街金VSカードローンでお金を借りるならどっちが良い?徹底比較!

街金VSカードローンでお金を借りるならどっちが良い?

 

カードローンはお金を借りたいと思った時、申込をすれば手軽にお金が借りられるシステムで、消費者金融や信販会社、銀行で申込が出来ます。カードローンは一般的に大手消費者金融や、信販会社、銀行で申込が出来ます。

 

基本的には銀行の個人向けの小口融資の事をカードローンと言うのですが、最近は大手消費者金融のようにローンカードを使ったキャッシングも含めて、カードローンと呼ばれます。

 

また、消費者金融の中には「プロミス」や「アコム」「アイフル」「モビット」のように、テレビコマーシャルでも名前がよく知られている大手消費者金融が有りますが、消費者金融以外に、過去には「街金」と呼ばれていた、中小消費者金融も含まれます。

 

中小消費者金融は、地方都市で地元を中心に貸金業を営んでいる、正規の消費者金融の事で、最近はインターネット申込などを利用して、地元だけでなく全国展開している業者も増えていて、大手の審査に通らなかった人を顧客対象としています。

 

そこで、大手消費者金融や銀行カードローンをカードローン、中小消費者金融を「街金」としてどちらにメリットがあるか比較してみました。

 

金利や融資限度額の違い

金利面で比較すると、大手消費者金融は17.8%~18.0%とほとんど同じです。

 

消費者金融 金利(実質年利) 融資限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短30分
モビット 3.0%~18.0% 800万円 審査時間:10秒簡易審査

 

銀行カードローンの場合は、銀行独自の審査基準で融資をしているので、住信SBIネット銀行のように金利0.99%~14.79%、融資限度額が最大で1,200万円という超大型のカードローンもあれば、新生銀行カードローン「レイク」のように金利4.5%~18.0%、融資限度額500万円というような大手消費者金融とほとんど同じというカードローンが有ります。

 

インターネットの口コミなどでも比較よく知られている「街金」の場合も、金利、融資限度額は業者によって大きな違いがありますが、上限金利は最大20.0%(10万円以下)のところが多いようです。

 

業者名 金利 融資限度額
セントラル 4.8%~18.0% 300万円
フタバ 14.959%~17.950% 50万円
ライフティ 8.0%~20.0% 500万円
ユニーファイナス 12.0%~17.95% 300万円
フクホー 7.3%~20.0% 200万円

 

融資限度額も50万円までと言うところや、多いところで300万円500万円という「街金」もありますが、「街金」で高額融資は金利が高いのでおすすめできません。

 

ちなみに、一括返済で借りる場合は、利息が大きな負担になることはないので、返済回数が多かったり、長期化したりする場合は注意が必要です。

 

融資対象者の違い

カードローンの融資対象者は、主にキャッシングが初めてという人を対象にしており、一般的には信用情報機関の個人情報に何も記載されていない(キャッシング経験がない)という人なら安心して申込が出来ます。

 

一方、「街金」は、大手の審査に通らなかった人や、すでに複数社から借入をして多重債務になっている人、一部の中小消費者金融は、金融ブラックと呼ばれる人や延滞を起こした事があるような人も顧客対象としています。

 

「街金」のサービス内容は、大手と似たような内容ではあるものの、申込みや借入方法、返済方法に手間がかかるとか利便性が悪い、審査基準がややあいまいという場合が多いようです。

 

即日融資は可能?

 

キャッシングを申込む方法は、大手に限らず中小消費者金融もインターネット申込が可能なところが増えています。

 

「街金」地域密着型で地元を中心に貸金業を行っていましたが、最近ではインターネット申込を取り入れるようになった事から、融資エリアは地元だけでなく、全国展開をするようになった業者が増えています。

 

ただ、インターネット申込は24時間365日何時でもできるのですが、即日融資で借りたい時は、来店契約になるところが多く、申込はどこからでも可能ですが、即日融資は厳しくなります。

 

大手消費者金融の「プロミス」や「アコム」「アイフル」「モビット」や、一部の銀行カードローンは振込キャッシングが可能な事や、自前の自動契約機があるので365日いつでも即日融資が可能です。

 

借入・返済方法の違い

キャッシングの利用で、検討しなければならないのが利便性です。キャッシングの契約をすると借入や借りたお金の返済で利用期間が長くなります。借入や返済に提携ATMなどが自分の生活環境の中にあれば、会社の行き帰りや買い物ついでに利用できるので、日常生活でも不便さは感じません。

 

しかし「街金」の多くは、借入する都度申込書の記入が必要なところや、返済方法が銀行振込しかないという場合が多く、長期間になれば意外と、それがストレスになることがあります。

 

利便性から比べた場合、やはり大手カードドーンの方が有利で、返済方法もインターネット返済や口座振込、全国の提携ATMが利用できるので、手間がかかりません。

 

カードローンと街金どちらが借りやすい?

