フリーターにおすすめカードローンのチェックポイントは何?

フリーターにおすすめカードローンは?

「カードローンを利用したいけれどフリーターだから無理」とあきらめている方もいますが、カードローンは正社員だけでなく、アルバイトやフリーターでも借りることが出来ます。

 

銀行カードローンは今年に入ってからさらに審査が厳しくなっているので、フリーターの方は、借入限度額が少なくなりますが、大手消費者金融をおすすめします。

 

カードローンを利用ための条件や方法、審査で重要視される事なども併せて紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. 消費者金融と銀行カードローンの違いは融資限度額
  2. カードローンの申込条件
  3. カードローンの申込方法
  4. 気になる審査
  5. まとめ

 

 

消費者金融と銀行カードローンの違いは融資限度額

カードローンのメリットは、

  1. 保証人や担保が不要
  2. 融資限度額が決まれば、その範囲内でいつでも借りられる。
  3. 即日融資が可能なカードローンは、申し込みをしたその日にお金が借りられる。

というようなメリットがありますが、消費者金融でも銀行でもほとんど違いはありません。

 

消費者金融と銀行カードローンの大きな違いは、総量規制によって融資限度額は大きく違ってきます。特にフリーターは、年収がそれほど多くないという事が考えられるので、いくら借りられるのかが重要になります。

 

消費者金融の融資限度額

消費者金融は貸金業法の総量規制が適用されるので「融資限度額は年収の3分の1以内と言う制限があります。

 

たとえば、フリーターの年収が90万円だと仮定すると、総量規制の制限から、融資限度額は最大で30万円まで借りることが出来ます。

 

ただし、初回の申込時から限度額が40万円になるのではなく、初回借入限度額は10万円程度の限度額から始まります。その後、増額を続けて最終的には30万円まで増やすことが出来るようになります。

 

銀行カードローンの融資限度額

銀行カードローンは、銀行法が適用になるので総量規制の影響を受ける事はありません。ですから、銀行はそれぞれの審査基準に基づいて審査を行い、融資限度額を決めるので、年収に関係なく融資が受けられます。

 

ただし、2017年の過剰融資が問題になった事から、審査がさらに厳しくなり、2018年度からは融資限度額も年収の3分の1以内という基準を設けて銀行カードローン増えています。

 

銀行カードローンの融資限度額も年収の3分の1以内の限度額になり、審査だけが厳しくなるようなので、フリーターが申込をする時は、審査の通りやすい大手消費者金融へ申込む事をおすすめします。

 

カードローンの申込条件

消費者金融でも銀行カードローンでも、基本的な申込条件は「満年齢20歳以上の安定した収入のある方」が条件になっています。

 

「安定した収入」と言うのは、正社員が毎月もらう給料以外に、フリーターで得た収入も、安定した収入とみなされるので、パートやアルバイトなどのフリーターでも安心して申込条件はクリアしていることになります。

 

ただし、大手消費者金融の場合は年収による制限はありませんが、銀行カードローンの場合は「年収〇〇万円以上」と言うカードローンもあるので、先に調べておく必要があります。また、銀行カードローンと消費者金融の違いは、保証人不要という点では同じですが、銀行カードローンの場合は「保証会社の保証受けられる方」も条件になります。

 

大手消費者の申込条件は以下のようになっています。

 

プロミス
金利 4.5%~17.8%
融資限度額 最大500万円
申込条件
  • 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトなど、安定した収入がある場合お申込みいただけます。

アコム
金利 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円
申込条件
  • 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

※安定した収入が有れば、主婦や学生でもパート・アルバイトなどで安定した収入が有れば、審査のうえご利用が可能です。

アイフル
金利 4.5%~18.0%
融資限度額 最大500万円
申込条件
  • 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方当社基準を満たす方

※正社員だけでなくアルバイトやパート、派遣社員でも安定した収入が有れば申し込みが出来ます。

SMBCモビット
金利 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円
申込条件
  • 20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方

アルバイト・派遣社員、パート、自営業の方も利用できます。(当社基準を満たす方)

 

このように大手消費者金融は、申し込み条件としてフリーターでも申し込みが可能という事が明示されています。

 

