今すぐお金を借りる方法

レイクでお金を借りるには?

新生銀行カードローン「レイク」のサービスに「選べる無利息期間サービス」が利用できます。「レイク」は2タイプの無利息期間から選べるので、うまく利用できれば大変お得なキャッシングが出来ます。

 

「レイク」は即日融資に対応している数少ない銀行カードローンのひとつで、「今すぐお金が必要」と言った場合でも、申込をすれば、その日のうちにお金が借りられるという利便性も備えています。

 

 

 

レイク

 

 

レイクのスペック

実質年利 4.5%~18.0%
融資限度額 最大500万円
申込条件 20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方で、当社基準を満たす方

 

「レイク」のスペックは、金利4.5%~18.0%、融資限度額は最大で500万円までとなっています。「レイク」は総量規制の対象外になり、消費者金融のように年収による制限がないので、現在年収の3分の1を借入している方でも、条件次第で借り換えや、新たな借入が可能です。

 

レイクの申込方法

「レイク」の申込方法は、パソコンやスマホを使って、ホームページから申込む方法、自動契約機から申込む方法、電話、郵送の中から選べます。

 

「レイク」は即日融資も可能で、即日融資で借りたい場合は「郵送」以外を選びましょう。

 

中でもインターネット申込は24時間どこからでも申込が出来るので、人気のある申込方法になっています。

 

 

「申込」から「融資」までの大まかな流れは、

  1. ホームページの「お申し込み開始」アイコンから入ります。

    「レイク」の申込が他社と違うのは、8時10分~21時50分の間か、毎月第3日曜日は8時10分~19時の時間内なら審査結果を「申込み後の画面に直接表示」してくれるという事です。

     

    一般的に審査の結果は電話かメールでの連絡が多いのですが、仕事中だと出られなかったりすることもあるので、この方法はとても便利なシステムです。

  2.  

  3. 契約

    平日の14時までに申込みを済ませ、必要書類の確認が完了していれば、本人名義の銀行口座への即日振込が可能です。(※審査結果によっては即日振込で契約できない場合もあります。)

     

    手続きが14:00までに完了しない場合は、翌営業日の振込になりますが、ネット上で申込を済ませておき、無人契約機へ行って本審査を受け、審査完了後にカードを発行してもらうという方法もあります。無人契約機は通常8:45~21:00、第3日曜日は8:45~19:00の営業時間となっているので、その間に審査が受けられるので、手続きが14:00を回っていても心配する必要はありません。

 

 

レイクの審査はどうなっている?

新生銀行カードローン「レイク」の貸付け条件は、年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する個人のお客様で保証会社(新生フィナンシャル㈱)の保証を受けられる方で原則安定した収入のあるお客様となっているので、安定した収入があれば、パート、アルバイトでも審査を受けることは可能で、高齢者にも対応した銀行カードローンです。

 

反面、口コミの中には「レイクは審査に厳しい」と言う書込みもあるので、「申込をしても審査に通るか不安」と感じる方もいます。レイクの審査は、収入だけで判断するのではなく、職業や勤続年数、家族構成、信用情報などから総合的に判断します。

 

ですから、「他社の審査に落ちたけどレイクの審査は通った」という方もいれば、反対に「レイクの審査に落ちたけれど、他社で借りられた」という事もあります。審査基準についてはどの金融機関も非公開となっており、実際に申込をしてみないと分からない部分でもあります。

 

「レイク」は条件さえ満たせば、誰でも即日融資で借りられる銀行カードローンです。しかし「誰でも」といっても、無条件での融資が受けられるわけでもありませんし、お金を貸してもらう為には、レイクの審査を通過しなければなりません。この審査さえ通過すれば、お金が借りられます。

 

レイクの審査に通過するにはいくつかの条件を満たしておく必要が有ります。

 

安定した収入がある事

レイクの融資条件は安定した収入のあることが絶対条件となっています。ですから、もちろん収入のない無職の方は申込できません。当然ですが借りたお金は返さなければならないので、当然無職の人は返せる見込みがないので審査に通る事はありません。逆に言えば、安定した収入さえあれば、パートをしている主婦でも、アルバイトをしている学生でも融資が受けられるという事になります。

 

