いますぐお金が必要!債務整理をした人がお金を借りる方法

債務整理をした人がお金を借りる方法ってあるの?

カードローンの借入先が増えて多重債務になった人や、返済が出来なくなったため、ついには債務整理をしたという多くの人がいます。

 

事故内容によって違いますが債務整理をすると5~7年の間は、事故情報が消えないので、新たなカードローンの申し込みやクレジットカードを作る事ができなくなりますが、その間にお金を借りなければならなくなった時、どうすればよいのか悩んでしまいますが、任意整理や自己破産をした人でも融資をしてくれる業者があります。

 

消費者金融には、大手消費者金融や中小の消費者金融と呼ばれる貸金業者が存在しますが、中小消費者金融は、大手消費者金融や銀行で借入が出来なかった人を顧客対象としているので、過去に任意整理などを起こした人でも融資をしているところがあります。

 

中小消費者金融とはどんな業者なのかを紹介しますので「どうしてもお金が借りられない」と言う人は参考にして下さい。

 

 

≪目次≫

  1. 任意整理とは
  2. 大手消費者金融の審査に合格する事はない
  3. 中小消費者金融なら可能性はある。
  4. 大手とは違う中小消費者金融の審査
  5. 任意整理をしていても借りられる中小消費者金融
  6. 中小消費者金融を選ぶ時に注意する事
  7. 正規の貸金業者か調べる方法
  8. まとめ

 

 

任意整理とは

任意整理とは、借金の返済が続けられなくなった利用者が、司法書士や弁護士に債権者と交渉してもらい、払いすぎた利息の返還や、借金の減額、利息のカットなどを行うためにとる手続きです。

 

任意整理をしたけれど「どうしてもまとまったお金が必要になった」という理由で、新たな借り入れをしなければならない事もあります。金融機関から信用情報機関にその事実が通知され、個人情報に「事故情報」が登録され、いわゆる「ブラック」になります。

 

任意整理をすると、借金の減額や払い過ぎた利息を返してもらう代わりに、5年~7年は新たな借入が出来なくなり、カードローンやクレジットカードの申し込みをしても、ほとんどの場合に審査に通る事はありません。

 

大手消費者金融の審査に合格する事はない

大手消費者金融の審査はコンピューターを使ってスコアリングシステムで審査を行っています。スコアリングシステムとは申込に記入した内容と、信用情報機関の個人情報を基に点数を付けていきます。その合計点によって融資が可能か、貸すとしたらいくらまで貸せるかなどを判断します。

 

点数が高ければ、希望通りの借り入れも可能ですし、反対に点数が低ければ融資限度額を下げられたリ、低すぎると審査に通らない事もあります。

 

大手の審査方法はコンピューターを使うので審査結果はすぐにでますが、マニュアル通り進められるので、個人情報に金融事故などが記載されていると、その場で審査落ちになります。

 

さらに大手消費者金融のほとんどが銀行グループの傘下に入り、銀行カードローンで保証会社の一面を持っているので、借り易いと言われる大手消費者金融でも以前の様な無理な貸出しは行っていません。

 

中小消費者金融なら可能性はある。

カードローンと言えば、テレビコマーシャルでよく見かける、大手消費者金融や銀行カードローンが良く知られていますが、消費者金融には大手消費者金融だけでなく、中小消費者金融と呼ばれる貸金業者も存在します。

 

中小消費者金融とは、もともと地方都市に存在し、地元を中心にして地道に貸金業を営んでいる正規の貸金業者の事です。これまでは、地域密着型の事業を展開していましたが、インターネットの普及によって、インターネット申込を採り入れ、顧客対象を地元だけでなく、全国からの申込を受け付けるところが多くなりました。

 

大手とは違う中小消費者金融の審査

繰り返しになりますが、中小消費者金融は、大手消費者金融や銀行で借りる事が出来なかった人を顧客対象にしています。もちろん中小消費者金融も審査基準に基づいた審査を行っていますが、中小消費者金融の審査は、コンピューターを使った審査ではなく、以前から行われている対面式や電話での審査を行っています。

 

対面形式の審査なら、「なぜ任意理をしたのか」とか「現在の収入状況はどんな状況か」「家族構成はどうなっているのか」というような細かいところまで質問され事もあります。

 

その上で現状の生活環境や今の収入状況に問題がなければ、過去の事にとらわれず融資をしていますし、大手で融資が受けられなかった人に対しても、積極的に融資をしているところが多いです。

 

任意整理をしていても借りられる中小消費者金融

 

中小消費者金融 登録番号 金利

融資限度額

三中央リテール 京都知事(2)31283号 10.95%~13.0%

最大500万円

ユーファイナンス 東京都知事(4)第29876号 7.30%~15.0%

最大700万円

セントラル 四国財務局長(7)第00083号

第001473号

4.8%~18.0%

最大300万円

ライフティ 東京都知事(5)第28992号

第005552号

8.0%%~20%

最大100万円

フクホー 大阪府知事(04)第12736号 7.3%~18.0%

最大200万円

 

など代表的な中小消費者金融ですが、インターネット上には数多くの中小消費者金融が自社のサイトを立ち上げているので、自分に適した中小消費者金融が選べます。

 

中小消費者金融を選ぶ時に注意する事

 

大手消費者金融のように名前の知られたところへ申込むのなら、何の心配もありませんが、名前も知らない中小消費者金融へ申し込む時は、注意が必要です。それは中小消費者金融に混じって「ヤミ金」と呼ばれる業者が存在する事です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、間違って「ヤミ金」などに手を出してしまうと、取り返しがつかなくなってしまい、警察や弁護士のお世話にならないと解決しないという事になってしまいます。

 

正規の貸金業者か調べる方法

貸金業を営む場合、法律で国や都道府県に貸金業としての登録をすることを義務付けられています。また、貸金業者が広告を掲載する時は、登録番号や商号、所在地、代表者名、代表電話番号などを必ず明示しなければならない事になっています。

 

調べる方法は、利用したい業者の登録番号や商号など広告に記載されている内容を控えておきます。

 

続いて金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」から、登録番号や商号、所在地、代表者名を入力して検索すると、該当する貸金業者があればそれが表示されます。検索結果の内容と広告の記載内容が違うときは正規の消費者金融ではありません。

 

またヤミ金をデータベース化したサイトも数多くあるので、面倒でもそれらを使って見分ける方法もあります。日本貸金業協会でも業者名、電話番号、住所、FAX番号を入力するだけで「悪徳業者の検索」が可能なので、怪しいと思った時は調べてみる必要があります。

 

まとめ

多くの中小消費者金融は、大手で借りられなかった人や、金融ブラックでも積極的に融資をしています。

 

大手消費者金融のように、マニュアル通りの審査ではなく独自の審査基準を持ち、融通性を持たせているので、過去に金融事故があったとしても、現況から判断して、返済が可能なら融資をしてももらえます。

 

さすがに、初回の融資限度額は高くはありませんが、とりあえずお金を借りなければならないという人は、中小消費者金融まで範囲を広げて探せば、きっと融資をしてくれるところが見つかるはずです。

 


×