お金借りる時の理由や言い訳まとめ。親や友達、彼氏への頼み方

親、友人、彼氏など、お金借りる時の理由や言い訳|ヒント集!

 

日常生活の中で、お金を借りなければならない時が何度かありますが、お金に困った時、「家族や友人、彼氏(彼女)からお金を借りたい」と考える人は案外多いものです。その際、「正直に話した方がよいのだろうか」とか「理由や言い訳を考えたほうがよいのだろうか」と悩んでしまう人もいます。

 

正直に話してもよい理由なら問題ないですが、「正直に話すと貸してもらえないかもしれない」というお金なら、絶対に貸してもらえないでしょう。お金を借りるため必要な事は、「相手が納得できるだけの理由」や「本当に困っているという姿」を見せることが大切になります。

 

そこで今回は、「お金を借りる時にベストな言い訳と理由」と「頼む時に注意するポイント」を紹介しますので、お金を借りる時の参考にして下さい。

 

 

≪目次≫

  1. 親にお金を借りる時のベストな言い訳(理由)
  2. 友達にお金を借りる時のベストな言い訳(理由)
  3. 彼氏(彼女)にお金を借りる時のベストな言い訳(理由)
  4. お金を借りる時の言い訳はどこまでなら許される?
  5. カードローンをおすすめする理由
  6. 消費者金融と銀行カードローン、借りるならどっち?
  7. 大手消費者金融と銀行カードローンを比較する
  8. カードローンの申込条件
  9. いくらまでなら借りられる?
  10. まとめ

 

 

親にお金を借りる時のベストな言い訳(理由)

学生の場合、親にお金を借りるのは簡単のように思えますが、親としても生活があるので、たとえば、参考書を買いたいというような、正当な理由がなければ簡単には貸してもらえませんし、適当な理由や言い訳はすぐに嘘だと見抜かれてしまいます

 

親からお金を借りる時には、納得してもらえるような理由や言い訳を考える必要があります。学生の中にはアルバイトなどで、自分の生活費くらいは稼いでいる学生もいますが、学生の本文は勉強なので、社会人と同じようにお金を稼ぐのは限界があります。

 

ですから、アルバイト収入があっても、それだけでは足りないという事もあります。特に一人暮らしをしていれば、出費が重なり、「参考書を買うお金もない」とか「生活費が足りないのでバイト代が入るまで貸してほしい」という理由なら、親に正直に話せば貸してもらえるでしょう。

 

また、親にとって、子供はいくつになっても子供なので、お金を貸してほしい理由が嘘とわかっていても貸してくれるでしょうが、お金が必要になった理由を、親に「正直に話せない」という場合は後ろめたさもあるはずです。親からお金を借りる時は、正直に話せない理由のお金を借りる事はおすすめ出来ません

 

友達にお金を借りる時のベストな言い訳(理由)

お金を借りなければならなくなった時、金額にもよりますが、借りる相手として友達に頼むという方も少なくありません。友達なら親に内緒でお金を借りられますし、付き合いが長ければ長いほど、手軽に頼めるのも友達です。

 

ただ、友達だからこそ、お金を貸してもらう時は、納得してもらう為にも、本当の理由を説明して納得してもらえなければ貸してもらえないでしょう。

 

最もいけない事は、下手な言い訳や理由を付けて頼むのは感心しません。具体的には、今月は急な出費が多くて給料日までの生活費が足りないとか、サークル活動でお金を使い過ぎてしまったというような、友達が納得してくれる理由が必要です。

 

ただし、友達からお金を借りる時は、言い訳や理由を考えるよりも大事な事は、借りたお金を約束通りきちんと返済することです。約束した返済期日にお金を返せないようなことがあると、その事が原因でトラブルになる事も少なくありません。

 

お金が原因で友情に傷がつくと、修復する事はほとんど不可能なので、たとえ親しい間柄でも、お金の貸し借りについては、誠実に対処しなければなりません。

 

彼氏(彼女)にお金を借りる時のベストな言い訳(理由)

 

お金がないとか、お金を貸してほしいという事は、誰にでも言える事ではありません。男性でも女性でも、よほど親しい友人でなければ話せませんが、恋人同士なら何でも話せるし、時にはお金を貸してほしいと頭を下げる事も簡単にできます。ただ、気を付けなければならないのが、彼氏(彼女)にお金を借りる時は、頼み方に注意が必要です。

 

「彼氏(彼女)に頼まれたので何も言わずに貸してあげる」と決めているのなら貸してもよいですが、一度貸すとそのあと何度でも「お金を貸してほしい」と言われるようになる事もあります。恋人同士だからと言って簡単にお金を貸すのは、やめておくほうが賢明です。

