今すぐお金が必要なときにお金を工面する方法

今すぐお金を工面する方法【職業別】を丸ごと解説

 

今すぐお金が必要!誰でもそのような状況になれば焦ります。まして今日中にお金を工面しなければならないとなれば、「すぐに借りられるのならヤミ金でもいい!」と思ってしまうかもしれません。

 

ですが、そんな時こそひと呼吸おいて冷静に判断しましょう。

 

ここでは、職業別やケースごとに異なる場面で、お金を工面する方法をまとめましたのでご参考ください。

 

今すぐお金借りる早見表

  当サイトおすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 500万円 申込
アコム
アコム
3.0%~18.0% 800万円 申込
レイクALSA
4.5%~18.0% 500万円 申込
アイフル
3.0%~18.0% 800万円 申込
楽天スーパーローン
1.9%~14.5% 800万円 申込

「※当社調べ」

 

今すぐお金が必要 無審査でも借りられるの?

無審査で借りられるのは、冒頭でお伝えした通り「ヤミ金」です。お金を借りるには、審査が必ず必要です。

 

消費者金融、銀行、中小消費者金融(街金)...どこで借りても審査に通らなければ融資をしてもらえません。返す見込みのない人に、貸してくれるところはないのです。

 

緊急に今すぐお金が必要な人にとっては、藁にもすがる思いで貸してくれるならどこでもいい、と思うのかもしれません。しかしながら、ヤミ金は最終手段ではありません。

 

ヤミ金には頼らずともお金を借りる方法は、あります。

 

債務整理をした人がお金を借りる方法ってあるの?

カードローンの借入先が増えて多重債務になった人や、返済が出来なくなったため、ついには債務整理をしたという多くの人がいます。

 

事故内容によって違いますが債務整理をすると5~7年の間は、事故情報が消えないので、新たなカードローンの申し込みやクレジットカードを作る事ができなくなります。

 

その間にお金を借りなければならなくなった時、どうすればよいのか悩んでしまいますが、任意整理や自己破産をした人でも融資をしてくれる業者があります。

 

消費者金融には、大手消費者金融や中小の消費者金融と呼ばれる貸金業者が存在しますが、中小消費者金融は、大手消費者金融や銀行で借入が出来なかった人を顧客対象としているので、過去に任意整理などを起こした人でも融資をしているところがあります。

 

中小消費者金融とはどんな業者なのかを紹介しますので、「どうしてもお金が借りられない」と言う人は参考にして下さい。

 

任意整理とは

任意整理とは、借金の返済が続けられなくなった利用者が、司法書士や弁護士に債権者と交渉してもらい、払いすぎた利息の返還や、借金の減額、利息のカットなどを行うためにとる手続きです。

 

任意整理をしたけれど「どうしてもまとまったお金が必要になった」という理由で、新たな借り入れをしなければならない事もあります。金融機関から信用情報機関にその事実が通知され、個人情報に「事故情報」が登録され、いわゆる「ブラック」になります。

 

任意整理をすると、借金の減額や払い過ぎた利息を返してもらう代わりに、5年~7年は新たな借入が出来なくなり、カードローンやクレジットカードの申し込みをしても、ほとんどの場合に審査に通る事はありません。

 

大手消費者金融の審査に合格する事はない

大手消費者金融の審査はコンピューターを使ってスコアリングシステムで審査を行っています。スコアリングシステムとは申込に記入した内容と、信用情報機関の個人情報を基に点数を付けていきます。

 

その合計点によって融資が可能か、貸すとしたらいくらまで貸せるかなどを判断します。点数が高ければ、希望通りの借り入れも可能ですし、反対に点数が低ければ融資限度額を下げられたリ、低すぎると審査に通らない事もあります。

 

大手の審査方法はコンピューターを使うので審査結果はすぐにでますが、マニュアル通り進められるので、個人情報に金融事故などが記載されていると、その場で審査落ちになります。

