レイクから確認電話がかかってくるタイミングは?

レイクから確認電話がかかってくるタイミングは?

レイクに限らず、カードローンの申し込みは、どこへ申し込みをしても、勤務先に努めているかどうかの確認電話があります。レイクの場合、在籍確認の確認電話は審査の最後に「職場への電話連絡」という形で行われます。

 

「在籍確認の電話が会社へかかってくるのは困る」という理由で、カードローンの申し込みを躊躇している方も少なくありませんが、在籍確認の電話は「思っているほど気になるものではない」という事を紹介したいと思います。

 

 

≪目次≫

  1. 在籍確認は安定した収入があることを証明するもの
  2. レイクの確認電話のタイミング
  3. 在籍確認の方法
  4. 土日祝日に審査を受ける時の在籍確認は?
  5. 在籍確認の電話は審査の最終段階
  6. まとめ

 

 

在籍確認は安定した収入があることを証明するもの

カードローンの申込があった時、金融会社としては、申込者にお金を貸しても返してもらえるかどうかが一番重要になります。

 

その判断基準として、毎月安定した収入があり、貸したお金の返済ができるのは、定職についていなければ返済を続けることが出来ないので、申込書に記入した勤務先に間違いなく勤めているかを電話で確認します。

 

レイクの確認電話のタイミング

審査におけるレイクの確認電話は、在籍確認だけでなく何回かあります

 

1回目の電話は申込みの確認電話で、申込書を送信→本人確認電話→仮審査の結果連絡という流れで、最初の電話は申込書を送信した後、本人宛にかかってきます。申込書で固定電話と携帯電話の両方を申告していれば、基本は携帯の方にかかってきます。

 

また、仮審査が終わった後も審査結果の連絡が携帯電話にかかってきます。

 

続いて、仮審査の連絡→本審査(必要書類の確認と在籍確認)→契約という流れの中で、在籍確認の電話があります。

 

通常はこちらが時間を指定することもありませんので、電話口に出なくてもかまいません。こちらも電話を意識して待っている必要はないので、いつも通りに仕事をしていても大丈夫ですし、外出も自由にできます。

 

在籍確認の方法

在籍確認は、申込をした金融機関の担当者が会社へ電話をかけて確認をします。

 

消費者金融からの電話ではなく、銀行からの電話なので気にすることもありませんが、確認電話は金融機関の名前は出さずに個人名で「□□と申しますが、○○さんはおられますか?」というように電話を掛けてきます。かかってきた電話に本人が出る必要もありません。

 

外出中の時や会議中の時は「○○はただいま外出しております」とか「○○は会議中なので電話を取り次げません」といった答えが得られれば在籍確認は終わりますので、それほど気にする事はありません。

 

どうしても気になるという方は「クレジットカードの申し込みをしたから電話がかかってくるかもしれない」と伝えておけばさらに安心です。

 

土日・祝日に審査を受ける時の在籍確認は?

レイクは土日・主日でも審査を受けることが出来るのですが、勤務先や職場が休みだった場合の在籍確認はどうなるのか気になるところです。

 

土日、祝日は会社が休みのところも多いですから、これらの休日は休業している会社の場合、在籍確認の電話連絡をしても、誰も会社にいないため、申し込み者が会社にきちんと在籍していることの確認ができません。このような場合、在籍確認ができない事になりますが、きちんと契約をしてお金を借りることができます。

 

審査内容や状況によって明確にどうという事はできませんが、在籍確認の連絡がつかない場合は、担当者から電話が入るので、その後の流れについては担当者と相談という事になりますが場合によっては、代替え処置として土日、祝日など休日の場合、社会保険証や社員証、給与明細書の写しで行ってもらえる場合があるようです。

 

在籍確認の電話は審査の最終段階

審査は、申込書の記入内容と信用情報機関をもとにして審査がおこなわれます。インターネット申込の場合は、仮審査という形で審査結果や融資限度額が知らされ、その後本人確認書類や場合によっては収入証明書類を提出すれば本審査が始まります。

 

書類確認が終わった段階で在籍確認の電話がかかってくる事になるので、在籍確認の電話が有るということは審査に通る可能性が高いといえます。

 

まとめ

新生銀行レイクのカードローンを利用するためには、在籍確認をクリアする事は絶対条件です。 働いていることの確認が取れなければ、キャッシングは決してできません。会社へカードローンの申し込みをした事がばれないかという不安煽る在籍確認ですが、実際に受けてみれば何という事はないはずです。

 

どうしても不安な場合は、本人が出る必要がないので、時間を指定して、その時間に席にいないというのもひとつの方法です。それでも不安という方は、レイクの担当者に一言相談すれば何らかの方法を教えてもらえるかもしれません。

 

レイクは対応が柔軟なので、電話以外の方法で在籍確認を済ませてくれ場合もあるので、まずは担当者に相談してみる事をおすすめします。


×