未成年の学生がお金を借りるなら学生ローンとクレジットカードどっちがいい?

未成年の学生がお金を借りるなら学生ローンとクレジットカードどちら?

大学に入ると案外お金がかかるもので、そんな時お金を借りたいと思う学生も少なく在りません。カードローンの申込は満年齢20歳以上なので、大学や専門学校の1,2年生の場合は申し込みが出来ません。

 

未成年の学生がお金を借りる方法は、学生ローンやクレジットカードで借りる方法があるので紹介したいと思います。

 

 

未成年の学生でもお金は借りられる?

消費者金融や銀行カードローンの申込条件は、一般的に満年齢20歳以上でないと申し込みが出来ない事になっています。

 

20歳以下は法律で守られている

民法では未成年者との契約行為は親権者の同意がないと、「契約後であっても取り消すことができる」と定められているためです。

 

未成年者は人間的にも未熟で、責任能力がないと考えられているので、悪徳業者に騙されて契約してしまわないように保護する必要があります。

 

例えば学生ローンで大学へ入学したばかりの学生がお金を借りる契約をしても、親権者が「その契約は無効で取り消したい」と申し立てれば契約は無効になり、借りたお金を返す必要はなくなります。

 

金融機関にとって未成年にお金を貸した場合、お金が返ってこないというリスクがあるので、ほとんどの金融機関は、たとえ学生でも未成年者への貸付をしていないのが一般的です。

 

しかし民法で未成年者の契約は実質的に無効となっていても、未成年者にお金を貸してはいけない法律はありませんし、親権者の同意があれば契約することができます。

 

親権者の同意がなくても金融機関側にそれ相応のリスクを覚悟の上で契約すれば、未成年の学生にお金を貸しても処罰の対象にはなりません。

 

未成年でも借りられる学生ローン

学生ローンを扱っている業者すべてが、未成年でも借りられるわけではありません。

 

 

未成年で申し込みが出来る学生ローンは
学生ローン 金利(実質年利) 融資限度額 担保・保証人
カレッジ 15.0%~17.0% 1万円~50万円 不要
アイシーローン 10.0%~20.0% 1万円~50万円 不要
マルイ 15.0%~17.0% 1万円~50万円 不要

 

などが、親の同意がなくても申し込みが出来る学生ローンで、これらの業者は正規に登録した貸金業者で、日本貸金業協会にも加入しているので安心して申し込みが出来ます。

 

学生ローンの審査は厳しい?

学生ローンのメリットは、申し込みが出来るのは学生と限定しているため、一般の消費者金融と比較して審査が通りやすくなっています

 

もちろん、条件を満たせば学生でも借りられる消費者金融もありますが、審査通過の難易度は学生専門の学生ローンと比べて厳しくなります。

 

ただ、一般の消費者金融なら、審査の際に利用目的を聞かれることはありませんが、学生専門の消費者金融では、何のためにいくら必要なのか聞かれることがあります。

 

この時、実家で生活をしているのに生活費のためなど嘘を言ってしまうと、信用問題になるので、本当のことを話す事がポイントです。

 

未成年の学生はクレジットカードもひとつの方法

未成年の学生がお金を借りる方法として、一部の学生ローンやクレジットカードならお金を借りる事が出来ます。

 

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードは、ショッピングなどの利用代金をカードから支払ってもらい、利用者はカード会社に後払いするというシステムです。クレジットカードには「ショッピング枠」とお金を借りる事の出来る「キャッシング枠」があります。

 

このキャッシング枠を利用すれば未成年の学生でもお金を借りる事が出来ます。ただし、未成年者が利用できるクレジットカードは、学生専用カードなど利用条件が限られているものが多く、借入れできるとしても融資限度額も低いという特徴があります。

 

学生ローンより手軽に利用できる

学生ローンを選ぶメリットとは、クレジットカードのキャッシングよりも利用可能額が多い事や、金利がやや低めといったメリットがあります。

 

ただ、学生ローンは借りたいと思った時に「すぐ」借りられるものではなく、お金を借りるには最低でも数十分の審査受けて審査に通らなければならないので、「今すぐお金が必要」 という学生には向いていません。

 

クレジットカードのキャッシング枠なら、すでに審査を終えているので、お金を借りたいと思った時はいつでもATMからお金が引き出せるというメリットがあります。

 

クレジットカードの審査ポイント

キャッシングを目的としてクレジットカードに申し込むと、必ず「審査」が行われます。一般的な審査では支払い能力や信用情報(クレヒス)がチェックされます。

 

しかし、未成年は収入がほとんどない事も多く、成人とは審査ポイントが違ってきます。未成年の学生がクレジットカードの審査に通るには、3つの点に注意が必要です。

 

親権者の同意

クレジットカードのキャッシング機能もクレジットの機能も「お金を借りる」事には変わりがないので、未成年の場合は親権者の同意が必要です。

 

クレジットカードの申し込み時に、親権者の同意がなければ、確認を取る必要があるので、クレジットカードを作る時は、はじめに了解を取っておくと審査がスムーズに流れます。クレジットカードさえ発行してもらえれば、あとは自由に使えます。

 

申告は正直に

クレジットカードの審査には情報に「嘘がないか」という確認する事もあります。アルバイトで少ししか収入がないのに「年収200万円」などと嘘の申告をすると、審査に良い影響を与えません。

 

信販会社は、学生=無収入ということを了解しているので、背伸びをして嘘の記載をすると信用がなくなり、その結果審査が通らなくなるという事もあるので、きちんと正確な情報を書く事が重要になります。

 

借り入れ希望額は控えめに

カードローンも同じですが、希望する利用限度額が大きければ大きいほど、審査は厳しくなります。学生のうちは、ほとんどの場合支払い能力が低いので、限度額を多く設定してもらうのは難しく、大きな金額を希望した事で審査が否決になったという事も少なく在りません。

 

利用限度額はひかえめに「5万円」や「10万円」といった金額で申請してみると、審査が通りやすくなります。もし、利用限度額を増額したいのなら、クレジットカードを継続的に利用して、きっちりと返済するといった実績を積んでいく事がポイントです。

 

まずはカードを手に入れなければキャッシングもクレジットカード利用もできませんので、審査に通りやすいような努力をする事が大切です。

 

まとめ

学生ローンの業者は大手消費者金融と違い、中小の業者が多いため名前も聞いたことがない業者がほとんどです。

 

中には、法を守らないようないわゆる「ヤミ金」と呼ばれる悪徳業者も存在しているので、電柱にはられた広告や、直接届いた怪しいダイレクトメールの業者に連絡を取る事は危険です。

 

一般の消費者金融や学生専門の消費者金融など、無名の貸金業者でお金を借りる前に、その業者のホームページなどを確認したり、金融庁の登録貸金業者情報検索を利用したりして、正規の貸金業者なのかを確認する必要があります。

 

まちがって「ヤミ金」などに手を出すと、弁護士事務所や警察でなければ解決できなくなります。「怪しいと思った時は、絶対に手を出さない」という事がカードローンを安全に利用するためのコツです。


×