銀行でお金を借りるときの注意点

銀行でお金を借りるときの注意点

銀行カードローンでお金を借りるのには「安心感」や「低金利」、「高額融資可能」などといったメリットが多くあります。では、銀行カードローンでお金を借りる場合にはどのような点に注意して申し込みに臨めば良いのでしょうか。

 

審査は厳しいものという前提で申し込む

銀行カードローンは傾向として審査は厳しいです。審査が厳しい、ということは、審査に通らない可能性が他よりも高いということです。申し込みをしたとしても、審査に通らない可能性があるのだということを理解した上で申し込みをする必要があります。

 

立て続けで審査落ちしている方のなかには、銀行カードローンばかり何社も申し込みをし続けている方もいらっしゃいます。しかしあまり連続して申し込みをして落ち続けてしまいますと、「申し込みブラック」と呼ばれる状態となりそれだけで審査に通らなくなってしまいます。

 

1社、2社と銀行カードローンの審査に落ちてしまったら、自分には銀行カードローンの審査は厳しいかもしれない、と切り替えて消費者金融のほうを検討することも大切です。

 

事前に口コミなどで審査の通りやすさなどを調べる

銀行カードローンの審査は厳しいとは言いますが、実は審査の厳しさは各銀行でかなり違いがあると思っていいです。というのも、口コミからそうした情報がわかるからです。比較的審査が柔軟で銀行自体が融資に積極的なカードローンというのは、口コミの数も非常に多いですしまたその内容も「審査に通った」などと好意的なものが多いです。

 

一方審査が厳しいカードローンというのは口コミも少なく、またその口コミも「全然通らない」などと批判的なものが多く見られたりします。

 

カードローンの基本として、低金利なものほど審査が厳しいという傾向が見られます。確かにその傾向もあるのですが、金利が同じくらいの銀行カードローンでも、かたや人気で口コミも多く比較的審査も柔軟、というところもあればかたや口コミはそれほど多くなく審査が厳しい様子なところもあります。

 

口コミというのは個人的な感想ですし、個人個人で属性も違えば借りる目的や信用状況も違うわけなので、すべて鵜呑みにはしないほうがいいとは思いますが、多くの意見を見て参考にするのはいいと思います。

 

ほんとうに緊急で急いでいるときには銀行を利用しない

どうしても今日中にお金を借りたい!今すぐお金を借りたい!などとほんとうに緊急でお金が必要だという場合には、銀行カードローンはあまりお勧めとは言えません。

 

即日融資に対応している銀行カードローンであっても、銀行カードローンはそもそも審査が慎重で時間がかかりますし、平均的にどのくらいの人が即日で借りられているかはわからないからです。

 

急ぎの融資の場合には、やはり確実性という点で大手の消費者金融を利用するのがベストでしょう。

×