収入証明書不要でお金を借りることはできる?

収入証明書不要でお金を借りることはできるの?

カードローンの申し込みをする時、場合によっては「収入証明書類」が必要になる事が有ります。

 

「収入証明書類」とは、納税証明書や給与支払明細書、源泉徴収票、課税証明書などの事ですが、収入証明書は必ず必要という書類ではありません。

 

「場合によっては収入証明書類が必要になります」と言うように事が書かれているのを目にしたことが有ると思いますが、収入証明書類を用意しなければならない時は限られています。

 

収入証明書類はどんな時に必要で、どんな書類を用意しなければならないのか、申し込みをする前に確認をして準備しておけば審査がスムーズに流れます。

 

 

≪目次≫

  1. 申し込みで必ず必要になる書類
  2. 収入証明書類とは
  3. 消費者金融で収入証明書類が必要な場合
  4. 銀行カードローンで収入証明書類が必要な場合
  5. 即日融資で借りたい時は収入証明書類が不要な範囲の限度額で
  6. 収入証明不要のメリット
  7. 専業主婦の申し込みに収入証明書類は必要?
  8. 「おまとめ」は収入証明不要のカードローンがおすすめ
  9. まとめ

 

 

申し込みで必ず必要になる書類

 

カードローンの申し込みをすると審査が有りますが、申し込みをする時必ず必要になるのが、本人確認書類で、どこへ申し込みをしても必ず必要になります。本人確認書類は、基本的には運転免許証の写しがあればよいのですが、免許証がなければ健康保険証やパスポートなどの写しを本人確認書類として利用できます。

 

ただ、本人確認書類に記載されている住所と、申し込み時の住所が違う場合は、本人確認書類以外に、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)、社会保険料の領収証や請求書、納税証明書などの写しを提出する必要が有ります。通常の申し込みなら本人確認書類以外の書類は必要ありません。

 

収入証明書類が必要になる時は、借入希望額が一定の金額を超えると必要になりますが、消費者金融と銀行カードローンでは提出しなければならない条件が違います。

 

収入証明書類と

収入証明書類は、キャッシング会社によって違いがありますが、申し込み者にどれくらいの収入が有るのかが確認できる書類の事を言います。

 

一般的に源泉徴収票や確定申告書、給与明細書(1~2ヶ月前のもの)、住民税課税(非課税)証明書などが収入証明書類として提出できる書類になります。収入証明書類については、必要な場合と、不要な場合があるので、申し込み先の金融機関で先に調べておく必要が有ります。

 

 

源泉徴収票

源泉徴収票は年末から1月中にかけて会社から発行されます。1月から12月までに支給される、給料の合計額などが記載されている書類です。

 

会社員なら必ずもらっている書類ですが、小さい用紙なので紛失したり、捨ててしまったりする人も多いです。紛失した場合は、会社の経理などで再発行してもらえます。

 

個人事業主は確定申告書が必要

源泉徴収票や給与明細などは会社勤めの方の場合ですが、個人事業主の場合は、そうした書類はありません。そこで個人事業主の方は、確定申告書が収入証明書になります。

 

給与明細書

給与支払い明細書は、毎月発行されている書類なので、入手が容易で時間もかかりません。しかし、複数か月分の急所明細書が必要な場合や、賞与などの明細も必要になる場合が有ります。

 

住民税課税(非課税)証明書

市町村の役所の営業時間内であれば、それほど時間もかからずに確実に入手できる収入証明書です。

 

これは会社勤めの人だけではなく自営業者、役員も使えます。少し手間がかかりますが、給与明細も源泉徴収も無くした場合は、市町村役場で発行してもらえます。

 

消費者金融で収入証明書類が必要な場合

消費者金融へ申し込みむ時、収入証明書類が必要になるのは、どこへ申し込みをしても同じ条件になります。

 

ノンバンク(消費者金融や信販会社)は総量規制の対象なので「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けます。

 

そこで、申し込み者の収入を確認するために、借入希望額が50万円以上の場合や、すでに他社からの借入が有る場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は、収入証明書類の提出を求められます。

 

住宅ローンやマイカーローンは除外

ちなみに、他社借入には住宅ローンやマイカーローンの借入残高は含まれませんが、クレジットカードのキャッシング枠は他社借入に含まれます

 

申し込み書を記入する時、「他社借入」という項目があるはずですが、そこに記入する金額は住宅ローンやマイカーローンの借入残高は含めなくてもよい事になっています。

 

銀行カードローンで収入証明書類が必要な場合

銀行カードローンは、消費者金融と違って、総量規制の対象外になるので、年収による制限がないので、それぞれの銀行が独自の基準で収入証明書類を必要とする融資条件を決めています。

 

カードローン 金利 融資限度額 収入証明不要の借入希望額
新生銀行カードローン 4.5%~18.0% 500万円 100万円以下
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 500万円 200万円以下
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0% 1,000万円 200万円以下
ソニー銀行カードローン 12.5%~13.8% 800万円 300万円以下
オリックス銀行カードローン 1.7%~18.0% 800万円 300万円以下
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 300万円以下
ちばぎんカードローン 4.3%~14.8% 500万円 500万円以下

 

消費者金融は50万円以下の場合か、他社借入残高と借入希望額の合計が100万円以下は不要ですが、銀行カードローンはこのように100万円以下は不要のカードローンから300万円以下は不要と言うカードローンが多いです。

 

しかし中には、ちばぎんカードローンのように、収入証明書類がまったく不要というカードローンもあります。

 

即日融資で借りたい時は、収入証明書類が不要な範囲の限度額で

即日融資で借りたい時は、出来るだけ早く審査を終わらせる必要が有ります。即日融資で借りたい時は、本人確認書類の提出だけでよい借入希望額で申し込みむ事がポイントです。

