健康保険証でお金を借りる、保険証を使う時に注意する事

健康保険証でお金を借りる時に注意する事

 

カードローンの申し込みをする時、どこへ申し込みをするにしても、必ず提出しなければならない書類があります。必ず必要になる書類とは本人確認書類で、運転免許証がよくつかわれますが、免許証の交付を受けていない方は健康保険証やパスポートが利用できます。

 

ただ、健康保険証を利用する場合は注意しなければならないこともあるので、健康保険証を本人確認書類として利用する時のポイントを紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. カードローンの申し込みに必ず必要になる書類とは
  2. 本人確認書類に利用できるのは
  3. 健康保険証の種類
  4. 顔写真がない書類の時は併せて提出書類がある
  5. 収入証明不要の借り入れ希望額で申し込む
  6. 健康保険証が有利になる場合もある
  7. まとめ

 

 

カードローンの申し込みに必ず必要になる書類とは

カードローンの申し込みをする時、どこへ申し込みをするにしても必ず必要になる書類が本人確認書類です。

 

本人確認書類は、申し込みをした人が、間違いなく本人である事を確認するために提出する書類で、申込書に記入した住所や年齢など、申告された内容の事実確認をしたりするため書類になります。

 

最近は見かけなくなりましたが、過去には、本人になりすまして申込みをする申込者や、全く別人の身分証を利用して申し込みをする人もいたので、本人確認書類の提出を求め、間違いなく本人である事を確認するようになっています。

 

本人確認書類に利用できるのは

プロミス
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 健康保険証+住民票(店頭窓口で契約する場合)
  • 外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書
アコム
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証(顔写真のない書類)+住民票や公共料金の領収証、納税証明書
アイフル (顔写真付)
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類(写真付)
  • 個人番号カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
SMBCモビット
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

 

以前は健康保険証の写しだけでもよかったのですが、2018年10月以降は保険証と追加資料の提出が求められるようになっているので、健康保険証+住民票や公共料金の領収証など、保険証に記載の住所と同一住所が記載されている書類が必要になっています。

 

健康保険証の種類

健康保険証と言ってもいくつかの種類があります。

 

保険証の種類
国民健康保険証 自営業や学生・パートやアルバイトで勤務している方で、勤め先の社会保険に加入していない方の保険証
社会保険証 会社から支給されている健康保険証
組合保険証 公務員や保険組合に加入している企業や団体に勤めている方に支給されている保険証

 

本人確認書類として利用する場合は、会社から発行される社会保険証や保険組合に加盟している団体から支給される組合保険証なら保険証だけで借りられる可能性は高いですが、国民健康保険証の場合は追加資料の提出を求められる事があります。

 

顔写真がない書類の時は併せて提出書類がある

「プロミス」の場合はサービスプラザで契約する時は、健康保険証+住民票が必要ですし、アコムの場合は健康保険証+住民票や公共料金の領収証、納税証明書が必要です。

 

特にアイフルの場合は、本人確認書類は原則顔写真付きの提出を求められますが、顔写真がない場合は、少し複雑になります

 

たとえば

A群 健康保険証、年金手帳、母子健康手帳
B群 籍謄本(抄本)、住民票、住民記載事項証明書など

 

とした場合、A群から2点、またはA群1点+B群1点というように、書類によって用意する書類が違ってきます。

 

収入証明不要の借り入れ希望額で申し込む

カードローンの申し込みは、場合によっては収入証明書類が必要になります。

 

消費者金融は、借り入れ希望額が50万円を超える場合や、他社借り入れがある時は、その借入残高と借り入れ希望額を併せて100万円を超える場合は収入証明書類の提出を求められます。

 

銀行カードローンも2018年から収入証明書類の提出は総量規制の制限と同じになっているので、消費者金融と同じく借り入れ希望額によって収入証明書類の提出を求められます。

 

ですから、健康保険証でお金を借りたい時は、借り入れ希望額を50万円以下にする必要があります。

 

健康保険証が有利になる場合もある

一般的に本人確認書類として運転免許証が有利と言われていますが、健康保険証を使った方が有利になる場合もあります。

 

運転免許証の場合は免許証番号に様々な個人情報が埋め込まれていますが、勤務先や勤続年数は運転免許証ではわかりませんので、無職の状態でカードローンの申し込みをしても返済能力があるかどうかを知る事は出来ません。

 

しかし、会社から発行されている社会保険証や組合保険証には勤務先や勤続年数なども確認できます。

 

SMBCモビットの場合は健康保険証が重要視され、WEB完結申込なら健康保険証を提出すれば、在籍確認の電話なしで審査が行われるので、いかに健康保険証を重要視しているかがうかがわれます。

 

まとめ

以前の必要書類と言えば、健康検証の写しだけでも申し込みが出来ましたが、2018年からは「犯罪収益移転防止法」が改正され、顔写真のない書類の場合は追加資料が求められることに。

 

ですから、健康保険証を使って即日融資を申し込む時は、合わせて提出しなければならない書類もあるので、どんな書類が必要なのかを確認しておく必要があります。


×