南日本銀行カードローン「カードローンWAZZEKA」でお金を借りるには

南日本銀行カードローン「カードローンWAZZEKA」でお金を借りる

株式会社南日本銀行は、通称「なんぎん」と呼ばれ、鹿児島県鹿児島市に本店を置き、鹿児島県内他、熊本県、宮崎県、福岡県、東京を営業エリアとする地方銀行です。

 

南日本銀行にはカードローン「WAZZEKA(ワッゼカ)」が用意されています。

 

<南日本銀行カードローンWAZZEKA(ワッゼカ)」のおすすめポイント

「カードローンWAZZECA」は、最短で43分で審査結果がわかる、スピード審査に対応しているので、場合によっては即日融資も可能なカードローンです。

 

「WAZZEKA(ワッゼカ)」は正社員だけでなく、パート・アルバイト、専業主婦、年金受給者の方でも申込が可能となっているので「収入が少ないから」と心配する必要はありません。

 

 

商品スペック

商品名 金利(年率) 融資限度額
「WAZZEKA(ワッゼカ)」 2.8%~14.5% 10万円以上1,000万円まで

が基本スペックになっています。

 

 

利用金利

借入限度額 金利
10万円超~50万円以下 年4.8%~14.5%
60万円超~100万円以下 年4.8%~14.0%
110万円超~200万円以下 年4.8%~13.5%
210万円超~300万円以下 年4.8%~13.0%
310万円超~400万円以下 年4.8%~12.5%
400万円超~1,000万円以下 年2.8%~9.5%

 

 

申込条件と必要書類

申込条件 ・満20歳以上70歳未満の方(専業主婦、パート・アルバイト、年金受給者の方も可)
必要書類 「本人確認書類」
  • 運転免許証をお持ちでない方は、住民基本台帳カード、パスポート
  • 外国籍の方は、必ず「在留カード」または「特別永住者証明証」が必要になります。

 

「収入証明書」

  • 給与所得者の方は源泉徴収票など
  • 個人事業主の方は納税証明その2、確定申告書(最新のもの)

※借入希望額が300万円を超える場合や、保証会社が必要と判断した場合は、収入証明書類が必要になります。

 

 

申込方法

「WAZZEKA(ワッゼカ)」の申込方法は、

  1. ホームページ
  2. 電話
  3. FAX

での申込から選ぶ事が出来ます。即日融資で借りる場合は、ホームページからの申込をおすすめします。

 

 

申込から融資までの流れ

ホームページにある「7分で申込み完了」または「すぐにローンお申し込み」から入り、同意事項に同意し、申込フォームに記入します。

申込フォームを送信すると、仮審査が行われ、電話で審査結果が伝えられます。

仮審査に通過している場合は、すぐに来店を希望して最寄りの店舗へ足を運び、契約および申込手続きを行ないます。急ぎで借りたい場合は、先に振込融資の依頼を忘れないようにしましょう。

契約・申込手続きが完了すると本審査が行われ、特に不備がなければ契約は完了です。振込融資を依頼していた場合、平日14時頃までに契約手続きが完了していれば、即日で同行口座へ融資金が振り込まれます。

契約が完了した後、1週間程度でローンカードが郵送されてきます。カードが届けば南日本銀行本支店のATMや全国の提携金融機関ATMで引き出しが可能になります。

 

 

即日融資で借りるには

「WAZZEKA(ワッゼカ)」は、審査回答に最短43分、申し込みから融資実行まで口座がある場合は最短79分、口座を持っていない場合でも最短3時間45分という驚異のスピードで融資が可能なため、平日午前10時頃までの申込みで審査に通過した場合、当日の午後4時までに即日振り込み融資を受けられます。

 

返済方法

毎月13日が約定返済日で、返済方法は契約が必要ですがインターネットバンキングからの返済や、南日本銀行ATMや提携ATMからの返済になります。

 

ご融資限度額 ご返済額
50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~150万円以下 30,000円
150万円超~200万円以下 40,000円
200万円超~250万円以下 50,000円
250万円超~300万円以下 60,000円
300万円超~350万円以下 70,000円
350万円超~400万円以下 80,000円
400万円超~450万円以下 90,000円
450万円超~1,000万円以下 100,000円

 

 

南日本銀行カードローン「WAZZEKA(ワッゼカ)」の審査は厳しい?

「WAZZEKA(ワッゼカ)」の仮審査は南日本銀行で受け付けていますが、審査は保証会社の㈱オリエントコーポレーション、九州総合信用㈱、三菱UFJニコス㈱、アイフル㈱、SMBCコンシュマーファイナンス㈱のいずれかが審査を行います。

 

保証会社の1社が保証審査を行い、仮審査の結果「保証が可能」と判断すれば、南日本銀行から審査結果の回答があります。

 

仮審査は保証会社のいずれかが、申込書の記入内容と個人情報の照会し、金融事故の有無や、他社借入状況などを基にスコアリングします。さらに南日本銀行が全国銀行個人信用情報センターの情報を照会し、併せて審査業務に反映させています。

 

審査は、申込者の属性や、他社借入件数や借入残高、利用状況で金融事故を起こしていないかなどを重点的にチェックします。借入件数や借入残高が多い方、他社で延滞や債務整理などを起こしている方は、申込をしても審査に通る可能性は少ないと思っておいた方がよいかもしれません。

 

ただ、申込条件として、アルバイトやパート年金受給者や、配偶者に収入あれば専業主婦でも融資が受けられるので、このことから考えると、他社借入がない方、金融ブラックになっていない方なら、審査はそれほど厳しくならないと思っても良いでしょう。


×