カードローンの申込方法

カードローンの申込方法は、

  • パソコンやスマホを使ってホームページから申込むネット申込
  • 電話で申込む方法
  • 自動契約機から申込む方法
  • 郵送で申し込む方法

がありますが申込方法で人気があるのが、インターネットからの申込方法です。

 

大手消費者金融はすべてが即日融資に対応しているので、即日融資で借りたいという場合は、郵送以外の申し込み方法を選ぶ必要があります

 

手軽に申し込みが出来るのが、インターネットからの申し込み方法で、申し込みは24時間365日受付が可能なので、いつでもどこからでも申し込が出来るので、店舗へ入るところを見られたくないという方や、昼間外へ出る機会がない方などに人気のある申し込み方法です。

 

インターネット環境が整っていなくても、電話や、自動契約機から申し込みをすれば、即日融資で借りることが出来ます。

 

ちなみに、三菱UFJ銀行や新生銀行カードローン「レイク」も、即日融資が可能でしたが、2018年から、審査方法が変わっているので、即日融資が出来なくなっているので、実質的に銀行カードローンで即日融資は期待できない状況になっています。

 

気になる審査

カードローンの申込をする時、審査に通るかどうか不安という方も少なくありません。一般的に考えて、フリーターは審査で不利と思われがちですが、一概にそうとは言えません

 

 

就業形態よりも勤続年数

カードローンの審査は「お金を貸しても返してもらえるかどうか」と言うところを重点的に審査します。そのため、正社員やフリーターと言うような就業形態が影響するという事は少なく、むしろ勤続年数や年収が審査に大きく影響してきます。

 

もちろん、多くを借りるために、年収が多いに越した事はありませんが、フリーターでもアルバイト先の勤続年数が長ければ審査に通る可能性は高くなります。

 

 

信用情報期間の情報がポイント

アルバイト先の勤続年数も長く、安定した収入があるのに審査に落ちてしまった場合に考えられるのは、フリーターと言う理由ではなく、信用情報機関の個人信用情報に傷がついている事が考えられます。

 

たとえば、過去にカードローンを利用して3ヶ月以上の長期延滞をしたことがあるとか、クレジットカードの返済で延滞したことがある、携帯電話料金の未払いなどがあれば、個人情報に金融事故を起こした事が記録されます。

 

長期延滞や債務整理など異動情報が残っていると、審査に通るのは難しくなるので、それが原因かもしれません。

 

 

他社借入件数と借入残高

消費者金融では年収の3分の1までしか借りられないので、現在、他社からから借り入れしている方は、借り入れ件数と借入残高をチェックする必要があります。

 

繰り返しになりますが、消費者金融で審査を受ける時は、総量規制の対象になるので、年収や借入残高は審査に影響します。借り入れ件数については、すでに4件以上になると審査に通る可能性が少なくなりますし、融資限度額の合計が年収の3分の1に近ければ審査に通る事はありません。

 

もし、このような状況になっているのなら、借り入れ件数を減らす事と、借入残高に余裕をもたせる必要があります。

 

まとめ

カードローンは、利便性に優れたサービスですが「いつでも手軽に借りられる」というメリットが「安易に借り過ぎてしまう」というデメリットになる事もあります。

 

カードローンを利用する時は、「お金を借りている」という意識を常に持つ事が重要です。

 

実際、過去には返済の為に新たな借入をするという事を繰り返し、多重債務になってしまった人も少なくありません。

 

特に収入がそれほど多くはないフリーターの場合、審査に通ってお金が借りられるようになったとしても「返済がつづけられるかどうか」という事を第一に考える必要があります。

 

