お金のお役立ちコラム

お金のお役立ちコラム記事一覧

アコムと契約をする時、借りたお金の返済期日を決めて、それが契約書に盛り込まれています。カードローンでお金を借りると、翌月から決められた日までに返済を済ませなければなりませんが、何らかの事情でその日までに返済が出来ないという事もあります。「お金が出来てから払えばいい」と安易な気持ちでいると、様々なリスクが発生するので、出来るだけ早い時期で、遅れた分の返済を済ませる必要があります。アコムで延滞した時の...

キャッシングでお金を借りたら翌月から返済が始まります。長い間の返済期間中には、返済が遅れたり、悪くすると返済が出来なくなったりする方もいます。プロミスでお金を借りて返済できなくなった時はどうすればよいのでしょうか?プロミスで返済が遅れたり返済が出来なくなったりした時の対処法をまとめてみました。プロミスの返済が遅れたりできなくなった時のリスクどこのキャッシング会社でも同じですが、返済期間中に1度や2...

最近のカードローンは以前のように、店舗や自動契約機からの申込だけでなく、パソコンやスマホを使えば手軽に申込が出来ます。また、借入などもパソコンやスマホから振込を依頼したり、カード一枚あればコンビニATMからでも簡単に融資を受けたりできるので、借り過ぎてしまう利用者も少なくありません。新生銀行カードローン「レイク」は、銀行カードローン中でも借り易いという事で人気のあるカードローンです。借り易いという...

キャッシングでお金を借りる時は、しっかりとした返済計画を立て、無理のない返済を続けるというのがキャッシングと長い付き合いをする方法です。「アイフル」は消費者金融の中でも審査通過率の高い消費者金融で、多くの人が利用しています。しかし、何らかの事情で、たとえばリストラにあったとか、不況の為に賃金カットにあい予定通りの収入が見込めなくなることがあります。「アイフル」で遅延や延滞を起こした時の流れや、そう...

モビットのキャッシングが始めてという方の中には「モビットでお金を借りているけれど、返済日を忘れていた」とか「返済日にお金が用意できない」という時、どうすればよいのか不安を感じる方もいます。そこでモビットの返済が遅れるとどうなるのか、またそうなった時はどうすればよいのか、その対処法を知っておけば大きな問題にまで発展しないので、是非知っておきましょう。モビットの返済が遅れたモビットの返済は、1~2日程...

ワンセグ機能付きの携帯電話を所持した事で受信料の請求に対して「受信契約義務はない」という男性がつい最近訴訟を起こした事が有りました。その結果、さいたま地裁は「契約義務はない」という判決を下しました。基本的にテレビを視聴する場合、nhkに受信料を支払う事が当たり前のように思われていますが、時代の変化で生じた放送法と受信制度の矛盾が改めて浮き彫りになっています。放送法とは受信契約についての法律は放送法...

民事事件で最も多いのが、なんといっても金銭トラブルです。良かれと思ってお金を貸したのに、返してもらえなかったら「貸した・借りてない」「返せ・返せない」という応酬に疲れてしまい、ついには裁判で決着をつけるという事も少なくありません。その時、裁判で威力を発揮する書類として「借用書」や「金銭消費賃借契約書」などがあります。身内や知人・友人などの親しい間柄でこれらの書類を請求する事は少ないですが、口約束だ...

日本では国民すべてが、何らかの公的医療保険に加入し、相互に医療費を支えあう国民皆保険の国です。例えば会社を退職すると会社の社会保険から脱退し、次の職場が見つからない人や、「健康には自信があるので健康保険には入らなくてもよい」と考える人でも、必ず国民健康保険に加入する事が義務付けられています。国民健康保険に加入する事は義務付けられているのですが、中には多額の借金や自営業の方など、自分の保険料まで払え...

クレジットカードやカードローンの返済方式はほとんどが「リボルビング方式」が使われています。「リボ払い」というの」ははいくつかの種類が有り、カードローン会社によって名称が微妙に違っていますが、内容自体はそれほど違うはありません。また、この返済方式はメリットもありますが、デメリットもあります。場合によってはおまとめローンを活用したほうが、月々の返済額も少なくなりますし生活がより安定する可能性もございま...

20歳になればすべての国民は国民年金の被保険者になります。職業は関係なく、無収入の学生でも、20歳以上になれば、国民年金の保険料を納付しなくてはならない事になっています。国民年金の保険料は月額1万5250円(平成26年度)ですが、学生にとってこの保険料は負担が大きく、保険料の支払いが出来ない学生はどうすればよいかという事になりますが、国民年金には、学生向けの「学生納付特例制度」が利用できます。≪目...