 

いつでも近くにいるから頼みやすい、という理由だけではなく、他にも理由があるかもしれません。お金について昔から言われている言葉に「金の切れ目が縁の切れ目」と言う言葉があります。恋人同士ならそんな事はないと思いたいのですが、お金が無くなった時は、人間関係が終わる時だと言われています。

 

恋人同士だから迷惑を掛けたくないと思うのが普通ですが、それをあえて貸してほしいと言われた時は「よほど困っているのだろう」と思って、理由も聞かずに貸してしまう事もあります。また、恋人同士だからいつ返してもらえると思って、なんの取り決めもせずに貸してしまうと、返してほしくても返してもらえないという事もあります。

 

どんな理由や言い訳をされても、金を貸す時は「返ってこないもの」、「最悪別れる事になるかもしれない」という覚悟を決めて貸すという気持ちがなければ、お金を貸す事はやめておきましょう。

 

お金を借りる時の言い訳はどこまでなら許される?

お金を借りなければならない時の言い訳や理由は人それぞれです。お金を借りる時、言い訳をした方がよいのか、正直に話した方がよいのか、迷う時もありますが、親や友達、恋人などから借りる時は、本当の理由が説明できるお金なら、お金にまつわるトラブルを少なくする事が出来ます。

 

お金を借りるうえで「お金を借りていることを人に知られたくない」とか「人には言えない理由でお金を借りたい」と言う場合は、カードローンがおすすめです。

 

カードローンならお金を借りている事を人に知られる事はありませんし、担保や保証人は不要なので、人に頭を下げて保証人になってもらう必要もありません。

 

カードローンをおすすめする理由

給料日前に、「急にお金が必要になったのでどこかでお金を用意しなければならない」という事があります。手持ちのお金がなければ、誰かに貸してもらうとか、どこかで借りなければなりませんが、どこで借りるかが重要になります。

 

お金を借りる方法は、親や友達などに頼む方法がありますが、約束通り返済ができなかったためにトラブルになったという事も少なくありません。

 

お金を借りたい時、おすすめなのがカードローンです。カードローンは消費者金融や信販会社、銀行で申込が出来ますが、給料日までの間だけ借りたいとか、今日明日中にお金を用意しなければならない時は、消費者金融がおすすめです。

 

カードローンは、担保や保証人も不要で、自分の信用度だけでお金が借りられるので、人に迷惑を掛ける事もありません。インターネット申込なら申込書に記入して総維新するだけです。

 

消費者金融と銀行カードローン、借りるならどっち?

カードローンの申込は、大きく分けて

  • 銀行系
  • ノンバンク(消費者金融、信販会社など)

に別れます。

 

銀行とノンバンクの大きな違いは、総量規制の対象なのか、対象外になるのかという大きな違いがあります。ノンバンクは総量規制の対象になるのに対して、銀行は総量規制の対象外になりますが、総量規制で何が違うのかと言うと、総量規制は主にノンバンクに課せられた法律で、融資限度額は「年収の3分の1以内」という制限を受けます。

 

銀行系の場合は総量規制の対象外になるので、総量規制の制限は受けません。銀行は独自の審査基準を持っているので、融資が出来ると判断すれば、年収に関係なく限度額が決まります。

 

総量規制以外にも違いがあるので、お金を借りたいと思った時は、消費者金融へ申込む方がよいのか、銀行カードローンの方がよいのか、自分の環境ではどちらがよいのかを考え選ぶ必要があります。

 

大手消費者金融と銀行カードローンを比較する

大手消費者金融の特徴

 

大手消費者金融のカードローンは、どの業者でも即日融資に対応しています。

 

消費者金融 金利(実質年利) 融資限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短30分
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円 最短30分

 

ほとんどの場合、審査は最短30分で完了するので、平日の午後2時前後に契約や振込手続きが完了すれば、即日振込でお金が借りられます。

 

大手消費者金融は、全国に無人契約機を配置しているので、銀行の営業時間外でも土日、祝日も営業しているので、無人契約機でカードを受け取れば365日、即日融資が可能です。

 

消費者金融は、振込みによる融資だけではなく、コンビニATMやネットキャッシングにも対応しています。返済も、ネットバンキングやコンビニATM、口座引き落としなど多くの種類が用意されているので、自分の環境に合わせた返済方法が選べます。

 

消費者金融は、銀行カードローンと違って、自由度が高く、審査や融資のスピードが早いことが特徴といえます。

 

