必要書類に名刺は含まれる?お金を借りる時に用意する書類とは

必要書類に名刺は含まれるの?

 

カードローンの申し込みをする時、必ず提出しなければならない書類があります。必ず必要になる書類とは本人確認書類で、一般的に運転免許や健康保険証を提出する事が多いです。

 

運転免許証や健康保険がない場合、名刺を本人確認書類として利用できるのではないかと思っている方もおられますが、結論から言うと、名刺は本人確認書類として認めてもらえません

 

カードローンの申し込みをする時、本人確認書類として使える書類は何か、なぜ名刺が使えないのかを紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. カードローンの申し込みに必要な書類とは
  2. 本人確認書類の種類
  3. 顔写真がない書類の時は併せて提出書類がある
  4. 本人確認書類として名刺は使えない
  5. 収入証明書類が必要になる場合
  6. まとめ

 

 

カードローンの申し込みに必要な書類とは

消費者金融や銀行へカードローンの申し込みをする時に、必ず用意しなければならないのが本人確認書類と、場合によっては収入証明書類が必要になります。

 

その中でも、必ず提出しなければならないのが本人確認書類で、本人確認書類は、申し込みをした人が、間違いなく本人である事を確認するために使われたり、申込書に記入した住所や年齢など、申告された内容の事実確認をしたりするため書類です。

 

最近は見かけなくなりましたが、過去には、本人になりすまして申込みをする申込者や、全く別人の身分証を利用して申し込みをする人もいたので、最近の金融会社は、顔写真付きの本人確認書類の提出を求めるようになりました。

 

本人確認書類には名前や住所、生年月日など、個人を特定できる情報が記載されているので、申込書に記入した内容と相違がないかを確認する事で本人である事を確かめます。

 

ただし、金融会社によって提出する本人確認書類や所得証明書類がちがうので、申し込みをする前に、どのような書類を用意しておけばよいのかを確認しておく必要があります。

 

本人確認書類の種類

大手消費者金融の本人確認書類は以下の通りです。

 

  • プロミス・・・・運転免許証、運転免許証がない場合はパスポートまたは健康保険証などのどれか一点の写し
  • アコム・・・・・・運転免許証、運転免許証がない場合は、健康保険証、個人番号カードなどどれか一点の写し
  • ※顔写真がない書類の場合は住民票、公共料金の領収証などが併せて必要です。

  • アイフル・・・・・運転免許証または運転経歴証明書、以上の書類がない場合はパスポート、住民基本台帳カード、個人番号カードなどどれか一点の写し
  • SMBCモビット・・運転免許証、運転免許証がない場合は、健康保険証、パスポートなどのどれか一点の写し

 

本人確認書類として利用できるのは、運転免許証や運転経歴証明書、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードなどで、外国籍の方は在留カードや外国人登録証明書、特別永住証明書などのいずれか公的機関から発行されている書類のどれかひとつが必要です。

 

顔写真がない書類の時は併せて提出書類がある

本人確認書類として、運転免許証やパスポートは本人の顔写真が移っているので、信頼度は高くなります。健康保険証も本人確認書類として利用できますが、顔写真がないという事で、単体だけでは利用できないところもあります。

 

たとえば「アコム」のように健康保険証+住民票または公共料金の領収証が必要になるところもあります。

 

本人確認書類として名刺は使えない

会社勤めをしていると、誰もが名刺を持っています。名刺には本人の氏名や勤務先名、勤務先の連絡先、場合によっては本人の携帯電話の番号なども記載されている場合もあり、役職や部署名なども記載されているので、名刺があれば在籍確認も出来るので問題ないと考えても不思議ではありません

 

しかし、名刺を本人確認書類として使う事はできません

 

名刺は会社から発行しているので信用度は高いように思えますが、名刺は誰でも作成が可能です。本人確認書類として認められているのは、公的な機関から発行された書類だけになるので、名刺を利用してカードローンの申し込みはできません。

 

収入証明書類が必要になる場合

カードローンの申し込みは、本人確認書類の提出が必須条件ですが、借り入れ希望額によって収入証明書類の提出を求められる場合があります。

 

収入証明書類として利用できるのは、源泉徴収票や給与明細書、税額通知書、納税証明書、確定申告書などですが、カードローン会社によって違いがあるので確認する必要があります。

 

カードローン会社名 所得証明書類
プロミス 源泉徴収票、確定申告書、税額通知書、所得証明書、給与明細書
アコム 給与明細書直近1ヵ月分の給与明細書、最新の市民税・県民税決定最近年度の通知書、所得証明書、最新年度の確定申告書
アイフル 源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書、税額通知書、所得証明書、給与明細書
SMBCモビット 所得証証明書、確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書

 

融資額が高額になると、利用者が返済できなくなった場合、貸し倒れになる危険性があるため、収入証明書類を提出してもらい、返済能力に問題がないかを確認します。

 

消費者金融へ申し込む場合は、借り入希望額が50万円を超える時や、他社の借入と申込み時に希望している借入額を併せて100万円を超える時は収入証明書類の提出を求められます。

 

銀行カードローンの場合は、収入証明書類の提出はそれぞれの基準で決めていましたが、銀行カードローンの過剰融資が問題になったため、2018年以降は銀行の自主規制によって、所得証明の提出は、ほとんどの銀行が消費者金融と同じに変更しています。

 

まとめ

カードローンの申し込みで事前に用意しておかなければならない書類は何が必要かは理解していただけたと思います。繰り返しになりますが、名刺を本人確認書類として利用することは出来ません

 

本人確認書類は、あくまでも公的機関が発行した書類だけという事を覚えておきましょう。


×