 

さらに大手消費者金融のほとんどが銀行グループの傘下に入り、銀行カードローンで保証会社の一面を持っているので、借り易いと言われる大手消費者金融でも以前の様な無理な貸出しは行っていません。

 

中小消費者金融なら可能性はある。

カードローンと言えば、テレビコマーシャルでよく見かける、大手消費者金融や銀行カードローンが良く知られていますが、消費者金融には大手消費者金融だけでなく、中小消費者金融と呼ばれる貸金業者も存在します。

 

中小消費者金融とは、もともと地方都市に存在し、地元を中心にして地道に貸金業を営んでいる正規の貸金業者の事です。これまでは、地域密着型の事業を展開していましたが、インターネットの普及によって、インターネット申込を採り入れ、顧客対象を地元だけでなく、全国からの申込を受け付けるところが多くなりました。

 

大手とは違う中小消費者金融の審査

繰り返しになりますが、中小消費者金融は、大手消費者金融や銀行で借りる事が出来なかった人を顧客対象にしています。

 

もちろん中小消費者金融も審査基準に基づいた審査を行っていますが、中小消費者金融の審査は、コンピューターを使った審査ではなく、以前から行われている対面式や電話での審査を行っています。

 

対面形式の審査なら、「なぜ任意理をしたのか」とか「現在の収入状況はどんな状況か」「家族構成はどうなっているのか」というような細かいところまで質問され事もあります。

 

その上で現状の生活環境や今の収入状況に問題がなければ、過去の事にとらわれず融資をしていますし、大手で融資が受けられなかった人に対しても、積極的に融資をしているところが多いです。

 

任意整理をしていても借りられる中小消費者金融

中小消費者金融 登録番号 金利

融資限度額

中央リテール 京都知事(2)31283号 10.95%~13.0%

最大500万円

ユーファイナンス 東京都知事(4)第29876号 7.30%~15.0%

最大700万円

セントラル 四国財務局長(7)第00083号

第001473号

4.8%~18.0%

最大300万円

ライフティ 東京都知事(5)第28992号

第005552号

8.0%%~20%

最大100万円

フクホー 大阪府知事(04)第12736号 7.3%~18.0%

最大200万円

 

など代表的な中小消費者金融ですが、インターネット上には数多くの中小消費者金融が自社のサイトを立ち上げているので、自分に適した中小消費者金融が選べます。

 

中小消費者金融を選ぶ時に注意する事

 

大手消費者金融のように名前の知られたところへ申込むのなら、何の心配もありませんが、名前も知らない中小消費者金融へ申し込む時は、注意が必要です。それは中小消費者金融に混じって「ヤミ金」と呼ばれる業者が存在する事です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、間違って「ヤミ金」などに手を出してしまうと、取り返しがつかなくなってしまい、警察や弁護士のお世話にならないと解決しないという事になってしまいます。

 

正規の貸金業者か調べる方法

貸金業を営む場合、法律で国や都道府県に貸金業としての登録をすることを義務付けられています。また、貸金業者が広告を掲載する時は、登録番号や商号、所在地、代表者名、代表電話番号などを必ず明示しなければならない事になっています。

 

調べる方法は、利用したい業者の登録番号や商号など広告に記載されている内容を控えておきます。

 

続いて金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」から、登録番号や商号、所在地、代表者名を入力して検索すると、該当する貸金業者があればそれが表示されます。検索結果の内容と広告の記載内容が違うときは正規の消費者金融ではありません。

 

またヤミ金をデータベース化したサイトも数多くあるので、面倒でもそれらを使って見分ける方法もあります。日本貸金業協会でも業者名、電話番号、住所、FAX番号を入力するだけで「悪徳業者の検索」が可能なので、怪しいと思った時は調べてみる必要があります。

 

中小消費者金融で今すぐ借りる!まとめ

多くの中小消費者金融は、大手で借りられなかった人や、金融ブラックでも積極的に融資をしています。

 

大手消費者金融のように、マニュアル通りの審査ではなく独自の審査基準を持ち、融通性を持たせているので、過去に金融事故があったとしても、現況から判断して、返済が可能なら融資をしてももらえます。

 

さすがに、初回の融資限度額は高くはありませんが、とりあえずお金を借りなければならないという人は、中小消費者金融まで範囲を広げて探せば、きっと融資をしてくれるところが見つかるはずです。

 

今すぐお金が必要な学生の工面方法は?

