即日融資カードローン

当日融資で今すぐお金を借りたい!

 

日常生活では「今日中にお金を用意しなければならない」という状況になった経験は誰にでもあると思います。「急にお金を用意すると言っても、頼める人がいない」と言う場合、即日融資が可能なカードローンなら、申込をしたその日にでもお金を借りる事が出来ます。

 

以前は即日融資が可能な銀行カードローンもありましたが、2018年からは審査の方法が変わったため、銀行カードローンで即日融資は出来なくなりました。

 

即日融資が可能なカードローンは消費者金融のみとなり、大手消費者金融ならどこへ申し込みをしても即日融資が可能です。

 

今回は、即日融資で借りる方法や口コミでも人気度の高い「プロミス」「アコム」「SMBCモビット」「レイクALSA」の即日融資について紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. お金を借りる時の注意点
  2. 即日融資で借りるには
  3. 申込条件
  4. 申込方法
  5. 大手4社の審査時間と営業時間
  6. プロミスの即日融資
  7. アコムの即日融資
  8. SMBCモビットの即日融資
  9. レイクALSAの即日融資
  10. 即日融資はスマホアプリがおすすめ
  11. 即日融資カードローンの審査は厳しい?その基準は?
  12. 即日融資の申し込みに用意しておくもの
  13. 在籍確認、郵送物、親バレなどの心配はない?
  14. まとめ

 

 

お金を借りる時の注意点

 

即日融資は、申込をしたその日にお金が借りられるという便利なシステムですが、即日融資で借りる時、注意しなければならない事があります。

 

返済が続けられないとブラックになる

借りたお金を返すのは当然の事ですが、カードローンでお金を借りた時は、借入した金額に利息を上乗せした金額を支払う事になります。お金を借りると、借り入れ金額によって毎月返済額が決まります。

 

毎月返済額は低めの設定になっているので、無理な返済になる事はありませんが、自身の収入で返済を続けていけるだけの金額なのかを確認しておく事が大切です。「借りたらなんとかなる」と言うような安易な考えで借りると、途中で返済が続けられなくなり、ブラックになる可能性があります。

 

毎月の返済が遅れると、遅延損害金を上乗せして支払う事になりますが、それ以上に厄介なのが、信用情報機関に事故履歴として記録されてしまう事です。事故履歴が記録されると、いわゆるブラック状態になります。

 

ブラックになると5年~7年間、事故履歴が消えるまで、新たな借入やクレジットカードの申し込みをしても審査に通らなかったり、住宅ローンなどの申し込みをしても審査に通らなかったりするという事にもなりかねません。カードローンを利用する時は、事前に「返済シミュレーション」などを利用して、自分の収入で無理なく返せるのかを確認しておく必要があります。

 

申込書の記入は慎重に

最近は24時間365日いつでもどこからでも申し込みが出来る、インターネット申し込みに人気があります。申し込みは指定された申込フォームに必要事項を記入し、送信するだけですが、申込書の記入ミスや記入漏れがない事も重要です。

 

たとえば、申込書の記入で携帯の電話番号を間違えた場合は 審査結果の連絡が入らなかったり、勤め先の電話番号を間違えたりすると、在籍確認が取れないので審査に落ちてしまいます。

 

また、故意ではないにしても、間違って記入した場合は「嘘の記載をしている」ととられる事もあり、信用を落としてしまう事にもなります。申込書の提出をする時は、いくら急いでいても、間違いがないか再度確認してから提出する事が重要です。

 

短期間に複数社への申し込みは避ける

急いでお金を借りたい時、「すぐに貸してもらえるところならどこでもよい」と思って、一度に複数のカードローンへ申込みをする人がいます。 そういう申込方をすると「申込みブラック」になってしまい、急いで借りたいためにしたことが逆効果となり、どこからも融資してもらえなくなります。

 

カードローンを申込むと、信用情報機関の個人情報に、いつどこへいくら借入を申込んだかと言う情報が、すべて記載されます。

 

審査は情報機関の個人情報に基づいて審査が行われるので、その時短期間に複数社へ申込をしているのを見た担当者から「よほどお金に困っているようだが、お金を貸しても返してもらえるのかな?」と言う結論となり、借りられるものも借りられなくなってしまいます。

 

カードローンの申込をした時は、信用情報機関で共有されるので、何社へ申し込みをしたかがわかってしまいます。ですから、いきなり申し込みをするのではなく「借入前診断」などを利用して、融資が可能かどうかを調べる事をおすすめします。