子どもの将来を考えて、「学費に」と普段からコツコツと貯めていたはずなのに、いざその時期が来た時、「思っていた以上の費用が必要になり、用意していたお金だけでは足りない」という事があります。そんな時、利用を考えたいのが、教育ローンや奨学金を利用したいと考える人も少なくありません。どちらを利用すれば得か、教育ローンと奨学金の違いを理解していればお金が必要になった場合は、最も良い方法が利用出来るはずです。...

車を購入する時、購入価格のほとんどをローンに頼るのが一般的となっています。マイカーローンを組む時、何も考えずにディーラーへ任せてしまう場合も多いようですが、ディーラーローンは、一般的に金利が高いとされています。マイカーローンを利用するのなら銀行が提供する商品の方が金利を安く利用できます。最近ではネット銀行もマイカーローンに力を入れているので、多くの金融機関から選べることが出来るようになっています。...

「失業保険だけでは生活が苦しい」という場合、アルバイトをしながら失業保険を受給する事も可能です。もちろん都合による自己退職の場合でも、3ヶ月間の給付制限が設けられている期間でもアルバイトなどで収入を得る事は禁止されていません。≪目次≫失業保険はいつからもらえる?手当が入るまでアルバイトは可能?アルバイトをしても問題ない場合失業手当がもらえなくなるケースバイト収入で基本手当が下がる?満額受給するには...

一口に住宅の購入と言っても、新築マンションや中古マンション、建売住宅、中古の一戸建て、注文住宅新築など、様々な住宅形態がありますが、購入に際してはほとんどの方は住宅ローンを利用しています。購入が新築や中古マション、建売住宅、中古の戸建てのように、すでに建っているものについては住宅ローンだけ申し込みめば支払いが出来ますが、注文住宅の場合は、まず土地の取得から始めなければなりません。土地や建物がまだ決...

あまり広くは知られていませんが、収入が低く、消費者金融や銀行のカードローンを利用できない人がお金を借りられる公的制度として「生活福祉資金貸付制度」があります。この貸付制度は、各都道府県や市町村の社会福祉協議会で申し込みが出来ます。経済的に苦しい人が対象になる制度なので、民間の金融機関では考えられないほど低金利でお金が借りられます。貸付は用途や借り方に合わせていくつか種類があり、それぞれに申し込み条...

事業をしている人にとって、悩みの種は資金調達や資金繰りではないでしょうか。予定していた入金が遅れたため、急いで資金を調達しなければならなくなったり、思ってもいなかった親会社が倒産してしまったりすると、お金に余裕が有れば何の心配もありません。そうなってしまうとお金をすぐに用意しなければなりません。公的機関や銀行からの融資が受けられれば一番良いのですが、公的機関で借りるには時間がかるのですぐには間に合...

水道はライフラインのひとつで、止められると生活が成り立ちません。ただ、水道料金を滞納すると、止められる事になるので遅延の内容に支払いを済ませる必要があります。しかし、何らかの事情で支払いが出来なかった時はすぐ止められるのか、止められた時の対応はどうすればよいのかを知っておけば、もしそうなっても慌てる事無く対処できます。滞納から給水停止までの流れ水道料金の支払いは2ヶ月に一度、納入通知書が送られてき...

水道、電気、ガスはライフラインと呼ばれ、日常生活では不可欠ですが、生活するのが精いっぱいという生活を送っていると、電気代など、公共料金の支払いが遅れがちになる事もあります。支払いが遅れてもいきなり送電停止になる事はありませんが、支払いには期限が有るのでそれまでに支払いをしなければ送電停止になります。そこで、いつまでに支払わなければ送電停止になるのか、支払いが出来ない時の対処法を調べてみました。電気...

ガスや電気、水道などの公共料金は、支払い期間が過ぎるとすぐ止められる、という事はなく、猶予期間もありますが、支払いをせずに放置しているといずれは閉栓という事になってしまいます。滞納が長期になると、裁判による差し押さえにもなる場合があるので、出来るだけ早い時期での支払いが重要になります。電気料金や水道料金と違い、分割での支払いは受け付けていないところが多いようですが、ガスの供給を停止するまでの猶予期...