 

次に、学生の場合を見ていきます。学生がお金を借りる方法はいくつかありますが、ここで重要になってくるのは年齢です。

 

学生といっても18歳なのか、20歳なのかで変わってきます。一括りにはできませんので、個々のケースでまとめて見ていきます。

 

今すぐお金が必要な高校生の場合

まず、高校生の場合ですが、結論から言うと消費者金融や銀行といった民間のカードローンを利用することはできません。

 

貸金業者は一定の貸付条件を設けていますが、高校生はその条件を満たすことができません。そもそも、未成年ですから民法も関わってきます。仮に「高校生でも貸します」という貸金業者があれば問題でしょう。

 

原則、高校生は対象外です。

 

高校生がお金を工面する方法はないの?

民間のカードローンでお金を借りられないことはわかりました。では、他に未成年の高校生がお金を工面する方法はないのでしょうか?

 

いくつかピックアップしてその方法をお伝えしていきます。

 

親から借りる

手っ取り早くて無難なのが親から借りる方法です。必要な理由を伝えて頼めば、親も放っておけませんから助けてくれるでしょう。

 

しかし中には、教育方針で「どんな理由があれ、子供にお金を貸すのはよしとしない」親御さんもいらっしゃるかもしれません。

 

また、親に話せない理由でお金を借りたいのであれば、お願いすること自体が難しいかもしれませんね。親であれば理由は必ず聞きますから、気が引ける場合もあるでしょう。

 

そうすると高校生がお金を工面するには、バイトで稼ぐ方法がベスト選択かもしれません。

 

バイトで稼ぐ

バイトで稼ぐとしても今すぐお金が手に入るのでしょうか?

 

通常のバイトならすぐにお金が手に入るわけではありませんが、単発バイトなら、日払いでお給料をもらえる可能性もあります。今すぐお金を工面できるかもしれません。

 

バイトをすれば確実に、お金を作れます。またひょっとしたらバイトすることで、教育方針で子供にお金を貸さない親御さんでも、先に立て替えてもらう(借りる)ことができるかもしれません。

 

親御さんとの交渉次第というところでしょうか。

 

今すぐお金が欲しいといった場合にバイトで工面するのは難しいかもしれませんが、高校生がお金を作るには最適な方法です。

 

また数は少ないかもしれませんが、1日~数日間のイベント関連のバイトも狙い目です。

 

質屋を利用してお金を借りる

高校生でも質屋を利用して、お金を借りられるのでしょうか?

 

未成年の高校生が、質屋を利用することはできます。そこで買い物もできますが、売ることはできません。法律上禁止されています。

 

ただし、親が同伴するか同意書があれば、高校生でも質屋を利用できるところもありますが、現実的ではないですよね。同伴もしくは同意するのであれば、親がお金を貸すのではないでしょうか。

 

高校生がお金を借りる方法は困難です。バイトするにも保護者に無断で働くことはできません。まずは、親御さんに相談した上で可能性を探っていきましょう。

 

今すぐお金が必要な19歳の場合

19歳の学生なのか社会人なのかで選択肢も異なりますが、民間のカードローンの貸付条件は基本年齢が20歳以上ですから、どちらの状況であれ借りることはできません。

 

しかし19歳であれば上に挙げた高校生とは違い、選択肢は多少広がります。

 

クレジットカードを利用してお金を借りる?

