身分証なしでお金は借りられる?身分証に利用できる書類とは

身分証なしでカードローンでお金は借りられるの?

カードローンの申し込みをする時は運転免許証などの身分証が必要ですが、運転免許証を持っていない方もいます。運転免許証や保険証など、身分証を持っていない場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

身分証なしの場合はどう対処したらよいのでしょうか?

 

 

≪目次≫

  1. 身分証がなければカードローンは利用出来ない
  2. 身分証として利用できる書類
  3. 身分証をすぐに手に入れるには
  4. 場合によっては収入証明書類が必要
  5. まとめ

 

 

身分証がなければカードローンは利用出来ない

カードローンを利用する時、保証人や担保が不要となっています。担保や保証人がなくても、申込者の信用度だけでお金が借りられるのがカードローンの特徴です。

 

申し込みをしたのが本人である事を証明するための身分証がなければ、本人に間違いがないかの確認が出来ませんし、借りた本人が返済できなくなった時に、本人の所在が不明なら、お金を回収することも出来ません。

 

また、審査においても信用情報機関の個人情報を紹介するにしても、申込者の名前や生年月日、住所が特定できなければ正確な個人情報を照会することができません

 

どこの金融機関でも、カードローンを組む時は、必ず本人を確認できる身分証明書の提出を求められますし、身分証がなければ貸してくれるところはどこもありません。

 

身分証として利用できる書類

銀行や消費者金融などカードローンで借りる場合に必ず必要になる書類が運転免許証などの身分証ですが、運転免許証以外でも身分証として利用できる書類があります。

 

「運転免許証」や「運転経歴証明書」「パスポート」「健康保険証」「印鑑証明書」「住基カード」「マイナンバーカード」、外国籍の方は上記書類のほか「住権のある在留カード」「特別永住者証明書」を用意する必要があります。

 

金融機関によって多少の違いがありますが、以上の書類どれか一つを用意しておけば、本人を確認する書類としての身分証とすることができます。

 

もちろん運転免許証やパスポートなど有効期間のあるものは、期限が過ぎていたものは身分証として使うことはできませんし、印鑑証明や住民票は3か月以内のものと指定されている場合がありますし、運転免許証や運転経歴証明書に記載された住所と現住所が違う場合は、公共料金の領収証(ガスや電気、水道料金、NHK)などの領収証も併せて必要になります。

 

また、顔写真がついている身分証を求められる場合があり、顔写真のついていない書類を提出する場合は、複数の書類を組み合わせることで本人確認書類とするところもあります。

 

例えば印鑑証明書と住民票をセットにしたり、パスポートまたは健康保険証と住民票をセットにしたりすることで身分証として認めてもらうことが可能です。

 

たとえば運転免許証や保険証を持っていなくても、顔写真付きのマイナンバーカードがあればそれだけで身分証とすることも可能です。

 

身分証をすぐに手に入れるには

 

身分証明書を持っていない場合は、どこかで発行してもらわなければなりませんが、一番早く手に入れられる身分証は、マイナンバーカードです。マイナンバーカードは、現在住んでいる市区町村で発行してもらえます。

 

マイナンバーカードの申し込みをすると後日郵送されてくるので、カードが手元に届けば、身分証として利用できるようになります。

 

マイナンバーカードには「写真付き」と「写真無し」の2種類ありますが、カードローンの申込みに必要なのは「写真付き」のマイナンバーカードになります。マイナンバーカードがあれば、プロミスやアコム、アイフルならマイナンバーカードがあれば即日融資も可能です。

 

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

 

場合によっては収入証明書類が必要

カードローンの申し込みは、本人確認書類(身分証)だけでなく、借り入れ希望額によって、収入証明書類が必要になります。この書類は、年収がいくらあるかを確認するための書類です。

 

消費者金融は総量規制で借り入れ希望額が50万円を超える場合や、他社借り入れがある時は、その借入残高と借り入れ希望額の合計が100万円を超える時は、収入証明書類の提出を求められます。

 

銀行カードローンも同じ条件にしているところが増えているので、消費者金融または銀行カードローンのどちらかへ申し込む時は収入証明書類を用意しておく必要があります。

 

収入証明書類は

  • 「源泉徴収票」
  • 「給与明細書」
  • 「所得証明書」
  • 「納税通知書」
  • 「確定申告書」
  • 「納税証明書」

などになります。

 

給与明細書は直近2ヶ月以内というような指定がありますし、賞与などがあれば併せて提出する必要があります。

 

給与明細書などは会社で再発行してもらうことが出来ますが、市町村役場へ行かなければ再発行してもらえない書類もあるので、カードローンの申し込みをする前に用意しておく必要があります。

 

まとめ

本人確認書類として住民票が利用できそうな気がしますが、単独では本人確認書類として利用できなくなっています

 

例えば、プロミスの場合は、パスポートまたは健康保険証を本人確認書類として利用する場合は住民票を併せて提出することになりますし、アコムやアイフルは健康保険証など顔写真がない場合は住民票や公共料金の領収証を併せて提出する事になっているので、身分証を持っていない場合は、繰り返しになりますが、マイナンバーカードがおすすめです。

 


×