「レイク」の審査は職業形態に影響される事はないので安心して申込が出来ます。融資限度額は審査によって決まりますが、「レイク」は総量規制の対象外になるので、年収の制限は受けません。毎月の給料が低い学生の方でも借入は可能ですし、審査に通れば年収の3分の1を超える融資も可能です。

 

 

他社の借入状況

「レイク」が審査でチェックするのは、他社からの借入で、いくら借りているかが重要になります。他社借入が大きかった場合、審査に通らなかったという口コミもあります。ただ、「他社で借りているから絶対に落ちる!」というものではなく、返済状況が良ければかえって信用度も高くなるので審査に通る可能性が高くなります。

 

 

社会的信用も大事

高収入であっても、審査に落ちてしまうことがあります。それは、社会的信用の部分での審査です。高収入であったとしても、短期間にいくつも職場を変わり、現在の職場に勤め始めてから1ヶ月しか勤務していないとか、きちんとした住居がないとかいう場合のように社会的な信用面も対象になります

 

 

レイクも他社も審査内容はほとんど変わらない

実際に「レイク」の審査が緩いかと言うと、審査内容は、他の消費者金融や銀行とそれほど変わりはありません

 

新生銀行もそうですが、銀行のカードローンはキャッシングに関しては、消費者金融が保証会社となり、そのノウハウを提供してもらい審査にも利用しています。保証会社が同じグループ内の消費者金融や、信販会社なので、銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも審査方法はあまり変わりが無い様になってきています。

 

レイクの利息は?10万円借りたときの支払いシミュレーション

 

↑レイク公式へ↑

 

お金を借りる時は、無理なく返済を続ける事が理想的です。其の為にも、毎月返済に充当できるお金を知った上で、借りる事が重要です。

 

そのために利用したいのが「返済シミュレーション」です。「レイク」のホームページに「返済シミュレーション」が有るので、借入前に利用する事をおすすめします。

 

 

「レイク」の返済シミュレーションは簡単な入力だけですぐ結果が解ります。「返済シミュレーション」は無利息ローンを利用する場合と、利用しない場合の両方で調べる事が出来ます。

 

たとえば、初めて「レイク」を利用する方は、まず「返済プランを立てたい」をクリッックします。続いて無利息ローンの選択では30日間無利息を選びます。

 

続けてご希望契約額に「10」を入力して「シミュレーションする」をクリックすると、すぐ下に「毎月の五年債金額」として3,000円、「ご返済回数」は46回と出てきます。

 

無利息期間サービスを使わない場合は「ご利用中の方」をクリックします。続いて「ご利用残高」に「10」を入力して、貸付利率に「18」を入力して「シミュレーションする」をクリックすると、すぐ下に「毎月のご返済金額」に3,000円、「ご返済回数」に47回と表示されます。

 

同じく「ご利用可能額が知りたい」では毎月の返済額を決める事で、いくらまで借りられるかがすぐわかります。操作は「毎月のへご返済金額」を入力する以外、ほとんど変わる事はありません。自分の生活環境ならいくらまで返済が続けられるか、という事が解っている方はこちらからシミュレーションすれば、無理なく返済できるお金が解ります。

 

ちなみに、その下にある「返済表をご確認」をクリックすると、回数ごとの利息や返済後の残高、利息後合計などを詳細にみることが出来ます。「新規お申込の方と」「ご利用中の方」では無利息期間の選択が有るかないかだけの違いです。

 

レイクって増額は可能?

レイク増額

 

「レイク」を長らく利用していると、「今の限度額が少ないけれど、増やす事はできないのかな?」と思う方も少なくありません。そう思った時は、増額で限度額を増やす事が可能です。「レイク」の限度額を増やすには、「レイク」からの案内を待つ方法と、こちらから申込む方法があります。

 

「レイク」から増額の案内が有った時は、会員専用ページで確認できます。レイクATMを利用した時にその画面に出て来る場合もあります。画面に増額の可能額が表示されていれば、そのまま画面の案内に従って増額手続を進めるだけです。

 

それ以外にも、たとえば「100万円まで増額審査を受ける事が出来ます」というような増額案内がある場合は、希望限度額を提示して、再審査を受ける事もできます。

 

増額申請の方法は、インターネットの会員専用ページで、増額案内の確認をしてから申込む方法や、電話で問い合わせをして増額の申込をする事も可能で、審査に受かれば限度額を増やせます。

 

