学生ローンは在籍確認を避けられる?その対処法は?

学生ローンの在籍確認について

カードローンを申し込むと、審査で必ず在籍確認が行われます。しかし、学生ローンの場合、ほとんど在籍確認が省略させる事が多いようです。

 

 

在籍確認とは

 

カードローンでお金を借りる時は、必ず審査で在籍確認が有ります。カードローンの審査で最も重要な事は「お金を貸しても返してもらえるか」を確認する事で、収入がなければ返済することが出来ないので、在籍確認を行い、申告した勤め先に勤めているかという確認します。

 

カードローンの審査は、アルバイトや派遣で仕事をしている一般社会人でも例外ではなく、勤務先へ必ず在籍確認電話がかかってきます

 

在籍確認の方法

アルバイトの勤務中に勤務先へ電話がかかって来た時は、その電話に出ると何点かの確認があるだけですぐに終わります。

 

在籍確認の電話に必ず出なければならないという事はなく、同じ勤務先の同僚から「今日は休みです」とか「□□の勤務は○○時からです」というように、そこへ勤めていることが確認できたらそれで終了します。

 

学生に在籍確認がない事が多い

学生ローンは在籍確認を省略する事が多いです。

 

学生のアルバイトは流動的である事や、正社員とは違ってアルバイト人員のすべてを把握しきれていない企業や会社が多いこともひとつの理由です。

 

在籍確認がとりにくい

大学生や短大生、専門学校生などアルバイトは、居酒屋などのように夜の勤務をしている学生も多く、さらにアルバイト先を掛け持ちしている学生もいます。

 

ですから、学生ローンの業者は、「学生は在籍確認が取りづらい」という事を十分理解しているので、在籍確認を省略する事が多いようです。

 

しかし、在籍確認がなくなったわけではなく、申込書の入力後、本人確認として任意の連絡先(自宅の固定電話や自分のスマホ、携帯電話など)に電話を掛けて、それを在籍確認の代わりとしています。

 

また、絶対に在籍確認なしなのかと言うとそうではなく、申込者の条件によっては、電話連絡による在籍確認が行われる事もあります。

 

学生の事情を考慮して

学生だけでなく社会人でも同じで、在籍確認のための職場への電話連絡は出来るだけかけてきてほしくないという人も少なく在りません。そのため、学生ローンは学生の事情に配慮してくれるサービスとなっているので、アルバイト先に電話を掛けてくる事はしないようにしています。

 

これは学生が「気軽に申し込みできるように」と配慮しているもので「在籍確認の電話がなければ集客しやすい」というのも理由のひとつです。

 

ですから、学生ローンは社会人にも人気があり「イーキャンパス」は20歳以上の社会人も可能ですし「キャンパス」では34歳まで、「アイシーローン」は20歳以上の社会人でも申し込みが出来ます。また、学生ローン「カレッジ」のように、学生時代に利用していた事があるという社会人も利用が可能な学生ローンもあります。

 

在籍確認が行われる時は

融資を行なう以上、業者は貸倒れのリスクは避けなければなりません。

 

そのため、申込者の条件によっては「アルバイト先に電話連絡」を行なう場合もあります。

 

面接で不自然な点がある時

また、店頭から申し込みをした場合は対面審査となるので、申込者の意思や申込内容を直接確認することができるため、電話連絡なしとする場合が多いのですが、審査で不自然な点があると思われた時は、申込者の許可を得た上で電話連絡を行なうこともあります。

 

勤務年数が短過ぎる

正社員に比べると、学生は容易に勤務先を変更できます「2,3か月でアルバイトを辞めてしまう」といった学生がいても不思議ではないので、担当者が少しでも疑問を感じた時は、事実確認のために電話を掛けるようになっています。

 

在籍確認がかかってきた時はどうする?

在籍確認の電話は担当者が個人名でかけてきます。電話の内容は「○○と申しますが、□□さんをお願いします」という風に電話がかかってきます。

 

「在籍確認の方法」で書いたように、その電話に本人が出ると何点かの確認があるだけですぐに終わります

 

ただ、在籍確認の電話に必ず出なければならないという事はなく、同じ勤務先の同僚から「今日は休みです」とか「□□の勤務は○○時からです」というように、そこへ勤めていることが確認できたらそれで終了します。

 

電話がかかってくることを伝えておく

いくら個人名でかかってくると言っても、「在籍確認普段電話がかかってこないのにおかしい」と勘繰られる事があります。

 

そうならないためにも、事前に「クレジットカードの申し込みをしたから、本人確認の電話がかかってくるかもしれない」と伝えておけば安心です。

 

まとめ

学生ローンの審査で在籍確認をされないためには、その原因を作らないことが大事です。

 

たとえば、申し込みに記入した内容と、本人確認書類の内容に違いがある場合や、電話での対応で不審に思われるような応対もアルバイト先に電話がかかってくる原因にもなります。

 

疑われるような原因を作ると、在籍確認の可能性が高まるだけではなく、悪くすれば審査に落ちてしまうこともあるので、業者に不信感を持たれないようにする事が重要になります。


×