銀行カードローの特徴

銀行カードローンは、その名の通り、銀行が取り扱っている金融商品です。

 

カードローンを扱っているのは、メガバンクから都市銀行、信用金庫、最近ではネット銀行など、あらゆる銀行がカーローンに積極的に取り組んでいます。カードローンは他の金融商品と違って担保や保証人が不要なので、手軽に申込が出来ます。

 

銀行が消費者金融と違うのは、総量規制の対象外なので、融資限度額は年収による影響はなく、銀行はそれぞれが独自の審査基準を持ち、金利や融資条件を決めているので、審査に通れば年収に関係なく融資が受けられます

 

 

参考までにメガバンクと呼ばれている、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンの基本スペックは

銀行カードローン 金利(実質年利) 融資限度額
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 500万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 500万円

となっています。

 

大手消費者金融と違い、銀行カードローンは自社の審査基準で金利や融資限度額を決めているので、金利を比較すると、大手消費者金融では18.0%前後がほとんどですが、銀行カードローンの低いところは0.99%~14.79%、高いところで4.5%~18.0%と、消費者金融並みのところもありますが、平均して14.0%で借りられるので、金利を重視する方は、銀行カードローンがおすすめです。

 

ちなみに、銀行カードローンはこれまで、即日融資が可能なカードローンもありましたが、2018年以降は即日融資が出来なくなる事や、審査がさらに厳しくなる可能性もあるので、消費者金融と銀行カードローンの差別化が進む傾向にあります。

 

カードローンの申込条件

 

銀行や公的機関で借入を申込む時は、多くの書類を準備し、場合によっては担保や保証人を用意する必要があります。融資を申込んでも審査が厳しく時間もかかるので、今日明日中にお金が必要という場合は間に合いません。

 

その上、銀行の金融商品を利用しようとすれば、様々な諸費用が必要で、その額も借入希望額の数十%もの余分な費用が必要になります。

 

カードローンの申込はいたって簡単で、申込時に本人確認書類の運転免許証や健康保険証、パスポートなどが手元にあれば、すぐに申込ができます。申込条件は、どこへ申込をするにしてもほとんど同じで「安定した収入があり、満年齢20歳以上60歳~69歳までの方」なら申込は可能です。

 

職業形態はパートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも申込が出来るので、正社員でなければ申込が出来ないという心配はありません。

 

また、急いでお金を用意しなければならない時は、申込をしたその日にお金が借りられる即日融資でお金が借りられます。即日融資は、決められた時間内に契約を終えれば、その日の内にお金を振り込んでもらえたり、カードを使って提携ATMからお金を引き出したりする事も可能なので、急いでお金が必要と言う場合でも慌てる必要はありません

 

いくらまでなら借りられる?

カードローンを申込むと「いくら貸してもらえるのか」というのが気になりますが、いくら借りられるかは審査によって決まるので、申込をしてみないとわかりませんが、基本的に消費者金融の総量規制で融資限度額は、年収の3分の1以内と決まっているので、いくら多くても年収の3分の1を越えた融資は受けられません。

 

また、カードローンは、一度契約をすれば限度額の範囲内で、いつでも何度でも借入ができるという利便性があります。

 

まとめ

お金を借りる時、親や友達、恋人から借りるのもひとつの方法ですが、先ほど述べたように、これらの方法はデメリットが多く、メリットと言えば「利息を払わなくてもよい」という事だけで、お金を借りる事によって発生するデメリットの方が、はるかに多いです。

 

カードローンでお金を借りる時は、もちろん利息を支払う必要がありますが、

  • 早ければ申込をしたその日に借りられるので、急いでいる時でも安心。
  • 大手消費者金融なら、土日・祝日でも即日融資が可能。
  • 自分の信用度だけでお金が借りられるので、人に迷惑を掛ける事がない。
  • お金を借りているという事が人に知られる事もない。
  • 一度契約すればその範囲内で、いつでもどこからでも借りられる。
  • カードローンは会費が不要で、お金を借りなければ利息を払う必要がない。

など、多くのメリットがあります。

 

デメリットと言えるのは、

  • 返済が長期になると、利息を含めた総返済額が増える。
  • 計画性を持って借りないと、多重債務者になる事がある。

など、メリットに比べてデメリットの方が少ないのですが、カードローンで問題になる理由のほとんどが「借り過ぎ」という事です。

 

カードローンはうまく使えば便利なツールです。カードローンを利用する時は「返済が出来ないほどの借り入れは絶対にしない」という事が最も重要で、自分の生活環境に合わせた借り方をする事が重要ポイントになります。


×