お金がないときの対処法│お金がない人の共通点から解決策を探る!

お金がないときの対処法

お金がない時と一口に言っても、

「毎月の給料をもらっているけれど、それだけでは不足気味」という場合や「失業していて、生活費も不足気味」言うように、「慢性的に足りない状況」の場合もあれば、「怪我や病気ですぐに入院しなければならない」とか「急な出費があて、一時的にお金が足りない」というような「一時的にお金がない」

という場合が有ると思います。

 

お金が足りない時は、お金を増やす方法を探すのが効果的ですが、自分にはどんな対処法が適しているのかをまず考えてみましょう。

 

そこから自分がどうすればよいかを決めていく事が、最初にするべき事と言えます。

 

 

≪目次≫

  1. お金がない人の共通点
  2. 「お金がない」どうしたら良い?
  3. 副業で収入を増やす方法
  4. お金を借りる方法
  5. 公的機関でお金を借りる
  6. 身内や知人からお金を借りる
  7. カードローンでお金を借りる
  8. お金が無くても絶対やってはいけない事
  9. まとめ

 

 

お金がない人の共通点

 

お金が足りないという人には主に共通点が有ります。

 

無駄遣いが多い人

いくらお金を稼いでいたとしても、それを以上に出費があれば、当然の事ですが、お金は足らなくなります。このタイプの人はほとんどの人が、「必要だからしょうがない」と考えている人が殆どです。

 

そのような意識を改善するためにも、自分と同じ程度の生活水準の人や、周りにいる友人なの意見を聞いて勉強する気持ちが大事で、自分にとっての「本当に必要な出費なのか」を見極める事が大事です。

 

収入が極端に少ない人

出て行くお金をいくら節約した所で、入ってくるお金が少なければ、自由に出来るお金がないのは当然です。「お金を稼ぐ事より自由を大事にしたい」と言う、お金を稼ぐという意思が少なすぎるフリーターの人などがこの状態に陥りやすいです。

 

お金の無い人は、まず自分がどのタイプのお金の無い人なのかを考えてから対処法を考えてみて下さい。

 

「お金がない」どうしたら良い?

お金が無い時、どうすればよいかと考えた時、多くの人は出費を抑える事でどうにかしようと考えるものですが、現在の社会ではこの選択肢はあまり良いとは言えません。

 

では、現代社会の中で、お金が無い時どうしたら良いのかと言うと、収入を増やす方法を考えたり「一時的にお金が足りない」場合は、お金を借りる事を考えるという方法もあります。

 

 

副業で収入を増やす方法

慢性的にお金が無い時は、現在の収入を増やす事しか方法はありません

 

お金を増やす方法として「有るもの売る」とか「売るものを集めて売却する」と言うような方法が書かれているサイトがありますが、その方法も一時的な方法で、売るものがなくなればそれ以上のお金は入ってきません。

 

お金を稼ぐ方法は、現在こなしている仕事以外に空いた時間を利用して、パートやアルバイトなどへ働きに出るという方法だけではありません。

 

最近はインターネットも普及しているので、インターネットビジネス関連での副業や治験、覆面調査への参加など、お金を手に入れるための手段は、調べればいくらでもあるので、これらの中から自分が得意とする仕事を選んで申し込みをするのもひとつの方法です。

 

お金を借りる方法

副業などで収入を増やし、いくらかでも貯蓄が出来るようになれば、急な出費が有っても何の問題もありません。しかし、お金が貯まる間、どうしても不足している期間を避ける事は出来ません。

 

そんな時の方法として「お金を借りる方法」もひとつの選択肢です。

 

お金を借りる方法として、

  • 生活福祉資金貸付制度などを利用する
  • 年金を担保にお金を借りる
  • 身内や知人からお金を借りる
  • カードローンでお金を借りる

などの方法が有ります。

 

公的機関でお金を借りる

公的機関でお金を借りる方法は

  • 「生活福祉資金貸付制度などを利用する」
  • 「年金を担保にお金を借りる」

などがあります。

 

生活福祉資金貸付制度

収入が少なく、民間で借入ができない人にお金を貸す制度で、無利子または抜群に低い利子でお金を借りる事が可能です。

 

この貸付制度厚生労働省が管轄しており、貸付の窓口になっているのは各都道府県や市町村の社会福祉協議会で申し込みが出来ます。

 