 

審査結果が100%間違いないというわけではありませんが、ある程度の判断はわかりますし、「借入前診断」はカウントされないので、申込ブラックになる事はありません。ちなみに、申込履歴は半年間残るので、新たに申込みをしたい場合は、最低でも半年は期間を空ける必要が有ります。

 

即日融資で借りるには

大手消費者金融は、すべてで即日融資に対応しているので、指定された時間内に契約や手続きが終われば、その日の内に銀行口座へ振り込みをして貰えます。

 

また、全国に自動契約機を設置しているので、自動契約機で契約を済ませ、ローンカードを受け取る方法なら土日・祝日、銀行の営業時間外でも即日融資が可能です。

 

最近は、ネットキャッシングだけでなく、スマホアプリを利用した利便性の高いスマホキャッシングに人気があるようです。

 

申込条件

申込条件はほとんど同じで、年齢20歳以上65歳~69歳までの方で、安定した収入があれば、正社員でなくても、パートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも手軽に申込が出来ます。

 

プロミス
金利 4.5%~17.8%
融資限度額 最大500万円
申込条件 ・年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトなど、安定した収入がある場合は申込が可能です。

アコム
金利 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円
申込条件 ・20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

※安定した収入が有れば、主婦や学生、パート・アルバイトなどで安定した収入が有れば、審査のうえご利用が可能です。

SMBCモビット
金利 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円
申込条件 ・20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方アルバイト・派遣社員、パート、自営業の方も利用できます。
レイクALSA
金利 4.5%~18.0%
融資限度額 500万円
申込条件 ・満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方

(パート・アルバイトで収入のある方)は、ご利用可能です。
※取引期間中に満71歳になられた時点で、新たな融資はできません。

 

申込方法

申込方法は、インターネット申込や無人契約機、電話、郵送など色々な申込方法が用意されているので、自分の環境に合わせて申込できます。

 

申込方法で人気があるのは24時間365日いつでもどこからでも申し込みが出来る、インターネット申込や、スマホアプリを利用した申し込み方法に人気があります。

 

インターネット申込やスマホアプリからの申し込みは昼間外へ出られない方や、店舗へ出入りをしているところを見られたくない女性などに人気のある申込方法です。

 

大手4社の審査時間と営業時間

即日融資は大手消費者金融ならどこでも可能です。大手消費者金融は、システムそのものが即日融資に対応しているので、条件さえ揃えば、確実に当日融資が可能です。

 

ただし、指定された時間内に審査を終えて手続きを完了させる必要があるので、申し込み時間が重要になります。

 

消費者金融 受付時間 名称 営業時間
プロミス 9:00~21:00 自動契約機 9:00~22:00一部21:00

(土日・祝日も同じ)

アコム 9:00~21:00 自動契約機 8:00~22:00

(土日・祝日も同じ)

SMBCモビット 9:00~21:00 ローン申込機 08:00~21:00

(土日・祝日も同じ)

レイクALSA 9:00~20:30 自動契約機 8:45~21:00

(第三日曜日は19:00まで)

 

審査時間はどこも同じで、最短30分となっています。即日振込の場合は、平日の14:00までに契約または手続きを完了させる必要があります。申し込み時間は余裕を見て、前日の夜か、当日の午前中には申し込みを済ませておきましょう。

 

また、自動契約機で契約する場合は、終了時間の1時間前には手続きをする必要があります。

 

プロミスの即日融資

プロミス」はスピーディな審査で人気がある大手消費者金融です。審査は最短で30分程度、口コミなどでは、長くても1~2時間程度で審査結果の連絡が来ているようです。

 

ただ、確実に当日融資を希望する場合は、できるだけ時間に余裕もって申込みや契約手続きを済ませる必要が有ります。

 

事前にお金が必要な事が解っているのであれば、前日の夜に申込を済ませておくとか、当日の審査が始まる前にインターネットから申込を完了させて、朝一で審査が受けられるように準備するのがポイントです。

 

インターネットで全ての手続きを済ませるには、WEB申込から申込をして、平日の14時までにWeb契約を完了させる方法なら店舗へ出向く必要はなく、居ながらにして銀行振込でお金が借りられます。手元に必要書類さえあれば、その書類を画像保存してメールで送るだけです。

 

