消費者金融VS銀行カードローン借りるならどっちが良い?徹底比較!

消費者金融VS銀行カードローン借りるならどっちが良い?

お金を借りたいと思った時は、キャッシングを申込めば手軽にお金が借りられます。

 

キャッシングの申込は、大きく分けると

  • 銀行系
  • ノンバンク(消費者金融、信販会社など)

に別れます。

 

総量規制で大きな違いがある

銀行とノンバンクで大きく違うのは、総量規制の対象になるのか対象外になるのかとところで、ノンバンクは総量規制の対象になるのに対して、銀行は総量規制の対象外になります。

 

総量規制で何が違うのかと言うと、総量規制は主にノンバンクに課せられた法律で、ノンバンクが融資する時は「年収の3分の1以内」という制限を受けます。そのため、お金を借りたいと思った時は、消費者金融へ申込む方がよいのか、銀行カードローンの方がよいのか、自分の環境ではどちらがよいのかを考え選ぶ必要があります。

 

消費者金融の特徴

大手消費者金融のキャッシングは、どの業者でもスピード審査に優れています。

 

消費者金融 金利(実質年利) 融資限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短30分
モビット 3.0%~18.0% 800万円 審査時間:10秒簡易審査

 

ほとんどの場合、審査は最短30分で終わるので、平日なら午後2時までに契約や振込手続きが完了していれば、即日振込でお金が借りられます。

 

大手消費者金融なら全国に無人契約機を配置しているので、銀行の営業時間外でも土日。祝日も営業しているので、無人契約機でカードを発行してもらえれば365日、即日融資でお金が借りられます。

 

消費者金融は、振込みによる融資だけではなく、コンビニATMやネットキャッシングを使ったキャッシングにも対応していますし、返済も、ネットバンキングやコンビニATM、口座引き落としなど多くの種類が用意されているので、自分の環境に合わせた返済方法が選べます。

 

消費者金融は銀行カードローンと比較すると、自由度が高く、審査や融資のスピードが早いことが消費者金融の特徴といえます。

 

消費者金融のデメリットと言えるのが、総量規制の対象になっているという事です。総量規制の制限は「融資限度額は年収の3分の1位以内」という制限があるという事です。

 

たとえば、年収450万円ある場合、消費者金融などのノンバンクからの借入限度額は、最大で150万円以内になります。この金額は1社だけではなく、他社からの借入をしている時はその合計金額になります。

 

総量規制によって、融資を受けるには年収が必要になったため、主婦や、年期だけで生活をしている人が申込をする時は、パートやアルバイトなどで収入がなければ申込が出来ないというところがほとんどです。

 

銀行カードローの特徴

銀行のカードローンは、その名の通り、銀行が取り扱っている金融商品で、カードローンを扱っているのはメガバンクから都市銀行、信用金庫、最近ではネット銀行など、あらゆる銀行がカーローンに積極的に取り組んでいます。カードローンは他の金融商品と違い、担保や保証人が不要なので、手軽に申込が出来ます。

 

銀行が消費者金融と違うのは、総量規制の対象外なので、融資限度額は年収による影響はありません。ですから、銀行はそれぞれが独自の審査基準を持ち、金利や融資条件を決めているので、審査に通れば年収に関係なく融資が受けられます。

 

 

参考までにメガバンクと呼ばれている、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンの基本スペックは

銀行カードローン 金利(実質年利) 融資限度額 即日融資
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 500万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円 ×
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 500万円

 

となっていて、消費者金融と違って銀行カードローンは自社の審査基準で金利や融資限度額を決めているので、大手消費者金融では18.0%前後がほとんどですが、銀行カードローンの低いところは0.99%~14.79%、高いところで4.5%~18.0%と、消費者金融並みのところもありますが、平均して14.0%で借りられます。

 

消費者金融は総量規制で、年収がなければ申込は出来ないので、総量規制の「例外」になる「配偶者貸付」を取り入れている業者意外は、無収入の専業主婦はキャッシングの申込が出来ません。

 

しかし、銀行のカードローンの中には、専業集専用の商品を用意している銀行が有ります。本人(主婦)に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば、限度額内で借入することができます。

カードローン名 金利(年) 融資限度額 即毎月返済額
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで 3,000円~
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで 2,000円~
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで 2,000円~
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6% 30万円まで 2,000円~
みずほ銀行カードローン 14.6%~ 30万円まで 2,000円~

これらのカードローンなら、専業主婦でも安心して申込が出来ます。

 

銀行カードローンと大手消費者金融どちらがおすすめ?

