jcbカードでキャッシング!クレジットカードでお金を借りる方法

jcbのクレジットカードでキャッシング!

 

JCBカードと言えば、ほとんどの方が知っているクレジットカードで、すでにJCBのクレジットカードを持っている人も多く、2014年の国内会員数は6.700万人、海外も含めると8.400万人の人が会員となっていて、国内加盟店数ナンバーワンと言う人気のあるクレジットカードです。

 

もちろんJCBカードは他のカードと同じく、ショッピング機能だけでなくキャッシング機能も備わったカードです。

 

そこで、JCBカードのキャッシング枠について、どれくらいまで借りられるのか、金利はどれくらいなのかなど、調べてみましたので、これからCBカードを申し込む予定の方は参考にして下さい。

 

 

≪目次≫

  1. JCBカードでいくらまで借りられる?
  2. JCBカードでお金を借りる
  3. 返済方法と金利
  4. キャッシングをする時の注意点
  5. まとめ

 

 

JCBカードでいくらまで借りられる?

JCBカードの利用可能枠は、ショッピング枠やショッピング枠があります

 

キャッシング枠はいくらまで利用できる?という事が気になりますが、キャッシング1回払い利用可能枠は20万円、海外キャッシングの場合は1回払い利用可能枠が50万円、リボ払い利用可能枠は30万円となっています。

 

注意が必要なのは、キャッシング枠で使用した金額は目に見えないため、知らない間に大きな金額を使ってしまったという方も多いようです。とくに50万円というような、あまり大きくない金の場合、旅行などで使うといつの間にか上限いっぱいまで使ってしまっていることもあります。

 

キャッシング機能を使う時はメモなどを使い「何にどれだけ使ったか?」を忘れないうちに書き留めておくのが上手な使い方です。

 

JCBカードでお金を借りる

JCBカードのキャッシング方法は、JCBカードの利用が可能ATMならどこでも利用が可能です。キャッシングの方法は簡単で、JCBカードが利用できるATMにカードを差し込み、暗証番号を入力し、キャッシング希望の金額を入金するだけでお金が借りられます。

 

銀行のキャッシュカードから預金を引き出すのとほぼ同じ方法なので、簡単に利用できます。

 

ATMから借りる以外に、あらかじめ口座の登録を済ませておけば、必要な額を自分の口座に振り込んでもらうこともできます。1万円単位で申込ができ、平日9:00~14:30までに申込をすれば、最短数十秒で振込が完了します。

 

振込手数料は無料なのでATMからの引出時に再度手数料を取られることはありません。振込サービスの申込は「MyJCB」または電話で依頼することができますが、電話の場合は自動的にリボ払いでの受付となるので注意が必要です。

 

キャッシングの場合、限度額が限られているため、限度額を超えての利用はできません。年収やカードの色(ゴールドやプラチナ、一般カードのランク)によってキャッシング枠は変わってくるので、自分のカードは限度額がいくらまで使えるのかを確認しておく必要があります。

 

返済方法と金利

クレジットカードのキャッシング機能を利用した場合、カードごとに違いがありますが、所定の金利手数料を支払わなければなりません。

 

たとえばJCBカードの場合、15.0%~18.0%となっており、消費者並みの金利設定になっています。

 

クレジットカードのキャッシング機能は手軽に借りられる反面、一度利用すると返済が辛くなるというデメリットもあります。

 

JCBカードの返済方法は3種類あるので、どれかを選ぶ必要があります。

 

 

ひとつは一括払い(1回払い)で、毎月15日までの借入残高を、翌月の10日に一括で返済する方法です。カード利用代金引落し口座から、金利により発生した手数料と合算した額を、一括で引き落としされる形となります、

 

つぎはリボ払いと言う返済方法で、リボ払い(リボルビング払い)とは、キャッシングで利用した借入残高がいくらになっても、毎月一定の額を返済していく方式です。残高が残っている限りは、常に金利手数料が発生する仕組みで、返済方法の中で、金利を含めた総返済額が最も多くなる返済方法です。

 

最後に、繰り上げ返済で返すという方法があります。キャッシングで借りたお金を返済する際に、繰り上げ返済が可能です。繰り上げ返済はリボ払いで返済をする時に利用できる方法で、リボ払いをしている人は少しでも早く支払うのがおすすめです。なぜなら、リボ払いの利息を安くして支払回数を減らすことができるからです。

 

キャッシング枠の金利は、高金利と言われる消費者金融とほぼ同じです。そのため、支払日が来るのを待つのではなく、早めに繰り上げ返済をすれば少しでも利息を減らす事が出来ます。JCBカードキャッシングの繰り上げ返済は、銀行やコンビニなどのATMからいつでも可能です。

 

キャッシングをする時の注意点

キャッシング枠の付帯には審査があります。JCBカードの申込条件は18歳以上となっていますが、それ以外に年収や他社からの借入状況などから総合的に判断し、キャッシング枠の有無や融資限度額が決まります。

 

ですから、申込をすれば誰でもキャッシング枠がもらえるわけではありませんし、審査に通らなければ、キャッシング枠を設定する事は出来ません

 

キャッシングの支払いを返済日に返済出来なければ、遅延損害金が発生します。遅延損害金の金利は通常よりも高い年率20.0%となっており、延滞した日数によって日割り計算されます。

 

さらに、遅延や延滞を繰り返すと、信用情報機関の個人情報に事故履歴として残ってしまい、5年~7年の間は、新たな借入やカードを作ることが出来なくなるので、キャッシングを利用する時は絶対に延滞を起こさないという気持ちが大切です。

 

まとめ

クレジットカードのキャッシング機能は、手軽にお金が借りられるので利便性に優れていますが、金利が高いというところがデメリットになります。1枚のカードでショッピングとキャッシングが出来るのもクレジットカードのメリットですが、金利や融資限度額を考えた場合、クレジットカードとキャッシングは別物と考える事をおすすめします。

 

クレジットカードのキャッシングを利用した場合、金利が18.0%と言うところも多く決して低いとは言えません。銀行カードローンの金利は平均すると140%~14.5%とかなり低い金利になります。

 

カードは別々になりますが、クレジットカードはショッピングだけに使い、お金を借りる時は金利の低いカードローンを利用する事をおすすめします。

×