無事契約が終わった後、会員サービスの「瞬フリ」を利用すれば、ネット上から振込み手続きができるので、「瞬フリ」を利用すれば即日融資で融資を受ける事が出来ます。

 

銀行振り込みをして貰う場合は平日の14時までに契約を完了しておく必要がありますが、その時間に間に合わないという時でも心配する必要はありません。

 

インターネットから申込を済ませ、仮審査を通過できれば、プロミスの自働契約機や三井住友銀行のローン契約機、店頭窓口から「プロミス」のローンカードを受け取ることができます。直接プロミスの自働契約機や三井住友銀行のローン契約機、店頭窓口でカードを受け取るようにすれば、午後2時を過ぎても心配ありません。

 

自働契約機は9:00~22:00、三井住友銀行のローン契約機は9:00~21:00まで営業しているので、ネットでの仮審査が終了してれば、自動契約機から直接ローンカードを受け取ることができます。

 

アコムの即日融資

アコム」もインターネット契約が可能で、インターネット契約なら店舗へ出向く必要がないので、昼間会社から出られない人や、店舗へ出入りするのを見られたくない女性にとって人気のある申込方法です。

 

インターネット申込は24時間いつでも可能で、パソコンやスマホを使って「アコム」のホームページにある「今すぐお申込み」アイコンから入ります。次のページで個人情報の取り扱いや甲府書面の受け取り方法を確認して、「お客さま情報」を入力します。

 

入力が完了すれば内容確認を済ませて後は送信して審査を受けるだけです。

 

審査手続きが完了したあとは、申込み内容の確認の電話またはメールを待ちます。この電話とメールは審査結果ではなく、申込みの意思確認になります

 

連絡を受けた後は、メールに記載されたURLからログインし「「本人確認書類等のご提出方法」からご都合に合った方法で提出します。インターネット契約の便利なところは、必要書類をパソコンやスマホから送信できるという事で、スマホなら専用アプリを使うか、パソコンなら画像のアップロードで簡単に送信できます。

 

書類送信の後はアコムからの審査結果を待つだけで、審査結果の連絡はメールで案内があります。審査の混み具合で違ってきますが、書類審査や在籍確認などは最短で30分前後で終了します。

 

審査を通過しなかった場合は、本審査へ進む事は申込みをすることが出来ませんが、仮審査を通過している場合は、契約の手続きになります。

 

無事、審査を通過したら契約内容の確認を行って下さい。契約はメールを受信したその日の22.00までに手続きを完了する必要が有ります。契約内容を確認して問題なければ契約完了です。

 

カードの受け取りを自宅へ郵送するか、自動契約機から受け取るかを選んですべて完了です。

 

SMBCモビットの即日融資

SMBCモビット」の申込方法に「WEB完結申込」が有ります。WEB完結申込は、申込みから融資まで、すべての手続きが、ホームページ上で完結させることができます。

 

「WEB完結申込」は来店不要で、会社への電話連絡なし、その上、郵便物が自宅に届く心配も無いと言った特徴があります。

 

「WEB完結申込」を利用するには、いくつかの利用条件があります。事前に、三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている事と、健康保険証は社会保険証もしくは組合保険証を持っている方に限られます。

 

注意が必要なのは、国民健康保険の方は「WEB完結申込」が利用できません。国民健康保険の方は「カード申込」からの申込になります。

 

即日融資は14:50までに振込手続き完了で、当日の振込みが可能です。
※ただし、審査結果によっては利用できない事もあります。

 

当日中にどうしてもお金が必要という人は、申込を早めに済ませておく必要が有ります。早ければ早いほど確実性が増すので、出来れば前日の夜には申込を済ませておきましょう。

 

ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がありますが、審査時間は最短30分で完了するので、遅くとも午前中に申込みを済ませ、14時50分までに振込手続が完了すれば大丈夫です。この時間に間に合えば、振込キャッシングができます。

 

とはいっても仕事の都合上で14時50分までには間にあいそうにないという事もあります。

 

そんな時は通常通りネットから申込みを済ませ、申込み完了画面に、急ぎの方のためのフリーダイヤルが表示されているので、そこに電話を掛けて「急いでいる」事を伝えれば、すぐに審査を開始してくれて、すぐに電話で「SMBCモビット」から審査結果を知らせてもらえます。

 