賃貸住宅を利用している方の生活費の中で、もっとも大きな割合を占めているのが家賃(賃貸料)と言う方も少なくありません。仕事をしていて順調に支払いが続けられれば何の問題もありませんが、何らかの事情で家賃が払えなくなる事があります。家賃が払えなくなると、最終的に当然家主や管理会社から退去を求められますが、もし退去した時の流れはどうなるのか、気になるところです。滞納した時の流れ一般的に家賃を滞納して数日経...

社会人になった時、会社関係の銀行から勧められたりするので、クレジットカードは誰もが持っているカードです。うまく使えば大変便利なクレジットカードですが、支払いの延滞を起こすと信用情報機関の個人情報に一定期間記載されたり、延滞利息を支払ったりしなければならなくなるので、返済遅れは最もやってはいけない事になっています。遅延と延滞の違い遅延とは一般的に支払いの期限から30日未満の遅れの事を言います。遅延の...

毎年5月の上旬になると、自動車を持っている方に自動車税の納税通知書が届きます。自動車税を滞納していると、期限がくれば督促状や催告書が届きます。滞納すると最終的に財産を差し押さえられるという意見や、8月までに支払えば大丈夫という意見もあります。自動車税の滞納を続けた場合のリスクや滞納してしまった時はどうすればよいのかを調べてみました。自動車税の滞納で発生するリスク自動車税は毎年5月末までが納付期限で...

道府県民税(東京都の場合は都民税)と、市町村民税(東京都23区の場合は特別区民税)を総称して住民税と呼びます。この住民税は、会社員の方は給料から天引きされているので、税金を支払っている感覚はないかもしれませんが、会社からお給料をもらっている方なら毎月きちんと天引きされています。会社を退職した方や、自営業、年金受給者などの方は、住民税に加え年金や国民保険料の支払いも自分自身で納付しなければなりません...

携帯料金が払えず、未納のままで放置していると、最悪の場合、裁判になることがあります。携帯料金の延滞をするとどどんなリスクが生まれるのか、リスクを回避するにはどうすればよいのか、ソフトバンクを例にその流れを見てみましょう。請求日と引落し日の確認をする既に携帯を利用している方は、自分の請求日がいつで支払日がいつなのか当然しっていなければなりませんが、ここで再確認しておきましょう。利用期間締切日引き落と...

auの携帯を利用している人の中には「口座にお金を入れるのを忘れていた」とか「今月は出費が多くて支払いが厳しい」という事があると思います。「携帯電話が使えなくなっても、料金を支払えばすぐに使える」と思っている方も少なくありません。ところが、携帯電話の料金滞納は、放置していると強制解約となり、その影響で新規の契約が出来なくなったり、信用情報期間の個人情報に傷がついたり、いわゆる「金融ブラック」の仲間入...

ドコモの携帯電話やスマホの利用料金を放置していても「放っておいても催促されるだけじゃない?」と軽く考えている人もいますが、ドコモの利用料気を延滞すれば強制解約やブラックになるリスクや、最悪裁判で差し押さえされる事があります。強制解約までの流れ ドコモの1か月間の利用料金は、翌月末が支払い期限になります。支払い期限に振込や振替が出来なければ、約2週間後に再振替があるので、その時に引き落としが完了すれ...

2000年から始まった介護保険制度。満年齢が40歳以上になると、介護保険料の支払いが義務付けられています。しかし、一滞納してしまったときはどうなるのか気になるところです。介護保険とはどういった保険なのか、保険料を滞納した時どのようなリスクが発生するのかなど、調べてみました。介護保険とは介護保険とは、国民が40歳になった月から加入して保険料金を支払い、介護が必要な人が適切な介護サービスを受けられるよ...

「ようやく手にしたマイホームなのに思いのほか住宅ローンの返済がきつい」「会社が倒産してしまったので、予定通りに支払いが出来なくなってしまった。この状態が続けばどうなるのだろう」と不安になります。長期の返済なので、「1度や2度返済が遅れてもたいしたことにはならないだろう」と思いますが、住宅ローンの場合は1回目の滞納からカウントされるので回数が増えたり、滞納が長引いたりすると、せっかく手に入れたマイホ...

WOWWOWはBS放送が見られる状況のテレビや、ケーブルテレビでの視聴が可能で、契約さえすれば幅広いジャンルの番組を楽しむ事ができます。しかし、放送は有料なので、料金が払えなくなった時は放送を止められてしまいますが、どれくらい滞納すれば止められるのかが気になります。スカパーやWOWOWの料金が払えないとどのくらいで放送を止められてしまうの?復旧してもらうまでにどれくらいの時間が必要なのかを知ってお...