そのためにも、返済シミュレーションなどを大いに利用し、決して無理のない返済にならないようにするのがカードローンを利用する時のポイントです。

関連ページ

NHK受信料は払わなくていい?差し押さえは?契約解除の方法とは?
借用書の書き方│知って損なし!公正証書の作成手順
国民健康保険料を滞納し続けるとどうなる?徹底調査!
リボ払い地獄対策方法│地獄に落ちないために知っておきたいこと
学生が国民年金保険料を免除するには?
教育ローンをおすすめ低金利で借りるか奨学金を借りるか、どちらが良い?
自動車ローンの盲点とは?損しないために押さえるべきこと
失業保険受給中にアルバイトはできるの?その条件は?
つなぎ融資とは?金利の安い銀行の選び方
生活福祉資金貸付制度の審査条件とは?申し込み方法やメリット・デメリット
ビジネスローン一覧比較:即日審査可能なおすすめビジネスローンは?
水道代を滞納してしまった。督促状が!時効はある?そんな時どうすべきか?
電気代を滞納して止まってしまった。払えない。。そんな時どうすべきか?
ガス代を滞納してしまった。停止予告はある?供給停止に!そんな時どうすべきか?
家賃を滞納してしまった。立ち退きさせられる?そんな時どうすべきか?
クレジットカードの返済を滞納してしまった。裁判はある?期間は?そんな時どうする?
自動車税を滞納してしまった。車検はできる?廃車にする?そんな時どうすべきか?
市民税・住民税を滞納してしまった。差し押さえられる?そんな時どうすべきか?
ソフトバンクの携帯料金を滞納してしまった。そんな時どうすべきか?
auの携帯代を滞納してしまった。そんな時どうすべきか?
ドコモの携帯代を滞納してしまった。いつ止まる?そんな時どうすべきか?
介護保険料を滞納してしまった。差し押さえられる?そんな時どうすべきか?
住宅ローンを滞納してしまった。差し押さえ、競売、、そんな時どうすべきか?
WOWWOWの視聴料を滞納してしまった。そんな時どうすべきか?
アパートを借りる資金がないときにお金を工面する方法
引っ越し資金がないときにお金を工面する方法
リボ払い資金がないときにお金を工面する方法
事業用の運転資金がないときにお金を工面する方法
自動車学校の受講料がないときにお金を工面する方法
家のリフォーム資金がないときにお金を工面する方法
携帯代金が払えない時の資金を工面する方法
歯科矯正の資金がないときにお金を工面する方法
車のタイヤ交換資金がないときにお金を工面する方法
車の車検代が払えない…そんな時お金を工面する方法とは?
手術費用が払えない…そんな時お金を工面する方法とは?
賃貸マンションの初期費用を払えない…そんな時お金を工面する方法
入院費用が払えない…そんな時お金を工面する方法とは?
子供の学費がないときにお金を工面する方法
お金を借りる事が癖になってしまった!借金癖から抜け出す方法
デビットカードでお金を借りられない?
幼稚園から大学入学まで!入学祝いの相場と贈る時のマナーを紹介
公立・私立高校の入学費用はどれくらい?負担の軽減方法も併せて紹介
意外とかかる小学校の学費!公的制度で負担を軽減する方法
思ったより高い高校入学金の相場!家計を助ける給給付制度がおすすめ
高校生に持たせるおすすめスマホはコレ!月額料金が安い端末一覧
カードローンはいくらまで借りられる?限度額が少ない時の対処法
私立・公立高校の違いは何??メリット・デメリットで違いを比較
中学生の卒業旅行の費用はどれくらい?費用が用意できない時の対処法
私立高校の入学願書、失敗しない書き方のコツ
自動車ローンで損をしない方法|繰り上げ返済で利息を減らす
下宿生活をする時の選び方!諸費用の相場はいくら?賃貸との違いは何?
公立と私立中学の学費の違いはどれくらい?公立と私立の学費を比較
自動車ローンは保証人が必要?保証人がいない時の対処法を併せて説明
障害手当がもらえる条件は?手当の種類や受給資格、支給額を詳しく説明
小学校の修学旅行の費用はどれくらい?払えない時の対処法はある?
三菱東京ufj銀行ネットDE マイカーローンのおすすめポイントやスペックは?
パチンコパチスロのアルバイト(打ち子)は違法性が高いので要注意!
借金癖を治す方法ってある?日本貸金業協会の貸付自粛制度がおすすめ
過払い金請求と利息制限法
振り込み融資はネット申し込みが便利?
グレーゾーン金利と過払い金請求とは?
出会い系サクラのバイト募集の甘い罠
銀行員になるための有利な学部は?
コンパニオンの仕事はアルバイトでも出来る?
治験バイトってどんなアルバイト?
カードローンの元金が減らない原因は返済方法にあった
パチンコをするためにお金を借りるのは依存症?
カードローンでお金を借りる時の提出書類はパスポートでも大丈夫?
借金する事がやめられないのは病気?
保険証がない時でもカードローンの申し込みは出来る?

×