14時50分を過ぎてしまった場合は、各所に設置されている「ローン申込機」からローンカードを受け取って、キャッシングする方法も有ります。ローンカードがあれば、提携のATMからいつでも引き出すことが出来るので、振込手続きの時間を過ぎても当日借入が可能です。

 

レイクALSAの即日融資

レイクALSAの申込方法は、パソコンやスマホを使ってレイクALSAのホームページから申し込む方法や、自動契約機で申し込む方法、電話で申し込む方法、郵送による申し込み方法があります。
急ぎでお金を借りたい時は、郵送以外ならどの方法でも即日融資が可能です。

 

ただし、即日振込をしてもらう場合は、平日14時までに申し込みと必要書類の確認が完了していなければなりません。

 

もし、指定時間内に契約が終わらなくても、自動契約機でカードを発行してもらう方法なら銀行の営業時間を過ぎても、提携先の新生銀行カードローン レイク自動契約コーナー・レイクATMや提携ATMからお金を引き出す事が出来るので心配することはありません。即日振込は銀行の営業時間内でなければ振込されないので、銀行の営業時間外や土日・祝日の即日振り込みは出来ません。

 

そんな時は、ホームページから申し込みをし、自動契約機でカードを受け取るという方法がおすすめです。インターネット申し込みは24時間365日いつでも申し込みが可能なので、いつでもどこからでも申し込みが可能です。

 

自動契約機は平日・土曜日は8:00~24:00、日曜祝日は8:00~22:00、毎月第3日曜は8:00~19:00までの営業時間となっているので、自動契約機を併用すれば365日何時でも即日融資が可能になります。

 

即日融資はスマホアプリがおすすめ

 

大手消費者金融の申し込み方法は店舗から申し込む方法から自動契約機で申し込む方法が主流になり、その後はインターネット申込が始まり、インターネット申し込みは24時間365日店舗へ行かなくても申し込みが出来る事で今では最も人気のある申し込み方法です。

 

しかし、最近は申し込みから融資まで、すべてをスマホだけで済ませる方法を取り入れています。インターネット申込は確かに便利な方法ですが、パソコンが使える環境でないと申し込みも融資を受けることも出来ません。

 

そこで登場したのが、スマホにアプリをインストールするだけで、申込から融資まで、すべてがスマホで行えるという方法です。スマホがあればいつでもどこからでもキャッシングが出来るという利便性のあるキャッシング方法に力を入れています。

 

プロミスのアプリローン

「プロミス」のアプリローンはWEB完結で申し込みができるというのが、最大の特徴です。プロミスには「Web完結」という契約方法がありますが、アプリローンはこの「Web完結」をスマホのアプリとして移植したもので、中身は普通のプロミスと同じです。

 

「Web完結」で融資を受ける時は「銀行振込」だけなので、即日融資を受けられるのは原則「平日の9:00~15:00」の間だけでした。

 

しかし、アプリローンでセブン銀行ATMとの提携が始まったことで、スマホアプリをインストールしておけば、カードがなくてもほぼ24時間365日、いつでも融資が受けられるようになりました。

 

アコムのアコムナビ

アコムナビはアコムのホームページにある申込フォームにリンクしているので、スマホから即日融資でカードローンの申し込みが出来ます。初めての申込時は審査があるので、即日融資を希望する場合には指定時間以内に申し込みを行う必要があります。

 

申し込みはアプリやホームページから24時間いつでも申し込みが可能です。

 

また、アコムナビで会員ページにもログインできるので、振込依頼や返済の他、残高確認やこれまでの利用明細の確認、メールサービスの登録や基本情報の変更が可能です。

 

会員サービスではインターネット振り込みが可能で、どこの銀行でも依頼できますが、楽天銀行に口座を作っておけば24時間365日何時でも振り込みが可能なので、銀行の営業時間を気にする必要がありません。

 

SMBCモビットのスマホATM取引

「SMBCモビット」は「WEB完結申込」で人気のある消費者金融で、審査で会社への連絡がない事や、カードレスでの利用が可能なことで人気のあるカードローンです。

 

振込融資をして貰うには平日14時までの申し込まなければならないというのが唯一のデメリットでしたが、今回からセブン銀行と提携した「スマホATM取引」が開始される事になり、このデメリットが解消されました。

 

スマホATM取引は、セブン銀行ATMで24時間365日カード不要で借り入れや返済が可能になりました。ローンカードがなくてもスマホのみで借入をすることが出来るので、これまでの振込融資と比べて、さらに手軽にカードローンが利用出来るようになり、「SMBCモビット」の弱点ともいえる、24時間キャッシングが可能になりました。