 

たとえば、消費者金融の場合は50万円以下の借入希望額なら運転免許証や健康保険証だけで審査が受けられます。それ以上の借入希望額は収入証明書類を用意する必要がありますし、借入希望額が多いと審査に時間がかかってしまいます。

 

また、初回借入時の限度額は50万以下になる場合が多いので、あえて50万円以上の借入で申し込みんでも、意味が有りません。即日融資で借りたい時は収入証明書類が不要の借入希望額で申し込みむ事がポイントです。

 

収入証明不要のメリット

日常生活の不足分を補う程度の借入なら、どこで借りても収入証明書類は不要ですが、専業主婦がカードローンを申し込みむ時や、複数社の借入をひとつにまとめたいというような高額融資が必要な場合は、消費者金融ならほとんどが収入証明書類を用意しなければなりません。

 

銀行カードローンは専業主婦の申し込みや「おまとめ」でも、借入希望額にもよりますが、本人確認書類だけで申し込みができます。

 

収入証明が不要な銀行カードローンなら、申し込みも簡単な上に、金利が低く抑えられるというメリットも生まれるので、高額融資を受けたい時は、収入証明不要の銀行カードローンがおすすめです。

 

専業主婦の申し込みに収入証明書類は必要?

ノンバンク(消費者金融や信販会社)から借入をする時は、年収がなければ原則申し込みができませんが、総量規制の「例外」にあたる「配偶者貸付」を取り入れている消費者金融なら専業主婦でも申し込みが可能です。

 

ただし、専業主婦の申し込み条件として、配偶者の同意を得なければならない事や、融資限度額は配偶者の年収と合わせた3分の1以内になるので、配偶者の収入証明書類の提出求められます。

 

銀行カードローンも基本的には「収入が有る事」が条件になっていますが、無収入の専業主婦でも利用できるカードローンもあります。ただ、すべての銀行で専業主婦の申し込みが出来るという訳ではありません。

 

 

専業主婦専用のカードローンが利用できる主なカードローンは

カードローン名 金利(年) 融資限度額 毎月返済額
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで 3,000円~
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで 2,000円~
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで 2,000円~
みずほ銀行カードローン 14.0% 30万円まで 10,000円~
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6% 30万円まで 2,000円~

 

これらの商品は、本人(専業主婦)に収入がなくても、配偶者に収入があれば申し込みが可能で、消費者金融のように年収による制限はありませんし、ご主人の了解を得る必要もないので、本人確認書類だけあれば融資が受けられます

 

「おまとめ」は収入証明不要のカードローンがおすすめ

総量規制対象外のカードローンは

  • 低金利で高額融資が可能なので「おまとめ」に最適。
  • 総量規制の対象外なので、年収に影響される事無く融資が受けられる。
  • 収入証明書類の提出は銀行ごとで設定される。

というようなメリットが有ります。

 

 

オリックス銀行カードローンは「おまとめ」に最適のカードローン

数ある総量規制対象外のカードローンのなかでも「おまとめ」に最適なカードローンと言えばオリックス銀行カードローンです。オリックス銀行カードローンは、年率1.7%~17.8%、融資限度額は最大で800万円というハイスペックなカードローンです。

 

オリックス銀行カードローンがなぜ「おまとめ」におすすめかと言うと、100万円まで17.8%と消費者金融の「プロミス」と変わらない金利設定になっていますが、100万円を超えると一気に下がるので、100万円以上の借入希望額の場合におすすめの銀行カードローンです。

 

利用限度額 借入利率(年)
700万円超800万以下 1.7%~4.8%
600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
500万円超600万円以下
400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
300万円超400万円以下
200万円超300万円以下 5.0%~12.8%
150万円超200万円以下
100万円超150万円以下 6.0%~14.8%
100万円
100万円未満 12.0%~17.8%

 

また、オリックス銀行カードローンは収入証明書類が300万円までは不要なので、本人確認書類だけあれば、手軽に申し込みが出来るカードローンです。

 

オリックス銀行カードローンは改めて口座を作る必要がなく、手持ちの銀行口座が利用できるので、新しく口座を作るという事はなく、手持ちの口座でより簡単に振込が出来るように配慮されています。

 

 

手数料無料で利用できるATMは95,000台(2016年5月末現在)以上

オリックス銀行カードローンの提携ATMは1,000円単位の借入が可能なので、無駄な借入をする必要がなく、必要以外のお金を借りて、無駄な金利を払う事もありません。

 

オリックス銀行カードローンの提携ATMはセブン銀行、ローソン、E-netの他、大手金融機関の三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、西日本シティ銀行の提携ATM、95,000台のすべてが手数料無料で何度でも利用出来るのも、オリックス銀行カードローンが使い勝手の良いカードローンと言われる理由です。

 

まとめ

お金を借りる時は、出来るだけ審査を簡単に済ませたいものです。

 

そのためには

  • ノンバンク(消費者金融や信販会社)のカードローンを申し込みむ時は、借入希望額を50万円以下、他社借入が有る場合は、その借入残高と借入希望額の合計が100万円以下で申し込みむ。
  • 総量規制のカードローンで融資を受けたい時は、それぞれの銀行が設定している収入証明が不要な借入希望額で申し込みむ。

 

特に即日融資を希望する時、収入証明不要の申し込みは、審査に時間がかからない申し込み方法です。

 

限度額が低いと、いずれ限度額の不足を感じるようになる事が有りますが、その時は増額申請で限度額を増やす事が出来るので心配する必要はありません。
とりあえずは、審査に通りやすい方法で契約をしてしまう事をおすすめします。


×