銀行カードローンと大手消費者金融を比較した時

  • 大手消費者金融は即日融資が可能だけど、銀行に比べて金利が高い
  • 銀行カードローンは金利が低いけれど、審査が厳しく時間がかかる
  • 消費者金融は総量規制の対象で、銀行カードローンは総量規制の対象外

これらの事を基にして借入先を選ぶ事になります。

 

キャッシングが初めての方

初めてお金を借りる人は、銀行カードローンで借りる方が安心です。

 

大手消費者金融のように、名前がよく知られた消費者金融なら安心ですが、インターネットの宣伝だけを見て、名前も聞いたことがないような消費者金融へ申込むのは、危険を含んでいます。
初めてキャッシングを申込むという方は、銀行カードローンを申込めば、トラブルに巻き込まれるという心配はありません

 

無収入の専業主婦は銀行カードローンをおすすめ

消費者金融の中には、総量規制の「例外」にあたる、「配偶者貸付」を取り入れている業者もいるので、そこなら専業主婦でも申込は可能です。

 

ただし、その場合、申込は本人名義で申込む事は出来ませんし、配偶者の了解を得る事や、配偶者の勤務先に在籍確認の電話がかかってくる事もあります。

 

本人名義で申込をする場合は、パートなどで収入を得ている必要があります。

 

銀行カードローンの専業主婦の商品が用意されているカードローンは、ほとんどの場合配偶者に年収が有れば本人名義で申込が出来ますし、配偶者の収入証明書類を提出する必要もないので、専業主婦は銀行カードローンがおすすめです。

 

審査に自信がない方は消費者金融がおすすめ

収入がそれほど多くないパートやアルバイトの人や、転職して日が浅いなど審査に通るかどうか心配という方は、審査の緩い消費者金融がおすすめです。

 

銀行に申込をしても、審査に通る可能性が少ない人でも、消費者金融の審査なら通る可能性はあります。実際口コミなどでも「銀行はダメだったけれど消費者金融の審査に通った」と言う書き込みも多いので、消費者金融なら属性が少しくらい低くても心配する必要はありません。

 

ただし、銀行カードローンに比べて金利が少し高くなる事や、融資限度額は年収の3分の1位以内になるのでそれ以上のお金は借りられないという事を知っておく必要があります。

 

今すぐお金を借りたい人は消費者金融で

即日融資は銀行のキャッシングやカードローンでも可能ですが、ノンバンクと比較すると、条件が厳しくなります。その銀行の口座を持っている必要が有ったり、審査結果は翌日に回答という事もあります。

 

契約は書類が郵送になるので時間がかかる場合も多いです。その点、大手消費者金融は、無人契約機が利用できるので、無人契約機を利用すれば銀行の営業時間外や土日、祝日でも即日融資が可能です。

 

急いでいる人は消費者金融のキャッシングがおすすめです。

 

まとめ

大手消費者金融の場合はサービス面も含めて、それほど差がないのでどこを選んでもそれほど大きな違いはありません。

 

銀行カードローンはメガバンクから信用金庫まで、ほとんどの銀行がカードローンを取り扱っており、カードローン顧客の獲得に努力しています。そのため、時間をかけて調べれば、金利やサービス面も含めて、思わぬ好条件のカードローンを見つけられる事もあります。

 

銀行カードローンなら、名前を聞いたことがないような信用金庫でも安心してキャッシングが始められます。キャッシングの申込を検討している方は、まずは銀行カードローンから調べてみる事をおすすめします。


×