大手消費者金融や銀行カードローンの審査は、申込書に記入した内容や、信用情報機関の個人情報を基に審査を行います。審査の方法は、コンピューターを使い、過去の膨大なデータから申込書に記入した項目や個人情報に点数をつけていきます。

 

その総合点によって点数が高ければ希望通りの融資が受けられますし、点数が低ければ融資限度額を下げられたリ、さらに一定の点数に到達しないと融資を断られたりします。

 

大手のカードローン審査はこのように、コンピューターで審査を行うので、少しでも条件をはずれるとすぐに落とされてしまいます。

 

一方「街金」の審査はコンピューターを使った機械的な審査ではなく、対面形式または電話での審査になります。「街金」融資対象者は大手で審査に通らなかった人や、金融ブラックと言う人も対象になっているの、担当者との電話や面談で融資が可能かどうかを決定します。

 

審査基準はそれぞれの「街金」で違いはありますが、カードローンの審査は信用情報機関に事故履歴などが記載されていると、それが解った段階で落とされてしまいます。

 

しかし、「街金」の審査は過去のそういった事にとらわれず、現在の生活状況や収入状況を聞き取り、返済が続けられるという事が判断できれば、融資額は少なくなりますが融資をしているところがあります。

 

街金で安心して借りるには

大手消費者金融や銀行カードローンは、名前もよく知られているので、安心や安全が気になる方は、大手のカードローンを選べば何の心配もありません。

 

しかし、大手では審査が通りにくいもしくは通らないとわかっているのなら「街金」を選ぶのもひとつの方法ですが、「街金」を利用する時、注意しなければならない事があります。それは「街金」の中に「闇金」が入り混じっているという事です。

 

「闇金」の顧客対象も「街金」と同じで、インターネット上でも広告宣伝などをして顧客を集めているので見分けがつきにくく、間違って「闇金」に手を出してしまったという人もいます。

 

そうならない為にも「街金」と「闇金」を区別する必要があります。区別する方法のひとつに、金融庁のホームページにある「登録貸金業者情報検索サービス」から調べることが出来ます。

 

正規の貸金業者は貸金業を行う際に、都道府県知事へ届け出を出して登録番号をもらわなければなりません。正規の登録業者はこの登録番号が与えられています。「登録貸金業者情報検索サービス」は正規の業者はすべて登録されているので、ここで調べることが出来ます。

 

検索方法は、利用しようと思っている業者の、登録番号や名称、住所、電話番号、代表者名などを控えておきます。次に、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」へ入り、控えた内容の一部でもよいので入力すれば検索が始まり、該当する業者があれば業者名が表示されます。

 

もし、控えた内容で業者名が出てこなかったり、違う業者名の時は「闇金」の可能性もあったりするので、怪しいと思った時は申込をしないようにする意志も大切です。また日本貸金業協会のホームページの「悪質業者の被害にあわないために」のページにある「クイック検索」でも調べる事が出来ます。

 

「街金」利用しようと思う時は、まずはこれらを利用して「闇金」でないかどうかを調べる事が重要になります。

 

まとめ

お金を借りる時、カードローンの利用が出来れば、何の問題もありませんが、借り易いからと言って最初から「街金」を申込むのはおすすめ出来ません

 

キャッシングの申込をいきなりしてしまうと申込ブラックになる可能性があるので、まずは、大手消費者金融や銀行カードローンの借入前診断などを利用して、自分の状況で借入が可能かどうかを調べる事や、サポートセンターへ電話を入れて、融資が可能かどうかを担当者に相談するのもひとつの方法です。

 

これらすべてで、融資が厳しいとわかった時に「街金」へ申込むようにしましょう。

 

「街金」はカードローン審査に落ちた方や、過去に自己破産、債務整理をしたことがある方、職業などの属性に自信がない方でも利用で出来る業者です。

 

「街金」は法律を遵守しながら、独自で設けている審査基準をもとに柔軟な対応をしている業者が多いため、カードローンよりも審査に通過しやすい業者が多いのが特徴です。街金の利用を検討する場合は、間違っても「闇金」などに手を出さす、時間をかけて探せば、きっと融資をしてくれる業者も見つかるはずです。


×