レジットカードの2つの枠

  1. キャッシング枠
  2. ショッピング枠

19歳ですからクレジットカードの発行はできますが、未成年のため親の同意も必要です。またキャッシング枠は、家族カード同様に未成年者には付加できないと考えた方が良いでしょう。

 

結論は、キャッシング枠を利用してお金を借りることはできないということになりますが、19歳でもクレカは作れますので以下を参考にしてください

 

19歳でも作れるクレジットカードは次の通りです。
  1. 通常のクレジットカード
  2. 学生カード
  3. 家族カード

 

通常のクレジットカード

クレジットカードは、基本的な条件がクリアしていれば作れますが、毎月安定した収入は必須です。審査もあります。

 

学生カード

学生カードですので年齢制限がありますが、新社会人も発行できます。本業は学生ですので、収入の有無は重要視されませんが、審査はあります。

 

学生から新社会人におすすめのクレジットカード
年会費 申込資格 発行スピード
学生専用ライフカード 永久無料 18歳以上 ネット申込で最短3営業日
ANA JCB カード(学生用) 在学中無料 18歳以上の学生 2~3週間
三井住友VISAクラシックカード 初年度無料 満18歳以上(高校生を除く) ネット申込で最短3営業日
三井住友アミティエカード(女子学生) 在学中無料 満18歳以上の学生の方(高校生は除く) ネット申込で最短3営業日
JALカードnavi 在学中無料 高校生を除く18歳以上30歳未満の学生(大学院・大学・短大・専門学校・高専4・5年生) 2~3週間
JCB CARD W 永久無料 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。 ネット申込で最短3営業日
MUFGカードイニシャル
  • 学生は無料
  • 社会人は初年度無料

次年度以降1,250円(税別)

  • 【学生】18~29才までの学生の方(高校生を除く)
  • 【社会人】18~29才までの、ご本人または配偶者に安定した収入のある方(学生を除く)
JCBは最短2営業日
三井住友VISAデビュープラスカード 初年度無料 18~25歳までの学生(高校生は除く) ネット申込で最短3営業日
楽天カード 永久無料 18歳以上 最短1週間

 

家族カード

収入や学生の有無に関係なく、発行できます。最初に契約した人が、本会員になります。大半は親御さんだと思いますが、そちらのクレジットカードを家族カードとして利用します。

 

診査は本会員のみで、無審査でカードを持つことができますが、請求先は本会員にいきます。そのため何を購入したのかバレバレなため、プライバシーが保てれません。

 

家族カードではなく、自分専用のカードを持てるならそれに越したことはありません。

 

学生ローン利用する

学生なら19歳であっても、学生専門ローンなら借りられるところがあります。ただし、学生専門とはいえ、ほとんどの学生ローン業者は未成年への貸付は行っていません。

 

数は少ないですが、18歳から可能な学生ローン業者をピックアップしましたので、ご参考ください。

 

18歳から貸付可能な学生ローン
金利(実質年率) 利用限度額 即日融資
フレンド田 15.00%~17.00% 50万円
マルイ 15.00%~17.00% 50万円
カレッヂ 17.00% 未成年は10万円(最大50万円)
アイシーローン 10.00%~20.00% 50万円

 

副業をする

バイトするよりも、副業で稼いでいる学生もいます。

 

例えば、YouTubeなどはスマホやPCから動画をアップするだけです。

 

動画を配信して収益化できます。以前は平均1再生ごとに0.1円が目安だったようですが最近は、AdSenseのレギュレーションが変更されたようです。

 

収益化するまである程度の時間も必要ですし動画配信を続けていく根気さもいりますが、検討してはどうでしょう。

 

専業主婦が今すぐお金を借りる方法

 

貸金業法の改正で「年収の3分の1を超える借入制限する規制」が施行され、専業主婦は消費者金融への申込ができなくなりました。

 

