銀行カードローンでお金を借りるのに向いているのは?

銀行カードローンでお金を借りるのに向いているのは?

お金を借りるにあたって、金融機関にはそれぞれに特徴があります。そのためお金を借りる目的やその人の属性、信用状況などによってベストな借り入れ先というのが違ってくるのです。

 

では、銀行カードローンでお金を借りるのに向いているのはどういった方なのでしょうか。

 

低い金利でお金を借りたい方

低い金利でお金を借りたいという場合にはやはり銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンは銀行によって金利がわりと違いがあったりするのですが、大手銀行などでは4.0%~14.5%程度の金利設定のところが多くなっています。大手消費者金融系の金利は多少前後するものの4.5%〜18.0%程度がほとんどです。

 

実際の適用金利は借入額によって決まってくるので、50万円以下の借入の場合にはほとんどがそのカードローンの最高金利の適用になる可能性が高くなります。14.5%と18.0%では結構違いますよね。借入額が小さかったり短期の借入ですぐに返済してしまうのであればそれほど利息の差は出てきませんが、借入額が大きかったり返済期間が長期になる場合には利息の差は大きく膨らんでいきます

 

ただし金利がとにかく低いところを選べばいいかというとそうとも言い切れません。銀行カードローンのなかには住宅ローンと見まごうくらいの超低金利なカードローンもありますが、金利というのは低くなればなるほど審査が厳しくなるという関係性があります。

 

審査に通る自信があるのであればいいですが、そうでない場合には口コミを見るなどして、ある程度金利が低くかつ審査に対しても比較的柔軟な銀行カードローンを選ぶようにするといいでしょう。

 

希望する融資額が大きい方

希望する融資額が大きい方も銀行カードローン向きです。
理由としては二つあります。

 

  1. 総量規制
  2. 総量規制は改正貸金業法により導入された、「個人の借り入れ総額は原則年収の3分の1までに制限される」という仕組みのことです。貸金業法なので適用となるのは消費者金融やクレジット会社などの貸金業者になります。そのため、これらの業者では年収の3分の1を超えるような高額な借り入れが原則法的にはできません。銀行は貸金業者にあたりませんので、それを超える高額な融資であっても、審査に通るかどうかは別の問題ですが法的には可能です。

     

  3. 融資額が大きいほど金利の影響を受ける
  4. 融資額が大きくなれば当然のことながら支払うこととなる利息も増えます。また、融資額が大きい場合には返済期間も長期にわたるかと思いますので、その場合にはさらに利息が大きくなっていきます。そのため希望融資額が大きい場合には、金利の低い銀行カードローンの方が向いているというわけです。

 

ある程度属性が高い・信用力の高い方

銀行カードローンは銀行の融資という安心感・信頼感もあり、またさらに低金利で高額融資も可能と非常に魅力的なカードローンです。しかしながら、その分審査は厳しい傾向にあります。

 

アルバイトやパートの方、年収が200万円以下など属性が低めな方の場合には借りるのが難しいこともありますし、また、他社借り入れ件数が多い場合などは審査に通るのが難しいということもあるでしょう。

 

もちろんそうした方でも審査に通るケースもありますが、全体的にみれば比較的審査は厳しい傾向にあるわけですから、ある程度属性が高い・信用力の高い方のほうが向いているカードローンということは言えるかと思います。

 

時間が多少かかってもいいという方

銀行カードローンでも即日融資可能なところはたくさんありますが、大手消費者金融の審査・融資スピードと比較しますとやや時間はかかる傾向はあります。そもそも審査が慎重な分、時間がかかるからです。そのため「とにかく即日で」「いますぐお金を借りたい」という方よりは、「多少時間がかかっても構わない」という方向きのカードローンと言えます。