 

「スマホATM取引」はさらにお得に、シンプルに利用できる、カードローンの新しい利用方法です。

 

レイクALSAのe-アルサ

「e-アルサ」はレイクALSAのスマホアプリで、スマホにアプリをイントールするだけで、申し込みから借り入れまで、すべてがスマホだけで可能になります。「e-アルサ」を利用すればローンカード不要のキャッシングが可能になります。

 

「e-アルサ」は、セブン銀行のスマホATM取引機能や指紋認証機能や新規申込機能が追加され、トップ画面のデザインもリニューアルされています。「e-アルサ」は2018年5月10日(木)からサービスが開始されました。

 

ちなみに「e-アルサ」はAppStore、GooglePlayからダウンロードできるので、スマホをお持ちの方はインストールすることをおすすめします。

 

基本的に、スマホキャッシングはセブン銀行ATMを利用して24時間365日何時でも借り入れや返済が出来るので、自動契約機がなくても全国どこからでもスマホを使ってキャッシングが出来るようになっています。

 

即日融資カードローンの審査は厳しい?その基準は?

基本的にカードローンの審査は、毎月の給料をもらい、普通の生活をしていればよほどの事がない限り、審査に通らないという事はありません

 

それでも中には「審査に落ちた」という人がいますが、口コミなどを見てみると審査に通らなかった人は共通点がありました。

 

他社借入れ件数が多い

消費者金融は借入れできる金額が年収の3分の1以内という制限が有るので、借入残高が既にその金額に達していれば、融資を受ける事は出来ません。

 

申込で他社借入れに嘘の記載をする人もいますがすぐにばれてしまい、即審査は終了します。

 

それは、キャッシング会社は申込みがあると信用情報機関へ申込み情報を登録すると共に、申込をした人の個人情報を照会します。キャッシング会社同士は情報を共有しているので、申告した内容と、信用情報機関の内容が異なっていたら、申込者が嘘をついているという事がばれてしまいます。

 

つまり、カードローンの申込みをする時には正直に記入する事が大切で、「審査に通るためにしかたなく」とか「バレないと思った」というような安易な考えで嘘の記載をする事は、自分で自分の首を絞める事になります。

 

年収の額では決まらない。

「年収は人より多いはずなのに審査に落ちた」という人もいます。このような人は、借入希望額が高すぎて落とされる事があります。

 

たとえば、いくら収入が多くても、その他のローン件数が多ければ「返済能力は低い」と判断されます。つまり収入に比べて、年間のローン返済比率が高いと借りられる可能性は、低くなります。

 

また、審査は年収よりも、むしろ勤続年数を重要視するので、年収がいくら多くても勤続年数が短い場合は審査に通らない事もあります。

 

利用状況に問題はない?

カードローンの審査は延滞情報や遅延情報も信用情報機関で調べます。意外に盲点になっているのが、クレジットカードの遅延や延滞情報、スマホの分割払いで延滞しているという事です。

 

クレジットカードの信用情報機関にCICという所がありますが、プロミスやアコムなどの大手消費者金融はそこへ加盟しています。そのため、クレジットカードでの利用情報も照会することも可能で、残高不足で携帯電話の料金が引き落としされていなかった事が記載されていれば、カードローンの審査は通らなくなってしまいます。

 

実際に「自分は大丈夫!」と思っていた人がカードローンに否決になり、改めて信用情報機関に情報の開示を行うと延滞情報があったというケースもあるので注意が必要です。

 

カードローン審査の口コミを見ても、「同じ条件で審査に通らなかった」という書込みもありますが、キャッシング会社の審査基準でどこに重点を置いているのかで違ってきます。ですから、「A社の審査は落ちたけれど、B社では借りられた」反対に「B社では落ちたけれどA社では借りられた」と言うような事も起こります。

 

この場合、融資が受けられた人は審査が緩いと感じるでしょうし、審査に落ちた人は厳しいと感じるはずです。そういった意味でも事前に「借入前診断」などを利用して、自分の収入状況で借りられるかどうかをシミュレーションしてみる事をおすすめします。

 

あくまでも、シミュレーションなので、診断結果が100%正しいとは言えませんが、おおよその目安にはなるはずです。

 

即日融資の申し込みに用意しておくもの

 