こちらから増額申請をして、これから審査を受けるという場合は、多少日数がかかりますが、すでに増額の可能額を提示されている場合は、簡単に増額は出来るので、増額を希望するのなら、どの方法でも増額申請をする事が出来ます。

 

 

レイクの増額は思っているほど難しくない

消費者金融の場合は、総量規制の制限で「融資限度額は年収の3分の1以内」と決められているので、いくら多くを借りられても、その範囲を超える事ありません。

 

例えば年収300万円の方であれば、利用限度額は最大で100万円までとなります。ただし、初回契約時の限度額は30万円とか50万から始まるので、増額を重ねる事で、最終的に100万円まで増やせます。

 

もう1つは、銀行カードローンのように、限度額を自由に決められる場合です。キャッシング会社は申込が有れば、いくらまで貸せるかという審査をします。収入や居住形態、家族構成を把握した上で審査をし「これくらいなら返済できるだろう」という金額を算出します。

 

限度額は増やしやすいというのは、後者の限度額のことで、「レイク」も最初から多くのお金を借りる事は出来ませんが、継続的に利用を続け、その都度きちんと返済していれば増額してもらうのはそれほど難しい事ではありません。

 

他社大手消費者金融と比較して見える、レイクのメリット・デメリット

メリットデメリット

 

「レイク」を利用したい時は、金利なども含めて他社との比較をし、「レイク」のどこが優れているのかをチェックし、納得してから申込をするのがポイントです。

 

 

レイクのメリット

キャッシングは審査に通らなければ、申込をしても何の意味もありません。キャッシングの審査はリスクを回避するため、金利が低くなるほど厳しくなります。レイクの金利は、他行と比べて少し高めの設定になっていますが、そういった意味から「レイク」は審査に通りやすい銀行カードローンと言っても過言ではないでしょう。

 

銀行カードローンの中でも数少ない即日融資が可能なカードローンで、大手消費者金融や「バンクイック」「レイク」が即日融資に対応しています。他にも即日融資が可能な銀行カードローンもありますが、その場合は口座を持っている必要が有るという制限がありますが、「レイク」はどこの吟行口座を利用する事も可能なので、審査に通ればすぐにお金が振り込まれるという利便性に優れています。

 

 

無利息サービスが利用できるのは、大手消費者金融の「プロミス」や「アコム」「アイフル」になりますが、無利息期間が選べるというのは「アコム」だけです。

 

レイクの無利息期間

 

レイクの無利息期間が利用できるのは、初回契約時の人に限られます。ひとつは500万円以内なら30日間無利息期間が利用できる方法と、5万円以下の借入なら180間の無利息サービスのどちらかを選ぶ事が出来ます。

 

このサービスは、既にレイクと契約をした事のある人に対しては適用されませんので、サービス期間を過ぎてしまった人は利用できないので、注意が必要です。

 

無利息期間サービスは、契約の翌日からとなっているので、契約後10日に借入をすると、無利息期間は残り20日になります。また無利息期間内に借入れをして、返済が無利息期間から10日後になると、10日分は通常の利息が加算されることになります。

 

180日間無利息サービスの期間中は、5万円以下の借入なら、何度でも無利息で利用できるので、少額の借入れを繰り返し行う場合は、大きなメリットになります。30日間の無利息は、利用限度額が1万円~500万円までの範囲となります。30日の無利息期間が過ぎると、通常の金利である4.5%~18.0%が適用されることになります。

 

 

提携ATMが無料で使えるのは、銀行カードローンの強み

 

消費者金融は借入や返済でATMを利用すると、利用手数料が必要になりますが、「レイク」はATMの利用手数料を無料で利用できます。

 

 

唯一のデメリットはレイクの金利

「レイク」は新生銀行のカードローンになるのですが、金利を見ると4.5%~18.0%と消費者金融並みの金利になっています。他社の金利を見てみると、プロミスは4.5%~17.8%、アコムは4.7%~18.0%、アイフルは4.5~18.0%と、金利を比較すると、大手消費者金融とほとんど差がなく、金利面からみると大きなデメリットかもしれません。

 

しかし、即日融資という高いリスクが有る事を考えると、仕方のない事かもしれません。キャッシング会社の良し悪しは、金利や限度額はもちろん重要ですが、その他の部分も含めて総合的に判断する必要があります。

 

 

レイクレイク

 

 

  大手消費者金融一覧