そのため収入のない専業主婦が今すぐお金を借りる方法は、以下の2つとなります。
  1. 配偶者貸付制度のあるカードローン
  2. 総量規制対象外の銀行カードローン

 

それぞれのポイントを解説していきます。

 

配偶者貸付制度のあるカードローン

配偶者貸付とは、旦那さんの収入とを合算させて融資を行う制度です。しかし、これを利用するには配偶者の同意、住民票なども必要になります。夫に内緒で借りたい主婦には、向きません。

 

審査にも時間がかかりますが 配偶者貸付制度を利用すれば専業主婦でも借りることが可能なので便利な制度です。

 

ただ残念なことに、この制度を取り入れている貸金業者は少なく、一部の中小消費者金融を除き、大手の消費者金融ではコストや手間を考えると採算が取れないことから、受け付けていません。

 

現状、利用できない状態です。

 

総量規制対象外の銀行カードローン

2018年から銀行も自主規制を行っており、今まで借りられていた専業主婦への貸付が難しくなっています。さらに2019年の現在は、ほとんどの銀行で専業主婦への貸付申込は不可となっています。

 

そんな中、イオン銀行カードローンと楽天スーパーローンは、専業主婦でも申込可能なカードローンです。

 

特に楽天スーパーローンは、旦那さんの収入に関係なく借入が可能。まさに無収入の専業主婦にとっては一押しのカードローンです。

 

楽天銀行スーパーローンの審査基準は?

「安定した収入」が貸付条件にはありますが、楽天銀行スーパーローンは無収入の専業主婦でも、今すぐ借りられるカードローンです。

 

では、一体何を審査するのでしょうか?

 

申込フォームには、配偶者を記入する欄はありません。配偶者貸付制度を利用して借りるカードローンではない、ということですね。本人の氏名、住所、居住年数、家賃(住宅ローン)、扶養の有無...といった一般的な内容です。

 

職業属性や年収は問われません。これらの情報にて審査を行い与信枠を決定します。ただし、融資額は50万円を上限とします。

 

今すぐ借りられる楽天スーパーローンは専業主婦にこそおすすめ

実質年利 1.9%%~14.5%
限度額 50万円まで
貸付条件

以下全て条件を満たす方  

  1. 満年齢20歳以上62歳以下方 (※1)  
  2. 日本国内に居住している方(外国籍方、永住権また特別永住権をお持ち方)
  3. お勤め方で毎月安定した定期収入ある方、また、専業主婦方  
  4. 楽天カード株式会社また株式会社セディナ保証を受けることができる方 (※2)  

※1 但し、パート・アルバイト方、及び専業主婦方60歳以下  
※2 当行が認めた場合不要です

 

楽天銀行に既に口座を開設しているのなら、可決すれば24時間即時に振り込んでもらえるので、即日融資だって可能です。

 

楽天スーパーローンのメリットは次の通りです。
  • 配偶者の同意不要
  • 所得証明も不要
  • 申込手続きが簡単
  • 家族にバレない

 

さらに主婦なら楽天市場はよく利用されていると思いますが、入会だけで楽天スーパポイントが貯まります。色々な楽天サービスでポイントが使えて便利です。

 

イオン銀行なら専業主婦でもお金を工面できる

実質年利 3.8%~13.8%
限度額 50万円まで
貸付条件
  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
  • ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
  • ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方。

    ※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。学生の方はお申込みいただけません。

  • 保証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。

 

イオン銀行も専業主婦の申込は、限度額は50万円までです。配偶者に安定かつ継続した収入が必須条件ですが、配偶者へ確認があるわけではありません。バレずにこっそりと借りることができます。

 

ただし、今すぐ借りるには事前に口座を開設していなければなりません。手続きに数日かかるので余裕を持って行っておきましょう。

 

楽天銀行同様に、専業主婦でも借りられるイオン銀行も主婦に優しいカードローンです。

 

無職(ニート)だけど今すぐお金が必要は借りられる?

