SMBCモビットは学生でもお金借りれる?親バレは?気になる情報まとめ

モビットは学生でもお金借りれる?気になる情報まとめ

学生には親の仕送りを頼りに生活を続けている学生や、アルバイトで生活を続けている学生など環境は様々です。

 

学生生活は、意外とお金がかかるもので、アルバイトなどをしていてもアルバイト代が入る前にお金が必要になる時があります。

 

どこかで工面しなければならないという時は、キャッシングがおすすめで、キャッシングは自分の責任でお金を借りられるので、人に迷惑を掛ける事もありませんし、親にばれたりするという事もありません。

 

中でも「モビット」はおすすめで、三井住友銀行グループに属する大手消費者金融なので、学生でも安心して利用する事が出来ます。

 

モビットの利用条件

「モビット」の利用条件は

  • 満年齢が20歳以上69歳までの方
  • 安定した収入がある方(アルバイト・パート・派遣社員・自営業でも可能)

となっているので、20歳以上でアルバイトなどの収入がある学生なら申込ができます。

 

ちなみに、安定し他収入と言うのは、毎月決まった給料日にある程度の決まった給料が入ってくる事が安定した収入になります。

日雇いのアルバイトや一定期間のみの仕事と言う場合は安定した仕事とは言えませんので、注意が必要です。

 

モビットはいくらまで借りられる?

「モビット」の基本スペックは金利3.0%~18.0%、融資限度額は最大で800万円となっていますが、いくら借りられるかは年収によって違ってきます

 

「モビット」は消費者金融なので総量規制の対象になります。総量規制では「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限があるので、年収によって融資限度額が変わってきます。

 

たとえば、アルバイトの年収が90万円だったとすると、融資限度額最大で30万円まで借りられるようになります。同じように、20万円かりたい場合は年収が60万円以上あれば問題ありません。

 

ただ、初回の申込時の限度額は低めの設定になっているので、よほどの事がない限りいきなり30万円かりられるわけではありません。限度額を増やすためには、増額申請を続け、徐々に限度額を増やす事で30万円の限度額まで増やせます。

 

モビットを申込んでも親にばれたりしない?

「モビット」を利用しても、基本的には親にばれたりすることはまずありません。学生の為だけでなく「モビット」を利用する方のほとんどの方が、親や家族にばれないように借りたいと思っているため、「モビット」側もこういった事に配慮をしています。

 

「モビット」の申込法は

  • パソコンやケータイ
  • スマホなどインターネットからの申込方法
  • 電話
  • ローン契約機
  • 郵送

から選べます。

 

申込の時に何もしなければ、契約書類やカードが登録した住所に送られてきますが、カードの受け取りをローン契約機からにしておけば、郵送物が送られてくる事はありません。あとは、「Myモビ」に登録しておけば、すべての連絡などはインターネット上で済ませられるので、親にばれたりする事はありません。

 

アルバイトでも在籍確認はある?

キャッシングはどこへ申込をしても審査で必ず在籍確認があります。「モビット」の場合も例外ではありません。

 

「モビット」のインターネット申込は

  1. 「WEB完結申込」
  2. 「カード申込」

が有ります。

 

どちらの申込方法も、即日融資で借りる事が可能で、午後2時50分までに契約や手続きが完了してれば、その日の内に口座へ振込してもらえます。「WEB完結申込」は正規雇用の会社員や組合員のみになるので、学生の場合は「カード申込」から申込手続きを行うことになります。

 

申込をすると審査があり、その中で申込書類に記入したアルバイト先でアルバイトをしているのかを確認します。それが在籍確認で、電話を掛けてくると言っても「モビット」の名前は一切出さず、担当者が個人名でアルバイト先へ確認の電話を掛けてくるのでアルバイト先へばれる心配はありません。

 

電話は本人が出なければならないという訳ではありません。

 

たとえば、勤務時間外にかかって来た時「○○は今日お休みです」とか「○○は□□時からの出勤なので今はいません」というような答えが返ってくれば、それで在籍確認は終了です。それでも気になる時は「生命保険の契約をしたかから電話がかかってくるかもしれない」と周りに伝えておけば安心です。

 

申込に用意しておく書類

「モビット」に申込をする時、用意しておかなければならない書類があります。

 

基本的にどこへ申込をするにしても必要なのが、本人確認書類で、運転免許証の写しが必要ですが、運転免許証がなければ健康保険証、パスポートいずれかの写しを用意する必要があります。

 

キャッシングの契約をすると信用情報機関に記載される

学生がキャッシングの契約をすれば、社会人になった時に影響がないのかという心配をする学生もいますが、一般的にキャッシングの契約をしたからと言って、影響はありません。

 

ただ、「モビット」へ申込をした事や、さらに契約をしたという事は、信用情報機関の個人情報に記載されます。信用情報機関は、消費者金融各社や銀行が登録している、金融関係の個人データを蓄積している機関で、消費者金融への申込み実績や、借入金額、借入残高などが全て記載されます。

 

申込み実績は申込みした日から6ヶ月、利用実績については利用している間はもちろん、完済した後も5年間は残ります。

 

正常な利用をしている場合は何の記載も残りませんが、注意が必要なのは、延滞などの金融事故を起こした場合はその事実が残ってしまいます。自分が希望する企業が、個人情報を調査する事はまずありませんが、事故情報が残らないように利用する事が重要です。

 

まとめ

学生がキャッシングを利用する事について、賛否両論ありますが、キャッシングは利用しなければ利息は不要ですし、年会費も必要ありません。

 

いざという時は、申込さえすれば限度額の範囲内でお金が借りられるので、アルバイト代が入る前や、親の仕送りが届く前にお金が必要になっても心配する事はありません。要は使い方が問題で、契約をしたからと言って、無駄に利用するのではなく、借りる時は返済計画を立てて利用するという心掛けが大切になります。

 

 

関連記事

学生でもお金が借りられる消費者金融 学生でもお金が借りられる銀行

関連ページ

SMBCモビット増額

×