年金担保貸付制度

年金担保貸付制度は、年金受給者が利用できる公的融資で、年金受給者は年齢制限がある銀行や消費者金融でお金を借りるのも難しく、キャッシングやカードローンの審査も通るのも難しいです。

 

そんな時に役立つのが年金担保貸付制度で、借りたお金の使い道に制限はなく、生活費に使っても車の購入費などに使っても大丈夫です。年金を担保にして貸付を行っている公的機関は、「独立行政法人福祉医療機構」と「日本政策金融公庫 」で申し込みが出来ます。

 

身内や知人からお金を借りる

もっとも手身近にお金を借りる方法です。ただし、お金を借りても利息がただとは言え、家族や友人からお金を借りると信頼を失うことになり兼ねません。

 

近い関係にある家族でも、親しい友人でもお金を貸す事を渋る人もいますし、抵抗を感じる人もいます。そうした人からお金を借りると、現金を手にする代わりに信頼を失う結果になるかもしれません。

 

お金が原因で信頼を失えば、人間関係にひびが入るのでおすすめ出来る借り方ではありません。

 

カードローンでお金を借りる

 

公的機関の融資制度は、金利も考えられないくらい低金利で借りられるので、おすすめですが、申し込み条件が厳しい事や、用意する書類なども多く、融資が受けられたとしてもかなりの時間が必要になります。

 

そこで、誰も迷惑を掛ける事無く、手軽にお金が借りられる方法として、消費者金融のキャッシングや銀行カードローンでお金を借りる方法が有ります。

 

キャッシングは、自分の信用だけでお金が借りられるので、保証人や担保を用意する必要が有りません。利用目的は何に使ってもよく、一度融資が決まると、その範囲内で何度でも借入が出来るという利便性を備えています。

 

特別な場合を除いて、運転免許証や健康保険証だけあれば手軽に申し込みできますし、必要なら申し込みをしたその日でも融資が受けられます。

 

このように、お金を借りる方法はいくらでもあります。しかし、お金を借りれば、当然ですが返済しなければなりません。副業などで収入が増える事が一番良いのですが、それまでの間は、このような融資を受けて乗り切るのもひとつの選択肢です。

 

お金が無くても絶対やってはいけない事

お金がなくなった時の対処法はかいつまんで書いてみましたが、お金が無くても絶対にやってはいけない事があります。

 

ギャンブルに手を出す

「イチかバチかの一発勝負」と言えば聞こえは良いかもしれませんが、お金を稼ぐためにもお金は必要です。

 

お金がないと時のギャンブルは、引き際を見失う可能性が高く、絶対にしてはいけない事のひとつです。

 

内容を確認しないで儲け話に手を出す

お金がないといっている人は、お金を奪い去ろうとする人にとって、絶好の獲物になります。詐欺とまではいかなくても、結果的に良いようにあしらわれて損をする事も多くなります。

 

儲け話は自分自身でよく調べ、信頼できる人に相談して、それでもやってみたいと思うのならやってみる価値はあるかもしれません。

 

身内や友人に頼る

ついついお金が無い時は、手軽に頼めるので身内や知人に甘えてしまう人も少なくありません。

 

しかしお金がないという問題で身内や友人に甘えてしまうと、個人間での関係どころか、場合によっては職を失う事態にもなりかねません。

 

次々と複数の身内や友人に頼り続けると、こじれた時に円満解決の可能性はなくなり、人として扱ってもらえなくなることもあるので、特に身内や知人に頼る事はやめましょう。

 

まとめ

以上が、お金が無い時の対処法としてまとめてみましたが、基本的には「出るお金を少なくする」と言うのが一番の対処法です。

 

しかし、人それぞれに生活環境が違うので「これ以上どう節約すればよいのか?」というように、すでに節約をしている方もおられますが、どの方法にしても、無理をすれば後々に影響が出るので、お金が無い時は「キャッシングでお金を借りて一時的に乗り切る」と言う方法をおすすめします。

 

副収入で収入を増やすにしても、一時的にキャッシングでお金を借りて、収入が入れば早めに返済するという事なら、キャッシングの利用も賛成です。ただ、キャッシングは簡単にお金が借りられるので、借り過ぎないという事が大前提です。