信頼関係を壊さずに友達からお金を借りる方法ってある?

友達からお金を借りる方法ってある?

財布の中身が乏しく、給料日まで持たないという時がありますが、そんな時「友達に頼む」と考える人もいるでしょう。

 

しかし、友達とのお金の貸し借りが原因で、友達関係が崩れてしまったという事もあるので、出来る事なら友達関係を崩さないような借り方をしなければなりません

 

お金の貸し借りが原因で、友達関係が崩れてしまったという事も少なくありません。そこで友達関係を崩さない為の頼み方をいくつか紹介しますので、参考にして下さい。

 

 

≪目次≫

  1. 友達からお金を借りるには
  2. どんな理由なら貸してもらえる?
  3. 嘘の理由は絶対だめ
  4. 借りる時は借用書を書く
  5. お金を借りる時のマナーを大切に
  6. まとめ

 

 

友達からお金を借りるには

友達からお金を借りる理由は様々ですが、最も多いのは次の給料日までお金が持たないので、その間だけ貸してほしいという理由が一番多いようです。

 

今はスマホやLINEなどを使って簡単に頼む事が出来ますが、お金を借りるのに電話やLINEでと頼むのは相手に失礼ですし、本当に困っていることが相手に伝わりません。

 

お金を借りる一番の方法は、お金に困っている事をわかってもらう事が重要になります。そのためには信頼関係も必要ですが誠意を見せる事も大切です。そのためには、スマホやLINEではなく、直接会ってお金を貸して欲しいと頼むことです。

 

借りる時は、いくら借りたいのか、返済はどうするのか、相手が納得してくれる説明をする必要があります。毎月どれくらいの収入が有って、生活費を含めていくらくらいなら返済に回せるとか、給料が振り込まれるのがいついつなので、何日までに返すというような事を具体的に説明する必要があります。

 

そうする事で、友達にも誠意が伝わりますし、友達との信頼関係を損なうことにはならないでしょう。お金を貸してほしいと頼む時は、いくら友達でも、自分の立場をよくわきまえて丁寧に頼むしかありません。

 

どんな理由なら貸してもらえる?

もし自分がお金を貸す時、どんな理由なら貸しても良いと思うでしょう。

 

たとえば、ギャンブルでまけてしまい、そのために生活費が足りなくなったとか、給料日まえでデートするお金が無いという理由を聞いて、お金を貸そうと思えるでしょうか?

 

  • 「冠婚葬祭が立て続けにあってまとまったお金が必要になった」
  • 「親が入院したので、入院費用が必要になった」

という理由なら、貸してもよいという気持ちになるはずです。

 

これ等の事から、自分の都合でお金が足りなくなったという理由の場合は、助けてあげたいという気持ちにはなりませんが、予想もしていなかった事が理由の場合は、助けてあげたいという気持ちになるはずです。

 

お金を借りたい時は納得してもらうために理由を作るのではなく、お金が必要な理由を正直に話す事です。

 

嘘の理由は絶対だめ

自分が貸す側と考えた場合、その理由が嘘だとわかった時は「貸さなければよかった」という気持ちになるはずです。友達だからこそちょっとした態度や目線、言い方などでウソをついていることがわかります。

 

どんな理由であっても、友達を裏切らない為にも正直に話す事が大切です。

 

借りる時は借用書を書く

 

友達からお金を借りるために正直に理由を話すのも大切ですが、お金を借りてもきちんと返すことを約束する借用書を書くという事も大切です。

 

「友達なんだからそこまで堅苦しい事をする必要はないよ」と言ってもらえるかもしれませんが、借用書を書いて渡す事で相手に誠意が伝わりますし、借りたお金を必ず返すという意志の表れにもなります。借用書はインターネットサイトでも多くの書式があるのでそれをダウンロードするか、市販されている借用書をそのまま利用しても構いません。

 

借用書を書くことで友達関係を壊すことなくお金を借りることができますし、お金を返済した後には今まで通りの付き合いを続けていくこともできます。「友達だからこそ借用書を書くのだ」という誠意を相手に見せることで友達は気持ちよくお金を貸すことができます。

 

お金を借りる時のマナーを大切に

繰り返しになる部分もありますが、友達からお金を借りなければならない時は、最低限のマナーだけは守りたいものです

 

お金を貸してほしい理由を正直に伝える

友達からお金を借りる場合でも、お金を貸してほしい理由を正直に伝える事が大切です。嘘をついて借りようとすると、どうしても目線が落ち着かなかったり、不自然な態度や言葉で相手に嘘をついていることがわかってしまいます。

 

友達に嘘をついていないという事をわかってもらうにもなぜお金が必要なのか、正直に理由を話す事が重要です。

 

借用書を書く

1万円を借りるのに、借用書を書くのはちょっとオーバーかもしれませんが、重要なのは誠意です。

 

たとえ1万円でも名刺にお金を借りていることを書いても良いですし、返済日などの約束をしておく事で相手に誠意が伝わります。

 

決めた返済日には必ず払う

友達とトラブルになる事が最も多いのが、お互いで決めた返済日にお金を返してもらえないという事です。

 

金融機関からお金を借りた場合でも、返済期日に遅れれば催促されるのは普通ですし、友達だからといって甘えることなく友達だからこそ約束した日に返済する事が重要になります。

 

借りたお礼はしっかりする

友達からお金を借りた場合、利息を支払うという約束はほとんどの場合しないと思いますが、お金を借りた事に対するお礼を忘れてはいけません。お金を貸してもらう事で窮地を乗り切れたわけですから、感謝の気持ちを伝える事も友達としてのマナーではないでしょうか。

 

お礼は何も高価なものではなくても構いません、子供さんがいるなら、子供さんのおもちゃでもいいですし、たばこを吸う人ならたばこをお礼代わりにしても構いません。お金を貸してもらった事に対する感謝の気持ちを伝える事で、今まで通りに友達付き合いが続くはずです。

 

まとめ

友達同士のお金の貸し借りは何度も頼めませんし、返すのが遅れた時は、トラブルに発展しかねません。そうならない為にも、カードローンを1枚持っておく事をおすすめします。カードローンは保証人が不要で、自分の信用度だけでお金が借りられます

 

カードローンなら申込をしたその日にお金を借りることが出来ますし、限度額の範囲内なら、何度でも借りることが出来ます。「急にお金が必要になった」とか「給料日までお金が持たない」という場合、いつでもお金が借りられるので友達を頼る必要はありません。

 

カードローンの会費は不要ですし、利用しなければ利息は発生しません。いざという時の事を考えて、カードローンを1枚作っておくのもひとつの方法です。


×