこの費用になります。

 

オプションサービスとは

オプションサービスは、エアコンやピアノの運搬、テレビアンテナの取り外しや取り付け、清掃・不用品処理などがオプションサービスになります。

 

オプションサービスは業者によって内容が違うので注意が必要です。ちなみに、すべてを人まかせにすれば、それだけ料金が増えるので、少しでも費用を安くするためにも「自分でできる事は自分でやる」という事が大切です。

 

一人暮らしと家族で引っ越す場合の目安

新しい会社に就職したため一人暮らしをする事になった時は、基本的に荷物が少なく、転居先の住居もそれほど広くないので、引越し業者に依頼する時「単身パック」がおすすめです。

 

単身パックは決められたボックス(カーゴ)に詰められるだけの荷物を運んでくれるサービスです。トラックへの搬入スペースが計算しやすく、少人数のスタッフと小さめのトラックを使用することから料金が安くなるサービスです。

 

世帯人数 料金の目安
単身パック 同一市内(30km前後)かどうかで価格が大きく変わります。

単身パックの相場は、同一市内であれば15,000 円~40,000円程度、市外であれば40,000円~60,000円程度、県外になれば60,000円~100,000円程が相場のようです。

2人世帯 家族で引っ越しをする場合は、世帯人数で荷物の量が変わるので「単身パック」のように簡単には計算できません。夫婦2人の場合、荷物量は2~2.5トントラックが必要になるので、費用的には8万円~9万円程度になります。
3人世帯 夫婦と子供一人の場合は3トントラック程度の荷物になるので、費用的には10万円~11万円が相場の要です。
4人世帯 夫婦2人と子供2人と言うような場合、荷物量としては4トントラックが必要になるので、費用的には13万円~14万円程度になります。

 

世帯人数で、必要な費用は違ってきますし、運送距離にのって料金が加算されるので、目的地が決まったらそれで何社かへ見積もりをしてもらいましょう。

 

ちなみに引っ越し料金が概算どれくらいになるのかを調べるには、引っ越し会社のホームページにシミュレーションがあるので、それを利用すればおおかたの費用が解ります。

 

引っ越し費用を安く済ませる方法

さきほど、「すべてを引っ越し業者に任せれば高くなる」と書きましたが、初期費用を安くするには、

  1. 敷金、礼金が不要の物件を探す。
  2. 不動産会社のもち物件なら仲介手数料が不要
  3. 契約は出来るだけ月末にする事で、日割り家賃を少なくできる
  4. 家族に保証人になって貰えれば、保証料が不要の物件もある
  5. 家具や家電が備え付けの物件を探せば、電気製品の購入が不要

など、出来るだけこれらの条件に当てはまる物件を探す事をおすすめします。

 

引っ越し費用は、距離や時期で大幅な変動があります。特に2月3月の引越しシーズンは高くなると思っておきましょう。

 

また、4人家族などの世帯人数が多いほど家電製品や家具などの荷物が増えるので当然高くなります。できれば、レンタカーでトラックを借りて、自分たちで運べるものは運び、手に負えないものだけ業者に頼むという方法で費用を抑えるという世帯も少なくありません。

 

引っ越し費用を工面する方法

引っ越し費用も多くなれば数十万円程度必要になるので「手持ちのお金だけでは引っ越し費用が足りない」という事があります。そんな時はどこかで借りなければなりません。

 

両親から借りる

引っ越し資金を借りる方法として、気軽に頼めるのが両親で、親なら誰しもが「子供の為なら」とぐにでも貸してくれるでしょう。

 

しかし、両親が高齢で年金生活をしているような家庭は簡単に「お金を貸して」と言えない事もあります。ですから、いくら頼みやすくてもおすすめできる方法ではありません。

 

会社で借りる

大きな会社なら貸付制度もあるので、それを利用すればお金が借りられます。ただ、この貸付制度を採り入れている会社は少ないので、上司や社長との直談判で借りる事がほとんどです。

 

会社でお金を借りた時は支払いが終わるまで「負い目に感じてしまう」事があります。普段なら気にならない上司の一言が「お金を借りているから言いたいことを言われている」と言うように感じる事もあるので、会社で借りるのは考えたほうがよいかもしれません。

 

カードローンを申し込む

お金を借りなければならなくなった時、手軽に借り入れする方法としてカードローンの利用もひとつの方法です。カードローンなら誰に迷惑を掛ける事無く自分の信用だけでお金が借りられます

 

「サラ金」と呼ばれていた時代のキャッシングは暗いイメージがあり「怖い」という雰囲気がありましたが、貸金業法の改正によって大きく変わり、現在は銀行でお金を借りる時と同じような安心感のあるカードローンとなっています。

 

カードローンは消費者金融や信販会社、銀行で申し込みが出来ます。カードローンの利用条件は、「満年齢20歳以上で安定した収入がある方」であれば、保証人や担保が不要で、自分の信用だけで借りることが出来ます。

 

申し込みは運転免許証または健康保険証だけを用意すれば手軽に申し込みができますし、早ければ申込をしたその日にお金が借りられるので、申し込みをぎりぎりまで伸ばしても心配ありません。

 

カードローンは引っ越し費用以外にも利用できるメリットがある

 

引っ越しをすると言う事は、何かとお金がかかるものです。今住んでいる物件より好条件の物件が見つかっても、手持ちのお金が無ければすぐに引っ越す事は出来ません。ですから、気に入った物件が見つかった時にいつでも引っ越しが出来るように、日頃から少しずつでもよいので貯蓄する事がポイントです。

 

しかし、引っ越し資金が貯まる前に、お気に入りの物件が見つかり、すぐにでもお金を入れなければ、次の人に回されてしまうという事もありますが、そんな時はカードローンでお金を借りる方法をおすすめします。大手消費者金融のカードローンは、申込時間によってその日の内にお金が借りられるので、「今すぐお金を入れなければならない」という場合でも心配ありません。

 

また、申し込みに保証人や担保は不要なので、人に頭を下げてお金を借りているという事を知られる事もありませんし、自分の責任で借りられるので、人に迷惑を掛けるという事もありません。

 

カードローンは銀行の目的ローンのように、一度借りると後は返済を続けるだけというローンではなく、限度額が決まれば、その範囲内で何度でも借りる事が出来るので、普段の生活でも「今月はちょっと苦しい」と言う時があっても、限度額の範囲内なら、いつでもお金が借りられることが出来る便利なツールです。

 

まとめ

「引越し費用は自分で用意できたけれど、お金を全部使ってしまい、給料日まで手持ちのお金では足りない!」という事もありますが、引越しの費用を計算するときは、引越し後の生活費も含めて計算する必要があります。

 

もし「生活費が足りなくなりそうだ」と思った時は、カードローンがおすすめです。

 

大手消費者金融の「プロミス」や「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」なら土日祝日を含めて365日、即日融資が可能なので、お金が不足しそうとわかった時点でも申し込みをすれば、すぐに借りられるので安心です。


×