基本、収入がなければ返す見込みもありませんので、借りることはできません。ただ、無職といっても状況は様々です。

 

それによっては借入できる場合もありますので、個々での借入方法を見ていきましょう。

 

無職の分類と借入方法

学生 アルバイト収入があれば学生ローンや消費者金融を利用できる
専業主婦 配偶者貸付制度や主婦専用の銀行カードローンを利用する
年金受給者 年金担保融資制度を利用する
無職の失業者 公的制度を利用する

 

無職の人は収入がありませんので、大手の消費者金融や銀行での借入は無理です。ただ、専業主婦の場合、扱っている銀行カードローンがあれば借入は可能です。

 

そして、専業主婦の無職とニートなどの無職は扱いが大きく違ってきます。

 

 

楽天スーパーローンを例にご説明すると、申込条件は以下の通りです。
  1. お勤め方で毎月安定した定期収入ある方
  2. 専業主婦方(60歳以下)

 

ここに無職は、含まれていません。2つのどちらかです。無職の人はこの条件に当てはまりません。今すぐお金が必要なニートも同様です。

 

無職(ニート)の人は、民間の貸金業からの借入は不可ということになります。別の方法を考えるしかありません。

 

無職の人がお金を借りる方法

  • 不要品を売る→スマホから簡単に売買できます。
  • 質屋→無審査で借りられます。
  • クレジットカード→手持ちのカードでキャッシング枠があれば、今すぐお金を借りられます。
  • 生命保険の契約者貸付→積立型の保険に加入していれば、積立金の一部を貸し付けてくれます。

 

以上のように、お金を借りる方法がまったくないわけではありません。

 

無職におすすめできるのは
  1. 質屋
  2. 不要品を売る
  3. クレジットカードのキャッシング枠を利用

 

となり、1と2はどちらも手元に売るモノがなければ換金できません。

 

また質屋の場合、品物が担保になるため一般の銀行、消費者金融のような審査は不要ですので、一時的にお金を工面したい場合は最適です。借りたお金を返金できなければ、品物を回収(質流れ)されるだけです。

 

ですから、返済能力を問わないため無職でも借りることができます

 

 

質屋を利用する際の必要書類
  • 運転免許証
  • 保険証(国民健康保険証、社会保険証)
  • パスポート(日本国発行のもの)
  • 住民票(発行から3ヶ月以内)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 外国人登録証/在留カード
  • 障害者手帳
  • 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
  • 戸籍謄本、抄本(発行から3ヶ月以内)
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 共済組合証

 

身分を証明できるものなら何でもOKです。

 

不要品を売る

 

不要なモノがあれば、オークションやメルカリなどのフリマで売って換金することもできます。

 

ただし時間もある程度はかかりますので、今すぐというわけにはいきません。今日中にお金が欲しい人には、不向きです。しかし、無職の人がお金を工面するには適している方法でしょう。

 

高値が予想される商品は、ブランド品や時計、人気のゲーム、フィギュア、アニメ、iPhoneなどのデジタル商品も高値の期待ができますので、手元にあるなら検討されると良いでしょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる

クレジットカードを持っているのでしたら、そのカードのキャッシング枠で借りることも可能ですので、手持ちのクレジットカードを確認してください。

 

まだ、キャッシング枠に余裕があれば利用額の設定範囲内で借りられます。

 

今すぐお金が必要【職業別】まとめ

ケースバイケース【職業別】で、今すぐお金を工面する方法を見てきました。

 

多重債務者や専業主婦でも一部条件付きではあるものの、金融業者で借りる方法はあります。一方、未成年者や無職の人は民間の金融業者で借りることができませんので、今すぐお金を工面することは難しいでしょう。

 

特に無職の人は、現状を打破して一歩前進するか、生活保護の公的制度を利用するしか方法はなさそうです。


×