キャッシングの申込で必ず必要になる書類が有ります。即日融資で借りたい時は、事前にそれらの書類を用意しておくと審査がスムーズに終えることが出来ます。

 

どこへ申込をするにしても、必ず必要になるのが本人確認書類です、申込先によって多少の違いが有りますが、本人確認書類として利用できるのは、運転免許証や健康保険証、パスポートなどで、どれか一つの写しを用意しておく必要が有ります。

 

また、転勤などで、申込書に記入した現住所と、本人確認書類に記載されている住所変わっている場合は、社会保険料の領収証や納税証明書、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)の写しを別途用意する必要が有ります。

 

その他、収入証明書類が必要になる時が有ります。消費者金融へ申込む時、借入希望額が50万円を超える場合や、すでに他社にも借入れがある場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は「収入証明書類」が必要になります。

 

消費者金融の融資限度額は総量規制で年収の3分の1以内と制限されているので、その制限を越えていないかを確認するために収入証明書類の提出を求められます。

 

収入証明書類として利用できるのが、直近1~2カ月分の連続した給与明細や源泉徴収票、所得証明書、納税証明書などの書類も必要になります。

 

ただ、即日融資で借りる場合は、借入希望額を50万円以下で申込む事をおすすめします。というのも、50万円以下なら本人確認書類があればよく、本人確認書類なら常に携帯していると思うので、あえてそろえる必要が有りません。

 

また、初回申込時の融資限度額はほとんどの場合50万円以下になります。ですから、あえて審査を難しくするより、50万円以下の借入で申込めば審査が通りやすくなります。

 

在籍確認、郵送物、親バレなどの心配はない?

キャッシングを申込むと、審査で必ず「在籍確認」があります。在籍確認の電話連絡は、本人がその会社へ勤めているかを確認する為の電話なので避ける事は出来ません

 

「在籍確認」の目的は、届け出た勤務先にちゃんと努めているかを確認する事で、審査の上で最も重要な項目になります。

 

在籍確認の方法は、担当者が申込書に記入した勤務先に電話を掛けて、実際に本人が勤めているかどうかの確認をします。電話は担当者が個人名で電話を掛けてきます。

 

その電話に、必ず本人が出なければならないという事はなく、たとえば外出中や会議中で電話に出られなくても、電話に出た人から「○○は今外出中です」とか「○○は会議中なので出られません」などの返事が有ればそれで在籍確認は終わります。

 

基本は電話での在籍確認になりますが中にはどうしても「キャッシングを始めたいけれど、会社への連絡は困る」と言う人もいるので、書類の提出による代替え手段を取り入れている消費者金融もあります。

 

その場合、代替措置として、通常はその勤務先に在籍していることを証明できるような書類の提出で本人確認を済ませるキャッシング会社があります。

 

現在「電話での連絡なし」と公表しているのは、三井住友銀行グループの「SMBCモビット」です。「SMBCモビット」の「WEB完結申込」なら会社への連絡は入りません。

 

「WEB完結申込」は事前に三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っておく必要があります。健康保険証は、社会保険証または組合健康保険証を持っている方になります。注意が必要なのは健康保険証が国民健康保険の方はこの申込が出来ません。

 

必要書類は、本人確認書類として運転免許証またはパスポートの写し、収入を証明する収入証明書類として源泉徴収票、確定申告書、所得証明書、税額通知書、直近2か月分の給与明細書のどれかの写しを用意しておきましょう。

 

それ以外に、勤務先を確認するために、社会保険証または組合健康保険証の写しと直近1か月分の給与明細書が必要になります。それさえ用意出来れば、会社への電話連絡なしで審査を受ける事が出来ます。

 

また「WEB完結申込」は書類のやり取りはなく、すべてインターネット上になるので、自宅へ送られてくる書類は一切ありません。「SMBCモビット」なら安心して申込が出来ますが、その他の、消費者金融でもカードの受け取りを自動契約機からにすれば、家に書類が送られてくることもないので、家族にバレる心配はありません

 

まとめ

銀行カードローンで即日融資が出来なくなったため、現在は消費者金融だけが即日融資に対応しています。急ぎで借りたい時でも金利面での比較や、利用中のサービスについて十分理解しておく必要があります。

 

たとえば、自分の生活圏内に提携コンビニにATMがあるかとか、提携コンビニの手数料が必要かなど、最低限調べてから申し込む必要があります。


×